<   2008年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2008年 07月 31日
街路樹の根元に,ハナスベリヒユ
d0006690_6191716.jpgハナスベリヒユ
スベリヒユ科 スベリヒユ属

街路樹の根元の1m四方の土の部分にはいろいろな野草が生育しています。これもそうしたところで見ました。

ハナスベリヒユです。2cm位の花です。濃いピンクの横には白色もありました。ハナスベリヒユは野草のスベリヒユを園芸用に改良したものだそうですから,これは誰かが植えたものだと思われます。

スベリヒユは畑や路傍に生える生命力の強い野草で,畑作にとっては害草だそうです。その改良種ですから「スベリヒユ」の名前を嫌って,スベリヒユ属の学名に由来した「ポーチュラカ」で売られているとのことです。

とはいえ,スベリヒユの若苗は昔は飢饉の時に食用にされ,茎や葉は利尿薬や解毒薬として使われたしたといいますから,害草として嫌らうのは人間様のご都合です。

「スベリ(滑り)」の由来は茹でた際にぬめりが出ることといいますから,食用でないものを茹でることはありませんから,食用とした証左です。「ヒユ(莧)」とは,「小さく可愛らしい」植物のことを意味し,「莧」の字が当てられます。

なお,ハナスベリヒユの花の色はには白いろ,桃色の他に黄色,薄紅色と多様ですが,スベリヒユは黄色だけのようです。

【7月の最高気温の平均】30日まで
  今 年  32.7度
  昨 年  28.8
  平 年  30.5
  1994年  34.0

29日の奈良の最高気温  33.1度
[PR]

by gakis-room | 2008-07-31 06:25 | 花の手帳 | Trackback(1) | Comments(4)
2008年 07月 30日
東西南北,南が欠落していますが…
d0006690_1082442.jpg1つの区切りが昨日ついて,少し時間にゆとりと自由ができました。「足腰元気なうちに遊ぼう」を心がけている(?)私ですが,春以来,余裕がありませんでした。さあ,行動開始。東西南北,いずこへ。

すでに決まっていたのは北です。8月末にソウルに行きます。これは後輩の退職旅行に同行しないかと誘われました。10人ほどの旅行だそうです。詳細はまだ不明です。

次は東です。壮行会に参加しないかと誘われました。甥の長期北京出張が名目です。オリンピック関係と言うことですから,3週間ほどでしょうか。「壮行会」とは大げさですが,そこはそれ,悪のりすることにしました。

東京では会いたい人もあり,また,ちょっと行ってみたいところもありますから,余裕をみて8月1日から4泊5日の予定です。

西。これは福山に決めました。目当ては鞆の浦です。かつて江戸期に来日した朝鮮通信使が「日東第一形勝」と絶賛した福禅寺からの景色を見てみようて思っています。朝鮮通信使関連では同じ瀬戸内の牛窓には行っていますが,鞆の浦はこれまで機会がありませんでした。

南。行くべきところが思いつきません。まあ,そのうちに決めますからと,拗ねる「南」をなだめます。軽やかに東奔西走,というよりも,老体を引きずっての右往左往という感じです。久しぶりに涼しい朝の戯れ言にならなければと願っています。



【7月の最高気温の平均】29日まで
  今 年  32.7度
  昨 年  28.8
  平 年  30.4
  1994年  34.0

29日の奈良の最高気温  29.7度
  19日ぶりに真夏日ではありませんでした
[PR]

by gakis-room | 2008-07-30 10:12 | つれづれに | Trackback | Comments(6)
2008年 07月 29日
夕焼け・3葉
d0006690_63581.jpg昨日の奈良の降水量は29ミリ,私の記憶では梅雨明け後の初めての夕立ではないかと思います。私の町では雨は日没の頃には止みましたが,気温は35.5度から22度へと下がりました。

【写真上・西北西】
涼しい風に吹かれて,まもなく雨も止もうかというころ,6階の廊下からは夕焼けがきれいでした。雲のなかった26日の夕焼けは空を焦がそうかというものでしたが,雲の多い昨日は刻々と変っていくさまが楽しめます。

【写真中・東北東】
低く垂れ込めた雲のあるとき,入り日とは反対方向に夕焼けが見られます。日の出の時にも見られることがあります。雲の高度差によるのでしょうか。
これほど広範囲に夕焼けが見られれたのはまれです。





【写真下・西北西】
27日に撮ったものです。小さな積乱雲に入り日がすっぽりと隠れているのがおもしろいと思いました。




きょう,29日の予報は「曇りのち雨」,気温も30度を超えないようです。ちょっと一息というところでしょうか。そして,これで「超えよ,94年」は完全になくなりました。「月平均気温」の観測史上5位も危うくなりました。
【7月の最高気温の平均】28日まで
  今 年  32.8度
  昨 年  28.7
  平 年  30.3
  1994年  34.0

28日の奈良の最高気温  35.5度
  4日連続,6回目の猛暑日
[PR]

by gakis-room | 2008-07-29 06:35 | つれづれに | Trackback | Comments(8)
2008年 07月 28日
ヒメガマを見ました
d0006690_711108.jpg自宅の近く大きな溝でヒメガマを見ました。ガマは1科1属で世界には12種のガマがあるそうです。うち,日本にはガマ,ヒメガマ,コガマの3種が自生するそうです。

昨年の8月5日に見たものは,ガマで,今朝,散歩をしていて見たものはヒメガマです。

フランクフルトソーセージを串刺しにしたような花が特徴ですが,ガマは上部の雄花と下部の雌花が連続していますが,ヒメガマは写真のように離れているからすぐにわかりました。

昨年の記事では「因幡の白ウサギ」について「秋になると雌花は白く綿のようになるそうです。白ウサギがくるまったのはこれかと思います」と書きましたが,これは間違いでした。

 2 大黒さまは あわれがり
   「きれいな水に 身を洗い
   蒲の穂綿 に くるまれ」と
   よくよく教えて やりました

この歌が間違いで,古事記の原文では「蒲の穂綿」ではなく「蒲黄」だそうです。「蒲黄(ほおう・ほこう)」とはガマの花粉のことで,色は黄色です。6,7月頃に雄花から大量に出て,指につけるとしっかりと付き,天花粉(ベビーパウダーのこと)をつけたときのように指がサラサラになるとのことです。

蒲黄は漢方では,止血剤,増血剤,鎮痛剤,消化剤,利尿剤として用いられ,また,切り傷や軽いやけどには患部に直接塗布するとされています。

なお,「蒲の穂綿」とは,昔,蒲団を作るときにガマの穂をほぐしたもの(蒲の果実)を綿の代わりに使ったことから生まれた言葉だそうです。


【7月の最高気温の平均】27日まで
  今 年  32.7度
  昨 年  28.5
  平 年  30.2
  1994年  33.9

27日の奈良の最高気温  36.3度
  26日とともに今年最高
  3日連続,5回目の猛暑日
[PR]

by gakis-room | 2008-07-28 07:12 | 花の手帳 | Trackback | Comments(13)
2008年 07月 27日
蟻はどのようにしてムクゲの花の在処(ありか)を知ったのか
d0006690_7434184.jpg「近くの公園」ではムクゲの季節になっています。今朝,気づいたことですが,ムクゲの花には何匹もの蟻がいました。私の好きな白色で底紅のムクゲ(丹心あるいは宗旦という種類のようです)です。

もちろんすべての花という訳ではありませんが,いくつもの花で見ることができました。これまでにも書きましたが,「近くの公園」には3種類のムクゲがあります。

念のために見てみました。白色のムクゲの花には蟻はいましたが,八重のムクゲにはいませんでした。

ムクゲの花は甘いのでしょうか。白色で底紅のムクゲの高さは2mくらいです。白色のムクゲは3mくらいです。それにしても蟻はどのようにしてこの花の在処を知り,どのようにして花までたどり着いたのでしょうか。




【7月の最高気温の平均】26日まで
  今 年  32.6度
  昨 年  28.4
  平 年  30.2
  1994年  33.8

26日の奈良の最高気温  36.3度
[PR]

by gakis-room | 2008-07-27 07:45 | 花の手帳 | Trackback | Comments(7)
2008年 07月 26日
暑さに逆らわず,暑さに従う
d0006690_6592019.jpg昨日は全国的に猛暑日になったところが多かったようです。奈良もこの夏1番の暑さで,最高気温は36.0度,3度目の猛暑日でした。

入り日も空全体を焦がすかのようでした。

22日に期待したように,23日〜25日の最高気温は1994年7月を2度〜4.5度上回り,ことしの7月の最高気温の平均も1994年に1.3度差まで近づきました。

しかし,「超えよ,94年」(暑さに逆らわず,暑さに従う)もここまでのようです。なにせ,1994年はこの後,7月の最高気温としては観測史上3位,4位,5位が控えています。

【7月最高気温の平均】25日まで
  今 年  32.4度
  昨 年  28.2
  平 年  30.1
  1994年  33.7

ならば,7月としての「月平均気温の高い方から」の上位をと,しつこく期待しています。
  「25日までの月平均気温」
  3位  2004年  27.6度
  〃   2002年  27.6
  5位  2000年  27.0
  〃   1978年  27.0
  7位  1955年  26.7

今年の場合,昨日までの「月平均気温」は27.0度ですから,3位には及びそうもありませんが,単独5位になるかどうか微妙なところです。

この夏,暑さの中を「西へ東へ」(右往左往と読みたくなりますが),西は岡山か広島,東は東京と決めています。
[PR]

by gakis-room | 2008-07-26 07:08 | つれづれに | Trackback(1) | Comments(10)
2008年 07月 25日
大発見か思いましたが…,ツユクサ
d0006690_181418.jpgツユクサ科 ツユクサ属

早朝に「近くの公園」の近くでツユクサを見ました。鮮やかな青の花を手に取って間近で見て驚きました。

3枚の花弁(うち下の花弁は半透明)の中に1ミリ位の黄色の花が3つあるではありませんか。とすれば,青と半透明の花弁は,花弁ではなく,ドクダミやハナミズキと同じように総苞片かも知れないと思いました。

これは大発見! 早速調べてみました。しかしです。私が花かと思ったものは葯をもった雄しべでした(ルーペがあれば間違えなかったのに)。中くらいの長さの「人」の形をした1本と下に長くのびた2本も雄しべです。

長くのびた2本の雄しべの間に半透明の長いめしべがありますが,写真ではよくわかりません。虫が訪れないと,昼頃には,めしべと長い2本のおしべはくるくると巻き縮んで自家受粉するのだそうです。そうして花としての役割を終えます。

早朝,露のあるうちに花を咲かせ,露が消えるとともにしぼむ,まさしく「露草」です。「私の大発見」もあっという間に露と消えてしまいました。
[PR]

by gakis-room | 2008-07-25 18:07 | 花の手帳 | Trackback | Comments(6)
2008年 07月 24日
土用の丑の日に…
d0006690_16595698.jpgきょうは土用の丑の日。それで,朝からテレビではうなぎが話題になっています。少し古い統計ですが,総務省統計局が「『土用の丑の日』にちなんで」いくつかの統計をとっていました。

それによると,うなぎは関西,東海地方でよく食べられているようです。7年ほど前の統計ですから,大阪の1人あたり1907円は,中国産なら4匹,国産なら2匹半といったところでょうか。

統計のでは「「うなぎのかば焼き」は、関西では『まむし』と呼ばれて有名なこと、また、名古屋には『ひつまぶし』と呼ばれる名物があることなどが、ランキングに表れているのでしょうか」とコメントしています。

名古屋で生まれ育ち,その後関西在住の私ですが,あまりうなぎには縁がないようです。うなぎに限らず,名古屋名物にも縁は薄いようです。

うなぎの「ひつまぶし」も,しばらく前に,娘に教わるまで知りませんでした。「味噌カツ」,「味噌煮込みうどん」は好きで,今でも名古屋に帰ったおりには食べることもありますが,「きしめん」は食べた記憶がありません。

最近,「手羽先」も名古屋名物であることを知りました。甘辛くした味をつけた手羽先の唐揚げのことのようですが,ビールのアテになりそうです。食べてみたいと思いますが,まだ,機会がありません。

また,私はまったく名古屋弁を使えません。兄弟姉妹の中で使えないのは私だけです。18歳まで過ごした生まれ故郷の言葉なのに。いつも哀しいこと思っています。

※ひつまぶし
うなぎの蒲焼きを幅1センチほどに刻んで,ごはんの上にまぶし,その上からたれをかけたものが,おひつに入って出てきます。おひつの中でたれを回しかける,つまり「まぶす」ので「ひつまぶし」と言うようです。おひつのとともに,お茶漬け用のお茶またはだし汁も一緒に付いてきます。1杯目はうなぎとご飯とたれをよくかき混ぜて食べ,2杯目はあさつきと海苔を混ぜて食べ,3杯目にはネギと海苔とわさびをのせ,だし汁をかけてお茶漬けにする,といった食べ方をします。
[PR]

by gakis-room | 2008-07-24 17:05 | つれづれに | Trackback | Comments(11)
2008年 07月 23日
ひとつの花は3mm位です,セイヨウノコギリソウ
d0006690_14374437.jpgセイヨウノコギリソウ キク科 ノコギリソウ属

「近くの公園」です。「地下茎によって個体を増やすので,群生する傾向がある」とのことですが,これも一昨日のハブランサス・アンダーソニーと同じように1株だけです。

名前は葉の切れ込みをノコギリに見立てた故です。背丈は30cmです。頭花は3mm位の小さなものがいくつも集まっています。

在来種のノコギリソウの花は白色だけのようですが,セイヨウノコギリソウは花色も豊富で、白、ピンク、赤、黄色などがあるようです。

このところ,「近くの公園」の花と言えば,3種類のムクゲがとてもきれいですが,それを除けば,緑色のヒメクグスズメのヒエオヒシバとメヒシバばかりで,園芸種が紛れ込んだものだろうと思いますが,ちょっと嬉しい気分です。
[PR]

by gakis-room | 2008-07-23 14:38 | 花の手帳 | Trackback | Comments(4)
2008年 07月 22日
きょうは大暑です。明日からの3日間への期待!?
きようは大暑です。きょうから立秋の前日の8月6日までが暑さの極みとか。実感は少し違います。暑さの極みはもう少しずれて8月の中下旬のような気もします。

しかし,平年で言えば,奈良の最高気温のピークは8月2日から4日までの32.7度ですから,まあ,そんなものかとも思います。

ところで,2日続きの熱帯夜の後の大暑のきょう,奈良の最高気温は35.1度で2回目の猛暑日となりました。暑かったという記憶の昨年は,7月には猛暑日はありませんでした。

【7月最高気温の平均】
     22日まで  月 間
今 年  32.1度
昨 年  27.9    28.9度
平 年  29.8    30.5
1994年  34.0    34.0

昨年は大したことはありません。平年以下です。目指すは1994年です。1.9度差まで近づきました。1994年は明日から3日間は平年並みです。週間予報によれば,明日から連日33度を超えそうです。この3日間にどれだけ迫れるか,「超えよ,94年」と意味不明な期待をしています。
d0006690_1991645.jpg

[PR]

by gakis-room | 2008-07-22 19:13 | つれづれに | Trackback | Comments(4)