<   2010年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2010年 08月 31日
暑さと言えば昼の大阪・夜の東京,奈良は話題にはなりません
d0006690_1781928.jpg昨日の時事通信によると,今年の8月は「戦後最も暑い夏」のようです。

東京の熱帯夜は,今朝の最低気温が27.5度でしたから,おそらくきょうで48日となり,1994年の47日を超えて記録更新のようです。

大阪の連続「猛暑日」は昨日途切れましたが,14日連続はこれも1994年の13日連続を超えて記録更新です。8月の大阪の「猛暑日」は19回で,2000年の20回にあと1回と迫りました。

奈良はと言えば,8月の熱帯夜(最低気温が25度以上の日)は11回で,これは1994年の10回を超えて記録更新です。また,「猛暑日」も17回となり1994年,1995年の18回までにあと1回となりました。

きょうの予想最高気温は35度,明日からの1週間は35〜36度の予想です。昨日から,「近くの公園」のクマゼミの大合唱が断続的になりました。そしてその声もずっと小さくなりました。クマゼミの季節が終わろうとしているのに,まだツクツクボウシの声は聞こえてきません。

【熱帯夜について】
「熱帯夜」とは夜間(前日の午後6時〜当日の朝6時まで)の最低気温が25度以上であった場合の日のことです。しかし,気象庁の統計項目には「熱帯夜」はなく,今朝の読売新聞のように「1日を通じ気温が25度を下回らなかった日が今年47日となり」と厳密に使用しているメディアもありますが,多くの場合は1日の最低気温が25度以上であった日を便宜的に「熱帯夜」としているようです。

ですから,前日からの夜間の気温が25度以上であっても,当日の午前0時までに気温が25度以下となれば,その日は「熱帯夜」とはカウントされません。「熱帯夜とはなんになのでしょうか」と疑問をもった8月25日は「熱帯夜」とはカウントされません。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-08-31 08:26 | つれづれに | Trackback | Comments(5)
2010年 08月 30日
醜悪,ハトの恩返し
大義とはその程度のことだったのか,呆れて開いた口でいいます。鳩山前首相が小沢氏を支持する理由,つまりは「大義」とは「小沢氏に首相に導いてもらったからその恩返し」と言うだけのことのようです。

鶴の恩返しには人の心の弱さと愛の哀しさがありますが,「ハトの恩返し」には嫌悪感しかありません。

民主主義の大義から言えば,鳩山由紀夫なるものを総理大臣に導いたものは,断じて小沢なる者の手練手管ではなく,主権者たる国民です。自民党政権に辟易した鬱積が1年前のきょう,民主党の圧勝をもたらしました。それは何かが変わるかも知れないという切ない期待であったように私には思われます。

その期待をあまりにも軽すぎる一挙手一投足で踏みにじったとしても,「私も辞めるからあなたも身を引いてもらいたい」,「首相を終えた者は政治に関わらないのがよい」と退場したときにはまだ救いがありました。89日前のことでした。

75日は確かに過ぎました。だからでしょうか,小沢待望論などとという永田町談義を,「それは国民の思いとは違っている」と「国民への恩返し」として鎮めるのではなく,「優しい私が菅と小沢の仲介をする」としゃしゃり出て,「小沢支持が大義」と宣い,さらには「恩返し」とは醜悪としかいいようがありません。

当の小沢氏といえば「鳩山が支持してくれたから出馬する」といったきり,これまた得意の例の雲隠れ。「対立回避」とやらの「菅・小沢会談」という醜悪がきょうも模索されているようです。
[PR]

by gakis-room | 2010-08-30 12:24 | つれづれに | Trackback | Comments(10)
2010年 08月 29日
あれから100年,1910年8月29日,韓国併合条約発効
ちょうど100年前のきょう,1910年8月29日に,「韓国併合条約」が発効しました。「韓国併合条約」については昨年の8月29日,私的な感想を抜いて韓国併合に至る経過だけを書きました。

この条約についての何人かのいわゆる識者は「国際法上の有効」論を繰り返していますが,有効,無効の論議は専門家に任せるとしても,1875年9月20日の江華島事件1895年10月8日のミンピ暗殺,そして,韓国併合条約締結の経過を見れば,菅首相の談話のごとく,大韓帝国,及びその国民の「その意に反して行われた植民地支配」と私には思われます。

以下は歴代首相の発言の要旨を,8月25日の朝日新聞の記事をもとにまとめたものです。私から見ればまさしく,反省の小出しと言えなくもありませんが,しかし,「自虐史観」批判論者(自己中史観論者)としては一切が気に入らないということになるでしょうか。今朝の産経新聞の主張(社説)は「日韓併合100年 『ご用聞き』外交の罪深さ」として,「謝罪すればするほど日韓関係は悪化してきた」と言っています。問題は「謝罪の本気度」のように私には思われます。

1984年9月 中曽根首相
「遺憾ながら今世紀の一時期,わが国が貴国及び貴国民に対し多大な苦難をもたらした」「このあやまちに対し,深い遺憾の念を覚える」(全斗煥大統領歓迎昼食会)

1990年5月 海部首相
「過去の一時期,朝鮮半島の方々がわが国の行為により耐え難い苦しみと悲しみを体験されたことについて謙虚に反省し,率直にお詫びの気持ちを申し上げたい」(盧泰愚大統領との首脳会談)

1993年11月 細川首相
「過去のわが国の植民地支配により,朝鮮半島の方々が誠に様々な形で耐え難い悲しみと苦しみを経験されたことについて,深く反省し,心より陳謝する」(金泳三大統領との共同記者会見)

1995年10月 村山首相
「政府としては朝鮮半島地域のすべての人々に対し,過去の一時期,わが国の行為により,耐え難い苦しみと悲しみを体験されたことについて深い反省と遺憾の意を従来より表明してきた」(参院本会議)

1998年10月 小渕首相
「小渕総理大臣は,韓国の国民に対し,植民地支配により多大の損害と苦痛を与えたという歴史的事実を謙虚に受けとめ,これに対して,痛切な反省と心からのおわびを述べた」(金大中大統領との日韓共同宣言)

2010年8月 菅首相
「ちょうど百年前の八月,日韓併合条約が締結され,以後三十六年に及ぶ植民地支配が始まりました。三・一独立運動などの激しい抵抗にも示されたとおり,政治的・軍事的背景の下,当時の韓国の人々は,その意に反して行われた植民地支配によって,国と文化を奪われ,民族の誇りを深く傷付けられました…この植民地支配がもたらした多大の損害と苦痛に対し,ここに改めて痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明いたします」(韓国併合100年をめぐる談話)
[PR]

by gakis-room | 2010-08-29 07:01 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(10)
2010年 08月 28日
まだ8月は終わっていないのに,奈良地方気象台の怪
きょうの奈良の最高気温は13時現在,36.1度で,8月なって8日連続,15回目の「猛暑日」です。

ところで奈良地方気象台のホームページに「奈良の気象観測データ極致」があります。そこを覗くと「観測史上1〜10位の値」があります。

その中の11番目の「月平均の高い方から」の年間を通じての1位は「28.7(2010/8)」になっています(したがって「8月としての値」も同じです)。確かに昨日までの8月の平均気温は28.7度ですが,しかし,まだ8月は終わってはいません。どうしたことでしょうか。昨日気づきました。
[PR]

by gakis-room | 2010-08-28 13:27 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2010年 08月 28日
大義廃れて…大偽あり
まさか「大儀」なる言葉で理由づけるとは思いませんでした。「小沢出馬,鳩山支持」のニュースを知ったのは旅行中のことでした。帰宅してから新聞を見ると,
  「私の一存で小沢先生に民主党に入ってもらった。応援するのが大義だ」
とのことでした。

それ以前には,この様にも言っていたようです
  「私が菅さんを見捨てたら民主党は終わる」

さらに時系列で遡って「大義」をみれば,
  「とことんクリーンな民主党に戻そう」の大義は何処へ行った
  「政権交代」の大義はパチンと割れたシャボン玉
ということになるのでしょうか。

「首相を引退した後は政治に関わらない方がいい」という趣旨の言葉を含めて,相変わらず限りなく軽く,空虚な彼の言葉には今更のように呆れる以外にはありませんが,
   大義廃れて珍技あり
   知恵擬してて大偽あり
ともじってみたくなりました。

             大道廃れて仁義有り,
             知恵出でて大偽有り。
             六親和せずして孝慈有り,
             国家昏乱して貞臣有り。
                        「老子」第18章
[PR]

by gakis-room | 2010-08-28 11:13 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2010年 08月 27日
白色のサルスベリを初めて見ました
d0006690_23213415.jpg「近くの公園」ではサルスベリが盛んです。色は濃いピンクと赤の2種類です。灼熱の中,その色の濃さは独特の雰囲気を持っています。

近寄って見て,サルスベリの花のおもしろさを知ったのは昨年の夏でした。

白色のサルスベリを初めて見ました。赤あるいはピンクとは全く違った感じです。

d0006690_23212312.jpg風に揺れて路上に散った花びらです。踏むことにはちょっと躊躇してしまいました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-08-27 07:50 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2010年 08月 26日
「熱帯夜」とは何なのでしょうか
一昨日の夜から昨日の朝にかけての最低気温は25.2度でした。ですから,私は8月になって12回目の「熱帯夜」として記録しました。

しかし,夜になって気温は下がり,最低気温は午後11時59分の24.9度です。ですから昨日の気温の記録はこの様になります。
  最高気温  35.1度
  最低気温  24.9度

24日の夜から25日の朝については事実上は「熱帯夜」です。しかし,統計の上では,25日の最低気温は25度以下ですから,熱帯夜とはカウントされないのでしょうか。ちょっとした疑問です。

これと少し違いますが,やはり「熱帯夜」としてはカウントされない(だろう)日がありました。7月11日の夜から12日の朝についてです。「この初めての熱帯夜だったかな」と書きましたが,11日の夜9時から12日の朝9時までの気温は25度以上でしたが,どちらも記録上の最低気温は25度以下になっています。
[PR]

by gakis-room | 2010-08-26 07:25 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2010年 08月 25日
奈良はそれほどでもないようです,各地の気温
d0006690_941234.jpg例年は,クーラーをつけるのは昼頃です。そして,就寝の時は切っています。しかし,この数日は朝からクーラーの中に沈んでいます。

暑さにすっかり意気地をなくしている私ですが,気象庁が昨日発表した「北日本から西日本の長期間の高温と少雨に関する全般気象情報 第2号」によると,各地の暑さは奈良以上のようです。

8月16日から22日がこの夏3度目のピークのようですが,しかし,奈良のピークはまだ続いています。22日から昨日の24日までの9日間の最高気温の平均は35.4度で,「猛暑日」でなかったのは20日だけで,その日も34.6度でした。

すでに熱中症で搬送された人は全国で4万人を超えているようです。先の「気象情報 第2号」によれば,「高温少雨」はなお2週間ほど続くようです。

きょうから3日間所用で外出しますが,「超えよ,94年」のカラ元気の声もかすれがちです。
[PR]

by gakis-room | 2010-08-25 10:17 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2010年 08月 23日
きょうは処暑ですが…
d0006690_16573082.jpgきょうは二十四節気の1つ「処暑」です。「日中の厳しい暑さは和らぎ,朝晩は涼しくなる頃」のはずでした。しかし,朝の最低気温は25.7度,これはこの夏2位で,10回目の「熱帯夜」です。また,最高気温は36.2度でした。こちらはこの夏最高です。10回目の「猛暑日」でした。

8月としての最低気温の平均の高さは,観測史上ベスト10位の上位になることはほぼ確実ですが,最高気温のそれも,10位内となりそうです。それどころか,2007年(7位)を超えそうな様子です。

2007年と言えば,熊谷と多治見で国内最高の40.9度を記録し,奈良でも「猛暑日」が11回あり,観測史上6位となる37.9度となった年です。

きょうも終日,クーラーの中で沈んでいました。ところで,私の虎が煙草を吸っていた頃,私の家ではクーラーはもとより,扇風機もありませんでした。ただ団扇だけが頼りでした。最近より気温自体が低かったのか,それとも人間が丈夫だったのでしょうか。

とまれ,私の体力がこの1,2年,急に衰えたことだけは確実です。また,「熱中症報道」に脅えるほどに気力はそれ以上に衰えているようです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-08-23 18:19 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2010年 08月 22日
暑いときには…,あるいはちょっとした期待
d0006690_1353129.jpgその昔,「心頭滅却すれば火もまた涼し」とかいった僧侶がおりました。煩悩の身ではこの境地とは遙かに隔たったところで,「暑い,暑い」と右往左往するばかりです。

  病む時は病むがよく御座候
  死ぬ時は死ぬがよく御座候
  これ病死よりすくわる妙薬にて御座候

と言ったのは良寛だったでしょうか。暑いときは暑いのが自然だと言うことであれば,少し納得できそうです。「以熱治熱」と言うのであれば,やはり鍋物でしょう。しかし,この日の昼もまた素麺でした。

きょうの奈良の最高気温は36.1度(午後3時現在)で,この夏一番の暑さです。これで9回目の「猛暑日」となりました。昨日,最低気温の「超えよ,94年」への期待について書きましたが,最高気温についても,「94年」には及びそうにもありませんが,ベストテン入りの可能性がでてきました。

こちらは「めざせ,ベストテン入り」でしょうか。期待と言うよりもカラ元気にカラ元気を重ねています。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-08-22 15:09 | つれづれに | Trackback | Comments(4)