<   2009年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2009年 08月 31日
「風」って
二日酔いの体を持て余しながらも,それでもきょうの最高気温,26.5度と部屋抜ける風にに救われて,終日ワイドショウのハシゴをしていました。

自民党と公明党の惨敗について,国民から「×」を付された人たちは一応に「逆風によって」と敗北の原因を語っていました。しかし,その「逆風とはなにだったのか」あるいは「逆風の原因は何であったのか」を誰もが語っていなかったのがおもしろいと思いました。

私の理解では,「風」の原因ははっきりしています。「小泉改革」以来,「風」はゆっくりと吹き始めました。私はそれを「責任力の来し方」としていくつかの数字で確かめてみました。国民の生活は疲弊の度合いを強めめます。「国民の生活の疲弊」,これが「風」の発生だったでしょうか。その「風」を以降の3代の内閣が強風,暴風に育てました。

「風」の原因をくった小泉首相はさっさとトンズラしました。ある人たちはそれを「美学」と褒め称えました。「散るドレン」は哀れにも使い捨てでした。しかし,後に「実の子」だげにはしっかりと遺産を相続させて,「風」の勢いを加速させました。

解き放された「国民の生活の疲弊」は進みます。「選挙の顔」と言うだけで成立した安倍内閣はカタカナ英語をちりばめた「美しい国」と閣僚の相次ぐトンマと自身の「元祖政権放り出し」によって「風」の勢いを強めました。それが参議院議員選挙の敗北でした。政治を人気投票と錯覚したのですが,このことには未だに気づいていないようです。

続く「選挙の顔」だけの福田内閣は「風」に首をすくめることによって,つまりは何もしないことによって,「風」をかわそうとしましたが,何もしないこととは「3分の2」に身を任せることでした。そして,「2代目政権放り出し」によって「風」はさらに強められました。

国民生活の疲弊がより深刻化していきます。3代目「選挙の顔」の麻生内閣,「一貫してブレる」内閣でした。漢字の読めないその内閣が「責任力」とかいう漢字を使うのですから,内閣の軽さは極まりました。

以上が私の感想ですが,産経新聞の乾正人政治部長の見解は違います。今朝の署名入りの「自民は『交代可能』な党に」(ウェブサイトの見出しでは「あえて言う『消えるな!』」)では自民党の惨敗の原因を三つあげています。

1 「100年に1度の」の経済対応が十分でないと多くの有権者が感じ,年金・医療への不安を解消できなかった。
2 「小泉改革」を推進するか,見直すかの党としての結論を出せないまま中途半端であった。
3 麻生太郎首相は、古くからの自民党支持者の心をつなぎ留めることもできなかった。靖国神社を終戦記念日に参拝
  しなかったことへの保守層の失望は大きい。


おもしろいのは,3番目です。この政治部長は以前にも根拠を示すことなく同じことを書いていましたが,今度は以下のように根拠を示しています。

自民党支持者の約3割が民主党に投票している。つまり、時々の風に流されやすい無党派層だけではなく、自民党の常連まで愛想を尽かしたというわけだ。

つまり,靖国神社参拝の期待を裏切られた「自民党の常連」が民主党に投票したと言うことのようです。せめて高投票率に目をつぶって「棄権した」といえば,論理の整合性だけはあるのですが。

それよりも「無党派層」である私としては,「時々の風に流されやすい無党派層」というこの政治部長の大衆蔑視あるいはニヒリズムは見逃せません。
[PR]

by gakis-room | 2009-08-31 21:22 | つれづれに | Trackback(1) | Comments(2)
2009年 08月 30日
2009年8月30日
d0006690_14183036.jpgきょうは記憶される日になるのでしょうか。
2009年の1日として,あるいは21世紀一つのエポックとして,あるいは戦後史の転換点として。

それとも,それとも単なる一つのエピソードとして終わるのでしょうか。あるいはやがて忘れ去られてしまうのでしょうか。

※久しぶりに見た夕焼け,クリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-08-30 14:23 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2009年 08月 29日
1910年8月29日,韓国併合
それぞれに記憶される日はあると思います。日韓の近代史に関して,1875年9月20日の江華島事件1895年10月8日のミンピ暗殺とともに,1910年8月29日もまた,私には記憶される日です。

この日「韓国併合ニ関スル条約」が発効しました。地図から「大韓帝国」(朝鮮王朝を1897年に改称)が消滅した日です。以下,ここに至る経過です

1904年2月6日   ロシアに国交断絶を通告
    2月8日   陸軍,局外中立を宣言していた韓国の仁川に上陸
    2月9日   海軍,旅順港を奇襲
    2月10日  日本,ロシアに宣戦布告
    2月22日  日韓議定書
            1.韓国皇室の安全康寧の保障 ,日本政府は,韓国の皇室を安全康寧ならしめる事。
            2.韓国の独立保障
            3.韓国の皇室の安寧,領土保全のために,日本政府は軍略上必要地点を臨検収用できる
    8月22日  第一次日韓協約
            1.日本政府の推薦する者を財政,外交の顧問とする
            2.条約締結その他の重要案件についてはあらかじめ日本政府と協議すること

1905年11月17日  第二次日韓協約
            日本による韓国の外交権の剥奪と「統監府」の設置。初代統監,伊藤博文

1907年6月     ハーグ密使事件
          オランダのハーグで開催されていた第2回万国平和会議に,韓国皇帝高宗は「第二次日韓協約の
          無効」を訴えるために密使を派遣。これが発覚すると,統監伊藤博文は,第二次日韓協約違反を
          理由に,高宗の退位を要求
    7月20日   高宗退位,27代皇帝に純宗即位
    7月24日   第三次日韓協約
            日本は高級官吏の任免権を持つ
            なお,非公開で,韓国軍の解散,司法権と警察権の日本への委任を取り決める

1910年8月22日  韓国併合条約調印
    8月29日  韓国併合条約発効

発効に伴って韓国にはそれまでの統監府にかわって朝鮮総督府(総督は陸海軍の大将をもって充てる)が設置されます(10月1日)。陸軍大臣を兼務のまま初代総督になった陸軍大将寺内正毅はその日,祝宴を催し,

   小早川 加藤小西が世にあらば 今宵の月を 如何に見るらむ

と詠んだと言われます。小早川,加藤,小西とは秀吉の朝鮮出兵時の武将です。

また,石川啄木は次のように詠みました。

   地図の上 朝鮮国に黒々と墨をぬりつつ秋風を聴く

なお,今年の11月29日から,NHKでは3年間にわたって放送される90分のスペシャルドラマ「坂の上の雲」(全13話)が放送されますが,そこでは日韓関係がどのように描かれるでしょうか。
[PR]

by gakis-room | 2009-08-29 12:16 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(2)
2009年 08月 28日
政権与党の矜恃も捨てた? 自民党の広告
d0006690_105272.jpg昨日の朝日新聞,きょうの読売新聞と毎日新聞は「民主党の圧勝の勢いはなお継続」と伝えています。いよいよ,自民党の未曾有の惨敗は確実のようです。そのためでしょうか,自民党の有力者の発言も焦りの色が濃くなっています。

…今の勢いでいくと、国会が一党独裁になりかねない。自民党であれ、他政党であれ、ブレーキ役の政党が存在することが必要だ(25日,与謝野財務相)

…目先のお金に釣られて、そういう雰囲気になっちゃうのかなという気がする(25日,塩谷文科相)

…民主党のユニホームさえ着ていれば、どんなへぼなピッチャーでも、オールスターに選ばれる(27日,伊吹元幹事長)


話題のネットCM3編もネガティブキャンペーンの典型でしょうか。

 「プロポーズ編」(再生回数65万6000回)
 「ラーメン編」(再生回数25万回)
 「ブレる男たち編」(再生回数14万6000回)

今朝の産経新聞4面の自民党の全面広告です。「批判だけで対案がない」とはこれまでの民主党批判の常套句でした。「対案」を並べて,「どちらがまともな政策かを判断してほしい」とでもいえなかったのでしょうか。政権与党としての矜恃も捨ててしまったようです。

なお,同じ広告は読売の7面にも掲載されていましたが,朝日と毎日にはありませんでした。
※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-08-28 10:53 | つれづれに | Trackback(1) | Comments(8)
2009年 08月 26日
ゲスの勘ぐりをしてしまいました,今朝の産経新聞
d0006690_18111864.jpg※写真はクリックすると拡大します。
今朝の産経新聞を見て驚きました。これが1面です,正確に言えば本体がこの広告に包まれていました。ラップ広告というのでしょうか。

これを1面とすると,この右側,つまり4面にもメッセージは続きます。

…もちろん成果のでないときには辛い点数をつけなくちゃいけないこともあるでしょうし,新しい風が必要だな,というときだってあるでしょう。そろそろ政治には勇気をくれるようなものを期待したいところです。

…もし本当の意味で未来を変えるとしたら,誰か1人の力や,どこかの政党のマニフェストなどではないかもしれません。私たちひとりひとりがの,日本をよくしたいという気持ちでしか変えられないのではないか,と思います。


最後に署名があります。そして,署名の下には丁寧にも「衆議院議員総選挙の投票日は,8月30日です」と啓発までしています。

署名は「SMAP」です。これは新しいアルバムの広告です。2・3面はその新しいアルバムについての紹介です。

このような宣伝方法を初めて見ました。斬新と言えば斬新,奇をてらうと言えば確かにそうです。しかし,ゲスの私は余計な勘ぐりをしてしまいました。
[PR]

by gakis-room | 2009-08-26 18:19 | つれづれに | Trackback | Comments(9)
2009年 08月 25日
「責任力」の来し方 その5,消費支出の減少は節約(我慢?)で
18日に「減少する所得」について書きましたが,生活実態については購買力(どれだけのものが買えるか)によって,考えることになります。しかし,購買力の実際については私は不明ですので,と言うよりもデフレ傾向の中で物価はほとんど変わっていないと勝手に前提して,少なくなった所得での消費の内訳を見てみました。なお出典は総務省統計局の「長期時系列データ 1世帯当たり年平均一か月間の支出 平成12年〜20年(全国)」です。

「消費支出」と以下のことを言います,
全支出からローンの返済,預貯金,株・国債の購入などの資産の増減に関わるものを除き,さらに税,社会保険など(=「非消費支出」)をさしひいたものです。端的に言えば,日々の日常生活を営む上での必要な支出と考えたらよいかと思います。

d0006690_16112235.jpg※表はクリックすると拡大します。
2000年を基準に考えると,2008年までに「消費支出」は約8%減少しました。それにともなって食料費もほぼ同じだけ減少しています。物価の変動がほとんどないと考えれば,その分だけ節約して切り抜けているということでしょうか。

「消費支出」との比較で,大きく減少しているものは「住居」,「被服・履物」,「その他」です。
「住居」についての内訳を見ると「家賃・土地代」が大きく減少していますが,この理由については私には不明です。

「被服・履物について」は男女の洋服,和服が大きく減少しています。つまりは買い控えでしょうか。百貨店の不振もこのあたりと関係していそうです。

「その他の消費支出」とは,「理美容,タバコ,小遣い,交際費など」のことですが,大きく減少しているものは「小遣い」(100→69.7)と「交際費」(100→81.8)です。節約,我慢を強いられる人たちの嘆きが聞こえて来そうです。「理美容」はやや増加,「タバコ」はやや減少しています。

増加しているものは「光熱・水道」,「保険・医療」と「交通通信」です。
「水道・光熱」の変化は石油価格との関係でしょうか。
「交通・通信」については,「自動車維持」と「通信」(携帯電話?)が増加の原因です。
「保険・医療」については「保健医療サービス」が主要な要因です。また,「健康保持摂取品」は金額は少ないですが倍近くに増加しています。

昨秋の「経済危機」よりももっと以前から冷え込んできた「消費支出」,今更「責任力」と言われても。私の虎が煙草を吸っていた頃,「どの口が言っているんだ?」と母親に口をつねられそうになったことを思い出します。
[PR]

by gakis-room | 2009-08-25 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
2009年 08月 24日
気分はすっかり秋です
d0006690_198860.jpg写真はきょうの昼頃の東の空です。空の青と雲の白の対比がきれいでした。その雲も午後3時過ぎになるとすっかり消えてしまいました。
※写真はクリックすると拡大します。

きょうの奈良の最高気温
  31.1度  起時,12時34分  平年差,−07度
  8月下旬並

これは気象庁の「日最高気温一覧表」の奈良です。「8月下旬並」ですから,「平年差,−0.7度」とはいえ,きわめて自然なことです。

しかし,私の気分はすっかり秋です。奈良の場合,8月2日〜4日の32.7度をピークに最高気温は1日に0.1度前後逓減し,9月後5日に最高気温が30度を超える「真夏日」は終わります。

私の気分がすっかり秋なのは,今朝の最低気温が19.4度と9月中旬並みであったからではありません。
きょうの奈良の最高気温の起時の前後の奈良の気温は以下の通りです。
  12時  気温,29.8度  風速,2m/s  湿度,38%
  13時  気温,29.3度  風速,2m/s  湿度,43%

私の気分は湿度によるようです。昨日も書いた「体感温度を計算」してみると以下のようになります。
  12時  23.4度
  13時  23.2度
  14時  23.8度
  15時  22.3度
  16時  21.7度

これは10月中・下旬の最高気温です。明日の朝の最低気温は18度,日中の最高気温は30度の予想です。明日もまた,きょうのように「私のベンチ」で風に吹かれて無為な時間を過ごしそうです。
[PR]

by gakis-room | 2009-08-24 19:32 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2009年 08月 23日
きょうから処暑です
d0006690_15491517.jpgきょうから9月6日までは二十四節気のうちの「処暑」です。暑さが止み,暑さが後退し始め,朝夕には心地良い涼風が吹く季節と言うような意味のようです。

きょうの最高気温は午前11時31分の31.1度にとどまるようです。平年は31.9度ですから,平年以下ということになります。

午後2時の気温は28.9度,湿度48%,風速2m/sでした。この「体感温度を計算」してみると23.2度です。その上,曇っていますから,「近くの公園」での「私のベンチ」ではたっぷりと秋でした。

ところで,1年を24等分したものが二十四節気ですが,さらにそれを3等分して順に,初候,次候,末候と言います。これを24×3=72で「七十二候」と言い,それぞれに名前が付いていてます。

以下は「処暑」の3候です。
  初候  綿柎開(めんぷ ひらく): 綿を包む咢(がく)が開く
  次候  天地始粛(てんち はじめて しじむ(しゅくす)):ようやく暑さが鎮まる
  末候  禾乃登(か すなわち みのる) : 稲が実る

調べてみると,綿(ワタ)の花は薄い黄色の5弁の花のようです。マツヨイグサと同じように翌日には萎んでピンクになるそうです。1度,ワタの花を見てみたいと思っています。

※写真のゴマの花はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-08-23 16:00 | つれづれに | Trackback | Comments(6)
2009年 08月 22日
このまま夏はおわるのでしょうか
例年になくしのぎやすい8月です。昨日までの最高気温の平均は平年のそれをわずかですが下回っています。最高気温が35度を超える「猛暑日」は21日までに1日しかありません。午後3時現在のきょうの最高気温は,31.7度で,平年(32.0度)以下になりそうです。

奈良地方気象台の週間予報は以下の通りです。
  最高気温は、期間の中頃までは平年並か平年より低く、期間の終わりは概ね平年並みでしょう。
  最低気温は、期間の中頃までは平年並か平年より低く、平年よりかなり低い日もあるでしょう。期間の終わりは、
  概ね平年並みでしょう。


このまま,夏は終わってしまうのでしょうか。この夏,クーラーを利用したのはまだ4回です。そのうちの2回はシャワー後の汗を抑えるための短時間の利用でした。ツクツクボウシの鳴き声はすでに18日に聞きましたが,その後は聞いていません。

  【8月の最高気温】 21日まで
       平 均  猛暑日  真夏日
  今 年  32.2   1日   18日
  平 年  32.4   0日   21日
  昨 年  33.9   5日   15日
  一昨年  34.7   9日   12日
d0006690_1847231.jpg

[PR]

by gakis-room | 2009-08-22 15:25 | つれづれに | Trackback | Comments(8)
2009年 08月 21日
「責任力」の来し方 その4,生活扶助世帯数は20年で倍に
生活保護法11条による「生活保護」には「生活扶助」,「教育扶助」,「医療扶助」,「介護扶助」,「出産扶助」,「生業扶助」,「葬祭扶助」,「住宅扶助」の8っがあります。

この中で「生活困窮者が、衣食、その他日常生活の需要を満たすための扶助であり、飲食物費、光熱水費、移送費などが支給される」ものが「生活扶助」で,「生活保護」の中核をなすものです。

その「生活扶助」受給世帯の数を見てみました。
1971年以降の統計では,受給世帯が最も少なかったのは1992年です。以降,受給世帯は毎年増加しています。
  1992年  48万1920世帯
  1997年  52万3474(1992年の1.09倍)  
  2002年  74万8553(1992年の1.55倍)
  2007年  96万8017(1992年の2.01倍)

1992年を基準にするとこの20年間で2倍に増えました。これもまた,「責任力の来し方」を表す数字です。
d0006690_13104787.jpg
出典:扶助別被保護実世帯数の年次推移
「生活保護」に関する公的統計データ一覧(国立社会保障・人口研究所)
[PR]

by gakis-room | 2009-08-21 13:17 | つれづれに | Trackback(1) | Comments(0)