<   2006年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2006年 09月 30日
美しくない日本語で語る・安倍首相の所信表明演説
伊吹文科相は,「小学校では英語学習より日本語学習をより徹底させる」趣旨の発言をしていますが,安倍首相の所信表明演説を聞いての私の感想は,「美しくない日本語で『美しい国 日本』を語っている」というものでした。

以下,首相の演説(昨日の夕刊掲載)から思いつくままに,いくつかのキャッチフレーズや造語をあげてみます。共通するものは,カタカナの多さ,発想の貧困さと内容のなさです。

◆経済成長に貢献する「イノベーション25」
  →インターネットを利用しての在宅就業人口を増やすことらしい
◆国債競争力や世界への情報発信力を強化する「日本文化産業戦略」
  →アニメ,音楽,食文化や伝統文化を紹介していくことらしい
◆日本がアジアと世界の架け橋になる「アジア・ゲートウェイ構想」
  →国際会議の開催の5割増と国債空港の機能強化のことらしい

◆「頑張る地方応援プログラム」
  →「頑張る」とは地場産品のブランド化,少子化対策や外国企業の誘致らしい
◆「人生二毛作」
  →前後の文脈からは意味不明。「再チャレンジ」の言い換えかな?
◆簡素で効率的な「筋肉質政府」
  →ムダを省くことらしいが,1人に沖縄・北方・イノベーション・科学技術・食品安全・少子化・男女共同参画を請け負わせることもある。

◆将来いくらもらえるかを若いときから定期的にお知らせする「ねんきん定期便」
  →なぜかここだけ「お知らせする」と丁寧語を使っている。「受給金額の減額もきちんと知らせるから安心せよ」
◆医療や介護については政策の重点を予防へ移し,健康寿命を延ばす「新健康フロンティア戦略」
  →フロンティアとは最前線のことだが,予防医学には触れず,医師不足対策を述べているに過ぎない
◆「子育てフレンドリー社会」
  →フレンドリーとは自民党の教育基本法改定案のように,家庭内に土足で踏み込むこともある

◆自らの考えを直接語りかける「ライブトーク官邸」
  →美しくなくてもいいから,どうかこれからは具体的な内容のある言葉で語りかけてほしい
[PR]

by gakis-room | 2006-09-30 11:05 | つれづれに | Trackback | Comments(9)
2006年 09月 28日
鶏肉の照り焼き
【用意するもの】
鶏のもも肉1枚  油大さじ1  たれ(醤油大さじ4,みりん大さじ3,砂糖小さじ3)  

【作り方】
①鶏肉の皮の方から,フォークで何度も突き刺して穴をあける
②フライパンをよく熱してから,油をとり,皮の方から両面を焼く
③両面にきれいな焼きめがついたらフライパンの油を捨てる
④たれをよく混ぜて,鶏肉に全体にかけ,蓋をして弱火で7〜8分蒸し焼きにする
⑤焦げやすいので,途中で何回か鶏肉を返す。
⑥鶏肉に火が通ったら,煮汁を少し煮詰めてからめる
⑦鶏肉を取り出して油を切り,適当な幅に切る

1.普通は金ぐしで突き刺すのでしょうが,持っていないのでフォークで刺しています
2.取り合わせの野菜にはキャベツの千切りに,残った煮汁をかけていますが,少しくどいかなとも思います。
[PR]

by gakis-room | 2006-09-28 23:45 | 簡単料理 | Trackback | Comments(6)
2006年 09月 27日
いや〜な感じの作為的映像・大臣誕生と高校野球
安倍内閣が誕生しました。主要紙の社説の見出しは以下の通りです。

【読売】 安倍政権船出 時代の課題にこたえられるか
【朝日】 安倍内閣発足 果たしてどこへ行く
【毎日】 安倍政権発足 改革の熱気が伝わらない
【産経】 安倍新内閣 国益守るシステム築け 期待したい官邸の機能強化
【日経】 安倍内閣は官邸主導で改革実績を示せ

読売,朝日,毎日がどちらかと言えば問題提起をしているのに対して,日経は幾分の期待感を示しながらも,靖国参拝で例の「昭和天皇発言メモ」をスクープしたからなのでしょうか,「歴史認識」に慎重であってほしいと釘をさしています。産経は期待感いっぱいです。

私の感想は何もありません。理由は2・3人を除いて,新大臣がどのような思想信条,実績を持つ人物なのか何も知らないからです。教育基本法の改定を最重要課題とする安倍内閣にあって,新大臣の会見で,伊吹文科相が「教育基本法は(世界のどこにもっていっても)よく書かれている」と述べていたことが印象的でした。

しかし,彼がボスである伊吹派とは旧亀井派のことですから,教育基本法の改定に疑問を持っていると言うよりも,むしろ,文科相というポストに不満であることを間接的に言っているように見えました。

ところで,テレビを見ていていや〜な感じになったのは首相官邸からの呼び出し電話を待つ議員の表情を写す映像でした。議員会館等で電話を待つ議員をなぜ中継できるのかという疑問でした。私はこれまで,期待をして待機しながら呼び出し電話がなく,がっくりした映像を見たことがありませんでした。

私以下のように推測してみました。
 1.事前に議員会館に待機せよとの連絡を受けているので待機している
 2.そのことを本人か誰かがマスコミにリークしている
 3.呼び出し電話を受けた段階でポストを聞いている
 4.ポストもリークされている,でなければ速報はあり得ない

私には茶番に見えたテレビ中継,これが昨日の私の感想です。茶番と言えば,プロ野球にドラフトされた後の高校生の喜びの映像です。胴上げされたり,騎馬に乗っかったり。これは明らかに大人のいやらしさ,作為です。なぜ高校はそれを許すでしょうか。

教育改革を言う前に,高校生のこの「美しくない」映像を消してほしい,ついでに,「美しくない」ものはスポーツ大会での宣誓で「ナチス式敬礼」です。これはすぐできることではありませんか,安倍首相,あるいは職務命令を連発する石原都知事。
[PR]

by gakis-room | 2006-09-27 22:42 | つれづれに | Trackback(11) | Comments(4)
2006年 09月 26日
小京都(しょうきょうと)と小江戸(こえど)
各地に小京都(しょうきょうと)と呼ばれる観光地がいくつかあります。山口県萩市とか岐阜県高山市などが代表でしょうか。きょうテレビを見ていたら,小京都と呼ばれる地域が集まる団体として「全国京都会議」という団体の紹介がありました。

「全国京都会議」は京都市を含む26市町により、1985年に結成され,1988年の第4回総会で加盟基準が以下のように定めらています。

「全国京都会議」への加盟基準
   1.京都に似た自然と景観
   2.京都との歴史的なつながり
   3.伝統的な産業と芸能があること

以上3つの要件の1つ以上に合致しておれば常任幹事会で加盟を承認されるのだそうです。加盟市町は晴れて「小京都」を名乗ることができます。現在の加盟市町は京都市を含めて50市町です。おもしろいと思ったのは,北海道,東京,大阪,奈良,沖縄に「小京都」を名乗るところがないことです。もっとも北海道松前郡松前町は以前は加盟していたみたいです。

これに対抗したのでしょうか,1996年に「小江戸(こえど)」サミットがもたれました。参加したのは栃木県栃木市,埼玉県川越市,千葉県佐原市の3市です。小江戸を名乗る市は他に滋賀県彦根市など7市あり,栃木市と岐阜県高山市は「小京都」と「小江戸」の両方を名乗っています。
d0006690_19311145.jpg

[PR]

by gakis-room | 2006-09-26 19:34 | つれづれに | Trackback | Comments(13)
2006年 09月 25日
韓国女性の憂鬱
25日の韓国の聯合ニュースは「国民10人に4人は、民族最大の祝日となる秋夕(チュソク)に負担を感じている」との韓国ギャラップの調査結果を報じています。秋夕(チュソク)とは,旧暦8月15日の旧盆のことで,今年は10月6日ですが,前後2日は休日となり,3連休です。

韓国では秋夕は旧正月とともに最重要の祝日です。一族は宗家に集まり先祖供養を行うのですが,このために帰省する人々で,毎年,民族大移動とも言うべき混雑ぶりです。鉄道は満席,道路は大渋滞となり,いわば日本の年末年始の帰省ラッシュの韓国版です。

調査よると,回答者の44.3%は「秋夕が近づくことが楽しくない」と回答しており,男性(39.9%)よりは女性(48.7%)が、未婚者(26.8%)より既婚者(48.8%)が秋夕に否定的な考えを示しています。特に家事の負担が多い専業主婦は半数以上の55%が楽しくないとしています。

秋夕が楽しくない理由は,主な者は以下の通りです
  経済的な負担    45.8%
  家事の負担が重い  21.7%
  面倒くさい     10.5%
  交通渋滞      5.6%
特に男性の55.5%は経済的な負担を,女性の36.1%は家事の負担を理由に挙げ,性別で明確な差があるようです。

今年は,例年より長い連休になります。
10月1日(日)
10月3日(火) 開天節(紀元前2333年国祖檀君が最初の民族国家である檀君朝鮮を建国したことを称える日で休日,日本の「建国記念の日」に相当)
10月5(木)・6(金)・7日(土)  秋夕で休日
10月8日(日)

10月5日〜8日は全国民が4連休ですが,2日(月)と4日(水)の2日間に休暇を取れば8連休になります。先の調査によれば,連休期間に1泊以上の帰省を計画しているのは,過去10年で最高水準となる43.5%だそうですから,韓国女性の憂鬱はわかるような気がします。
[PR]

by gakis-room | 2006-09-25 19:32 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(2)
2006年 09月 24日
きょうの午後に見たもの
d0006690_12254720.jpgきょうの午後,久しぶりに自転車の遠乗りをしました。タイヤに空気をしっかり入れて,油も注し,タオルとお茶とカメラを持って出かけました。

気温はさほど高くなく,風は爽やかでした。ため池の土手では鴨でしょううか,3羽が行儀よく並んでいました。別のところでは,大サギやらが餌を啄んだりしていました。

いよいよ秋の行楽シーズンです。「足腰元気なうちに遊びまわる」を当面のモットーにしていますが,その手始めです。
d0006690_12255922.jpgあちこちの田の畦や道の脇には彼岸花を真っ赤に咲いていました。彼岸花はいつ見ても不思議な花です。

茎と花しかないこともそうですが,あぜ道には似つかわしくない原色の赤なのに,なぜかこの季節に咲いていないと物足りなさを感じてしまいます。
[PR]

by gakis-room | 2006-09-24 23:45 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 23日
秋分の日あるいは秋彼岸
d0006690_18455153.jpg大した理由もありませんが,この数年,旧暦が併記されているカレンダーを愛用してます。季節感が何となく旧暦の方がいいかな,という程度のことです。

調べてみると,旧暦の基準は月の満ち欠けよりも太陽の位置が基本であるとのことをでした。旧暦は正しくは「太陰太陽暦」だそうです。

古くは冬至が一年の始まりと考えられたようです。月の初めを新月と考えたのと同じ考え方みたいです。最初に冬至が決まりました。冬至は太陽の影が一番長くなる日です。

次に夏至が決まりました。太陽の影が一番短くなる日です。そして冬至と夏至の中間が春分の日(春の頂点)と秋分の日(秋の頂点)になります。これで1年が4分割されます。ちなみに,2001年から2020年の20年間のうち,2012年,2016年,2020年の3年の秋分の日は9月22日ですが,他の17年はすべて23日が秋分の日です。

冬至と春分の日の中間が立春,春分の日と夏至の中間が立夏,夏至と秋分の日の中間が立秋,秋分の日と夏至の中間が立冬。こうして1年が8分割されます。これが旧暦の基準となります。8分割されたそれぞれを3分割して24節気ができます。これに月の満ち欠けを重ねたものが旧暦ということでした。

余談ですが,春分,秋分の日を彼岸というのは,太陽が真西に沈むところから,これを仏教の西方浄土(極楽)と結びつけた日本的慣習のようです。なお,おはぎモチは「お萩モチ」,ぼたモチは「牡丹モチ」,それぞれの季節の代表的な花に由来するということでした。
[PR]

by gakis-room | 2006-09-23 18:48 | つれづれに | Trackback(1) | Comments(4)
2006年 09月 22日
9月22日,旧暦8月1日
d0006690_1859290.jpgきょうは旧暦8月1日です。つまりは中秋のはじまりで,いよいよ秋たけなわの始まりと言うところでしょうか。

朝夕の涼しさはそんな感じにさせますが,日中の日差しは必ずしもそうではありません。「例の田舎道」を歩いているとまだまだ汗ばんできます。しかし,すでにしっかり色づいた柿を見ることができました。

1日を朔日(ついたち)とも書きますが,「朔」は手元の漢和辞典によれば,「月がよみがえる始め」の意だそうです。満月から満月までをひと月とはせず。新月から新月までをひと月としたのはなぜでしょうか。

余談ですが,柑橘類のハッサクは旧暦「八月朔日」(旧暦8月1日)頃になると食べられるということから名付けられたそうですが,実際に食べられるのはもっと後になってからです。
[PR]

by gakis-room | 2006-09-22 19:18 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2006年 09月 21日
安倍政権にも期待ができない最重要課題の解決
自民党総裁に安倍晋三氏が選出されました。就任の記者会見で内政については,臨時国会で「教育基本法の改正」を最重要法案とし,「テロ対策特別措置法」の延長でも成果を上げたいとしています。また,「消費税の引き上げに」ついては「歳出削減に全力を挙げるべきだ」,「私は(消費税率)を上げないと言ったことはない」と述べています。

私の感想は,この政権もだめだなというものでした。私にとって,最重要の内政問題は事実上破産状態になっているこの国の財政をどうするかということだけです。普通国債の累積残高の538兆6000億円をどうするのか,安倍氏に限らず,なぜ政治家はこの問題の解決のプログラムを提示しないのかあまりにも不思議です。

普通国債の累積残高    538兆6000億円
国民1人あたり      422万円の借金に相当
06年度の租税収入をすべて国債返済に充てた場合
             538兆6000億円÷45兆9300億円=11.7年
財源の不足を補う赤字国債(返すあてのない国債)の05年度末の残高
             258兆7000億円(前年度より25兆8000億円増)
06年度のプリマリーバランス
             租税収入−国債返済分を除く歳出=−15兆300億円

プリマリーバランスの赤字分は国債の累積残高に新たに加算されます。政府は2010年代の早い時期にプリマリーバランスを黒字にしたいといっているので,それまでは国債の累積残高は増え続けます。ただし,国債の新規発行高が国債返済分を下回ればその分だけは国債残高は減少します。

これはもう,歳出の削減だけで処理できる領域を遙かに越えています。歳出削減を徹底し,赤字国債の発行高を減少させるとともに,増税をはかる以外に解決の見通しはあるでしょうか。

安倍氏は「消費税の引き上げ議論は来秋以降」と言っていますが,税制の見直しの中に,法人税の見直しもあるのでしょうか。
 ※法人税率(一律)の変移
   1984年  43.3%
   1988年  42.0
   1990年  37.5
   1998年  34.5
   1999年  30.0
[PR]

by gakis-room | 2006-09-21 19:34 | つれづれに | Trackback | Comments(12)
2006年 09月 20日
彼岸の入りの思案
d0006690_1971978.jpg9月20日,彼岸の入り。彼岸の本来の意味は煩悩のこちら(此岸)から解脱をした悟りの境地,つまりあちら(彼岸)のことだそうです。それが転じて(深化して?)彼岸とは西方浄土を意味するようになったみたいです。

煩悩の此岸では,きょうは秋晴れで,夕日が沈む西方はとてもきれいでした。とはいえ,朝からあれこれ思案しています。

仏教国,タイで軍事クーデタ。何年か前の軍と市民の衝突時には,双方の代表が国王に呼び出され,大いに叱られて和解。国連の事務総長はクーデタを批判していますが,国王は容認するみたいです。

自民党新総裁に安倍晋三氏が選出されました。国連総会ではイラン問題でアメリカ大統領とイランの大統領が激しく対立。フランスのシラク大統領も演説の予定。各国首脳が集う。

日本は自民党のお家の相続問題の方がはるかに大切らしく,首相も外相も欠席,国連大使の演説でお茶を濁すようです。「常任理事国への意欲」もこの程度では見くびられてもやむを得ないようです。

旅行社にツアーの申し込みをしたら,すでに満員とのこと。行きたかったのは富山県の瑞泉寺。木工彫刻の町,南栃市井波地区の彫刻師たちが迷ったらこの寺に行くという。匠たちの積年の木工彫刻が見たかったのに。いつか1人で行ってやる,とは此岸の煩悩です。
[PR]

by gakis-room | 2006-09-20 19:08 | つれづれに | Trackback | Comments(2)