<   2008年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2008年 09月 30日
薔薇(チャンミー)よ,無理して来なくてもいいのに
「2度までも無理して右傾しなくてもいいのに」と思ってしまう「台風第15号」ですが,これにも名前がついているのを知りました。気象庁の台風情報にその名前がありました。台風第15号の名前は「チャンミー」です。

台風の名前と言えば,一昨年のアメリカで大きな被害をもたらした「カトリーナ」を思い出します。かつて日本でも戦後の一時期に英語の女性名で呼んでいたことがあります。死者398名,行方不明141名の被害をもたらしたジェーン台風(1980年9月3日上陸)が有名です。

しかし,サンフランシスコ講和条約発効後の1953年の台風3号以降は発生番号順で呼ばれています。「台風第○○号」です。ただ,特別に大きな被害をもたらした台風については,たとえば「伊勢湾台風」というように地域名を付けることがあります。

「チャンミー」が台風第15号の名前です。これは韓国語でバラの意味です。「チャンミー」は西太平洋,南シナ海に発生する台風防災に関する政府間組織である「台風委員会」(日本他14カ国が参加)が命名している国際名です。

この委員会では,2000年から,加盟国が用意した10個の名前,合計140個を順番に用いて台風の名前とすることにしました。140番目まで使うと最初に戻ります。「チャンミー」は第67番目の名前です。

「チャンミー」は韓国が用意した名前です。この後は次のようになります。
  16号 メーカラー(雷の天使) タイ
  17号 ヒーゴス(いちじく)  アメリカ
  18号 バービー(ベトナム北部の山の名前)  ベトナム
  19号 メイサーク(木の名前) カンボジア
  20号 ハイシェン(海神)  中国
  21号 ノウル(夕焼け)  北朝鮮

ちなみに日本が用意した名前は以下の10個です。いずれも星座名です。
テンビン,ヤギ,ウサギ,カジキ,カンムリ,クジラ,コップ,コンパス,トカゲ,ワシ,

なお。140個すべての名前と順番,用意した国,意味は,気象庁のホームページ台風の番号と名前で知ることができます。
[PR]

by gakis-room | 2008-09-30 18:03 | つれづれに | Comments(6)
2008年 09月 29日
観測史上,9月としては最低の最高気温です
観測史上1番の寒さです
奈良は終日雨模様でした。気温はほとんど上がりませんでした。
  00時02分  15.2度
  07時09分  13.8
  13時00分  15.3
  13時46分  15.6(きょうの最高気温)
  17時00分  14.5

と,午後5時現在の寒暖差1.8度,まあこんな状態でした。9月19日の寒暖差が2.3度(最高気温23.5度,最低気温21.3度)でしたたが,それ以下です。

ところで,,奈良地方気象台の統計記録は1953年からですが,「きょうの最高気温15.6度は,9月としての観測史上第1位の低さ,54年ぶりの記録更新」です。15.6度は平年比−9.2度,11月中旬並です。

「記録の更新」といっても,うれしさも何もなく,終日,部屋に引き籠もりでした。まあ,これから,いじけて祝杯(?)でもあげましょうか。


ちなみに,今年はいくつかの記録がありました。
【7月】
月平均気温の高さ  27.1度  歴代5位
日最高気温の高さ  26日,27日 36.3度  歴代9位

【8月】
日最高気温の低さ  22日 16.0度  歴代9位
[PR]

by gakis-room | 2008-09-29 17:30 | つれづれに | Comments(10)
2008年 09月 28日
涼しいというよりも,肌寒い1日です
d0006690_18303596.jpgきょうは涼しいと言うよりも肌寒い1日でした。奈良の最高気温は午後2時1分の18.7度です。平年比,−6.3度です。

もとより,20度を下回ったのは初めてのことです。朝の最低気温は12.3度でした。これもこの秋1番の冷え込み(?)でした。

2001年以来の9月の「日最高気温」を調べてみました。20度を下回ったのは2回だけでした。
  2007年9月30日  18.9度
  2003年9月24日  19.6度

これまでの奈良の9月の「日最高気温」の低かった記録(1953年以降)は以下の通りです。
  1 17.2度 1954.09.28
  2 17.3  1996.09.30
  3 17.6  1980.09.27
    17.6  1976.09.27
  5 17.8  1982.09.23
    17.8  1980.09.24
  7 18.0  1964.09.27
  8 18.2  1957.09.29
    18.2  1956.09.29
  10 18.3  1980.09.26 

午後5時の予報では,台風の余波でしょうか,明日は,終日雨模様で,最高気温は16度としています。なんだか記録の更新を予感させます。

明日は衣服の入れ替えをしようと思っています。
[PR]

by gakis-room | 2008-09-28 18:31 | つれづれに | Comments(4)
2008年 09月 27日
シオンの群生を見てみたい
d0006690_187857.jpgシオン(紫苑) キク科 シオン属

「近くの公園」です。鮮やかな淡紫色です。「近くの公園」では2株しかありませんが,シオンの群生をいつか見て見たいと思います。どこへ行ったらいいのでしょうか。

シオンの花の大きさは3センチくらいですが,1センチくらいの「ヒメシオン」という花もあるそうです。こちらは「紫苑」の名がついていますが,白色です。

「ヒメシオン」を漢字で書くと「姫紫苑」です。しかし,5〜6月頃に咲く「ヒメジョオン」もシオンによく似た花で,白色です。そして,漢字で書けばヒメジョオンは「姫女苑」です。


d0006690_1871819.jpgシオンもキク科です。ですから,近寄って覗いてみました。ありました,紫色の舌状花の中に黄色の筒状花です。飛び出しているのは雄しべでしょうか。
[PR]

by gakis-room | 2008-09-27 18:10 | 花の手帳 | Comments(4)
2008年 09月 26日
はじめまして,アメリカの高三郎君,アメリカタカサブロウ
d0006690_1732297.jpgアメリカタカサブロウ
(亜米利加高三郎)
キク科 タカサブロウ属

昨日のスイカの花と同じ枠の中に咲いていました。背丈は30センチくらいですが,花の大きさは5ミリほどの小さな花です。

戦後アメリカから渡来したものですが,在来種の「タカサブロウ」に似ているので「アメリカタカサブロウ」とされました。在来種の「タカサブロウ」の花はもう少し大きいそうです。

d0006690_17322852.jpgヒマワリと同じように,周辺の「舌状花」の中心に無数の「筒状花」があります。「筒状花」の大きさは1ミリ以下です。

咲き終わると,周辺の「舌状花」が落ちて,「筒状花」が緑色から褐色の種子(写真下の左上)になって塊のようになります。種を取る頃のヒマワリと同じです。

「高三郎」という変わった名前の由来には諸説あるようです。

1.目の「ただれ」をなおす薬草として使われており,「ただれ目」をもじって江戸時代に「高三郎」とした。

2.茎を切ると切り口が黒ずんで文字が書けることから,別名を墨斗草(ボクトソウ)といい,その昔,貧しくて筆の買えなかった高三郎という人がこの草を用いたことからこの名前がついた。

3.不明
[PR]

by gakis-room | 2008-09-26 17:34 | 花の手帳 | Comments(5)
2008年 09月 25日
秋なのに,スイカの花?
d0006690_17301093.jpgもう,季節はすっかり秋です。
  今朝の最低気温  14.2度
  きょうの最高気温 23.3度

いずれもこの秋の最低を記録しました。「夏日」でなかった日がきょうを 含めて3日になります。20日の30.3度を除けば,15日から「真夏日」はありません。

奈良地方気象台の週間予報では,最高気温が25度を超えることも少ないようです。平年は28日までが「夏日」です。

それなのに,「近くの公園」に沿う道路の街路樹の根元に咲いている花です。スイカではないかと教えていただきました。

花と葉の形はスイカです。僅かではありますが蔓らしきものもあります。この時期にスイカの花とは。一体どのようにしてここに生育したのでしょうか。どのようにタネが捨てられたのでしょうか。

これからはしみじみと秋なのに,不思議な景色です。

【9月の最高気温の平均】16日からきょうまで
  今 年  26.9度
  昨 年  31.1
  平 年  26.0
  1994年  27.0
[PR]

by gakis-room | 2008-09-25 17:32 | 花の手帳 | Comments(2)
2008年 09月 24日
ヒナタイノコズチの花を見ました
d0006690_122028100.jpgヒナタイノコズチ
ヒユ科 イノコズチ属

「日向」とつきますから,「日陰」もあります。ヒカゲイノコズチはもつとほっそりとしています。

漢字では「猪の子槌」と書きます。茎の節がしばしば肥大していることがあり,それをイノシシの子の膝頭(ひざがしら)に見立てたものだといわれています。「膝」をなぜ「槌」とするのかは私には不明です。

漢名は「牛膝(ごしつ)」です。肥大した茎を牛の膝に見立てたようです。イノシシの子と牛,日本と中国の広さの違いのように思ってしまいます。

d0006690_12203838.jpgどこででも見られる,いわゆる「雑草」の典型のひとつでしょうか。「近くの公園」にも咲いています。

花は緑色ではなく白色です。トゲのような蕾が僅かに開いています。これは咲くとすぐに閉じてしまい,蕾との区別がつきません。

果実は熟してもなかなか落下せず,人の衣服や獣の体に付着して散布されます。これも「ひっつき虫」の仲間です。
[PR]

by gakis-room | 2008-09-24 12:24 | 花の手帳 | Comments(4)
2008年 09月 23日
今更ですが,ヒガンバナのこと
d0006690_113429.jpg「近くの公園」ではヒガンバナが3カ所で咲いています。そのうちの1カ所はシロバナヒガンバナです。

ヒガンバナは不思議な形をした花だと思ってきました。しかし,よく見るとそんなに不思議でも不規則でもありませんでした。今朝気づきました。

ヒガンバナは茎の先端に5つ〜8つの花(通常は6つだそうです)の花を咲かせます。その花の1つ1つを見ると6弁花です。花弁は開花すると少し捻れながら大きく反り返ります。ここまでは珍しいことはありません。

d0006690_1132048.jpg花芯からは花弁の倍くらいの長さの6本の雄しべが飛び出しています。そのま真ん中に雄しべよりも少し長い雌しべが伸びています。小さな葯(やく)を付けているのが雄しべです。

捻れながら反り返る6枚の花弁と長く飛び出した6本の雄しべと1本の雌しべの花が,6つほどがひとかたまりになってほぼ同時に開花します。それで,ちょっと離れたところから見ると不思議なあるいは不規則な花に見えることになります。

なお,日本の植物の中では,最も別名の多 いのがこのヒガンバナだそうです。文字のちょっとした変化も含めれば,1090の呼び名が あり,イタドリの540を抜いてダントツの第1位とのことです。熊本国府高等学校PC同好会では997種の名前を紹介しています。

曼珠沙華はよく知られていますが,以下はその一例です。
  注:( )内の漢字は私の推測です
アカオニ(赤鬼),
オニカブト(鬼兜),
オニユリ(鬼百合),
オミコシサン(御神輿さん),
カエンソウ(火焔草),
カジバナ(火事花),
キツネノカンザシ(狐の簪),
キツネノシリヌグイ(狐の尻ぬぐい),
キツネノタイマツ(狐の松明),
キツネバナ(狐花),
ジゴクハナ(地獄花),
シタコジケ,
シタマガリ(舌曲がり),
シビトバナ(死人花),
シビレバナ(痺れ花),
ステゴグサ(捨て子草),
ソウシキバナ(葬式花),
チンチンドウロウ,
テクサリバナ,
ドクバナ(毒花),
ニガクサ(苦草),
ノダイマツ(野松明),
ハナヂョウチン(花提灯),
ハナビバナ(花火花),
ハヌケグサ,
ハミズハナミズ(葉見ず花見ず),
ヒグルマ(火車),
ヤクビョウバナ(疫病花),
ユウレイバナ(幽霊花)
[PR]

by gakis-room | 2008-09-23 11:23 | 花の手帳 | Comments(6)
2008年 09月 22日
エノキとはあまりにもかけ離れているエノキグサ
d0006690_1240180.jpgエノキグサ トウダイグサ科 エノキグサ属
「近くの公園」のあちこちにあります。名前の由来は,葉がエノキ(榎)に似ているからです。エノキは高さ20 メートル,幹の直径 1 メートル以上になる落葉高木です。

こちらの背丈は20センチくらいです。また,エノキはニレ科です。葉が似ているとはいえ,あまりにも違いすぎます。

d0006690_12401358.jpgいつも思うことですが,野草の命名はどのようにしてなされるのでしょうか。

別名をアミガサソウ(編笠草)というそうです。葉の付け根から赤く穂状に伸びているのが雄花で,その付け根に編み笠を裏返したような包葉(総苞)に包まれた3つの粒状のものが雌花のようです。

アミガサソウという別名はこの包葉の形に由来します。エノキグサよりもアミガサソウで良いのにと思います。もっとも,「編み笠」といっても日常では見ることはありません。
[PR]

by gakis-room | 2008-09-22 12:46 | 花の手帳 | Comments(7)
2008年 09月 21日
秋ですね
「近くの公園」の中央に池があります。周囲は150メートルくらいでしょうか。いつの頃からか,朝に池の周りをゆっくりと回るのが習わしになっています。草花の変化を見つけると何となくうれしくなります。今朝はシロバナブラシノキが咲いているのに気づきました。

そして「私のベンチ」でしばらく時を過ごします。あの騒々しいクマゼミはもういません。代わって,いくつかの鳥の鳴き声が聞こえます。奈良の日の出はすでに6時近くなっていますが(正確には21日は5時43分),日の出をかなり過ぎても鳴いている虫もいます。

私は鳥の鳴き声にも,虫の鳴き声にも疎いですから,「鳥が鳴いている」,「虫が鳴いている」と思うだけですが,野草と同じように識別できたら素敵だろうなと思います。しかし,それは叶わぬこととあきらめています。

「私のベンチ」では,タバコをやりながら,しばらくの間ただ時を過ごします。半袖のTシャツ1枚には,朝の風はひんやりとします。新聞を持ってこようかと思わないでもありませんが,なぜかためらわれます。理由はわかりません。何もしないで,何も考えないで,ただ時を過ごすだけでいいのかも知れません。
d0006690_1912021.jpg

逆光の朝日の中で静かに揺れるキンエノコロ(?)です。「近くの公園」ではキンエノコロが今を盛りにしています。
[PR]

by gakis-room | 2008-09-21 19:15 | つれづれに | Comments(4)