<   2006年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2006年 08月 31日
久しぶりの「田舎道」,ノカンゾウ
d0006690_14214627.jpg久しぶりに「例の田舎道」を歩いてみました。いたるとろでツクツクボウシが鳴いていました。

この季節に咲く花は少ないのでしょうか。それでいて私の知っている花といえば,ムクゲとサルスベリだけでした。

こんな花が咲いていました。ユリ科の花なのでしょうが名前は知りません。「秋の忘れ草」のようにも見えますが,季節が少し違うように思われます。

この4月から歩き始めた田舎道ですが,秋にはどんな花が見られるか楽しみです。20分ほどのことでしたが,しっかり汗をかきました。

【追記】この花は「ノカンゾウ」と,とある所の乙女さんから教えていただきました。
[PR]

by gakis-room | 2006-08-31 14:33 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2006年 08月 30日
このまま枯れていくのでしょうか
d0006690_12234471.jpgきょうの未明にも雨が降り,「近くの公園」もずいぶんと生気を戻りました。

しかし,28日間の降水量ゼロの後遺症はいくつも残っています。葉のすっかり落ちたサクラの枝や,枯れかけた植え込みがいくつもあります。

よく見ると植え込みの根元に緑葉がついているのもありますが,すっかり茶色になっているものも多くありました。

これらの木々がこのまま枯れていくのか,生気を取り戻すのかは私には分かりませんが,枯れてしまうのであれば,いつも行くところだけに少しやるせない気分になります。
[PR]

by gakis-room | 2006-08-30 12:37 | つれづれに | Trackback | Comments(5)
2006年 08月 29日
区役所(ソウル市麻浦区)が観光コースに
d0006690_1213910.jpg28日の朝鮮日報によると,ソウル市麻浦(マッポ)区庁(区役所)が日本人女性観光客で賑っているそうです。理由は韓国の俳優ソ・ジソブが兵役の代替勤務のため,去年春から麻浦区庁文化体育科に公益勤務要員として勤務しおり,その勤務振りを見学するのだそうです。

ソ・ジソブは2002年,韓国KBSのドラマ「ごめん,愛してる」に主演し人気俳優になりましたが,昨年8月,日本のケーブルテレビ放送されて以来,日本でも人気が急上昇したとのことです。以下は朝鮮日報が伝える今月25日の様子です。

「『こりゃ大変なことになった…。がっかりするだろうに』。同区庁のイ・スビョン広報チーム長は気の毒がった。この日,あいにくソ・ジソブが『体調が悪いので午後から出勤する』と電話してきたためだ。イ・チーム長は迷った末,『午前中は会えないので,働いている場所をご見学ください』と日本のファンたちに言った」

「ファンたちは一斉に歓声を上げ『カムサハムニダ(ありがとうございます)』『ありがとう』を連発した。『これがソ・ジソブさんの机です。毎朝,新聞記事をスクラップして19の事務室に配達します』。ファンは通訳の言葉に口をそろえて『ええ。ええ』と感嘆してうなずく。机・いす・スクラップ帳など,ソ・ジソブに関するあらゆる物が彼女たちのカメラに収められた」


d0006690_1215827.jpg「午後1時。ついにソ・ジソブが現れた。しかし,どこかで時間をつぶして再び戻り,かたずをのんで見守っているファンには目もくれず,すぐに『勤務モード』に入る。自分の席がある所とは別の事務室とトイレだけを行ったり来たりして仕事に打ち込む」

「しかしファンは口をそろえて『残念だなんてことはありません。わたしたちのために仕事に差しつかえが出てはいけません。会えただけでも幸せです』と言う。2 階のロビーに座り,ガラスドア越しに彼が行ったり来たりする姿を何時間も眺めては立ち上がる。そうして,ソ・ジソブがドアの外に出てくると,シャッターを切りまくっては,低い声で『きれいですね』を連発する」

区役所までも観光コースにしてしまう旅行社に驚くべきか,生の本人を見に区役所まで押し掛けるファンに驚くべきか,私にはやりすぎの感がして眉をひそめてしまいますが,韓流ブームはまだまだ続きそうです。(写真は朝鮮日報による)
[PR]

by gakis-room | 2006-08-29 12:11 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(4)
2006年 08月 28日
29日振りの雨です
d0006690_10112244.jpg雨です。昨日の午後,29日振りに雨が降りました。車が雨水を跳ね上げて走るのを見て,なぜかウンウンと頷いていました。

午後3時頃から遠雷が続き,空も曇ってきましたが,私の町の上空は晴れていましたから,また空振りだと思っていました。3時半ころからザアーと降り出し5時近くまで雨は続きました。

今朝,「近くの公園」に行ってみると,うなだれていた木々の葉も背筋をも伸ばしているようでした。

ツクツクボウシも聞きました。雨も降りました。夏も終わりです。夏も終わりですから,夏バテも終わりです。
[PR]

by gakis-room | 2006-08-28 10:23 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
2006年 08月 27日
ツクツクボウシの鳴き声をききました。夏の終わりです
d0006690_152994.jpg昨日の午後,ひとしきり雷が鳴っていましたが,雨が降ることはありませんでした。

夕方,「近くの公園」で涼んでいると,はっきりとツクツクボウシの鳴き声が聞こえました。しかも2カ所からです。きょうも午後からツクツクボウシを聞きに行きました。

「夏ばて」について調べてみました。まさしく私の状態です。昼は素麺かざる蕎麦でごまかしています。

「夏ばて」とは厳密には医学用語ではなく,夏期に食欲がなくなり,身体がだるく,何もする気がおこらないといった状態を指す言葉として一般化しているもの。血液検査や尿検査をやっても正常範囲で,いわゆる「病気」という範囲に入らないものを指すことが多い。

昨日の最高気温は35.7度でしたが,ツクツクボウシを聞いたきょうの午後3時までの最高気温は32.6度でした。いよいよ,夏の終わりです。これで一雨来れば,元気が出るというものです。
[PR]

by gakis-room | 2006-08-27 15:16 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
2006年 08月 26日
雨乞いの神事があれば参加したい気分です
d0006690_12184324.jpg奈良の昨日の最高気温は35.9度で,この夏3番目の暑さでした。きょうも12時現在の気温は34.5度です。日陰では風の涼しさもありますが,残暑というよりも真夏そのものです。

しかも,奈良の降水量はこれで28日間のゼロです。先月の30日から雨はありません。

先日のゲリラ的集中豪雨の時でも,私の町を通っているJR桜井線では南部で線路の冠水があり,一時不通になりましたが,私の町の雨は一滴だけで終わりました。

「近くの公園」のソメイヨシノも,葉はすべてうなだれています。枯れているものもありました。
[PR]

by gakis-room | 2006-08-26 12:19 | つれづれに | Trackback | Comments(3)
2006年 08月 25日
さらば,冥王星(冥府の神)
国際天文学連合の総会で,冥王星を太陽の惑星から除外することが決まりました。私が冥王星についてこれまで知っていたことと言えば,9惑星の1つで,一番外側にある惑星ということだけでした。

今回の一連の報道で,その大きさとか,ラテン語名がプルートであること,アメリカ人の発見によるもので,太陽系の一番深淵にある星なのでプルートと名付けられたこと,アメリカ人にとってはことのほか愛着があること,アメリカはこの1月に冥王星に向けて探索機を飛ばしていることなどを知りました。

しかし,プルートの日本語名がなぜ冥王星なのか知りたく思いました。プルートはローマ神話ではプルートですが,ギリシア神話での本来の名前はハデスです。彼は冥府と地下(ギリシアでは冥府は地下にあると考えられていました)の神です。それで野尻抱影という人がプルートつまりは「冥府の王」から冥王星と名付けたそうです。

ハデス(プルート)はオリンポスの一族でありながら,父クロノス(農業の神,土星の名前でラテン語名はサターン)に疎まれ,父に飲み込まれてしまったこがありました。次弟のポセイドンが海の神(海王星,ラテン語名はネプチューン),末弟のゼウスが天空の神,オリンポスの12神の主神(木星,ラテン語名はジュピター)と華々しいのに対して,長兄のハデス(プルート)は冥府と地下の神となりました。

ハデスは恋したペルセポネに「なぜ暗い冥府にいるの」と聞かれて「私も明るい地上で暮らしたい,でも誰かがやらなければならない仕事だ」と答えています。

冥府の神は,2800年後のきょう,天文学者からも疎んじられてしまいました。哀れ,冥王星。
[PR]

by gakis-room | 2006-08-25 14:09 | つれづれに | Trackback(1) | Comments(4)
2006年 08月 24日
昨日は陰暦7月30日,そしてきょうは陰暦7月1日
昨日は陰暦7月30日,そしてきょう8月24日は陰暦7月1日。タイプミスではありません。今年は7月が2回あります。きょうからの陰暦7月は正しくは「閏7月」です。

陰暦の一年は354日ですから,太陽暦よりも11日短くなります。それで,11日×3で,3年に1回,閏月を設けて調整します。閏月をどこに設けるかの詳細は私には不明ですが,19年に7回閏月を設けると差はなくなるそうです。

それで,今年の陰暦と太陽暦との対応関係は次のようになります。
      陰暦    太陽暦
2006年  1月1日  1月29日
2007年  1月1日  2月18日

つまり,今年は陰暦で数えると1年が太陽暦よりも20日多い385日となります。しかも立春は2006年も2007年も2月4日ですから,陰暦2006年(太陽暦2006年1月29日〜2007年2月17日)には立春が2度あることになります。このように立春が2度ある年を「双春」というのだそうです。

計算によると,「双春」はBC221年〜AD2100年までの2300年間に12回しかないそうで,「双春」の今年に結婚するのはとてもめでたいことだそうです。韓国,中国では結婚ラッシュなのでしょうか。しかし,閏7月にはめでたいことは避けた方がいいそうです。まあ,どちらも私には関係ないことですが…
[PR]

by gakis-room | 2006-08-24 10:51 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
2006年 08月 22日
大雨洪水警報が出たけれど
d0006690_18203867.jpgきょうの午後には最高気温は35.2度まであがりました。しかし,14時半を過ぎると,雷が続き空も曇ってきました。気象予報は大雨への注意を促していました。

15時33分には奈良地方気象台は奈良県北部に「大雨洪水警報」を出しました。これで一雨きたら涼しくなるぞと,外へ出てみると,東の空はすっかり黒くなっており,その割合は西へ西へ(写真の左へ)と広がっています。西空は山も何も見えません。雷はますます激しく鳴っています。

洗濯物を取り入れて,「さあいつでも来い」と待ちかまえました。しかしです。ほんの数秒,一降りしただけで雨は終わってしまいました。「大雨洪水警報」も17時35分には解除されてしまいました。

奈良のきょうの降水量はゼロです。空には一面。雲が広がっていますが,蒸し暑さが漂っていました。ああ,口惜しい。
[PR]

by gakis-room | 2006-08-22 18:37 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2006年 08月 21日
それでもおもしろかった甲子園の決勝戦
春夏を問わず,私が高校野球を見なくなったのはいつからなのでしょうか。ずいぶんになるように思います。昨日ときょう,久しぶりに見ました。昨日は途中からでしたが,結局15回まで見ました。きょうは最初からです。

昨日の試合も,きょうの試合も好ゲームでした。スポーツ中継を見た充実感を味わいました。そして,やはり見苦しかったのは中継を行った2局のアナウンサーです。時には絶叫し,プレーのひとつひとつに精神的な意味ないしは価値を,しかも無意味な美辞付きで繰り返していました。それでも最後まで見続けたのは,試合の緊迫感でした。

両校のエースのスライダーに打者は空を切り続けました。それ以上に試合を緊迫させたものは失策のなさでした。決勝とその再試合の24回で駒大苫小牧の失策が2,早稲田実業の失策が1は見事でした。

私が高校野球の中継を見なくなったのはアナウンサーのおしゃべりがあまりにも耳障りと感じるようになったからです。新聞のプロ野球の記事は読んでも,高校野球のそれを丁寧に読まなくなったのも同じ理由からです。朝日新聞が紙面を過剰にさくことについては結果だけを確かめて,記事を読まなければすむことです。

しかし,私にはテレビ中継の音声をも消してまでも見るだけの物好きさはありません。
[PR]

by gakis-room | 2006-08-21 20:15 | つれづれに | Trackback(1) | Comments(13)