<   2007年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

2007年 02月 28日
「座禅草(ザゼンソウ)」を初めて見ました
d0006690_2211485.jpg座禅草という植物を初めて見ました。誘われて琵琶湖の北西岸の滋賀県高島市今津町弘川の群生地に行ってきました。

暗紫褐色に近い黒っぽい色の珍しい形のこの花は,背丈は10〜20センチの仏像の光背に似た卵形の堅い殻のような仏炎苞(ぶつえんほう)の中に花茎があります。白いブツブツの一つ一つが花(肉穂花序,)です。

名前の由来は,小さなお堂の中で座禅を組んでる僧に見立ててとのことです。別名ダルマソウ(達磨草)といいいますが,それは達磨大師にちなみます。


d0006690_2212910.jpg信州などではよく見かけるのだそうですが,これほど多くの群落を見るのは,ここが,本州南限の生育地とされています。

座禅草は,サトイモ科植物で山岳地の湿地に生育し,開花する際に肉穂花序(にくすいかじょ)で発熱が起こり25℃〜30℃まで昇り,開花はまだ雪が溶けない春一番に顔を出すため,発熱で周囲の雪を溶かすそうです。

花らしくもない花,それでいて何となくかわいさ。不思議な光景でした。

:肉穂花序(にくすいかじょ)…花序とは枝上における花の配列状態のこと。主軸が長く伸び、それに柄のない花が並んでいる穂状花序の主軸が肉厚に膨らんだもの
[PR]

by gakis-room | 2007-02-28 22:14 | 花の手帳 | Comments(6)
2007年 02月 27日
人権をバターにたとえる愚かしさ・伊吹文科相の知性
伊吹文部科学相は25日,長崎県長与町で開かれた自民党長与支部大会で,「教育再生の現状と展望」と題して約600人を前に講演し,昨年12月に改正された教育基本法に触れて。同法の前文に「公共の精神を尊び」という文言が加わったことについて,以下のようにの述べたようです。※発言内容は各紙をとりまとめたものです。

…日本がこれまで個人の立場を重視しすぎた
…(人権をバターに例えて)バターは栄養がある大切な食べ物だが,毎日バターばかり食べていれば日本社会は『人権メタボリック症候群』になる
…権利と自由だけを振り回している社会はいずれだめになる

私の感想は「人権に無知な大臣だこと」につきます。近代国家は「個人に対する国家権力の干渉の排除」,言葉を換えれば基本的人権の擁護=自由の実現を目的として成立してきました。その限りにおいて,国民は国家に権力の行使を付託してきました。

ですからこそ,いつも国家権力はこの足かせを解いて自由に国民を支配したいとという誘惑に駆られてきました。この時の言い分が「権利には義務が伴う」というものでした。伊吹文科相のいう「権利と自由だけを振り回している社会はいずれだめになる」との所論も同じです。

しかし,義務はいつも権力によって「強制執行」されますが,権利・自由は権力によって侵害されることはあっても,「強制擁護」されることはまれです。ですからこそ,日本国憲法97条は次のように言います。

97条  この憲法が日本国民に保障する基本的人権は,人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であって,これらの権利は過去幾多の試練に堪え,現在および将来の国民に対し,侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。

さらに,憲法は12条で次のように言います。
12条  この憲法が保障する自由および権利は国民の不断の努力によってこれを保持しなければならない。

文科相は無知に加えて,その例えも愚かしいものです。主食のとりすぎならともかくも,副食でもなく,調味料のとりすぎを嘆くとは。同じ調味料であれば,せめて塩分過多を嘆くという基礎知識もないのですから。
[PR]

by gakis-room | 2007-02-27 09:59 | つれづれに | Comments(4)
2007年 02月 26日
冬への声援
d0006690_204419.jpg一昨日の小さな旅行の午後でした。バスでのことです。小雪が降り始めました。

冬ですから,雪は当たり前のことですが,何となくうれしくなりました。何せ,今年は記録的な暖冬ですから。「季節は冬だ!」,そんな声が聞こえてきそうです。

冬の意地です。昨日と一昨日の奈良の最高気温は平年の2月を下回りました。しかも2日連続です。2月になって最高気温が平年の2月を下回るのは3回目と4回目です。

しかし,「冬の意地」もそこまででした。きょうの最高気温は16.1度で。平年の2月どころか平年の3月をも超えてしまっています。「みなさん,本当は冬ですよ」,そんな声援も送りたくなる2月も後2日です。

【2月の最高気温の平均】 26日まで
    今年の2月   12.2度
    平年の2月    9.1度
    平年の3月   12.5度
[PR]

by gakis-room | 2007-02-26 20:16 | つれづれに | Comments(6)
2007年 02月 25日
カニと日本海とソバ
d0006690_19385358.jpg24日と25日は1泊2日の小さな旅行でした。気心の知れた仲間6人との「日本海にカニを食べる」気楽な旅行でした。

宿は小さな温泉旅館でした。夕食はもちろんのこと「カニづくし」です。しっかりと食べましたが,飲み過ぎました。私一人だけが先にダウン。温泉につかったのは翌朝のことでした。
d0006690_19434058.jpg25日の朝の散歩は「夕日が浦」海岸です。昨日から暖冬も消えてしまいましたが,打ち寄せる波と風の冷たさは二日酔いにはむしろ心地良いものでした。

近くでは多くのサーファーが波を楽しんでいましが,なぜかウェットスーツがすべて黒を基調にしたのもので,大きな海鳥が波に浮かんでいるようでした。
d0006690_19442610.jpg帰りに豊岡市の出石(いずし)によりました。小さな古い城下町です。昼食はここの名物「皿そば」です。小さな町にソバ屋の数が50軒余とか。

「皿ソバ」は小さな皿にソバをのせて,次々と運んでくれます。皿5枚が標準のようです。店内には50枚近く平らげた猛者をたたえる色紙もありました。

お店の人に尋ねて見ると一皿30グラムとのことでしたが,そんなにはないように思われました。昼食を含めて1時間半のプログラムでしたが,次は一人でたっぷりと時間をかけて散策してみたい町でした。
[PR]

by gakis-room | 2007-02-25 19:32 | つれづれに | Comments(6)
2007年 02月 23日
樹上でくつろぐサギ
d0006690_18234889.jpg「例の田舎道」です。私がそこを通るのは午前9時過ぎのことですが,先週はいつもの池ではサギを見ませんでした。

1月21日に書いたように,いつも見慣れたあの何とも羨ましいくつろぐ姿を見ないのはちょっと淋しい感じでした。

きのう,例の池から遠く離れたところでサギを見ました。高い樹上にいました。池にいたサギなのかどうかはわかりません。左のサギはくつろいでいるように見えました。

なんとなくほっとしたのは,私の生活にくつろぎないからでしょうか。
[PR]

by gakis-room | 2007-02-23 18:30 | つれづれに | Comments(2)
2007年 02月 22日
2月が消えてしまつた?
きようの奈良の最高気温は18.0度でした。これは平年の4月8日並みの気温です。2月になって,最高気温が平年を下回ったのは2日と17日のわずか2日だけでした。最低気温については,平年以下の日がちょうど半分の11日ですから,寒暖の差の大きな暖冬ということになります。

【22日までの最高気温の記録】
  今年の2月の平均   12.2度
  平年の2月の平均    8.9度
  平年の3月の平均   12.2度
これでは,2月がなくなってしまって,まるで3月を過ごしているかのようです。

【2月の最高気温と最低気温
d0006690_1818557.jpg

[PR]

by gakis-room | 2007-02-22 18:20 | つれづれに | Comments(4)
2007年 02月 21日
口癖になりました,「きょうも暖かな1日です」
d0006690_22424.jpg「近くの公園」では,白梅に続いて紅梅も盛んになりました。きょうの最高気温は15.4度で,きょうも3月下旬並みです。

もう,すっかり口癖になりました,「きょうも暖かな1日でした」と。きょうまでの2月の最高気温の記録です。

【きょうまでの最高気温の記録】
今年の2月の平均   12.0度
平年の2月の平均    8.9度
平年の3月の平均   12.1度

明日は16度が予想されています。平年の3月並みの2月です。また,気温のグラフをつくってみたくなりました。
[PR]

by gakis-room | 2007-02-21 22:04 | つれづれに | Comments(4)
2007年 02月 20日
隣のバラは美しく見えた?・キャノンについての二つの記事
韓国の中央日報は18日,「キャノン,不妊治療社員に最高100万円支援」との見出しで東京特派員の報告を以下のように伝えています。

…日本の世界的カメラ業者のキャノンが職員の出産努力を積極的に支援する。キャノンは4月から,社員またはその配偶者が不妊治療を受ける場合,費用の半分を100万円を限度に支援することにしたと16日,明らかにした。低出産対策レベルで企業が低金利で資金支援をするケースはあったが,今回のような無償支援は初めて。

…キャノンは現在健保が適用されていない人工受精・体外受精・顕微授精の場合の治療を支援することにした。不妊相談にかかる費用も支援の対象になる。また女性社員が不妊治療を受ける場合,本人が申請さえすれば必要な休暇が与えられ,妊娠が確認されればその時点からすぐに出産休暇に入れるようにした。一般的に出産休暇は出産予定日の6週前からという。

…これとは別に,キャノンは全社員に対して出産後の育児休職期間規定を現行の「子どもが1.5歳になるまで」から「3歳になるまで」に拡大することにした。育児のための勤務時間短縮制度も「(子どもの)小学校入学前まで」を「小学校3年修了前まで」に拡大した。会社側は「時間的な余裕を与えて2人目の子どもを産みやすい環境をつくるため」と説明した。

日本以上に少子化が深刻な韓国です。韓国の企業も少しはキャノンを見習え,ということでしょうか。この特派員の心情がわからないでもありません。同じ18日の朝日新聞(大阪本社版)は1面で,「キャノン 正社員化見送り」の見出しで次のように報じていました。

…違法な「偽装請負」の是正策の一環として請負・派遣労働者の一部を正社員に採用すると昨夏に表明していたキャノンが,その後半年間の検討を経て。当面は高校新卒者らの正社員採用を優先する方針に転換した。

宇都宮工場や子会社の大分キヤノンなどで偽装請負が発覚し,2005年に労働局から文書指導を受けたたキヤノングループでは,社長をトップとする「外部要員管理適正化委員会」を社内に設置し,偽装請負の完全解消を目指して,派遣・請負労働者のうち数百人を正社員に採用すると,昨年8月1日に報じられていました。

しかし,これもまた「偽装」だったように思われます。朝日新聞の記事によれば,キャノンの請負・派遣労働者は以下の通りです。
       2006年6月  2006年12月
請負労働者  1万5000人  1万2000人
派遣労働者    7500人  1万2500人
期間従業員             200人

期間従業員は製造に関わる派遣労働者からの直接採用のようです。キャノンで働く労働者の総数は私には不明ですが,いずれにしても,「残業代ゼロ法案」を画策する経団連会長でもある御手洗会長のもとでの2万人余の「安上がり労働力」から見れば,「不妊治療社員支援」は美徳というよりも,私には,殉職した警察官を弔問して名前を言い間違えた首相と同じく,単なるパフォーマンスのように見えてしまいます。
[PR]

by gakis-room | 2007-02-20 07:22 | つれづれに | Comments(4)
2007年 02月 19日
首相が入室しても私語をやめない大臣たち
きょうの朝刊の各紙の見出しです。各紙の扱いは違いますが,笑ってしまいました。
読売新聞  「閣僚や官僚は首相に絶対忠誠を」と中川・自民幹事長
朝日新聞  「閣僚・官僚は総理に忠誠を」自民幹事長
毎日新聞  中川自民幹事長:「忠誠心なき閣僚は去れ」講演で苦言呈す
産経新聞  安倍内閣 ベテラン閣僚 重荷

自民党の中川幹事長は18日仙台市の講演で「閣僚や官僚には総理に対する絶対的な忠誠,自己犠牲の精神が求められる。それができない政治家,官僚は内閣・官邸から去るべきだ」と述べたことの記事です。

私が笑ってしまったのは,幹事長の発言が一般論としてではなく,
…閣僚や自民党役員の会議などで「首相が入室しても起立できない,私語を慎まない」ことを念頭に置いた
との部分です。

これで,会議中にたち歩く者が出てきたら,学校で言えば立派な「学級崩壊」です。それに対処できない教員は「指導力不足」ということになり,「要研修」です。もつともそもそもが,「指導力」よりも「選挙の顔」だけでの首相選出でしたから,中川幹事長のイライラも募るということでしょうか。

「選挙の顔」といえば2月12日に紹介しました「報道2001」の2月15日の世論調査では
  安倍内閣を支持する  39.2%(←36.4)
  安倍内閣を支持しない 51.0%(←52.2)
でした。わずかに好転したように見えますが,依然として不支持が5割を超えています。
[PR]

by gakis-room | 2007-02-19 10:42 | つれづれに | Comments(11)
2007年 02月 18日
きょうは旧暦1月1日です,韓国の旧正月・2
きょうは旧暦1月1日,つまり,旧正月です。中国では春節というそうですが,韓国ではソルラル(元旦の日)と呼ばれます。韓国ではこの日を挟んで3日間が休日です。日本の場合,実質はともかくとして,休日となるのは1月1日だけです。ですから,昨年のように1月1日が日曜の場合には1月2日が振り替え休日になります。何となく間の抜けた感じの振り替え休日です。

韓国の帰省ラッシュについては2月11日に書きましたが,海外旅行も盛んなようです。韓国の新聞によると,旧正月の連休を利用した海外旅行は29万8000人が予想されるとのことです。今年の日本の場合はJTBの予測では64万8000人だったそうですから,日本と韓国との人口を考えるとその多さが目立ちます。

家族で旧正月を楽しむということなのでしょうが,理由の一つにソルラルの準備の煩わしさをさけるというのもあるようです。ソルラルの前日は,先祖を供養する儀式に使う食べ物を作ります。作られるのは各種和え物や魚や野菜に衣をつけて焼いたジョンと言われるものなど約20種類もの品々。

儀式に使われるものだけに真心をこめて形よく作らなければならないため,時間と労力の要る大変な作業となります。韓国ではこのような作業のほとんどを女性が行うため,このような準備を行う名節(旧正月と秋夕)がやってくる前に訳も無く頭痛や疲労に悩まされる「名節症候群」という言葉があるそうです。

もちろん最近は男性が手伝ったり,全家族が少しずつ食べ物を持ち寄ったり,20~30万ウォンほどするデリバリーを頼んで済ませる人も見られるようになっています。日本でもおせち料理を作らなくなったことと似ているようです。

元旦の朝は挨拶は「セベ」(歳拝)と言われ,韓国独特のお辞儀「チョル」をします。 このチョルは法事などの儀式を行う際に行われるもので,お正月には特に,旧正月の朝に下の者が目上の人に対して深々とお辞儀するという習慣があります。以下にその「チョル」の仕方がでていました。
チョルの仕方
[PR]

by gakis-room | 2007-02-18 12:03 | 韓国あれこれ | Comments(4)