<   2012年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2012年 03月 31日
朴正煕大統領紀年・図書館
d0006690_11145522.jpgソウル市内で今年の2月21日に開館した「朴正煕大統領紀年・図書館」です。現在は「紀年館」部分の公開で,1階と2階の一部が元大統領関連の映像,遺品などが展示されています。2階・3階の図書館はこの夏に完成する予定とのことです。

朴正煕大統領紀年事業会が運営しているからなのか,朴正煕時代の経済発展と「無私の人間・朴正煕」を讃えたものになっています。もっとも,これは展示を見た私の感想で,説明文はほとんどがハングルで日本語はありません。

朴正煕大統領への評価の難しいのは「光と影」が余りにも対照的なところです。「開発独裁」といわれるように「独裁の光」の部分については,朴正煕大統領が「ハンガン(漢江)の奇跡」をなしとげ,農村の近代化と「なせばなる」をスローガンに国民に自信と誇りをもたらしたことは事実ですが,同時に「独裁の影」の部分についても枚挙すべきことがあまりにも多すぎます。しかし,そのような展示は皆無です。

このような「光と影」は,軍事クーデター時に唯一まとまってソウルに進入した第1海兵旅団長であった金潤根氏がその著「韓国現代史の原点 朴正煕軍事政権の誕生」(彩流社)で言うように,大統領三期で引退しておれば良かったというような時間の横区切りではないように思われます。

「まず経済開発によって国民生活を向上させた後,その土壌の上に民主政治制度の苗木を植え,民主主義の花を咲かせるべきだ」とは朴正煕元大統領は信念だったとされますが,経済開発そのものの中にも「影」がひそんでいたように思われます。

とまれ,朴正煕元大統領の評価はともかくも,朴正煕大統領時代の経済発展についてはよくわかる展示でした。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-03-31 17:00 | 韓国あれこれ | Comments(0)
2012年 03月 30日
「警備レベル3」の日本大使館と「少女像」
d0006690_18132732.jpg28日午後のソウルの日本大使館です。私は大使館前の警察車両の数等によって,その時々の「日韓関係の緊張状態」の指標を「警備レベル1〜5に区分」しています。

レベル1  警察車両なし(2008年8月30日)
レベル2  警察車両1台
レベル3  警察車両2台(2007年4月10日)
レベル4  警備車両3台(2006年3月16日)
レベル5  警備車両3台,大使館に至るどの道路にも
      戦闘警察(日本の機動隊にあたる)をびっ
      しりと配置

この日は「警備レベル3」でした。写真撮影も咎められることはありませんでした。

d0006690_18131512.jpg昨年12月14日に設置された「少女像」です。このブロンズ像は「従軍慰安婦」を象徴するものだとされています。像を設置したのは、韓国の民間団体「韓国挺身隊問題対策協議会」で, 同会は大使館前で毎週水曜日に集会を開いており、12月14日に集会が1000回となるのを記念し,寄付を募って制作しました。高さ1メートル20センチで、椅子に座って大使館を向く形で設置されています。

「警備レベル3」は,この日が水曜日で「元従軍慰安婦への賠償と謝罪を求める」定例集会があったからなのかも知れません。あるいは,昨年末の日韓首脳会談で,韓国大統領が「終始一貫、慰安婦問題だけを語った」余波なのかもしれません。

「従軍慰安婦」問題については,日本政府は1965年の「日韓基本条約」締結の際の「請求権協定」ですでに解決済みであり,大使館の尊厳を損なうとして像の撤去を求めていますが,韓国政府は拒否しています。これは韓国の憲法裁判所が昨年8月30日に「(謝罪,賠償問題について)韓国政府が日本側と交渉する努力をしないのは違憲」としたことが背景となっているようです。

座って日本大使館を見つめる「少女像」ともに設置された横の椅子に座ってみたかったのですが,花が置かれていたこともあり,叶いませんでした。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-03-30 19:46 | 韓国あれこれ | Comments(0)
2012年 03月 29日
長〜いチケット,仁川空港リムジン
d0006690_193081.jpgちょっとよそ見をしていたら,奈良のきょうの最高気温は19.0度で4月中旬並みですって。とは言え,朝の最低気温は0.6度でしたから,こちらは2月下旬並です。

左は仁川空港から市内へのリムジンのチケットです。縦92mm,横203mmの冊子仕立てになっています。左のチケットの部分(92mm×67mm)は切り取られています。その横の中央の部分は領収証(92mm×58mm)です。

d0006690_1924170.jpg本体を延ばすと920mmにもなります。

これは「チケットマガジン」と言うようで,空港バス会社「エアーネットワーク」のサービスとのことです。

このサービス,いつから始められたのでしょうか。昨年の年末にはありませんでした。

内容はちょっとした記事と広告から成り立っているようですが,英語と韓国語で書かれており,日本語はほとんどありませんでしたから,せっかくのサービスも私には無用の長物でしかありませんでした。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-03-29 19:50 | 韓国あれこれ | Comments(0)
2012年 03月 26日
春を告げるもの
d0006690_17293914.jpg「近くの公園」の春をつげるもの。

白梅        すでに盛りは終わりました
紅梅        見頃です
オオイヌノフグリ  例年よりは小さな群れです
コハコベ      同上
ユキヤナギ     ちらほら
オランダミミナグサ ちらほら
タネツケバナ    今年は連年より多いようです
レンギョウ     昨日開花しました
ハナモモ      開花まで3,4日かな

そして,ヤナギです。すっかり青めきました。ファインダー越しの景色はすっかり春です。サクラ(ソメイヨシノ)はまだまだです。奈良の平年は3月29日,昨年は3月31日でした。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-03-26 11:44 | 花の手帳 | Comments(2)
2012年 03月 25日
あと2日の辛抱かな
d0006690_17264683.jpg「近くの公園」のレンギョウもきょうになってやっと開花です。例年であれば満開の季節です。年中無休(?)のタンポポも見られません。

きょうの最高気温は11.3度,平年を3.6度も下回っています。その上,風も強く,日曜日というのに「近くの公園」には子どもたちも居りません。

明日,明後日の気温の予想です。

      最高気温  最低気温
  26日  10度    0度
  27日  12     −1

冬の名残はここまででしょうか。28日からは平年をうわまわりそうです。昨年の3月は例年以上に寒く,「3月の最低気温の平均としては史上7位」,平均気温も「観測史上9位」の寒さでした。しかし,寒さにかまっておられない緊張感がありました。

今年は,歳のせいかもしれません。やけに寒がりになっています。小人閑居して,きょうも「でんでらりゅうば」の引き籠もりです。

※コハコベ,クリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-03-25 18:02 | つれづれに | Comments(2)
2012年 03月 24日
成案→原案→素案→大綱だって,消費税増税
先ずは新明解国語辞典による言葉の意味です。

大綱…大体の骨組み,アウトライン
素案…たたき台として会議に出される(た)案
成案…ある計画方針についての完結した考え(文案)
原案…討議にかけられるために考えられた最初の案

私の考えでは,上記の順序で物事は決まっていきます。この場合,成案=原案となります。しかし,政府・与党(国民新党を含む)では逆の順序になるようです。
 成案→原案→素案→大綱

消費税増税(正式には「社会保障と税の一体改革」)を巡る政府与党の論議です。時系列で示せば以下のようになります。

2011年6月30日   成案(政府与党社会保障改革検討本部)
2011年12月30日  原案(民主党政策調査会)
2012年1月6日   素案(政府与党社会保障改革本部)
2012年2月17日   大綱(閣議決定)

現在,民主党の「社会保障と税の一体改革に関する政策調査会合同会議」での論議(いざこざ)は閣議決定された「大綱」をめぐるものです。もっとも成案〜大綱の決定主体は微妙に違ってはいますが,この合同会議は原案(12月30日)と素案(1月6日)の間になされるもののように思われます。

「社会保障と税の一体改革」といっても消費税増税しか見えてこないのは社会保障についてのいささかの将来展望もないからでしょうか,「成案→原案→素案→大綱」にはこのような感想を禁じ得ません。
[PR]

by gakis-room | 2012-03-24 20:24 | つれづれに | Comments(4)
2012年 03月 23日
アセビの花の中を覗いてみたい
d0006690_1858738.jpgアセビ ツツジ科 アセビ属

白色のアセビは初めてです。

漢字では「馬酔木」ですが,それは別名の「アシビ」からです。アシビがアセビの別名と知ったのは5年前のことでした。

その5年前のアセビも少し高い所にありましたが,その頃は壷形の花の中を覗こうとは思いませんでした。今は覗いて見たいと思っています。

しかし,この白色のアセビも5年前と同様に高い所にありました。ズームで撮影してみましたが上手くいきませんでした。

いつか,きっと。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-03-23 19:01 | 花の手帳 | Comments(2)
2012年 03月 22日
レンギョウの開花は明日からでしょうか
d0006690_1751498.jpg3月22日,きょうの誕生花はレンギョウ(連翹)だそうです。誕生花と言ってもいろいろな説があるようで,2月12日,4月8日などとしているのもありました。

それで,もしやと思って「近くの公園」にレンギョウを見に行きました。しかし,咲きかけが一輪だけでした。レンギョウの開花は明日,明後日でしょうか。中旬以降の寒さで開花が遅れているようです。

今朝の最低気温は−0.7度,7回目の「冬日」です。最高気温は15.5度,平年を1.1度だけですが5日ぶりに平年を上回りました。しかし,午後からは雲が拡がって「春は名のみの風の寒さ」でした。

レンギョウ(連翹) モクセイ科 レンギョウ属

韓国語ではレンギョウをケナリ(私はこの響きが好きです)と言います。レンギョウには中国種と朝鮮種があることは知っていました。

   中国種(シナレンギョウ)…………枝が直立して上向きに伸び,花びらが丸っこい
   朝鮮種(チョウセンレンギョウ)…枝が弓なりに長く伸び,花びらが細長い

ウィキペディアによれば,この2種以外にもレンギョウはあるようです。
   シナレンギョウ F. viridissima(中国原産)
   チョウセンレンギョウ F. ovata (F. koreana)(朝鮮原産)
   レンギョウ F. suspensa(中国原産)
   ヤマトレンギョウ F. japonica(日本原産)
   ショウドシマレンギョウ F. togashii(日本原産)
   セイヨウレンギョウ F. europaea(バルカン半島原産)

シナレンギョウとレンギョウの違いは私には不明です。ヤマトレンギョウは中国地方の石灰岩の山地に,ショウドシマレンギョウは小豆島に自生する固有種のようです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-03-22 18:14 | 花の手帳 | Comments(0)
2012年 03月 21日
きょうは旧暦2月29日,明日は2月30日?
今年は閏年ですから,2月は29日までありました。きょう3月21日は旧暦2月29日です。それでふと思いました。旧暦では月の大小(31日と30日)は固定していませんから,2月が大の月なら,2月30日はあるのではないかと。

明日は旧暦3月1日で2月29日ではありませんが,やはり2月30日はありました。以下の月日は2000年以降の旧暦2月30日です。意外に多いようです。

 2009年3月26日
 2005年4月8日
 2004年3月20日
 2003年4月1日
 2002年4月12日
 2001年3月24日
 2000年4月4日

旧暦にはそれなりの関心があり,ブログにも何回か旧暦について書いてきました。また,ずっと前から,旧暦を付したカレンダーをいつも手元に置いてきましたが,2009年に気づきませんでした。ちょっとした口惜しさです。

次の2月30日は以下の通りです。
 2014年3月30日
 2015年4月18日

果たして覚えていられるでしょうか。忘れてしまいそうです。
[PR]

by gakis-room | 2012-03-21 19:37 | つれづれに | Comments(0)
2012年 03月 20日
ヒヤシンス,名古屋の家にも咲いていました
d0006690_175318.jpgヒヤシンス ユリ科 ヒヤシンス属

名古屋の家の庭に咲いていました。名古屋の家はこの時期には毎年行っているのですが,こんな鮮やかな紫色なのにこれまでは気づきませんでした。

ヒヤシンスの和名が「風信子」であると知ったのは昨年の4月初めの「近くの公園」でした。そのヒヤシンスの色は肌色でした。

私は色としては群青色が好きですから,こちらのヒヤシンスのほうがお気に入りです。それにしても名古屋の家のヒヤシンスにきょうまでなぜ気づかなかったのでしょうか。

d0006690_1752474.jpg【ギリシャ神話とヒヤシンス】(ウィキペディアによる)

ヒアシンスの名は,ギリシャ神話の美青年ヒュアキントスに由来する。同性愛者であった彼は,愛する医学の神アポロン(彼は両性愛者であった)と一緒に円盤投げに興じていた(古代ギリシャでは同性愛は普通に行われ、むしろ美徳とされていた)。

しかしその楽しそうな様子を見ていた西風の神ゼピュロス(彼もヒュアキントスを愛していた)は,やきもちを焼いて,意地悪な風を起こした。その風によってアポロンが投げた円盤の軌道が変わり,ヒュアキントスの額を直撃してしまった。アポロンは医学の神の力をもって懸命に治療するが,その甲斐なくヒュアキントスは大量の血を流して死んでしまった。

ヒアシンスはこの時に流れた大量の血から生まれたとされる。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-03-20 18:19 | 花の手帳 | Comments(2)