<   2006年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2006年 03月 31日
桜だより・知恩院の怪
「桜だより」はJR西日本の情報をもとに掲載されています。新聞によっては朝刊であったり,夕刊であったりします。28日,近畿では各地とも「つぼみ」あるいは「咲き始め」でしたが,道成寺は「満開」で知恩院は「七分咲き」でした。

道成寺は和歌山県ですから,早いとしても不思議には思いませんでしたが,京都の知恩院の「七分咲き」は不思議でした。「つぼみ」→「咲き始め」→「五分咲き」→「七分咲き」→「満開」と変わっていきますが,近くの円山公園も清水寺もまだつぼみです。

以上は朝日新聞の28日夕刊ですが,産経新聞の29日の朝刊では知恩院は満開です。七分咲きと満開の違いは夕刊と朝刊の違いだと思っていました。29日については朝日は「満開」で産経は「つぼみ」です。30日は朝日が「つぼみ」で産経は「満開」です。

これについて産経新聞は31日の朝刊で次のように報じています。「JR西は30日,知恩院の満開のしだれ桜が28日の悪天候で散ったが,つぼみが多く残っていたため同院の担当者が『終わり』と判断しなかったのが原因だったと明らかにした」

「同院ではしだれ桜を標準木として開花状況を決定しており,30日には再び『満開』になった。同院のソメイヨシノ系の桜が咲き始めても,しだれ桜が散りしだい『終わり』とするという」

私は桜だよりはすべてソメイヨシノについてだと思っていました。しかし,知恩院は違っていました。知恩院はしだれ桜でしたから,知恩院だけが「七分咲き」,「満開」の理由,さらには「満開」から「つぼみ」の怪についてもこれでわかりました。

ということは,知恩院が「終わり」の時,知恩院のソメイヨシノは咲いていることになります。そのころを狙っていけば,「景色を独り占め」できないまでも,人はきっと少ないに違いありません。私は今年の花見は知恩院と決めました。
[PR]

by gakis-room | 2006-03-31 10:00 | つれづれに | Comments(0)
2006年 03月 30日
遠い日の記憶・「4月の雪」
私が定点とした近くの公園のソメイヨシノの開花は3月27日の午後でした。奈良地方気象台の発表によると奈良市の開花は3月29日で,昨年より4日,平年より3日早いとのことです。開花宣言が出された29日から寒くなりました。

奈良市の昨日の最高気温は9.4度でした。きょうは午前11時までですが,6.1度です。風も強く春雷もあり,午前中は雨も断続的に降っていました。瞬間でしたが雪まじりの時もありました。

突然に私の記憶は19年さかのぼります。19年前,1987年の3月の末も寒く,たぶん4月1日の朝のことだったと思います。近くの学校のグラウンドの周囲に張られた高いネットについた氷的が朝日によってキラキラときれいに光っていたことを覚えています。

以来,私は私の市での1番遅い降雪は3月31日の深夜から4月1日の早朝と記憶してきました。明日,31日も寒そうです。あの日のように雪は降りそうにありませんが,近くの公園のソメイヨシノは「ちらほら」になりました。

JR東海の「そうだ,京都に行こう」(http://kyoto.jr-central.co.jp/)は「さくら色の都」をメインにしています。私は例によって「景色を独り占め」できる花見の場所をなんて欲張ったことを考えています。

同じ人のにぎわいなら,20万本の桜によって覆われる韓国の鎮海市に行ってみたいとも思いますが,これは当分実現しそうにもありません。
[PR]

by gakis-room | 2006-03-30 19:03 | つれづれに | Comments(1)
2006年 03月 29日
新しいトラブル・MOが読めない
27日のパソコンのトラブルは,ハードディスクを取り替え,これまで入れていたソフトをすべてインストールし終えて修復は終わりました。3月1日のトラブルの教訓から,こまめにバックアップをとっていたので,失ったデータはほとんどありません。

バックアップは2段階で行うようにしました。新しく作成したデータはそのつどMOで保存し,区切りのいいところでCDに保存することにしました。これまでバックアップの仕方がわからなかったメールアドレスも「お気に入り」のサイトのアドレスも我流ながらバックアップしておいたおかげで,元通りになりました。

しかし,きょう,自家製の絵はがきを一枚作ったので,「カード」のMOに取り込もうとしたら,MOドライバーが読み込みません。何度試みてもだめでした。新たなトラブルの発生です。MOが読めないということはバックアップができないことになります。

さて,どうしたものでしょう。
[PR]

by gakis-room | 2006-03-29 23:30 | つれづれに | Comments(0)
2006年 03月 28日
電線上の白鷺
d0006690_18135444.jpg昨日,午前中の買い物の途中で数羽の白鷺をみました。ため池の上を旋回していましたが,そのうちの1羽が電話線上で羽を休めました。

白鷺は,田で歩いているもの,休んでいるものを時々は見ますが,電線上の白鷺は初めてのことです。

しばらく見とれていました。昨日のパソコンのトラブルは,その後に帰宅してからのことです。
[PR]

by gakis-room | 2006-03-28 18:19 | つれづれに | Comments(2)
2006年 03月 27日
またしてもパソコンのトラブル
d0006690_17484972.jpgお昼前のことです。またしても,パソコンにトラブルが発生しました。前回の経験からすぐにサポートセンターに電話してサポートをお願いしました。

修復はそれほど難しくないので,メールで修復の仕方を送るとのことでした。送られて来たメールをプリントして,おかっなびっくり,パソコンの修復をしてみました。

修復どころか,起動すらしなくなりました。サポートセンターに問い合わせると,ハードディスクが壊れたみたいです。壊れたのではなく,私が壊してしまいました。

前回以上に疲れました。気分直しに,というよりもふてくされて,近くの公園に出かけてみると,桜の開花です。それも私が定点としていた桜が咲いていました。

枝には3つほどが三分先です。しかし,幹の目の高さのところには,しっかりと開花していました。こんなところから開花するなんて意外でした。

それで,気を取り直して,そのまま京都までハードディスクを買いに行くことにしました。ハードディスクを取り替えて,主なソフトのインストールが終わったのは,翌28日の午後のことでした。
[PR]

by gakis-room | 2006-03-27 23:30 | つれづれに | Comments(0)
2006年 03月 26日
WBC・日本の優勝を語る危うさ
WBCは日本チームの優勝で終わりました。準決勝の韓国戦も決勝のキューバ戦もプロ野球の視聴率としてはかつてない高さだったそうですから,それだけ関心も高かったのだと思います。そして,優勝ですから21日以降,いろいろな番組で取り上げられていました。きょうもいくつかのワイドショウでも取り上げられていました。

たくさんの人が日本チームの優勝について発言していますが,その中に共通する1つの危うさを感じます。それは,産経新聞の22日の社説に代表される意味不明なナショナリズムです。なかでも「日の丸をつけた時の意気込み」と日本チームではなく「日本」を讃えるものです。

産経新聞は韓国チームの大健闘への賛辞の後,次のように言います。
「これに比べ,野球発祥の地で大リーガーを多くそろえた米国が四強にも入れなかったのは不甲斐なかった。日本や韓国とは『国の代表』という意気込みに違いがあったのだろう」と。

つまり,日本チームの勝因に「『国の代表』としての強い意気込み」を見ようというのです。そこにはこの機に乗じて「愛国心」をしっかり賞賛しようという魂胆が見え隠れします。

産経新聞の「『国の代表』としての強い意気込み」論をトリノ五輪に当てはめてれば,荒川静香選手以外の全選手は「『国の代表』としての強い意気込み」に欠けていたからメダルが取れなかったということになります。ルール違反で失格したスキー・ジャンプの原田選手がそのさいたるものということになります。

荒川選手からは「『国の代表』としての強い意気込み」発言は聞かれませんでした。むしろ「自分らしさ」に拘わり切っていたように思われます。また,メダルが取れなかっただけではなく,長野五輪の5位以下の7位で終わったにもかかわらず,カーリングブームをもたらした「チーム青森」の選手たちが与えた感動はどのように説明されるのでしょうか。

「『国の代表』としての強い意気込み」論は,私にはなんの考察もない,優勝後の後出しじゃんけんで,しかも気まぐれのように思われます。しかし,それが善意であれ,メディアを通して繰り返される時,意味不明なナショナリズムだけが増幅される危うさを感じてしまいます。
[PR]

by gakis-room | 2006-03-26 12:40 | つれづれに | Comments(0)
2006年 03月 25日
レンギョウあるいはケナリ
d0006690_1254472.jpg近くの公園では連翹(レンギョウ)が満開です。レンギョウは韓国ではケナリと呼ばれます。遠くから見ると山吹色ですが,近づいて見るときれいな黄色です。

ひとつの花弁は細長い三角形に近く,2センチくらいです。ひとつの花びらは4枚の花弁からできています。花の感じからは,「レンギョウ」と言う響きよりも「ケナリ」の響きの方が似合っているように私は思っています。

葉より先に花が咲くところは桜と同じです。新聞では「梅の花便り」に続いて「桜の花便り」が始まりました。韓国の気象庁では,3月上旬に「レンギョウ」,「山ツツジ」(チンダルレと言います)と桜の開花予報を発表します。ケナリは韓国では春の到来を告げる花です。

韓国の新聞によると,ケナリは済州島の南の西帰浦(ソキッポ)で3月16日に開花したそうです。私が済州島をたったのは3月15日でしたから,1日違いでした。ソウルでは3月27日頃の開花で,満開は4月5日頃だそうです。その頃,ソウルの桜も咲き始めるとのことです。
[PR]

by gakis-room | 2006-03-25 12:33 | 花の手帳 | Comments(4)
2006年 03月 24日
「それは自然だな」
d0006690_17321714.jpgきょうも穏やかな天気で終わりそうです。気温は昨日より低いそうですが,私にはきょうのほうが暖かく感じられました。

気象予報によれば,もう一度くらい「寒の戻り」があるようですが,いよいよ春爛漫に向かいます。

啓蟄からはすでに18日も過ぎていますから,虫が盛んに動いるのも自然です。自然と言えば,いつの頃からか,「それは自然だな」と納得することが多くなりました。

これまではどちらかといえば私には論理に拘る性癖がありましたが,論理の組み立て方が変わったのかもしれません。あるいは,ただ単に齢を重ねて老いてきただけなのかもしれません。
[PR]

by gakis-room | 2006-03-24 17:44 | つれづれに | Comments(0)
2006年 03月 23日
タンポポ,ツクシ,そしてスミレ…
d0006690_1938752.jpgきょうは日中だけは,暖かでした。所用で外出からの帰路,見つけた花です。

花の感じはスミレですが,葉が違っているようです。花はスミレで他の草の葉の間から花だけが出ているのかもしれません。

あるいは久しく見ないスミレを私が忘れていて,この花をスミレと思いこんだのかもしれません。

これがスミレであれば,タンポポ,ツクシは終わっていますから,後はソメイヨシノを待つだけです。あちらこちらではすでに開花しているようです。私が定点としたソメイヨシノの開花は遅くなりそうです。
[PR]

by gakis-room | 2006-03-23 19:53 | 花の手帳 | Comments(2)
2006年 03月 22日
和太鼓とチャンゴとナンタ
昨日,知人が参加している和太鼓の公演を聞きに行きました。和太鼓は初めてのことです。前後半,それぞれ五つのプログラムでしたが,とても印象的でした。大げさに言えば,躍動と柔和,激しさと繊細さの表現のようでした。

小さな太鼓,直径が2メートル近い大太鼓(私は名称を知りません)を打ち込むには,どちらにせよ,打ち込みに耐えうる肉体の修練が何よりも大きな土台のように思われました。演奏は音を聞かせるだけでなく,演奏の様式美をも見せるものでした。

公演を楽しみながら,私は韓国の杖鼓(チャンゴ)を思い出しました。チャンゴは舞いながら華麗なバチさばきを聞かせます。また,ソウルで見た「ナンタ(乱打)」の公演も思い出していました。ナンタは厨房を舞台に包丁などをバチとして,様式美を一切排除して,ダンスと音を聞かせる音楽劇(?)です。

和太鼓,チャンゴ,ナンタとそれぞれは異なっていますが,パーカッションのおもしろさを楽しめた1時間半でした。知人には「すてきな午後をありがとう」と会場を出でバスを待つ間にメールを打ったことはいうまでもありません。
[PR]

by gakis-room | 2006-03-22 22:28 | つれづれに | Comments(2)