<   2011年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

2011年 02月 28日
一支国(いきこく)・壱岐紀行,2011年の例の会・1
今年の「例の会」は7人での壱岐行でした。昨年が「対馬」でしたから,2年続きの島巡りです。25日の午後,京都を発って,夜は博多で宴会でした。その二日酔いを引きずって26日朝,玄界灘を越えて壱岐に行きました。

ゲンカイナダと聞くだけで「荒波越えてー」という感じですが,波は比較的穏やかで,その上,船はジェットフォイルとかいう船体を海面から浮かせて航行するものでしたから,1時間10分の船路は揺れもほとんどなく,二日酔いのダメージも感じませんでした。

壱岐市は島全体が1つの市で2004年3月に4町が合併してできました。江戸時代は松浦藩の支配地であったたので,現在の行政区画は長崎県に属しています。
※写真はクリックすると拡大します。
d0006690_11403168.jpg【春一番の搭】
関東地方では25日に「春一番」が吹いたようです。東京の最高気温は20.8度,瞬間最大風速は16.6m/sだったようです。

この「春一番」には諸説があるようですが,以下は気象庁のホームページからの引用です。

すでに気象の用語となっている「春一番」ですが,その語源については,石川県能登地方や三重県志摩地方から西の各地で昔から使われていたということなどさまざまです。その中で,長崎県郷ノ浦町では、安政6年(1859年)旧暦2月13日(新暦3月17日)に長崎県五島沖に出漁した漁師53人が、春の強い突風にあい全員遭難しました。このときから郷ノ浦の元居地区では,春の初めの強い南風を「春一」または「春一番」と呼ぶようになったそうで,いまでは町内の岬に「春一番の塔」が建てられています。

搭は1967年に建てられました。船の帆をイメージしているとのことです。

d0006690_11401936.jpg「五十三霊得脱の搭」
「春一番の搭」のすぐ近くにあります。文字は読み取りにくいでしたが,搭の横にある「春一番の海難記」碑文には,これ以降,旧暦2月13日にはどれだけ好天であっても「沖止め」(漁のとり止め)とし,漁民1同が海難者の冥福を祈ったと記されています。

なお,「得脱」とは「煩悩・苦悩を脱して仏果を得る」ことのようです。刻印は,「得」が「ぎょうにんべん」ではなく,「水」を表す「氵」になっています。

1988年から2007年までは,53人の冥福を祈念するとともに,「春一番語源発祥の島」として島の活性化のために,旧暦2月13日に近い日曜日に「春一番! 風のフェスタ」が開催され,「舟ぐろ」と呼ばれる和船の競漕や鬼凧(おんだこ)と呼ばれる伝統大凧飛ばしなどが行われていました。

d0006690_114084.jpg【鬼凧(おんだこ)】
鬼凧は壱岐の古くからの郷土玩具です。
その昔,壱岐の島は昔「鬼ヶ島」と呼ばれ,多くの鬼が住んでいたそうです。この鬼を退治すべく,天皇の命を受けた百合若大臣という武将が豊後の国からやってきます。百合若大臣のはねた鬼の首は飛ん大臣の兜に噛み付いた息絶えたという伝説を図案化して描いた大凧です。

写真は壱岐市立一支国(いきこく)博物館に掲げられていたものです。
[PR]

by gakis-room | 2011-02-28 13:26 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
2011年 02月 27日
春一番の搭
d0006690_910218.jpg

「春一番」は悲しい物語です。江戸末期、この島の沖で、突然の強風にあおられて、多くの漁民が遭難しました。

以来、春先の暖かな突風を春一番と言うようになったそうです。
[PR]

by gakis-room | 2011-02-27 09:10 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
2011年 02月 26日
例の会、2011
d0006690_804197.jpg

昨夜は博多で宴。いざ、イキの島へ。
[PR]

by gakis-room | 2011-02-26 08:00 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
2011年 02月 25日
ノンアルコール ビール(テイスト)を飲んでみました
d0006690_16443293.jpg人気商品なのでしょうか,テレビCMでも見たことがあるノンアルコール・ビールを買ってみました。スーパーのレジの横に並べられていました。キャンペーンなのかも知れません。私のほんの気まぐれです。

ノンアルコール,カロリーゼロ,糖質ゼロは「世界初」なんだそうです。カロリーゼロ,糖質ゼロはダイエットあるいはメタボ意識をくすぐろうというのでしょうか。ノンアルコールは「ビール気分」と自動車運転の融合でしょうか。

ノンアルコールですが,「20歳以上の方の飲用を想定」した商品だとの掲示もありました。確かに高校生が,これを片手に公園辺りで車座になって乾杯していたら,ややこしいことこの上もありません。

毎晩の晩酌を欠かすことのない私ですが,アルコールには強いわけではありません。それでも酔って,その勢いで何も考えることなく眠りに落ちていくというのは至福に近いものがあります。

逆に決して酔うことのないノンアルコールビール(正確には「ビールテイスト飲料」)を飲んで,ビールを飲んだ気分になるということは,私にはちょっとしたひっかかりがあります。もちろんただ酔えばいいというものでもありませんが。

で,「rich and clear taste」の味と気分はどうであったかというば,私の気まぐれはこれでおしまいです。「これでいいのだ」とはなりませんでした。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2011-02-25 07:24 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2011年 02月 24日
2月24日,1933年  国際連盟脱退
d0006690_15172775.jpg1933年のこの日,国際連盟総会は満州事変について「リットン調査団報告書」を採択しました。

報告書は,満州における日本の権益を認めながらも,
・柳条湖事件(満州事変)及びその後の日本軍の活動は,自
 衛的行為とは言い難たい
・満洲国は,地元住民の自発的な意志による独立とは言い得
 ない
・満州を中華民国の主権と調和する範囲内で自治を認める
・満州国の秩序のために国際的な武装組織を置き,そのため
 に外国軍隊は撤退する
等の内容でした。

※満州事変
1931年9月18日の柳条湖事件(南満州鉄道爆破事件・関東軍の自作自演)から1933年5月の日中停戦協定までを言う。
柳条湖事件の5日後の23日の朝鮮派遣軍は満州に独断越境。朝鮮派遣軍・関東軍の支配下のもと,1932年3月1日,満州国が成立します。中華民国は国際連盟に提訴。国際連盟はリットン調査団派遣(9月に報告書を国際連盟に提出)。この間の6月に日本は満州国を承認した。

国際連盟総会の採決結果は,採択賛成42カ国,反対1カ国,棄権1各国(タイ)でした。主席全権松岡洋右はこれを受け入れられないとして,議場を退場します。そして,3月27日に国際連盟脱退を通告しました。こうして日本は,1937年の日中全面戦争,1941年日米戦争に至ることになりました。

写真は国際連盟総会の採決を伝える朝日新聞です。記事の内容を読み取ることはできませんが,見出しはすっかり「政府スポークスマン」です。

  連盟よさらば! 遂に協力の方途尽く
  我が代表堂々退場す

これほどまでにあからさまではないとはいえ,この危うさ,どこか現在と似ていないでもありません。また,頻繁に,そして安易に主張される「国益」なる言葉を聞く度に「満蒙は我が国の生命線」と重ねてしまいます。これは松岡洋右が衆議院本会議(1931年)で行った演説です。
[PR]

by gakis-room | 2011-02-24 08:01 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 23日
甘い香りがします,ニワナズナ
d0006690_16304239.jpgニワナズナ アブラナ科 ニワナズナ属

アリッサムあるいはスイート・アリッサムの呼び名の方が一般的でしょうか。原産地は地中海地方です。

背丈は10〜20センチ位ですが,地を這ってマット状に拡がります。それで,グランドカバーによく使われるそうです。

色は白が一般的なようですが,桃色,紅紫色などもあるようです。

d0006690_16303056.jpg花軸に柄のある花が多数付く「総状花序」です。1つの花の花径はナズナ(ぺんぺん草)よりも大きく,3〜5ミリくらいです。

まだ開ききっていませんが,アブラナ科ですから菜の花と同じ4弁です。近づくと甘い香りがします。中国名では,この香りと枝先についた沢山の花が丸く咲く様子から「香雪球」と言うそうです。

花言葉は「優美」,「美しさに優る値打ち」です。「美しさに勝る値打ち」とはどんなものでしょうか。もつとも「美しさ」の定義自体が曖昧ですが…。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2011-02-23 08:18 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 22日
「近くの公園」のヤナギ,その後
d0006690_11441050.jpg強風のために枝が引き裂かれた「近くの公園」のヤナギについて「またしても折れたヤナギ」と書いたのは,昨年の12月6日でした。

その後,このヤナギは無残な形をさらしたままで,放置されていましたが,昨日でしょうか,ようやく根元から切断され,整理されました。池に残された枝も除去されました。

50センチ近い根元の中心はかなり痛んでいます。ヤナギの寿命がどれだけかなのかは不明ですが,この根元を見る限り,寿命に近かったのかも知れません。

それにしても,なんだか自分自身を見せられているような気がしてきます。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2011-02-22 12:04 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
2011年 02月 21日
「近くの公園」の3番花,オオイヌノフグリ
d0006690_153217.jpg昨日,草花の開花が遅いと言ったばかりですが,「近くの公園」で一斉にオオイヌノフグリが咲き始めました。「近くの公園」の3番花です。

きょうの最高気温は13.8度,3月下旬並の暖かさです。高さで言えば,17日の15.7度,6日の14.5度についで3番目ですが,日照時間が違いました。17日の日照時間は2.9時間,6日が5.2時間でしたが,きょうの日照時間は9.8時間です。これは今月の最長時間です。

厚手の洗濯ものがよく乾きました。明日の予想は,「晴れ,14度」ですから,きょうに続いて絶好の洗濯日和です。ヤフー「天気情報」の「洗濯指数」はバスタオルも充分に乾くという90です。ちょっと嬉しくなります。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2011-02-21 18:50 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 20日
なぜ草花の開花は遅いのでしょうか
d0006690_17513894.jpg昨日は雨水でした。雪が雨となり,氷が水となる,つまりは立春から15日がすぎて寒さが緩み始める季節です。

奈良も,6日間の寒さを過ぎて,最高気温は16日から平年を上回る日が続いています。昨年の雨水(2月19日)の記事を見てみると「オオイヌノフグリが目立つ」と書いています。

午後から「近くの公園」を一回りしてみました。咲いている草花は昨年末からのホトケノザを除けば,まだキュウリグサとコハコベだけでした。

今年は草花の生育が遅いようです。ところで草花の生育の要因は気温,日の出・日の入り時間,日照時間なのでしょうが,早い・遅いを決めるものはなになのでしょうか。

1番の要因は気温でしょうか,2月の昨日までの気温の平年差です。
  平均気温  +0.1度
  最高気温  +1.3度
  最低気温  −0.7度

今年の草花の開花が遅いのは,最低気温が低く,地表,地中の温度がなかなか暖まらないからなのでしょうか。私には解けそうもない疑問です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2011-02-20 18:48 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 18日
午前3時21分がきょうの最高気温です
昨日を引きずって,暖かい朝でした。午前8時の6.8度は4月中旬並みです。その後,9時には8.1度まで上昇しましたが,また,降下して午前11時には6.5度まで下がりました。

その後は上昇して,午後1時には8.5度になりましたが,午前3時21分の9.5度には及びませんでした。最高気温が午前3時過ぎとは,何ともおかしな1日です。

明日の朝の最低気温は−3度の予想ですから気温はなお急降下して行くようです。
d0006690_18533165.jpg

[PR]

by gakis-room | 2011-02-18 19:17 | つれづれに | Trackback | Comments(0)