<   2010年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2010年 09月 30日
なんと言うことか,9月に時雨です
d0006690_18313856.jpgやはり「異常気象」です。きょうの奈良の最高気温は昨日より6.7度低い17.9度です(午後6時現在)。これは11月中・下旬並みです。9月の最高気温としては観測史上8番目の低さです。

最高気温の高さとしてはこんな記録をした9月でした。
  4日  1位     36.9度
  5日  2位タイ   36.7度
  11日 7位タイ   35.9度
  12日 6位     36.0度

それが月末になって,気温の高さをでは紛れもなかった「異常気象」は急にヘタってしまい,平年並みを通り越して,8位とはいえ,「最高気温の低さ」を記録するなんて,やはり「異常気象」です。

きょうは未明からずっと雨模様です。

時雨…秋の末から冬の初め頃に,降ったり止んだりする小雨(岩波国語辞典)

ですから,11月中・下旬並みのきょうの雨は9月とは言え,断じて「時雨」です。
写真は昨日の午後の空ですが,嘘みたいです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-09-30 18:46 | つれづれに | Comments(4)
2010年 09月 29日
これからが最盛期です,セイヨウアサガオ
d0006690_17233399.jpgセイヨウアサガオ(西洋朝顔)
ヒルガオ科 サツマイモ属

セイヨウアサガオかと思います。メキシコなど中南米原産で使用を初期に渡来したようです。

まだ咲き始めで,11月頃まで咲き続けます。朝顔の季語は夏ではなく,秋ですが,こちらは何の違和感もない秋の花です。樹木からさらに伸びて,電話線に絡まっています。

d0006690_17232413.jpg花径は10センチ位です。青色朝顔の名で知られるへブンリーブルーがよく知られているようですが,私の見たものは紫がかったピンクです。

日本朝顔と違って葉の形はきれいなハート形です。ハート形の葉をした朝顔といえば,一昨年の11月の初めに見たマルバアサガオがありました。

あれもセイヨウアサガオの1種だったんでしょうか。花の大きさはもっと小さかったように思いますが,記憶は不確かです。。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-09-29 17:36 | 花の手帳 | Comments(0)
2010年 09月 28日
気分はすっかり秋です,紅玉を買いました
d0006690_1742465.jpg最近はあまり果物を食べない私ですが,紅玉だけは別です。固い食感と酸っぱさが好きで,「しみじみと秋」を感じさせてくれます。

スーパーで紅玉に気づくのは,例年は10月中旬以降ですが,今年はちょっと早いようです。きょうの最高気温は26.6度平年よりもやや高めですが,おそらくは観測史上1位の「異常気象」の9月でしたから,気分はすっかり秋です。

秋と言えば,「夏バテ」ならぬ「秋バテ」もあるようです。

【秋バテ】
酷暑が続き体調を崩しがちの夏を乗り切った秋口には,倦怠感や食欲不振などの体調不良が起こりやすい。暑さによる疲労の蓄積に加え,夏場の冷房や冷たい飲食物の摂取などによる冷えが原因。

相変わらずキンキンに冷えたビールを夜ごとにたしなむ(?)私に「秋バテ」が来ませんように。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-09-28 18:10 | つれづれに | Comments(8)
2010年 09月 27日
私の不機嫌,その2
日本政府は何をすべきであったのであろうか。毅然と処するとは,国内法によって起訴し,裁判をすべきであったということなのだろうか。海上保安庁の巡視船と中国漁船の衝突事件について,私の視点が定まらないのは,衝突が漁船船長の向こう見ずな蛮勇による偶発的な事件ではなく,「意図的なものであったとしたら」という仮説に対して答えられないからである。

この仮説は仮説故に成立する。意図的な領海侵犯であれば,先方は当然のこととしてその後のシナリオについて周到な用意をしているに違いない。こうした仮説は日本の政府,外務省にはなかったのであろうか。右往左往,ジタバタを繰り返す菅政権以前の政権は領海侵犯について方策の具体的なイメージをもっていたのであろうか。

この事件に対する政府の対応は悲惨極まりない。「わが国国民への影響や,今後の日中関係を考慮」しての漁船船長の釈放が那覇地検の判断だとは誰も思うまい。最悪のシナリオはなお継続されている。菅政権が擁護されるところは何もない。

弱腰外交,外交的敗北というのはいい。「粛々と国内法で処理する」をいとも簡単に翻した行き当たりばったりを非難するのもいい。しかし,「領海侵犯,巡視船と中国漁船の衝突」のこのとき何をすべきだったのだろうか。それとも問題はこの後の,中国漁船の船長逮捕,船長の拘置延長と釈放のどこかにあるのだろうか。さらには,船長を起訴,裁判にかけるべきだったのであろうか。

苛立ちは私自身に向かっている。今読んでいる「十字軍物語 1」(塩野七生著,新潮社)の冒頭は「戦争とは,諸々の難題を一挙に解決しようとしたときに,人間の頭の中に浮かび上がってくる考え(アイデア)である」で始まっている。
[PR]

by gakis-room | 2010-09-27 19:48 | つれづれに | Comments(7)
2010年 09月 26日
私の不機嫌
d0006690_18523773.jpg今朝の最低気温は11.7度でした。平年4.5度低く,10月中旬並です。もちろんこの秋1番の寒さです。一昨日にも書いたように,「しみじみと秋」を感じる余裕もありません。日中はほぼ平年並みになりましたが,私は不機嫌です。

不機嫌を直すためには私の「体内時間軸」を一挙に夏から秋に,それも季節を先回りするために,この際,晩秋に推し進めなければなりません。「もう,中秋も終わって,晩秋だぞ」とひたすらに言い聞かせることです。

夕刻から窓を開け放って,涼しいと言うよりも冷たい風を部屋に呼び入れています。Tシャツ1枚では「年寄りの冷や水だぞ」と言い聞かせています。すでに羽布団も日中に用意しました。

夕食は鍋と決めています。それでも不機嫌の塊が残っています。中国漁船衝突事件です。どんなに考えても私の視点が見つかりまりません。視点を見つけるなんて,それは市井の独居老人には過ぎたること,傲慢なことと思うのですが,それだから余計に不機嫌になってしまいます。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-09-26 19:28 | つれづれに | Comments(8)
2010年 09月 24日
8月上旬→9月中旬→10月下旬,この3日間の最高気温の変化です
d0006690_1856653.jpgこの3日間の最高気温です。
 22日  33.0度  最も暑い時を上回る
 23日  26.7度  9月中旬並
 24日  20.0度  10月下旬並

真夏の暑さから一挙に晩秋近くにまでなりました。23日の26.7度は午前0時12分の記録で,日中は20度前後を推移しましたから,この気温の落差には戸惑いました。いいえ。むしろ狼狽えました。

まだ,夏物衣服が出たままです。いくら今年が「異常気象」とはいえ,そんなに慌てなくてもいいのに,と思ってしまいます。「秋の日はつるべ落とし」と言いますが,つるべ落としは気温でした。

明日からは,平年をやや上回る気温が続きそうです。少しぐらい暑いのはなんてことはありません。この夏の「異常な暑さ」が体にしみこんでいますから。ですから,ゆっくりと秋になってくれなければ「しみじみと秋」を味わえないではありませんか。

写真はきょうの日の入り直後です。上空は雲に覆われていましたが,西から北にかけてほんの少しこじ開けたような晴れ間が長く続いていました。
※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-09-24 19:09 | つれづれに | Comments(6)
2010年 09月 23日
「竜巻注意情報」を初めて知りました
d0006690_21412547.jpgこの5月,「平城遷都1300年祭」の会場では「30分前に落雷を予報」され,それが「まいど1号」の成果であるとの新聞記事を見た時,会場限定ではなく,「気象注意報」として日常化されればと思ったものでした。

きょう,午前中,雷雨を聞きながら,ぼんやりとテレビを見ていました。すると何度もニュース速報のように,近畿の各府県の「竜巻注意情報」が流されていました。これまで「竜巻注意情報」には気づきませんでした。

「竜巻注意情報」はいつからのことでしょうか。気象庁のホームページを見てみると,「積乱雲の下で発生する竜巻,ダウンバーストによる激しい突風に対して注意を呼び掛ける」目的で,すでに08年3月26日から,都道府県毎に発表しているようです。

きょうの奈良県の場合,4時18分に「竜巻注意情報」第1号が出され,その後10時41分の第7号まで出されています。

※ダウンバースト(Downburst)…気象現象の一つで,局地的・短時間に上空から吹く極端に強い下降気流である。下降
               噴流(かこうふんりゅう)ともいう。

写真は昨夜の「中秋の名月」です。すっかり諦めていましたが,夕食後の8時前に「近くの公園」に行ってみました。それでも雲の切れ間から,月は時折顔を見せていました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-09-23 12:20 | つれづれに | Comments(8)
2010年 09月 22日
きようは中秋の名月ですが…
きょうは旧暦8月15日。中秋の名月としゃれようと思っていましたが,午後からは曇りのようです。ならば,天文学上の満月である明日はどうかと思いました。しかし,明日は午後からは曇り,夜半は弱雨の予想です。

昨年は,旧暦8月15日,旧暦9月13日,旧暦10月10と3回の月見を楽しみましたが,今年は最初から躓きました。それでふと思いました,閏8月,閏9月,閏10月のどれがある年は4回月見ができると。

閏8月…1957年,1976年1995年にありました。次は2052年です。しかし,もう私は存在していません。
閏9月…2014年11月5日が閏9月13日です。4年後ですが,多分,いいえ,確実にその時は忘れています。
閏10月…少なくとも2069年まではありません。

やはり,1年に4回の月見は無理のようです。月見ができないのであれば,季節外れの「満地球の出」でも見ることにしました。

[PR]

by gakis-room | 2010-09-22 12:00 | つれづれに | Comments(4)
2010年 09月 21日
どうしたことだろう,でも,まあ,いいか
奈良の午後6時の気温は28.8度,湿度68%,風速1m/sです。しかし,どうしたことでしょうか,窓を開け放っていますが,風は通りません。タバコの煙もほぼ真上に上がっています。この時間の室温は31.1度です。

台所でちょっとした立ち振る舞いをしただけですが,全身の汗です。これから夕食ですが,クーラーをつけることにしました。きょうの日中の最高気温は31.7度でした。それでも風が部屋を通り抜けていましたから,クーラーは使いませんでした。それなのにこの時間になって暑さに不快感を感じるとは,どうしたことでしょうか。

パソコンに向かっていても汗ばんできます。まあ,それでも暑さを暑さと感じにくくなるのが老人の熱中症の要因のひとつだそうですから,まあ,いいかと変に納得しています。
[PR]

by gakis-room | 2010-09-21 19:05 | つれづれに | Comments(2)
2010年 09月 20日
ふとした疑問,秋は夕暮れ
d0006690_1853960.jpg秋は夕暮。夕日のさして山の端いと近うなりたるに,烏の寝どころへ行くとて,三つ四つ,二つ三つなど飛びいそぐさへあはれなり。まいて雁などのつらねたるが,いと小さく見ゆるはいとをかし。日入りはてて,風の音,虫の音など,はたいふべきにあらず。

枕草子の第1段です。別段,私には山の端が近くなって見えるとも思われません。また,烏も雁も飛び急ぐなどとは見ることもありませんが,「秋は夕暮れ」と言うよりも,秋の夕焼けなぜ素敵なのでしょうか。

秋の雲は高い所にあり,その雲が刻々と変化していくからでしょうか。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-09-20 19:30 | つれづれに | Comments(4)