<   2006年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

2006年 11月 30日
支離滅裂と机上の空論・教育再生会議の論議①
この一両日,安倍首相直属の教育再生会議の論議内容が報道されています。
  有識者委一同による「いじめ問題への緊急提言」
  「規範意識・家族・地域教育再生分科会」による「心の成長策」素案
  「学校再生分科会」による第1次報告素案
などです。

これらを読んだ私の感想は以下の2点です。
  ①再生会議全体としての整合性は皆無で支離滅裂である
  ②具体的提案は現実離れした机上の空論である

「いじめ問題への緊急提言」
これはは8項目からなっていますが,「いじめ」については「反社会的な行為」としています。「いじめは恥ずかしいこと」なるトンマな緊急アピールを出した文科相ももちろんこの会議に同席しています。「教育基本法の改定より,現実の課題が問題だ」との声を気にして,あわてて取り繕って出してみた「提言」は現実とは無関係に言葉を連ねます。

たとえば第3項目で,「いじめられている子どもには,守ってくれる人,その子を必要としている人が必ずいるとの指導を徹底する」としています。
【私の感想】
「守ってくれる人がいる」と子どもが感じた時から,いじめは問題は解決に向かいます。「守ってくれる人いない」と感じた時に子どもの絶望が始まります。しかし,この間のいじめ問題での校長,教育委員会の姿勢はこの提言とは対極にあります。なぜそのような校長,教育委員会が多数存在するようになったのでしょうか。

第7項目では,いじめの解決としてこんなことを言っています。
「保護者は…日々の生活の中で,ほめる,励ます,しかるなど親としての責任を果たす」
【私の感想】
この言葉が,躾と称してわが子を虐待する親のたちに有効だと本気で思っているのでしょうか。

「おじいちゃんやおばあちゃん,地域の人たちも子どもたちに声を掛け,子どもの表情や変化を見逃さなず,気付いた点を学校に知らせる」
【私の感想】
なぜ,「おじいちゃんやおばあちゃん」なのでしょうか。私には不快この上ない文言です。有識者委員一同が,一度,この提言を実行してみることをお勧めします。お住まい近くの子ども表情,変化を見つけて学校長に連絡してみてください。この提言がいかに机上の空論であるかをたくさんの学校が教えてくれるはずです。本当はそこが問題です。
[PR]

by gakis-room | 2006-11-30 23:55 | つれづれに | Trackback | Comments(8)
2006年 11月 29日
キムチ2題
【その1】 アジア大会で韓国選手団のキムチ没収
28日の朝鮮日報によると,韓国選手団が選手村に持ち込もうとしたカップラーメンやキムチ、カタクチイワシ、海苔、紅参茶などをドーハ・アジア大会の組織委員会が,「食料の持ち込みは厳禁」として,これらを没収しました。

24日のことです。組織委員会の言い分は「個別に持ち込んだ食料により食中毒でも起これば,選手村側が責任を取らなければならない」というものです。この措置に,韓国オリンピック委員会のキム・インス次長が組織委員会に強く抗議,警察の出動となり,キム次長が2時間ほど拘束される騒ぎとなりました。

なお,25日以降、選手村に入る韓国選手らは,用具などが入った荷物の中に入れ込むなど,あらゆる方法で持ち込んでいるとのことです。朝鮮日報の記事の見出しは「キムチ没収で韓国選手団ピンチ!」 というものでしたが,韓国選手にとってキムチは力の源のようです。

【その2】 キムチを題材にしたドラマを日韓で合作
28日の聯合ニュース,中央日報によると,現在韓国で放映されている人気連続ドラマ「黄真伊」(フォン・ジニ,朝鮮王朝時代の伝説的名妓)を制作しているオリーブナイン社は,熊本市の政策会社と共同して「名家の子孫」を制作すると発表しました。

この合作ドラマでは、韓国を代表するキムチ,味噌,塩辛などの伝統食品を作る秘法や,これを守りつつも独自性を追い求める主人公の努力が描かれるとのことです。

オリーブナイン社のキム・ドンレドラマ制作本部長は「キムチは世界のヘルシーフードベスト5に入るほど韓国を代表する世界的な食べ物」とし「キムチを題材に韓国文化と食べ物を知らせ,それを通じて韓流のアップグレードを目指したい」としています。

このドラマは日本でも放映されるのでしょうが,はたして,「チャングムの誓い」同様に人気を得ることがでしょうか。オリーブナイン社はドラマ制作と共に,キムチ博物館の設立,食品ブランドの開発も進めると,元気です。
[PR]

by gakis-room | 2006-11-29 18:53 | 韓国あれこれ | Trackback(1) | Comments(6)
2006年 11月 28日
変節議員の復党と虚仮にされた国民
郵政民営化法案反対を掲げて当選し,その後1カ月余にいとも簡単に変節し,郵政民営化法案に賛成した11人の無所属議員の自民党への復党が確定しました。この11人の変節議員について,私は昨年の10月15日のブロク「悲しき国会議員」でつぎのように書きました。

…変節理由としては大半が「民意に従った」と言っていますが,民意を言うのであれば「自己を選出した選挙区の民意に従わず,保身に走った」と言うべきでした。…

ですから,この11人が首を垂れて「誓約書」なるものに署名をしたことについては,何の感想もありません。興味深かったのは公表された「誓約書」の内容が有権者を平然と虚仮にしていることです。

「誓約書」では(無所属で立候補して自民党公認候補と争ったことについて)「遺憾であり,重大な責任を認識している」として,「自民党および有権者に誓約する」としています。もとより,すでに有権者を虚仮にした11人が「自前の誓約書」として書いているのであれば驚くことではありません。

私が驚くのは,この誓約書は自民党の用意したいわば「統一誓約書」というべきものだということです。「自民党への誓約」だけでなく,「有権者への誓約」というのですから,この「誓約書」は11人を当選させた有権者を有権者として認めていない,いわばその存在を否定しています。

ですから,この「誓約に反した場合は議員を辞職する」と言ってしまいます。私の考えでは,議員の辞職はその本質において,その所属する政党との関係においてではなく,有権者との関係において,つまり,有権者の信託に反した場合になされるべきものです。それを自民党の党意に反した場合は議員を辞職するというのですから,民主主義の基本認識を疑ってしまいます。

換言すれば,この「誓約書」なるものは11人の選挙区の有権者だけでなく,全有権者つまりは主権者を虚仮にしているとしか言いようがありません。これを「筋(すじ)」と言うのであれば,「筋違い」も甚だしいというべきものです。

その筋違いのうえで,変節を重ねる議員が汗を流すことを期待する「美しい国づくり」,安倍首相談話は,私にはこの上なく醜いものでした。
[PR]

by gakis-room | 2006-11-28 11:28 | つれづれに | Trackback | Comments(8)
2006年 11月 27日
サザンカとツバキ
d0006690_520522.jpg最近,生け垣とかで見かける赤とか白の花はサザンカだと思います。サザンカは花も葉もツバキによく似ています。私にはその区別がつきません。

サザンカとツバキの違いは,サザンカは花弁が1枚ずつ落下するのに対して,ツバキは花こど落下するのだそうですが,この区別は咲いているときには役に立ちません。

また,サザンカの葉にはギザギザがあるがツバキはそうではないとも教えられましたが,「近くの公園」の寒椿と表示されたツバキの葉にもギザギザがあります。

とりあえず私は,この時期に咲いているのがサザンカで1月の末に咲いているのがツバキとしていますが,その中間の時期に咲いている花については考えないことにしています。

分からないと言えば,ツツジとサツキの違いも分かりません。
[PR]

by gakis-room | 2006-11-27 05:37 | 花の手帳 | Trackback | Comments(9)
2006年 11月 26日
耐用年数と私
電気製品がダメになる時というものはどうも1度にやってくるようです。4年前には洗濯機と冷蔵庫が同じ頃にだめになりました。昨年はクーラーを買い換えました。残った電気製品の大きなものはテレビとビデオとステレオコンポと電子レンジです。

そのうちのビデオとステレオコンポの調子がよくありません。ビデオは電源ボタンを押しても電源が入らなかったり,巻き戻しがうまくいきません。ステレオコンポは音がやたらととんでしまいます。どちらも15年以上使ってきたものですが,そろそろ耐用年数ということなのでしょうか。

ビデオを使うことはたまにしかありませんが,ステレオコンポは毎日ではないにせよ,ビデオよりはよく使います。修理に出すか,新しいものを買い求めるか迷っています。迷いながら,「私の耐用年数」という言葉がふと思い浮かびました。ずいぶんと使ってきましたからすっかり古くなりましたが,今のところ修理の必要もないようです。常用している薬もありません。
[PR]

by gakis-room | 2006-11-26 10:10 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
2006年 11月 24日
秋,分からないこと2つ
d0006690_18331622.jpgいつの間にか秋も深くなりました。私の秋も「紅葉狩り」を残すだけになりました。

昨日の昼下がり,空に鳥の群れを見ました。遠くでしたから,よく分かりませんでしたが,高さからも大きさからも雀ではないようでした。もちろん雁でもありません。

空に鳥の群を見るのは晩秋だけのような気がするのですが,なぜでしょうか。この秋にもうひとつ気になっていることがあります。

なぜ,この秋は星が見えないのでしょうか。満天の星とは言わないまでも,東北の空に北斗七星もみられません。もとより毎夜確かめているわけではありませんが,しかし,空に星がありません。

きょうも,三日月はくっきりとみえているのに。
[PR]

by gakis-room | 2006-11-24 18:45 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
2006年 11月 23日
今年の黄葉日は17日でした
d0006690_1039332.jpg17日に,奈良地方気象台の植物季節観測表では,まだ黄葉日になっていない,と書きましたが,昨日,奈良地方気象台のホームページを見たら,今年の黄葉日は17日となっていました。

昨年と同じです。今月の中旬の奈良の気温は,14日を除けば平年よりも気温の低い日の連続でしたから,黄葉が一気にすすんだのでしょうか。

きょうの朝刊の「紅葉だより」によると,奈良も京都もほとんどのところが「見ごろ」になりました。私の紅葉狩りは来週になりそうです。

ところで,紅葉の観賞をなぜ紅葉「狩り」というのでしょうか。イチゴ狩り,潮干狩りは獲ってくるからわかるのですが。
[PR]

by gakis-room | 2006-11-23 10:51 | つれづれに | Trackback | Comments(6)
2006年 11月 22日
「一木にこめられた祈り 仏像」と「ダリ」
d0006690_4583814.jpgブロク「梟通信」http://pinhukuro.exblog.jp/(11月07日,11月12日)に触発されて,東京国立博物館の特別展「一木にこめられた祈り 仏像」を見てみたいと思っていました。

20日,所用で名古屋に行ったついでに,東京に寄り,見てきました。

国宝,重文45体を含む奈良・平安時代の木像と江戸時代の円空,木喰の作品140余躯はすべて一木彫(いちぼくちょう)。

説明によれば,石仏・金仏ではなく,日本人がこだわった「木で仏像を造ることの意味」,「木と仏に託した祈り」を考察したい,とのことでした。

一本の木から創出される仏像とこの世界の空間から現出して衆生を救う仏を重ねあわせたということでしょうか。そこには,木にしばしば神霊を感じてきたこの国の民の意識があったのでしょうか。

10月3日から始まった特別展でしたが,それからひと月半を経た平日にもかかわらず,大変な人気です。9時半の開門の時にはすでに150〜200人の人が並んでいました。私が博物館を出た11時半には入場制限があり,300人近い人が列を作っていました。

その後,「上野の森美術館」で「ダリ回顧展」をみました。こちらはダリの生誕100年を記念して,ダリ生涯を回顧するというものでしたが,会場は同じように混み合っていました。

一木彫の仏像とダリ。偶然のことですが,なぜか「内なるもの」が気になってしまいました。疲れました。
[PR]

by gakis-room | 2006-11-22 05:40 | つれづれに | Trackback | Comments(8)
2006年 11月 19日
ダメなものを更にダメにする・教育基本法改定案と文科省
私の場合,教育基本法の政府改定案がダメである理由ははっきりしています。それは以下の2点において改定案が「私事への国家の干渉を排除する」という近代法の自由の原則に反しているからです。

①追いかけ回して「愛」を強要する,それをストーカーという
「愛」はすぐれて私的なものです。ですからこそ,その内容はもとより形式も多様です。改定案が「伝統と文化を尊重し,それらをはぐくんできたわが国と郷土を愛する…態度を養う」と言うとき,それはどのような内容と形式の「愛」をいうのでしょうか。

追いかけ回して,特定された形式と内容の「愛」を強要する,それをストーカーといいます。しかも「愛する…態度」については評価するというのですから,これはストーカー以上に悪質です。それを「美しい国」の「根幹」とする感性は醜いというより,むしろ悲惨です。

②家庭のあり方にまでちょっかいを出す
また,改定案は「父母その他の保護者は,子の教育について第一義的な責任を有する。生活のために必要な習慣を身に付けさせ,自立心を育成,心身の調和のとれた発達を図るように努める」ともいいます。「私」の家庭のありかについては「よけいなお世話」です。

という趣旨のことを私がブロクに書いたのは,4月15日の「国家が土足で入ってくる」でした。その後,私はもっと重要なことを忘れていたことに気づきました。それは改定案16条です。

(教育行政) 第16条
(1)教育は,不当な支配に服することなく,この法律および他の法律の定めるところにより行われるべきものであり,教育行政は,国と地方公共団体との適切な役割分担および相互の協力の下,公正かつ適正に行われなければならないこと。

ここでいう「他の法律」の中には,政府がその法的拘束性を主張する「指導要領」が含まれることは言うまでもありません。政府にとっては指導要領は擬似法です。この改定案が成立すれば,国会審議を必要としない「指導要領」の改定で,後はやりたい放題ということでしょうか。

「造物主はよいものとしてつくったのに,人間の手にかかるとダメになってしまう」と嘆いたのはルソーだったでしょうか。4年前に知り得たのに放置しておかれた履修漏れ,教育基本法に関わるタウンミーティングでのやらせ,全国に間違いをばらまく文科相のアピール。ダメなものが文科官僚にかかって更にダメになります。

さしあたって,今の私が確認しておくべきことは,近代国家が公教育において国民に要求することがあるとすれば,こどもの持つ教育権への保障と国家の最高法規である憲法の理念への共感だけのように思われます。
[PR]

by gakis-room | 2006-11-19 20:34 | つれづれに | Trackback(1) | Comments(6)
2006年 11月 18日
「いじめるのは,はずかしい」ことか・文科相のアピールへの疑問
読売新聞によれば,文部科学省に相次いで郵送された「いじめを苦にした自殺を予告する匿名の手紙」は17日までに27通に達しているそうです。このためでしょうか,伊吹文科相は17日午後,子どもと大人に向けた2つの緊急メッセージを出しました。

いじめや自殺の問題で,大臣が緊急メッセージを出すのは,1994年に愛知県の中学2年生がいじめを苦に自殺し,その後も自殺が相次いだことを受け,当時の文相が1996年1月に緊急アピールを出して以来,10年ぶりのことだそうです。伊吹文科相の子供向けメッセージは次の通りです。

 弱いたちばの友だちや同級生をいじめるのは,はずかしいこと。
 仲間といっしょに友だちをいじめるのは,ひきょうなこと。
 君たちもいじめられるたちばになることもあるんだよ。後になって,なぜあんなはずかしいことをしたのだろう,ば
 かだったなあと思うより,今,やっているいじめをすぐにやめよう。

 いじめられてくるしんでいる君は,けっして一人ぼっちじゃないんだよ。
 お父さん,お母さん,おじいちゃん,おばあちゃん,きょうだい,学校の先生,学校や近所の友だち,だれにでもい
 いから,はずかしがらず,一人でくるしまず,いじめられていることを話すゆうきをもとう。話せば楽になるから
 ね。きっとみんなが助けてくれる。

私は2つの感想を持ちました。
①テレビでの文科相の会見を見る限り,文科相には相談する気にはなれない。
この短いアピールでさえ,原稿に目を落として読み上げる大臣にどうして信頼感が生まれるのでしょうか。「私に相談においで」との熱意はいささかも感じられませんでした。人に訴える時には(テレビを見ている)子どもの目を見て話す,というのがイロハですよ,文部科学大臣どの。

②アピール内容は間違っている
アピールでは「いじめるのは,はずかしいこと」と言っていますが,これは明らかに間違っています。いじめは,心身への暴力であり,犯罪であり,悪いことです。「いじめるのは,はずかしいこと」という認識が,文科省の官僚の認識なのか,大臣自身の認識なのかは不明ですが,何を考えているのですかねえ。

こんなていたらくですから,「君たちもいじめられるたちばになることもあるんだよ」と間抜けたことをいうのです。いじめられる立場になろうとなるまいと,「後になって,ばかだったなあと思う」か思わないかに関係なく,「お前が今やっていることは悪だ」となぜ言わないのでしょうか。

タウンミーティングでの「やらせ」の背景が伺いしれます。文部科学省は全国の教育委員会に,伊吹文科相のメッセージをすべての小中高校生に配布するよう要請しているとのことですが,間違いを全国にまき散らすというものです。「教育再生」以前に「文科省再生」が必要なようです,安倍総理大臣どの。
[PR]

by gakis-room | 2006-11-18 11:43 | つれづれに | Trackback(5) | Comments(6)