<   2007年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2007年 11月 30日
知事の不見識,東国原宮崎県知事の場合
…個人的には徴兵制はあってしかるべきたと思う。若者は自衛隊とかああいうところに入らないといけないと考えている(読売新聞)

東国原宮崎県知事はこのような考えを,28日にもたれた県建設業協会青年部の地域代表12人との「県民ブレーン座談会」で述べました。県内にある全寮制の建設業技術者の養成機関での生活が話題になり,若手育成の方法などが議論になった時での発言です。

座談会の終了後,取材に対して,「徴兵制とは言わないが,若者は1,2年,厳しい訓練とか生活を経験すべきと思う。規則正しいルールとかが身に付く教育がある時期必要」(読売新聞)と釈明しました。

彼の趣旨ははっきりしています。
1.今の若者には規則正しい生活,厳しい訓練が必要である
2.自衛隊に入隊させることが「若者」問題の解決法である

これは不見識と言うよりも錯誤といったほうがよいかも知れません。彼の錯誤をいくつかをあげてみます。

1.はっきりとした目的意識もなく,厳しい訓練を貸すことは不健全以外の何ものでもない
2.「若者」問題が規範の希薄に起因する,とするのは結果を原因と取り違えた本末転倒である
3.軍隊が若者一般の「精神教育機関」になりうるとするのは,いささかの根拠もない

東国原知事について,私はこれまでの報道の限りでは,好意を持ってきました。しかし,今回の彼の発言は不見識,錯誤ではなく,「若者」問題についてこれまで何も考えたことがなく,従って,「若者」問題については何も見識がないから,ちらっと頭の片隅に浮かんだ俗説を「そのまんま」自説のように弁じたという軽率さということかも知れません。

錯誤・軽率さと言えば,全会一致の慣例を押し切って多数決に付した参議院の「証人喚問」議決はその最たるもののように思われます。
[PR]

by gakis-room | 2007-11-30 07:11 | つれづれに | Trackback | Comments(8)
2007年 11月 29日
暖かいんだか,寒いんだか
季節はすっかり冬なのですが,「微妙な」天気が続いています。果たして,暖かいんだが,寒いんだかよくわかりません。昨日は今月の中では最も1日の寒暖差の小さな日でした。

【昨日の奈良の気温】
最低気温   8.1(平年比+4.5)  11月上旬並み
最高気温  11.3(平年比−2.3)  12月中旬並み
平均気温   9.9(平年比+1.6)  11月20日前後並み

つまり,1日の寒暖差は3.2度で,終日,気温の変化があまりありませんでした。「最低気温」の午前7時頃でみれば,「きょうは暖かいな」という感じで始まり,最高気温の午後3時頃には,「きょうは寒いな」ということになりました。そして,1日が終わってみれば,「きょうはちょっと暖かかったかな」ということだつたでしょうか。

昨日までの11月の平均気温,最高気温,最低気温を平均すれば,平均気温が平年より0.1度低いとはいえ,残りは平年と同じ数値です。つまりは「平年並み」ということになります。

その「平年並み」の中の最大,最低値は以下の通りです。
最高気温が最も高かった日  11月10日 20.9度  10月下旬並み
最低気温が最も低かった日  11月24日 −0.5度  1月20日前後並み

終日,部屋にこもっている日と,外出する日とでも暖かい,寒いの感覚は異なりもします。
[PR]

by gakis-room | 2007-11-29 07:33 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2007年 11月 28日
鹿児島県産牛肉をおとしめた,鹿児島県知事の不見識
ミシュランの騒ぎはあっという間に通り過ぎてしまいましたが,ブランドの威力というものはやはり大したものなのでしょうか。

「船場吉兆」に「但馬牛」と産地偽装された鹿児島県産牛肉について,吉兆の社長が,「鹿児島県産牛肉は但馬牛と比べて遜色ない」と釈明していましたが,今朝の朝日新聞によると,鹿児島県知事の27日の記者会見を以下のように伝えています。

…虚偽表示の対象になったことは遺憾だが,鹿児島産のレベルの高さも証明された形。薩摩の牛という名称で今後ともふんだんに使っていただきたい

…(知事は船場吉兆が)営業再開したら(鹿児島)県産牛の取引を継続するように求める考えを明らかにした。同日付けで(船場吉兆)社長あてに申入書を送った

「吉兆」グループは高級料亭だそうですが,少なくとも「船場吉兆」は,ブロイラーを地鶏と称する程度のサギ師であることがはっきりしています。しかも,船場吉兆社長は「業者が品不足になったため地鶏を無断でブロイラーにしていた。信頼を裏切られた」(9日の会見)と平然と責任転嫁をする始末です。

責任転嫁と言えば,福岡のデザートについても,従業員が勝手にやったとうそぶいていました。そのサギ師の弁明を根拠に鹿児島県産牛肉の「レベルの高さ」を謳い,サギ師に取引の再開を要請する鹿児島県知事の不見識さには驚ろかされます。

それともブランドの威力でしょうか。同じように産地偽装の対象にされた佐賀牛の場合,こちらは「佐賀牛をおとしめるもの」として,すでに23日に佐賀県知事は船場吉兆あてに抗議をしています。
[PR]

by gakis-room | 2007-11-28 07:07 | つれづれに | Trackback | Comments(8)
2007年 11月 27日
歌の聞こえる道路
d0006690_7313545.jpgメロディーロードなるものを知ったのはかなり前のことです。ボケッとテレビを見ていたら,「さて,これは何の標識でしょうか」とやっていました。北海道の標津(しべつ)町のメロディーロードの紹介でした。

同町の建設会社の社長の考案だそうです。重機で溝が付いた舗装道路を走行中,スピードの違いで振動音が変わることに気付いて,研究したとのことでした。3年前のことです。

ここを通ると「知床旅情」が聞こえてくるそうです。道路に刻み込まれた溝と溝の間隔で音階,溝自身の幅で音量を調整するのだそうです。

溝の間隔は制限速度を想定して設計されており,スピードを出しすぎると音が聞きづらくなるとのことです。

速度抑制がねらいのようですが,現在は観光バスの周遊コースにもなっています。

現在,標津町以外に全国で3カ所あるようです。昨日の産経新聞の朝刊で知りました。3面の6段記事です(何とも異様な扱いです)。

群馬県沼田市白沢町 140m  「夏の思い出」
和歌山県紀美野町  320m  「見上げてごらん夜の星を」
愛知県豊田市川手町 300m  「どんぐりころころ」

どんなふうに聞こえるのか,聞いてみたい気もしますが,車を持たない私には確かめるすべもありません。
[PR]

by gakis-room | 2007-11-27 07:33 | つれづれに | Trackback | Comments(8)
2007年 11月 26日
「見えないもの」と「見えていないもの」
d0006690_6481810.jpgよく晴れた日没の後,昨夜も月がきれいでした。少し赤みを帯びた黄色でした。満月を1日過ぎたとはいえ,私の目には満月みたいなものです。

星もいくつか見えました。久しぶりのことです。これまでにも書いたことがありますが,満天の星どころか,星空をもう長い間見たことがありません。

満員の星,星空がなくなったのではなく,私には見えなくなったのだと思っています。私はひどい近視です。数年前に,眼鏡を作り直した折りに老眼の相談をしたところ,「近視の度を弱めることによって,近くが見えるようになる」との眼鏡屋のアドバイスに従いました。

以来,新聞も文庫本も近視の眼鏡だけで不自由はしていませんが,満天の星,星空は諦めました。ですから,空に星の1つ,2つも見えると何となく嬉しくなります。

私にとって代表的な「見えないもの」は星ですが,「見ているのに見えていないもの」はたくさんありそうです。その代表が野草でした。

野草の名前を知りたいと突然に思い,下ばかり向いて歩いてきたようです。たくさんの野草が見えるようになり,「カテゴリに『花の手帳』を加えました」。外出時にはほとんどカメラを持ち歩くようになりました。

ところで,最近は,「見えにくいもの」もあるように思っています。
[PR]

by gakis-room | 2007-11-26 06:56 | つれづれに | Trackback | Comments(10)
2007年 11月 24日
日の入りを見送って,振り返れば満月
d0006690_17135690.jpg昨日は24節気の「小雪」でした。「雨が雪に変わる季節」になるのだそうです。それででしょうか,昨日の最高気温の12.0度は,19日の10.8度についでこの秋(冬?)2番目の寒さでした。

そして,午後からは気温が1時間ごとに1度ずつ下がっていくようでした。今朝の最低気温は−0.5度でした。これは1月下旬の気温です。

とはいえ,きょうの日中は風もなく,久しぶりに最高気温も平年を上回り,穏やかな日和でした。

きょうまでは日の入りよりも月の出が早く,きょうの奈良の日の入りは16時48分,月の出はそれよりも早い16時09分です。

ですから,日の入りを見送って振り返ると,東方の空に月が登りかけています。きょうは旧暦10月15日,満月でした。
[PR]

by gakis-room | 2007-11-24 17:14 | つれづれに | Trackback | Comments(6)
2007年 11月 23日
アキノタムラソウ,これも小さな花です
d0006690_16264654.jpgアキノタムラソウ(秋の田村草) シソ科  アキギリ属

「例の田舎道」で一昨日見ました。背丈は20cm位,1つの花の大きさは5mm位です。淡紫色がきれいでした。秋の野草はもうお終いかな,と思っていましたから,何となく嬉しくなりました。

周りに散っている白い花びらはサザンカです。一面に散ったそのサザンカの花びらに引き寄せられて見ることができました。花期は7〜11月のようですが,気が付いたのは一昨日が初めてです。

名前の由来はキク科タムラソウに似ていて,「秋に咲く田村草」とのことですが,「田村」の由来は不明のようです。

しかし,タムラソウを調べてみたら全く似ていません。ナツノタムラソウというものもありました。こちらはよく似ていました。

学名はSalvia japonica,つまりは「日本のサルビア」です。「サルビア属の仲間」というサイトを見てみたら,「日本のサルビア」にも納得しました。
[PR]

by gakis-room | 2007-11-23 16:29 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
2007年 11月 22日
「高齢化社会」→「高齢社会」→「超高齢社会」になった日本
d0006690_1848553.jpg総務省の昨日の発表によると,75歳以上(「後期高齢者」というそうです)の高齢者の推計人口が,11月1日現在で総人口の10%になったといいます。

1950年には1.3%でしたが,41年後の1991年に5%になり,さらに16年後の2007年に倍の10%になりました。

「75歳以上人口,10%」の予測は2010年とされていましたから,3年早い到達ということになります。

加えて,合計特殊出生率(1人の女性が生涯に出産する人数)は
  1950年  3.65
  2000年  1.36
  2006年  1.32
ですから,高齢者(65歳以上),後期高齢者(75歳以上)が総人口に占める割合はさらに加速されることになります。

また,65歳以上人口が総人口の7%に達した社会を「高齢化社会」といいます。さらに,14%に達すると,「化」がとれて「高齢社会」いい,21%に達すると「超高齢社会」といいます。

日本は,1970年に「高齢化社会」となり,1994年に「高齢社会」となりました。総務省の発表によれば,65歳以上人口は昨年が20.8%,今年が21.5%ですから。四捨五入することなく,現在の日本は「超高齢社会」ということになります。

「超高齢社会」の行く末をどのようにイメージするかという問題は,今年度末の累積国債残高547兆円(今年度租税収入の約10年分に相当)とともに,私には政治の最大かつ緊急の課題のように思われます。
[PR]

by gakis-room | 2007-11-22 18:49 | つれづれに | Trackback(1) | Comments(6)
2007年 11月 21日
あっという間に冬です
d0006690_1837468.jpg15日からきょうまでの1週間の気温です。

         今年   平年
最高気温の平均  15.1   15.9
最低気温の平均   3.6   5.7

朝夕の冷え込みがわかります。特に昨日,一昨日の最低気温は,それぞれ1.7度と1.8度でした。これは12月中旬の気温です。

すでに,ハンドクリームは使い始めました。ストーブも朝夕には欠かせなくなりましした。冬です。

申し訳程度に立ち振る舞って,秋はさっさと通り過ぎて行きました。例年であれば,「さあ,これからが私の季節。何をしようか,何ができるか」と期待をするのですが,今年はちょっとした体調異変。

そのせいでしょうか,やって来た冬を見守るばかりです。「まあ,それでもいいか」と思ってしまうのは,まさか「身体の老いならぬ,精神の劣化」ではないでしょうね。
[PR]

by gakis-room | 2007-11-21 18:39 | つれづれに | Trackback | Comments(8)
2007年 11月 20日
5千万人超えた韓国の人口,21%(1105万人)はソウルに
18日の韓国の「聯合ニュース」は行政府の発表として,2007年10月末現在で初めて5000万人を超えたと伝えています。
  住民登録上の人口 4,919万4,805人
  住民登録抹消者    26万8,845人
  韓国在住外国人    62万4,377人
   合  計    5,008万7,307人

聯合ニュースによれば,2007年7月1日現在の推定世界人口は66億7000万人で,韓国の居住人口は国連加盟国194カ国のうちで世界24位になります。これに北朝鮮のの推定人口2,300万人を合わせた朝鮮半島の人口は7,300万人で,世界18位となるとしています。

地域別にみると、
  1位は京畿道で  1,105万5,658人(22.4%)
  2位はソウルの  1,019万0,249人(20.7%)
これに仁川市の265万7,878人を加えると首都圏の人口は2,390万3,785人で,全国人口の48.6%となり,全国の人口の半数近くが首都圏に集中していることになります。

日本の場合,東京圏(東京,埼玉,千葉,神奈川)への人口集中率は26.8%(2004年)です。東京圏に大阪圏(大阪,京都,兵庫)の13.3%,名古屋圏(愛知,岐阜,三重)の8.7%を加えて,48.8%ですから,韓国の1極集中,ソウルとその周辺の混み具合は半端ではありません。

韓国の住民登録上の人口は,1969年の3000万人から,2007年10月の4920万人へと1.64倍に増加しましたが,経済力の飛躍も半端ではありません。

朝鮮戦争が終わった1953年には,韓国の国民1人当たりの国内総生産(GDP)は67ドル(当時のレートで約2万4000円)に過ぎず,最貧国の一つに数えられていました。しかし,2007年現在、韓国は1人当たりのGDPが2万ドル(約220万円)の達成まで秒読み段階だそうですから,数字の上では,54年間に298倍にまで増えたことになります。

とはいえ,韓国も「少子高齢化」問題は深刻のようです。20日の朝鮮日報の社説は次のように述べています。
…しかし韓国は今、深刻な問題に直面している。それはまさに、世界でももっとも速いペースで進む高齢化の問題だ。2005年には72%を維持していた勤労年齢人口(15‐64歳)の割合が、2050年には53%にまで落ち込むと言われている。現在は労働力人口と高齢者の割合は8対1となっているが、2030年には3対1にまで激変するという。

…先進国は国家経済が十分に成熟・高度化し、国民所得が世界最高水準に至った後で高齢化を迎えた。しかしそれでも各先進国は経済の縮小、政府財政の悪化、社会全体の活力低下、失業率の急増、国家競争力の弱化という深刻な影響に悩まされてきた。

…(国土も狭く,資源も乏しい韓国は)人的資源の拡大に活路を見いだすしかないのだ。人的資源を拡大させる手段は、教育の先進化以外にない。大韓民国の未来、韓国民の未来は教育にかかっている。

状況は日本と同じようです。
[PR]

by gakis-room | 2007-11-20 17:25 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(0)