<   2012年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

2012年 12月 31日
良い年をお迎えください
d0006690_1352017.jpgずっと昔,「遠くまでいくんだ」と言う言葉が好きでした。

そのころからどれだけの道のりを歩くことができたのか定かではありませんが,足取りはすっかり遅く,そして重くなってしまいました。これも自然の理かと思っています。

この1年もきょうで終わりとなります。来る年もどんなに遅く,重くなっても,ほんのちょっとだけでも遠くに行くことができればと思っています。

今年もたくさんの方々からブログへのご訪問をいただきました。心からお礼を申し上げます。

良い年をお迎え下さい。

  ※写真は復元中の崇礼門(南大門)の通路の天井部分の龍(朝鮮日報・日本語電子版より)
[PR]

by gakis-room | 2012-12-31 17:00 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
2012年 12月 30日
アジェン(牙箏)の音色が面白い
d0006690_17243287.jpgアジェンは琴と同じ形をした韓国の楽器ですが,日本の琴のように爪弾いて音を出すのではなく,ムクゲの枝の皮を剥き,松ヤニを塗った棒で弦をこすって演奏する擦弦楽器です。
  ※写真は「アジアの楽器図鑑」から

似た楽器にカヤグムとコムンゴがあります。カヤグムは直接,指で演奏するのに対し,コムンゴはスルテと呼ばれる,細くて短いばちを使って演奏するため,カヤグムよりも荒々しい音を出すことができます。

アジェンはバ擦弦楽器ですからヴァイオリンやチェロと同じ仲間ですが,日本の琴やカヤグム,コムンゴと同じように左手で弦を抑えて音を振るわすことができるができます。また,棒を叩くように弦にあてそのままこすることもできます。

このあたりがアジェン独特の音色となります。演奏は独奏でははなく,チャンゴ(チャングともいう,太鼓の一種)との掛け合いのような競演が多いようです。

アジェンとチャンゴの競演はこちらでお聞き下さい。
[PR]

by gakis-room | 2012-12-30 18:00 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(2)
2012年 12月 29日
ちょっと一息,きょうの暖かさ
d0006690_16481410.jpg久し振りに暖かい朝,暖かい日中でした。

きょうの最低気温は4.6度,これは11月下旬並です。最低気温が平年を上回ったのは7日振り,12月になって6度目です。

日中もよく晴れて,日照時間は今月なって2番目に長い7時間でした。最高気温も12日振りに平年を3.1度上回る13.1度,12月上旬並でした。平年を超えたのは12月なって,こちらも6度目(12月13日は欠測)です。

明日は日中は雨模様ですが,それでも最低気温,最高気温も平年を超えそうです。最高気温と最低気温もともに観測史上10位位内となる寒い12月もちょっと「寒さ疲れ」(?)といったところでしょうか。

しかし,31日以降はまた寒さに逆戻りです。寒い年末年始になりそうです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-12-29 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2012年 12月 24日
花の季節はやはり春です,「花の手帳の月別記事数」から
d0006690_18272532.jpg年末までに花の記事を書くことがあるかも知れませんが,昨日までの「花の手帳」の記事数です。

「花の手帳」の記事に「月別タグ」を付けたのは2010年5月19日でした。その後,2010年5月27日に「月別記事数」について書きましたが,その時は5月でしたから年間の記事数ではありませんでした。

こうして見てみると,2010年5月に「春の花は秋の花よりも多いかも知れない」と書いたように,9月〜11月よりも3月〜6月が断然多く,1月,8月,12月はきわめて少なことが分かります。まあ,当たり前と言えば当たり前ですが。

今年も残り1週間になりました。それにしても寒い12月です。10日間予報からは12月の最高気温の平均も最低気温の平均も観測史上10位以内にはいりそうです。
[PR]

by gakis-room | 2012-12-24 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(4)
2012年 12月 23日
豚の饅頭,シクラメンの和名です
d0006690_16154146.jpgシクラメン サクラソウ科 シクラメン属

シクラメンと言えばこの時期を代表する花です。「シクラメンのかほり」(小椋佳作詞,作曲)は布施明によって歌われ,1975年のレコード大賞を取るなど大ヒットしました。

その冒頭の部分です。
 1 真綿色した シクラメンほど 清しいものはない
 2 うす紅色(べにいろ)の シクラメンほど まぶ
   しいものはない
 3 うす紫の シクラメンほど 淋しいものはない

花言葉も,この歌のように「清純」,「内気」,「はにかみ」などです。

ところで,シクラメンの和名は「豚の饅頭(ブタノマンジュウ)」あるいは「篝火草(カガリビバナ)」だそうです。

「豚の饅頭」は原産地の地中海沿岸〜小アジアでは,その球根を豚の餌にしており,英名をsow bread(雌豚のパン)といいいますが,これを植物学者が「豚の饅頭」と訳したことによるそうです。

「篝火花」はシクラメンを見たある日本の貴婦人(九条武子だといわれている)が「これはかがり火の様な花ですね」と言ったのを聞いた牧野富太郎が名づけたとのことです。

「篝火花」はともかくも,「豚の饅頭」では歌にもなりません。もっとも明治期の植物学者や九条武子が見たものは品種改良がすすんだ現在のものではなく,「原種シクラメン」だったかも知れません。これであれば,「シクラメンのかほり」のイメージはなく,「篝火」も分からないことはありません。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-12-23 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
2012年 12月 22日
菊もまた,「キクはキク」でした
d0006690_163166.jpgイエギク キク科 キク属

「近くの公園」です。細い茎が横に伸びて,花の下10センチ位で直立しています。キクと言えば,花の大きさに大,中,小とあっても,茎はスッキリと直立していると言うのが私のイメージでした。

このように細い茎が横に伸びて花の下で直立するものに「シマカンギク」があります。花の形はほとんど同じですが,葉の形が違っています。

とある掲示板で「イエギク」ではないかと教えていただきました。それで,イエギクを検索してみましたが,知り得たのは以下のことだけでした。

(キクの)原産地は中国で,平安時代前期に渡来したというのが今日では定説となっている。そこで,栽培される中国生まれのキクを”イエギク”と呼び,リュウノウギク,イソギク,ハマギク,ヨメナなど,日本に野生しているキクの仲間を,まとめて”ノギク”と呼ぶ。

d0006690_1625052.jpgイエギクもまたキクの総称です。

キクは平安時代には中国から渡来して以降,日本でも盛んに栽培・品種改良が行われたようです。江戸初期には200余の品種にまでなりました。

花径3センチほどですから,「小菊」ですが,「キク 小菊の品種リスト」には584種が掲載されています。それでこの「近くの公園」のイエギクの品種を特定するのを諦めました。

イエギクもまた,「ダリアはダリア,バラはバラ」と同じように,私には「キクはキク」でした。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-12-22 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2012年 12月 21日
きょうは冬至です,しかし,もつとも昼時間が短い日ではありません
【訂 正】  2014年12月22日
以下の記事は日の出時刻,日の入り時刻を「分」まで書いています。「秒」までについてい言えば,「冬至」の日の昼時間が1番短いようです。


きょうは冬至です。冬至,夏至の日もそうですが,新聞・テレビの記事,説明がいつも気になります。きょうの夕刊の記事です。

朝日新聞  「21日は冬至。太陽の高さが1年で一番低く,昼が一番短くなる日だ
産経新聞  「21日は1年のうちで,太陽の高度が最も低く,昼間が短くなる冬至

国立天文台の「各地のこよみ 奈良」の日の出意の入り時刻によれば,きょうの奈良はの日の出,日の入り時刻は以下のとおりです。
  日の出   7時
  日の入り  16時50分
  昼時間   9時間50分

奈良の「昼時間」が1年を通して1番短いのは「9時間50分」ですから,朝日新聞,産経新聞の記事は間違いではありません。しかし,「昼時間」が「9時間50分」であるのはきょうだけではありません。12月17日〜25日までの「昼時間」も「9時間50分」です。従って,冬至のきょうは「昼時間が最も短くなる日のうちの1日」が正確な言い方です。

ついでにいえば,今年の夏至の日は6月21日でしたが,その日の「昼時間」は「14時間29分」でした。そして,「14時間29分」の「昼時間」は6月17日〜27日まででした。夏至の日だけが「もっとも昼時間の長い」と言うわけではありません。もっとも国立天文台の「日の出,日の入り時刻」は「分」までしか掲載されていません。「秒以下」まで計算すれば朝日新聞,産経新聞の記事は正確なのかも知れません。

ところできょうは「マヤ暦でこの世界の終末」とする噂の日です。

中国では「21日に世界が滅亡する」と主張している「全能神」なる宗教の関係者が1000人近く拘束されたり,アメリカのNASAに「本当に危険があるのか」との問い合わせが殺到したり,トルコ西部の人口約600人の村シリンスには,聖母マリアが昇天したとされる場所に近いことから,ポジティブなエネルギーが満ちているとのことで,この村には現在は6万人ほどが滞在しているとか,大変です。

d0006690_1755444.pngネットで面白い天気予報を見つけました。「メキシコの天気予報」とのことですが,それ以上のことは不明です。

きょうは空から火の玉の降る天気で,気温は最低気温,最高気温とも999°(F?)で,風速は時速3000km(833.3m/s)です。そして,22日は「暗黒」になっています。
[PR]

by gakis-room | 2012-12-21 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2012年 12月 19日
政治ニュースは大統領選挙投票率のみ
きょうは韓国の大統領選挙の投票日です。投票時間は午前6時から午後6時までですが,午後5時現在の投票率は70.1%です。最終的には70%台後半になる予測です。

面白いと思ったのは「政治」ニュースは投票率の速報一色です。例えば「聯合ニュース」の場合,「政治」項目では11項目の記事を配信していますが,午前6時の「全国1万3542カ所で投票スタート」と李明博大統領と朴槿恵,文在寅の両候補の投票の4記事を除けば残りの7項目は全て投票率速報です。
  午前9時  11.6%
  午前11時  26.4
  午後1時  45.3
  午後2時  52.6
  午後3時  59.3
  午後4時  65.2
  午後5時  70.1

なお,過去の投票率は以下の通りです。
  1997年  80.7%
  2002年  70.8
  2007年  63.8

それにしても,日本の国政選挙と大統領選挙との違いはありますが,低下傾向にあった投票率が一気に回復するところに関心の高さがあるようです。ちなみにソウルの午後3時の気温は−3.1度です。

【追記】  18時08分
投票が締め切られた午後6時00分と01分に「聯合ニュース」は「韓国大統領選 与党候補の朴氏が50.10%で優位=出口調査」の2本の速報を配信しています。
[PR]

by gakis-room | 2012-12-19 18:00 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(2)
2012年 12月 18日
韓国でも米(コメ)離れ
d0006690_17373985.jpg私の朝食はピザトースト,昼は大抵は麺類,夜は炭水化物類はなし,といった日々です。日本人の米離れが言われて久しいですが,私もそのひとりです。

以下は日本人の1年間の1人当たりの米の消費量です。
  1965  111.7kg
  1970  95.1
  1975  88.0
  1980  78.9
  1985  74.6
  1990  70.0
  2000  64.6
  2005  61.4
  2010  59.5

この45年間で消費量は半分に近くになっています。

韓国でも米離れが進んでいるようです。きょうの朝鮮日報(日本語・電子版)によれば,韓国の陶器メーカーが製造している茶碗の容量(水で満たした容量)は,以下のように小さくなってきているそうです。

 1940年代  680ml
 1950年代  670
 1960-70年代 560
 1980年代  390
 1990年代  370
 2000年代  290

現在,一般家庭や飲食店などでよく使われる茶碗は290ml(290g)のもので,容量は40年代の茶碗の40%ほどの大きさだそうです。つまり,この70年間で,「韓国人のコメ摂取量が60%近く減ったと解釈できる」と伝えています。
(写真は朝鮮日報から)
[PR]

by gakis-room | 2012-12-18 18:15 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(2)
2012年 12月 17日
39.44%が67.71%に,衆議院選挙のマジック
d0006690_17543540.jpg自公の獲得議席数325を背景に第2次安倍内閣が成立することになりました。第1次安倍内閣は「美しい国 日本」をキャッチフレーズにしていましたが,それは国民の負託を受けたものもではありませんでした。いわば郵政選挙の圧勝に悪乗りしたものでしかありませんでした。

国民の負託を受けていないと言う点において何ら正統性のないものであり,郵政選挙での公約違反(マニフェスト違反)でもありました。しかし,今回は違います。単独でも294議席の国民の負託を受けていますから,憲法改訂も自衛隊の軍隊への昇格(?)も公然と行うことが公約の実行になります。

これからの4年間,何が起ころうともそれは全て国民の選択によるものですから,論理としては国民の1人として甘受しなければならないことになります。

ところで,自民党と公明党の獲得議席数,325は全議席の67.71%になりますが,比例区の得票率で見る限り,大敗した前回とほとんど変わっていません。つまりは国民の67.7%の支持を受けたのではく,両党会わせても39.44%の支持でしかありません。

民主党の自壊・自滅がみんなの党,日本維新の会,日本未来の党に流れただけということになります。325議席はよく言われるように小選挙区制のマジックです。とはいえ,325議席が正統性を獲得しました。ゾンビの小躍りがないことを祈るばかりです。
[PR]

by gakis-room | 2012-12-17 18:40 | つれづれに | Trackback | Comments(6)