<   2010年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2010年 10月 31日
園芸種(オキザリス)が野生化したようです,シロバナイモカタバミ
d0006690_15102462.jpg シロバナイモカタバミ(白花芋片喰)
カタバミ科 カタバミ属

近所の植え込みから顔をのぞかせていました。イモカタバミの白花種です。

南米原産で,日本には戦後にイモカタバミと同時に鑑賞用に渡来したそうです。その園芸用のものが逸出して野生化したようです。

シロバナイモカタバミは以前に取り上げたことがあります。その時は,「白色のカタバミ」としか思いませんでした。

ところで「イモ」カタバミの名前の由来は「芋状の塊茎を持つ」ところからのようです。

d0006690_15101311.jpgカタバミもオキザリスもどちらもカタバミ科,カタバミ属ですが,カタバミと名の付くものは地下に塊茎をもたず,オキザリスは塊茎を持つものと,私はこれまで思ってきました。

しかし,引き抜いて確かめることもできませんから,カタバミと名がつけば在来種(野草),園芸種をオキザリスと私流に区別してきました。野生化したとは言え,イモカタバミもシロバナイモカタバミも「カタバミ」の名がついていても野草ではなく,園芸種でした。

花径は1センチ位です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-10-31 16:13 | 花の手帳 | Comments(2)
2010年 10月 30日
メリケンとは懐かしい,メリケンガヤツリ
d0006690_14364059.jpg メリケンガヤツリ カヤツリグサ科 カヤツリグサ属

アメリカ大陸原産で,1960代に渡来したそうです。それで「アメリカから来た」・「カヤツリグサ」で「メリケンガヤツリ」です。「メリケン」にはなんとなく懐かしさがあります。私の虎が煙草を吸っていた頃,小麦粉のことをメリケン粉と呼んでいました。

背丈は30センチ位ですが,大きなものは50〜70センチにもなるようです。

花穂が球状になっているのが特徴です。カヤツリグサは上下に並んで円錐状になっています。

カヤツリグサもそれよりもさらに小さなコゴメガヤツリも「近くの公園」では珍しくありませんが,これまで,何故か記事にしてきませんでした。

球状の小穂は1センチ足らずです。ひとつひとつの鱗片は長さ2〜3ミリです。小穂の下から細長く延びて,葉のように見えるのは苞とのことです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-10-30 16:45 | 花の手帳 | Comments(2)
2010年 10月 29日
よしなしごと
d0006690_21464140.jpgこの4日間,「慌ただしさが」が過ぎていきました。過ぎていったんですから,今は平穏なはずです。それでもなんだか落ち着かないのは何故なのでしょうか。

「しみじみと秋」を味わいたいと思っているのですが,気温の悪戯に気を奪われているからでしょうか。

「暑ければ暑いのがよい,寒ければ寒いのがよい」と私にささやく声はあるのですが,それは遙かに遠い声で,私がうなずく程には聞こえてきません。

こんな雲が一面に拡がっていたから,心が揺れ動く。これが嘘だとは充分に分かっていますが,ついつい言ってしまいそうです。

「落ち着かなければ,落ち着かないのがいい」,酔いも極まったようです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-10-29 21:49 | つれづれに | Comments(2)
2010年 10月 28日
昨日は11月中旬そしてきょうは12月上旬,この寒さ
d0006690_1873286.jpg寒い!と言う以外にありません。夕刻まで雨が降っていたこともあるのでしょうが,この寒さはどうしたことでしょうか。

午後6時現在という限定付きですが,きょうの最高気温は12.4度です。これは平年より−7.4度低く,12月上旬並です。「日最高気温の低さ」では,このままですと10月としては奈良の観測史上2位です。

また,今朝の最低気温は,7時56分の10.3度でしたから,1日の「寒暖差」は2.1度で,これは2006年以降では3位タイです。

それにしても,この5日間,最高気温はひたすらに下がり続けました。
  24日  24.3度 
  25日  20.5
  26日  18.2
  27日  15.6
  28日  12.4

「いろいろある」今年ですから,驚くことではありませんが,それにしてもいじけてしまいます。

写真は雨上がりの東の山なみ
※クリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-10-28 18:37 | つれづれに | Comments(4)
2010年 10月 27日
「しみじみと」を一挙に追い越してしまった
d0006690_1639170.jpg「『しみじみと秋』はもうすぐでしょうか」と思っていたら,何のことはありません。「しみじみと」を味わうまもなく,一挙に追い越してしまいました。

  今朝の最低気温    6.5度
  きょうの最高気温  15.6度

共に11月中旬並みです。あわててセーターを取り出すやら,冬支度のまねごとをしました。 

昨日は「木枯らし1号」の到来とかで,終日,強い風が吹きまくっていました。「木枯らし」は晩秋から初冬にかけて吹く,風速8m/sの風のことですが,もう,「晩秋」なんでしょうかねえ。

なお,「木枯らし1号」は近畿地方と関東地方でしか発表されないようです。また,「木枯らし2号」,「木枯らし3号」もあり得るのですが,これも発表はないようです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-10-27 17:11 | つれづれに | Comments(4)
2010年 10月 26日
近畿はラーメン不毛の地?
d0006690_17122355.jpg きょうの産経新聞の夕刊(大阪本社版)記事からです。人口10万人当たりのラーメン店数では大阪が全国最下位で,それに奈良が続いています。調査はNTTの「タウンページ」に掲載されているラーメン店の登録数を都道府県人口で割ったものです。

トップの山形に比べると最下位の大阪は6分の1程度です。いわゆる「ご当地ラーメン」とは無関係に,概して関東以北が上位を占めています。

もっとも,いかにラーメンが国民食と言っても,44位の沖縄では「沖縄ソバ」でしょうし,42位の長崎は「チャンポンないしは皿うどん」なのかもしれません。

同じように,大阪では「うどん」なのかもしれません。しかし,「奈良の素麺」は聞いても「奈良のうどん」は聞いたことがありません。

記事よると「うどん」では全国のトップは香川で,人口10万人当たりの店舗数はラーメン店の20.63を大きく上回る65.17店です。

しかし,面積比で言えば,東京の店舗数は3942店で,ダントツの全国トップ(2位の北海道は2067店)ですから,「出店密度」は高く,簡単にラーメン店に出会えそうです。

とまれ,きょうの昼もラーメンだったラーメン好きの私にとしては,この町で美味い「味噌ラーメン」に出会えないことは口惜しい限りです。
[PR]

by gakis-room | 2010-10-26 17:40 | つれづれに | Comments(8)
2010年 10月 25日
「しみじみと秋」はもうすぐでしょうか
d0006690_1231299.jpgきょうの午後からは雨が断続的に降っています。とはいえ,ほとんど「しとしと」状態ですから,開けたままの窓からは雨の音はど聞こえてきません。

「異常気象」の言葉こそ聞かれなくなりましたが,今月になってから日最高気温,日最低気温が平年を上回ったのは,日にちこそ違え,ともに3日しかありません。人並みに「しみじみと秋」を感じたいと思いますが,それはもうすぐでしょうか。

涼しさと言うよりも,「秋の夜の冷え」を感じることもありません。昨朝も今朝も最低気温は平年より5度以上も高く,例年ならば,「近くの公園」の朝の散歩にはカーデガンを欠かせないのに,カッターシャツだけで充分でした。

この夏の猛暑で日照時間が長く,今年は木々の葉がよく育っているそうです。そのために紅葉は例年より色は鮮やかになるとか。「しみじみと秋」には紅葉とそれなりの冷えを必要とするようです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-10-25 16:15 | つれづれに | Comments(6)
2010年 10月 24日
インスタントのちりめんじゃこのおすまし
簡単と言えばあまりにも簡単すぎます。果たして「料理」と言えるかどうか,気恥ずかしい限りです。それでこれまで記事にはしませんでした。きょうのお昼はコンビニで買ったおにぎりでしたから,久し振りに思い出しました。

【用意するもの】
ちりめんじゃこ  青ネギ  醤油

【作り方】
(1) お椀にちりめんじゃこを適量とる
(2) 醤油を適量かける
(3) 沸騰したお湯をかけて,刻んだ青ネギを散らして,できあがり

お湯をかけ,好みの濃さに醤油をたらすだけですから,「料理」というのはやはりインチキですね。「釜揚げしらす」でも「しらす」(釜揚げを半乾燥させたもの)でも「ちりめんじゃこ」(しらすをさらに乾燥させたもの)でも良いのですが,どれを使うかは,やはり好み次第です。
[PR]

by gakis-room | 2010-10-24 16:40 | 簡単料理 | Comments(6)
2010年 10月 23日
アサガオではありません,食用野菜です,ヨウサイ
d0006690_17172996.jpgヨウサイ(蕹菜) ヒルガオ科 サツマイモ属

「例の田舎道」です。ヨウサイ(蕹菜)と教えていただきました。

最初はアサガオの1種かと思いました。15センチ位の縦に長いハート型の葉に特徴があります。中国南部から東南アジアにかけて広く栽培されている野菜だそうです。

サツマイモ属ですが,食べるのは葉の部分で,油炒め,スープに利用するそうです。

別名がたくさんあります。茎が空洞になっているので,中国語では空心菜(コンシンツァイ)や通菜(トンツァイ),日本でも中国語のまま音読みしてクウシンサイ,沖縄では「ウンチェー」とも呼ばれているそうです。

d0006690_17171624.jpgアサガオによく似た花です。花径は5センチ位のロート状です。色は白以外に桃色,淡紫色があるそうです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-10-23 17:32 | 花の手帳 | Comments(2)
2010年 10月 22日
造花のような花です,ハナヅルソウ
d0006690_16272736.jpg ハナヅルソウ(花蔓草) ツルナ科 アプテニア属

「例の田舎道」です。南アフリカ原産,江戸時代末期に渡来したようです。別名はアプテニアです。ですから,属名をハナヅルソウ属としているものもありました。

名前の由来は葉が肉厚の葉が地面を這うツルナ(蔓菜)に似ているが,花を付けるところからだそうです。しかし,私はまだ見ていませんがツルナも目立ちませんが小さな花を付けるようです。

写真からは分かりませんが,ランナーを出して簡単に増殖していきます。

d0006690_16271648.jpg 花径は1.5センチ位です。マツバギクによく似ていますが,葉が違いますから間違う事はありません。

初めてマツバギクを見た時,造花のような花だと思いました。肉厚の葉を含めて,同じ感想を持ちました。

色は他にピンク,黄色もあるようです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-10-22 16:35 | 花の手帳 | Comments(0)