<   2007年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2007年 08月 07日
「国政の停滞」があってもかまわない,試されているのは立法委員としての議員の質です
きょうから臨時国会が始まります。本格的な与野党の攻防は月末からでしょうが,すでにいくつかのメディアや何人かの評論家は民主党に注文を付けています。
曰く,

…衆院解散に追い込むため、これまでのような政局本位で対決路線を続けるのかどうか。民主党は、真に政権を担える勢力たりうるかどうかを証明することが求められている。(7月30日,産経・主張)

…民主党は、共産党や社民党の立場、主張に配慮せざるを得まい。そうなれば野党共闘が足かせとなって、「何でも反対」ではない「大人の政治」をするのが難しくなるのではないか。(7月31日,読売・社説)
 
…民主党が政府・与党案をすべて参院で拒否するような行動に出れば、改革は停滞する。(7月31日,日経・社説)

私は,民主党は政府案にこれまで以上に反対すればよい,と思っています。そして,参議院で多数派であることを最大限に利用すればよいと思っています。法案は衆参どちらから審議を始めてもいいわけですから,あらゆる分野で政府・自民党に対置する議員提案の法案を参議院に提出,可決をめざせばいいのです。

そうすれば,民主党の立法提案がどれだけの有効性をもっているかどうかは,参議院自民党の討論の質によって明らかになります。そして,参議院を通過した法案を否決する根拠を衆議院自民党がどれだけ明らかにできるか,が問われることになります。

衆議院自民党が,参議院を通過した法案を否定する根拠に自信があれば,法案を否決して,ついでに3分のにで再否決すればいいだけのことです。そのために時間がかかり,国政が停滞したとしても,これまでにない国会論戦になるのであれば,民主主義のコストとしては安いものです。

試されているのは,民主党ではなく,立法委員として自民党議員のように私には思われます。
[PR]

by gakis-room | 2007-08-07 10:40 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
2007年 08月 06日
クマゼミの鳴き声は断じて「夏の風物詩」ではない
最近は少し目覚めの時間が1時間半ほど遅くなりました。といっても,3時前後から4時半前後になっただけですから,常人とはずれていることは間違いありません。朝刊を読み終わる頃にはすっかり明るくなっています。

そのころから,私の住むマンションと道ひとつ隔てた「近くの公園」ではクマゼミの大合唱が始まっています。なんでも,今年は4年に1回のセミの大発生の年だそうで,その数は昨年の2倍以上だろうと想定されています。

クマゼミの大合唱はケタタマシイという以外にはありません。クマゼミのオスは単体では「ワシワシワシ」と鳴くのだそうですが,集団では「シャーシャーシャー」と聞こえ,鳴きやむことがありません。

クマゼミの多く集まる大阪の長居公園に設置された騒音計では,昨年はピーク時に90.4デシベルを記録したそうです。大発生が予測される今年は8月上旬にピークを迎える見込みで,その音量は94デシベルと予測されています。

【90デシベル】
  ・騒がしい工場内に相当する音量
  ・列車が通過した時のガード下の騒音


「近くの公園」のクマゼミの鳴き声のデシベルは不明ですが,それが午前中,続きます。アブラゼミもニイニイゼミも居るのですが。その鳴き声はほとんどかき消されています。ネットでは午後にはほとんど鳴かない,とありましたが,断続的に夕刻まで鳴いたりしています。

「近くの公園」の池の畔のベンチは風も吹き抜けて好きで,ここでよくタバコなんかをやったりします。アブラゼミ,ニイニイゼミの鳴き声は「夏の風物」ですが,クマゼミのそれは断じて風物詩ではありません。私にはうるさいだけです。90デシベルが朝の6時前から午前中いっぱい続きます。

「兵庫県立人と自然の博物館」のホームページで,セミの種類とその鳴き声を知ることができます。
[PR]

by gakis-room | 2007-08-06 14:52 | つれづれに | Trackback | Comments(6)
2007年 08月 05日
ガマの穂
d0006690_16521480.jpgいつも行くスーパーへの路傍の溝で見ました。ガマ(蒲)の穂はこれまで写真や活けられたものとしてしか見たことがなく,生えているものを見るのは初めてのことです。

これまでの私の知識では,ガマは池の周囲や湿地に生えると思っていましたから,町中の路傍の溝に生えているのを見るのは驚きでした。

花は,雄花(おばな)と雌花(めばな)とが連続しており,やがて雄花は写真のように白くなり,飛び散ってしまいます。

生け花で見るガマは,この雄花が飛び散った後のものが使われているように思います。ちょうどフランクフルトソーセージを串で突き刺したような感じです。

帰り道,自然に「因幡の白ウサギ」を口ずさんでいました。秋になると雌花は白く綿のようになるそうです。白ウサギがくるまったのはこれかと思います。
[PR]

by gakis-room | 2007-08-05 16:56 | つれづれに | Trackback(1) | Comments(0)
2007年 08月 04日
本人以外は言うこともためらわれる「美しい国づくり」
どうも「美しい国づくり」という安倍首相の政治テーマは,本人以外に言うことをためらわれるしろもののようです。

和歌山選挙区で当選した世耕弘成首相補佐官(広報担当)のブログ「世耕日記」によると
 8月1日(水)
   今日から官邸での業務再開だ。
   塩崎官房長官と打ち合わせ。長官の会見に立ち会い。
   安倍総理に当選の報告。選挙中に感じた事、有権者の反応などじっくりと話させてもらった。

この「感じた事,有権者の反応」というのは,3日の朝日新聞の朝刊によれば
   「街頭ではとても『美しい国』なんて言えませんでした」
   「生活に密着した政策を打ち出し,憲法改正などとバランスを取るべきだ」
というもののようです。

世耕氏と言えば,あの杉村タイゾウ議員の「したたかな涙目の反省記者会見」を演出した人で,現在は「広報担当」の首相補佐官として,首相,官房長官の記者会見には立ち会っている人です。

首相の広報戦略を担当する彼はまた,「内閣官房『美しい国づくり』推進室」の担当であるらしく,彼のブログによれば「推進室スタッフとの打ち合わせ」を頻繁に行っています。つまりは,「美しい国づくり」の現場指揮官・責任者と言うことになりましょうか。

その彼ですら,つまり「美しい国づくり」の現場指揮官ですら「街頭で『美しい国』なんて言えなかった」というのです。つまりは,安倍首相の政治テーマである「美しい国づくり」が,国民生活とは以下に乖離しているかを,この「広報担当補佐官」は自分の選挙を戦って初めて知ったというのですから,そのお粗末さ加減がうかがえます。
[PR]

by gakis-room | 2007-08-04 10:31 | つれづれに | Trackback(2) | Comments(6)
2007年 08月 03日
ちりめんじゃこのチョコチュジャン和え
d0006690_10235591.jpg少し堅めのちりめんじゃこをいただきました。

それで,チョコチュジャンであえてみました。「料理」とはいえませんが,ちょっとした1品あるいはビールのアテになりそうです。

チョコチュジャンはこれまで冷や奴にかけたり,長芋の短冊にかけたりしてきました。ちりめんじゃこでもいけるようです。

【用意するもの】
ちりめんじゃこ  コチュジャン(酢唐辛子みそ) 酢 砂糖 

【作り方】
① チョ・コチュジャンの作り方
  ⑴チョ・コチュジャンとは韓国のコチュジャン(唐辛子みそ)と酢をまぜたもの 
  ⑵コチュジャン,酢,砂糖少々をよく混ぜて,できあがり
     コチュジャンと酢の割合は1対1.5くらい
     コチュジャンが多すぎると柔らなくなりすぎるが,これは好み

② ちりめんじゃこをフライパンでさっとあぶる。
③ ②をチョコチュジャンで和える。
[PR]

by gakis-room | 2007-08-03 10:29 | 簡単料理 | Trackback | Comments(6)
2007年 08月 02日
きょうから3日間が夏の盛り?
奈良地方気象台の統計によれば,平年(1971〜2000年の平均)ではきょうから3日間が「夏の盛り」です。つまり,4日まで1日の最高気温が32.7度で,8月5日が32.6度となり徐々に下がっていきます。

最高気温が30度を超える「真夏日」は,奈良の場合,7月13日から9月5日までの55日間ですが,7月は平年に比べれば暑さは控えめでした。28日こそ34.0度で,平年より1.6度高くはありましたが,7月全体で平年よりも最高気温が高かった日は7日間だけでした。

そして,真夏日も全体で11日間,13日以降でも8日間しかありませんでした。

とはいえ,最高気温が30度を超える「真夏日」は9月5日まで続きますから,ヤレヤレといった感じです。きょうは台風の影響でしょうか,風はありますが,奈良の気温は9時にはすでに30度を超えています。
d0006690_11233287.jpg

[PR]

by gakis-room | 2007-08-02 11:23 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2007年 08月 01日
哀れ,赤城農水相・1カ月間の「晒しの刑」に
d0006690_1214284.jpg安倍首相は,昨日,首相官邸で記者団の質問に答えて「赤城(農林水産)大臣を含めて人心を一新していく」と述べました。そして,内閣改造時期については8月下旬以降とする考えを示唆しました。

この首相発言は,赤城農水相への批判を和らげるつもりなのでしょうが,これは赤城農水相が大臣失格であるとの宣告をしたと同じことです。

であれば,さっさと更迭すれば良いものを,内閣改造までの1カ月近く,赤城農水相に失格の烙印を押したまま「晒し者」にしておくことになります。

赤城農水相は「ご批判,ご指摘を率直に受け止めて農林水産政策の課題に取り組んでいきたい」とかなんとか述べていますが,失格者の烙印を押された大臣,舛添参議院政調会長の言に従えば,この「バカ大臣」に何ができるというのでしょうか。

農林水産行政は,1カ月間,確実に「空白」になること安倍首相にはわからないのでしょうか。安倍首相については,このところ「空気が読めない」という指摘がよくなされていますが,「空気が読めない」だけでなく,正常な判断もできないようです。

追記
その後,赤城農水相は辞任してしまいました。晒されるのが嫌だつたのでしょうか。(13時15分)
[PR]

by gakis-room | 2007-08-01 12:15 | つれづれに | Trackback | Comments(6)