<   2007年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2007年 10月 31日
ヒガンバナの葉と球根
午後から自転車で農道とかあぜ道とかを巡ってきました。U字溝を埋め込む工事のために道ばたを削り取ったところがありました。そこでで,ヒガンバナの葉と球根を見ました。

【ヒガンバナの葉】
ヒガンバナの葉は花が咲いた後の秋,細く目立たないハッパが生えてくることはしっていました。しかし,見るのは初めてのことです。この葉は 冬の間,寒さの中で青々と繁り,4月から5月,暖かくなって,他の植物が茂りだす頃,枯れてすっかり姿を消してしまうということです。

ヒガンバナは花の形だけでなく,その葉の生態も変わっています。

【ヒガンバナの球根】
ヒガンバナのツボミは,5月中旬に球根の中ででき,夏が過ぎてから,秋に花を咲かせます。球根は小さめのタマネギくらいの大きさでした。ユンボで縦に削られた球根の形は,タマネギを横に切ったようでした。
d0006690_16261717.jpg

[PR]

by gakis-room | 2007-10-31 16:27 | 花の手帳 | Comments(6)
2007年 10月 30日
やれやれ,カメラのあるいは電池の意地悪?
突然にデジカメがうまく作動しなくなりました。昨夜のことです。きょうの午後。ようやく時間が出来たので,サポートセンターに電話をしました。

指示に従ってあれこれ操作してみましたがうまく作動しません。やむを得ず,修理に出すことにしました。修理には最短でも10日ほどは必要ということでした。11月3日にどうしても写真に撮りたいイベントがありますが,それの撮影も諦めることにしました。

修理のピックアップサービス(運送会社が自宅まで取りに来てくれます)に必要な書類を作り終えて,ピックアップの依頼電話をしかけて,ふと思いました。

私は充電式の電池を使っていますが,サポートセンターの指示の中で,「充電式ではないアルカリ電池は手元にあるか」との問いがあり,手元にはないと答えたのを思い出しました。

念のため,アルカリ電池を買い求めて,カメラに装填してみました。作動します!! スマートメディア(私のカメラのカードのこと)をフォーマットしてしまいましたが,それは明日撮り直すこととして,まずはめでたしめでたしです。

「電池切れ」の表示が出たわけではありませんでしたが,充電式電池を充電し直して試してみたら,これもOKです。やれやれ。一体何だったのでしょうか。
[PR]

by gakis-room | 2007-10-30 17:18 | つれづれに | Comments(4)
2007年 10月 28日
上と下・奈良公園で見たもの
d0006690_22404189.jpg上野写真は興福寺の南円堂(重文)の屋根です。

堂内には木造不空羂索観音坐像(国宝)がありますが,堂の扉は常時閉ざされており,開扉は10月17日の大般若経転読会という行事の日のみで,見ることができません。

8角形の建物の屋上の水煙の透かし彫りは何であるかはわかりませんでした。双眼鏡をもっているのに,肝心なときにはいつも忘れてしまいます。

鳥が避雷針の上に止まっていました。「鳥瞰図」,そんな言葉を思い出しました。奈良公園を上から見たらどんな風なのだろうかと思いました。地図からの想像からでは及ぶはずもありません。

下の写真は,奈良国立博物館近くの藤の根元です。樹齢は何年なのでしょうか。説明は何もありませんでした。

昨年,「重源展」を見に来たとき,同じ道を通ったのに気付きませんでした。「見えていない」ことをまたしても知らされました。
[PR]

by gakis-room | 2007-10-28 22:41 | つれづれに | Comments(4)
2007年 10月 27日
こんなのありか!・興福寺・国宝館
d0006690_2205013.jpg名古屋からの来客と一緒に,きょうから始まった「第59回正倉院展」(11月12日まで,奈良国立博物館)を見てきました。

正倉院展は本当に久しぶりです。これはこれでよかっのですが,むしろ圧倒されたのはその前に寄った興福寺の「国宝館」です。

「興福寺秘仏特別公開」(11月25日まで)のメインは,大圓堂の「聖観音菩薩立像」(写真上)を寺内で初公開したことと,国宝館で,阿修羅像(写真下)に象徴される「乾漆八部衆像」をまとめて並べたところです(通常は四躯のみ)。

阿修羅像は私の好きな仏像です。阿修羅は仏敵でしたが,仏教に帰依しました。阿修羅像を見ていると,阿修羅が帰依しながらも,なお迷っている感じがします。

しかし,知りませんでした。「国宝館」,この名前にいささかの偽りもありません。展示されているものは,30近くの国宝とそれ以外もほとんどは重要文化財です。

北円堂の無著菩薩像を含めて,これまでは写真でしか見たことのないものを直接見ることができました。もとより無信仰の私は「こんなのありか!」と展示のほとんどが国宝,重要文化財という美術品を鑑賞しただけです。

ふん,ふんと眺めながら,仏教が日常生活の中で生きている韓国なら,人々は間違いなく合掌・礼拝をしているな,と思いました。

だからでしょうか,私が何回かは手を合わせたのは仏像に対してだったのでしょうか,それとも「国宝」に対してだったのでしょうか。
[PR]

by gakis-room | 2007-10-27 22:02 | つれづれに | Comments(4)
2007年 10月 26日
夏の名残り?
d0006690_18413318.jpg10月も終わろうとしているのに,高めの気温が続いています。平年よりも1度近く高いでしょうか。

季節はずれというのでしょうか,あるいは夏の名残りというのでしょうか,おや?っと思うものに出会ったりします。

昨日のマツヨイグサもそうでした。買い物の途中で,バッタにもあいました。アスファルトの歩道を悠々と歩いていました。断じてヨタヨタではなかったように思います。
[PR]

by gakis-room | 2007-10-26 18:43 | つれづれに | Comments(2)
2007年 10月 25日
マツヨイグサでしょうか
d0006690_963212.jpgこの花はマツヨイグサでしょうか。私の住むマンション横の駐車場のアスファルトに咲いていました。撮影の時刻は午後4時過ぎです。

どこから見てもマツヨイグサに見えます。しかし,この時期に,アスファルトから顔を覗かせています。「恐れ入りました」という感じです。

竹久夢二が「宵待草」と詠い,太宰治によって富士に似合うとされた「月見草」のイメージとはあまりにも違います。

せめて「近くの公園」にでもあれば,私もマツヨイグサで納得しましたが…。
[PR]

by gakis-room | 2007-10-25 09:13 | 花の手帳 | Comments(4)
2007年 10月 24日
トキワサンザシの実の赤さだけが目立ちます・「近くの公園」
d0006690_8263098.jpg「近くの公園」では,長かったムクゲとサルスベリの花期も終わり,色物と言えばコスモスとランタナ,一株の紫苑だけです。紅(黄)葉にはもう少し時間が必要なようです。

もっとも茶色,緑色も色ですから,メヒシバ,エノコログサ,スズメノヒエ,ヒメクグそしてチカラシバなどにとってはまだまだ「わが世の秋」(?)です。

とはいえ,「近くの公園」の草花は,春から夏にかけてに比べると,「近くの公園ウォッチャー」の目の不確かさを割り引いても,秋は意外に少なかったように思います。

そんな中で,一際目立つのがトキワサンザシの実の赤さです。公園の色を独り占めしているかのようです。
[PR]

by gakis-room | 2007-10-24 08:26 | 花の手帳 | Comments(8)
2007年 10月 23日
昔なじんだ草,チカラシバ
d0006690_7522442.jpgチカラシバ(力芝)  イネ科チカラシバ属
どこでも見られるありふれた草です。引き抜くのが容易でないので,この名前がついているそうです。

子供の頃,ブラシのような花穂をしごいて集めて遊んだことを思い出します。もっとも,衣服に付くとなかなかとりづらかく苦労しました。

昔からよくなじんだ草ですが,「チカラシバ」との名前を知ったのは最近のことです。同じように衣服に付けて遊んだものにオナモミがあります。

大豆ほどの大きさでトゲがたくさんついています。オナモミの名前も最近知りました。一体,子供の頃はなんと呼んでいたのでしょうか,思い出せません。
[PR]

by gakis-room | 2007-10-23 07:53 | 花の手帳 | Comments(2)
2007年 10月 22日
コセンダングサとアメリカセンダングサ
d0006690_14101516.jpg上の写真がコセンダングサで下の写真はアメリカセンダングサです。花の大きさはともに1cmくらいでとてもよく似ています。どちらもキク科センダングサ属です。

【コセンダングサ(小栴檀草)】
私の住んでいるマンション横の駐車場のフェンスに咲いています。コセンダングサの花は地味で,中央部の黄色く見える筒状花のみです。

センダングサというのは別にあり,本家のセンダングサが 「栴檀は双葉より香し」のセンダンの名前をもらったのは,葉がセンダンに似ているからだそうです。

センダンとは「栴檀」は白檀の別名ですが,コセンダングサの葉はセンダンとはあまり似ていないそうです。

【アメリカセンダングサ(亜米利加栴檀草)】
いつも買い物に行くスーパーへの途上のU字溝に咲いていました。

コセンダングサに似ていますが,頭花の下に大きな緑色の葉に見える苞(ほう,花序の基部にある特殊な葉)が6〜12片あるのですぐにわかります。

ともに,花が終わると二本の刺を持った実がつきます。これは衣服にくっついたら取るのがやっかいです。同じような仕組みを持ったものとしては,オナモミ,イノコズチがあります。
[PR]

by gakis-room | 2007-10-22 14:11 | 花の手帳 | Comments(2)
2007年 10月 21日
キノコ3種
「近くの公園」です。キノコを3種見ました。「近くの公園」でキノコを見つけたのは初めてです。軸はあるのかも知れませんが,芝生にはりつくようにして生えています。

日陰でもなく,光を浴びているのが,ちょっとした驚きでした。大きさは,左と右がそれぞれ3cmくらい,真ん中が7cmくらいです。名前は知りません。d0006690_14423025.jpg
[PR]

by gakis-room | 2007-10-21 14:31 | 花の手帳 | Comments(6)