<   2006年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2006年 02月 28日
朝鮮日報が異例の取り扱い・荒川静香の金
イチローの談話について過剰気味に反応した朝鮮日報でしたが,荒川静香選手の金メダル獲得について,異例とも思える扱いが注目されました。

朝鮮日報が日本選手団の不振について,「メダルなき日本の没落 祝賀パーティーに沸く韓国,喪中の日本」との見出し記事を流したのは,24日午前7時37分でした。記事の内容はよく言えば韓国選手団の活躍を背景とした余裕,悪く言えばあからさまな嫌みでした。

しかし,同じ24日午前9時9分,荒川選手の金メダル獲得を,写真入りで「女子フィギュア荒川、日本待望の金」 との記事を流します。以下はその抜粋です。

「日本は1992年、アルベールビル冬季オリンピックで伊藤みどりが銅メダルを獲得したのが歴代冬季オリンピックの最高記録だった」

「競技前まで『ノーメダル」』で沈痛なムードに包まれていた日本は,冬季オリンピックの華。女子フィギュアで金メダルを獲得するという快挙でプライドを取り戻した」

「日本は村主章枝も4位に入賞し,フィギュア大国として存在感を見せた。ショートプログラムで3位だった荒川静香は3回転−2回転−2回転のコンビネーションなどジャンプやスピン,スパイラルなどをミスなく演技し,オリンピックの舞台で自己最高点をマークした」

9時44分,つまり35分後に,これも写真付きで「荒川静香ってどんな人? 」と詳しい人物紹介の長文追加記事を流しました。

彼女のこれまでの戦績を詳しく紹介した後,ビールマンスピンを駆使するスルツカヤとコーエンという二人の「ライバルの長所を自分のものにした荒川の見事な勝利だった」と結びました。

26日には「フィギュア初の金に沸く日本 荒川、アジア選手として五輪フィギュア史上初の金メダル」との見出しで,「荒川静香ってどんな人?」を補足する詳しい人物紹介と,24日の彼女の演技の詳細を報じました。

韓国のメディアがこれまで日本人選手の活躍を報じたことは,私の知る限りでは皆無でした。ましてや3本の記事です。しかも,2本目の記事は1本目の35分後の速報であり,3本目の「アジア選手として五輪フィギュア史上初の金メダル」とのサブ見出しはあたかも自国選手への見出しの感さえします。まさに,異例の取り扱いでした。
[PR]

by gakis-room | 2006-02-28 05:09 | 韓国あれこれ | Comments(0)
2006年 02月 27日
三寒四温
d0006690_12191227.jpg昨日は終日雨でした。とはいえ,桜と違って梅には散る心配がありません。公園の紅梅もいくつか咲き始めました。

これまでは季節の小さな変化を知ることはほとんどありませんでした。これもリタイアの恩恵かも知れません。きょうは好天ですが,風もあって冷たく,自転車では向かい風を重くを感じます。

桜の花の季節までにはまだ1ヶ月近くありますが,それまでにタンポポでも見つけられればいいと思っています。
[PR]

by gakis-room | 2006-02-27 12:24 | つれづれに | Comments(0)
2006年 02月 26日
韓国で波紋を呼んだイチローの談話
今月21日,福岡ヤフードームで訓練を終えた後,「今度のWBCで,戦った相手が“向こう30年は日本に手は出せないな”という感じで勝ちたいと思う」とのイチローの談話が大きな韓国で波紋を呼びました。

私には,3月3日から始まるワールドベースボールクラシック(WBC)にかけるイチローの意気込み,モチベーションの高さを感じて好感を持ちましたが,韓国の反応は全く別でした。

この発言前,2月7日に韓国チーム監督は「あくまで客観的にみた戦力では,日本は韓国より1ランク上であり,台湾には必ず勝たなければならない」としていました。しかし,22日のイチロー発言以降を朝鮮日報でたどると以下のようになります。

【2月22日】WBC日本代表チームの主将であり看板打者のイチロー(シアトル)が韓国を数段下と評価する露骨な発言をした。
直接名指しこそしなかったものの,今度のWBCアジアラウンドの相手国が韓国,台湾,中国であることから,事実上,韓国に向けての発言と受取られる。日本代表チームの戦力がアジアNo.1であるという自信とともに,韓国や台湾などが日本を克服するには力不足だという考えを表明したものだ。

【2月23日】孫敏漢(ソン・ミンハン)(投手)は「試合を有利に進めていくために,イチローだけはしっかり抑えたい」と語り,「30年という言葉が出てきたが,30年間選手生活を続けたいもよう」との談話を,皮肉まじりの言葉も付け加えた。

【2月23日】国際大会の経験の豊富な李炳圭(イ・ビョンギュ)も黙ってはいなかった。李炳圭は「これまで日本の野球が我々より上だと思ったことはない。韓国と日本は同じようなレベルなので,いつでも勝てる」と声を荒げて語った。国際大会で何度かあたったが,大したことはないという説明。

【2月24日】金監督は取材陣に対して「30年と言ったが,イチローは韓-日の実力差がせばまることに危機感を覚えたようだ。我々のペースでベストを尽くせば,日本に勝てる可能性は十分ある」と語った。

【2月25日】日本人の目から見た韓国野球は一体どのような姿なのだろう。日本で言う「最大のライバル韓国」の意味は,…誰かの分析を引用すれば,これはすべてイメージ管理にほかならないという。相手の実際の戦力を大きく見積もらせてこそ,入場券もたくさん売れるというのだ。戦う前から結果が知れているとすれば,一体誰が見に行くというのか。実際に3月5日の韓日戦のチケットはすでに売り切れている。

上記の記事が,日本への当てこすりなのかどうかは不明ですが,このあたりから論調が変わってきます。これまでの韓国の日本に対する敵愾心が薄れてきます。

【2月25日】WBC韓国代表の金寅植(キム・インシク)監督をはじめ,コーチングスタッフ,韓国代表選手らは24日,福岡ヤフードームで行われた日本代表対12球団選抜チームの練習試合を観戦した。 試合後金監督は,「日本代表はやっぱり強い。先発の上原は目立っていたね」とコメントした。

【2月26日】天皇の言葉は日本の全国民を団結させる。「野球天皇」イチローもこのことをよく知っているようだ。「戦った相手(韓国を指すものと思われる)が“向こう30年は日本に手は出せないな”という思いになるほどの勝ち方をしたい」という発言は,韓国代表選手を刺激し,日本代表チームが一致団結する効果を発揮している。天皇の一言はこのような力があるのだ。
メジャーリーグの頂上から滑り落ちた「コリアンエクスプレス」朴賛浩(パク・チャンホ)。日本のプロ野球でこれから正念場を迎える「国民打者」イ・スンヨプ。韓国版「野球天皇」の不在が惜しまれるWBCだ。

WBCのアジアラウンドは,3月3日から東京ドームで,日本,韓国,台湾,中国の4ヵ国で争われ,上位2チームが2次予選に進出します。注目の日本・韓国戦は5日の18時からです。韓国の応援団の応援が楽しみです。
[PR]

by gakis-room | 2006-02-26 17:59 | 韓国あれこれ | Comments(2)
2006年 02月 25日
韓国で「タバコの製造・売買禁止」立法請願
いずこにおいても喫煙者は肩身が狭く,大苦戦しています。韓国の中央日報(24日)に面白い記事がありました。大手製薬会社による「韓日両国の恋人と配偶者の喫煙についての認識調査」で,日韓男女それぞれ400人を対象としたものです。

「今後恋人と交際するならば非喫煙者と付きあいたい」
  韓国人…72.5%
  日本人…51.0%
「結婚相手に非喫煙者を希望している」
  韓国人…77.8%
  日本人…61.0%
「結婚相手として選ぶなら」
  韓国人…「禁煙しなければ付きあわない」(13.8%),「構わない」(12.0%)
  日本人…「禁煙しなければ付きあわない」(11.0%),「構わない」(35.8%)

全般的に恋人・配偶者の喫煙について韓国人のほうが日本人より拒否感が強いようです。折しも,22日,金大中(キム・デジュン)前大統領と朴在甲(パク・ジェガプ)国立がんセンター院長らが「10年後からタバコの製造・売買を禁じる」という内容の立法請願書を国会に提出したそうです。

朴寛用(パク・クァンヨン)元国会議長ら各界の人物158人の他に現職の国会議員195人も署名しているこの立法請願が,製造・販売の禁止を10年後としているのは,即時に製造・販売を禁じる場合の副作用を考慮してのことです。

これ対して,「韓国タバコ消費者保護協会」は,「同法案は現実を無視した無責任な発想。20万人にのぼるタバコ関連従事者やその家族100万人余の生存権を奪うもの」と非難の声明を発表し,「タバコ禁止法の阻止に向けた共同連帯」を設け,立法阻止の闘争を展開すると反発しています。

「韓国タバコ消費者保護協会」ってどのような団体なのでしょうか。また,立法化されるかどうかも不明ですが,韓国の喫煙者は日本以上に苦戦を強いられているようです。
[PR]

by gakis-room | 2006-02-25 23:30 | 韓国あれこれ | Comments(2)
2006年 02月 24日
白梅が色めき立ちました
d0006690_16522244.jpg公園で最初の梅の花を見たのは19日のことでした。白梅です。あれから5日,私が定点としていた梅の木の花を,今では数えることはできません。

白梅のどの枝のつぼみも,花への変移を待ちきれない様子です。しばらくはこの公園に立ち寄ることが楽しみになります。

しかし,紅梅はどの木のつぼみも少しやわらいだところです。同じ梅でも,紅梅は白梅よりも開花が遅いのでしょうか。たまたま近くの公園だけのことかも知れません。

きょう,大阪,京都は3月中旬の気温だったそうです。奈良は肌寒く,私の市の最高気温は8度です。
[PR]

by gakis-room | 2006-02-24 16:53 | 花の手帳 | Comments(0)
2006年 02月 23日
民主党,無惨
自民党の武部幹事長に関わる「疑惑メール」問題については,予算委員会でこれを持ち出した民主党の永田議員がきょう,辞意(辞職?)を党執行部に伝えたことで,ニセメールであったことが確定したようです。

これにより,一転して民主党は窮地に立つことになりました。永田議員の辞職なり,ニセメールをもとに自民党を追求してきた民主党の前原代表の責任が焦点になってきました。しかし,私にはきょうの窮地以前に民主党の痛々しさを感じざるを得ませんでした。

昨日の党首討論で,前原代表は「国政調査権の発動に同意するなら金融機関の特定と口座番号を明らかにする」として小泉首相に迫りましたが,小泉首相は「口座番号が明らかにされれば,それだけで解決する,国政調査権など発動の必要はない」と拒否します。

前原代表は「国政調査権の発動が保障されないまま,口座番号を明らかにすると握りつぶされてしまう,そうすれば(民主党は)カードを失う」と述べました。私が痛々しさ,無惨と感じるのはこの一点です。

前原代表はかつて若手議員によるディベート大会で優勝したこともある議論の名手と聞いていました。「カードを失う」から口座番号を明らかにできない,というのは議論ではありません。私には泣き言に聞こえました。この場合,「握りつぶされる」ことを前提に議論は立論されるべきです。

無惨といえば,「お金で魂を売っている」と武部幹事長を非難した永田議員の2度目の質問時での「どうすればわかってもらえるのですか」との小泉首相への問いは,知性を疑わせるほどの泣き言でした。

泣き言をもって政権党を追求する野党に,私にはメールの真偽問題以前に「無惨」と呟やかずにはいられませんでした。
[PR]

by gakis-room | 2006-02-23 19:01 | つれづれに | Comments(1)
2006年 02月 22日
春の訪れを告知してくれるもの
d0006690_20174496.jpgベランダに出るガラス戸からの部屋に差し込む日差しがめっきり短くなりました。80センチくらいになりました。

私の住んでいる部屋のベランダの奥行きは1.5メートルあります。つまりそれだけ庇が長いということになります。それでも1月の初めには,1メートル以上も陽光が部屋に入り込みます。

きようは,とても暖かで暖かな日でした。奈良の午後3時の気温は17度だつたそうです。明日,明後日は気温は低くなりそうです。

それでも部屋に入り込む陽光の長さは,春の訪れを告知してくれるかのようです。近くの公園の梅の開花も8つになりました。
[PR]

by gakis-room | 2006-02-22 20:22 | つれづれに | Comments(0)
2006年 02月 21日
ぺ・ヨンジュンのサイン入り口紅,114万本
朝鮮日報など,複数の韓国紙によると,日本の「産経スポーツ」の記事を引用して,ぺ・ヨンジュンのサイン入りの口紅が日本で114万本販売されたと伝えています(以下は朝鮮日報)。

日本の化粧品会社エイボン・プロダクツが,昨年10月1日からペ・ヨンジュンのサインを刻んだ口紅を販売し,1個につき70円(韓国ウォン約700ウォン)の寄付金を募金したところ,今月20日現在で8000万円の基金が集まった,とサンケイスポーツが21日報じた。

米国の化粧品会社エイボンの子会社であるエイボン・プロダクツは,乳がん早期発見運動の一環として「乳がんにさよならキャンペーン」を実施。集まった基金は日本対がん協会に寄付する予定だ。

同紙は「女性を乳がんから守るという意味のキャンペーンに参加できてうれしく思います。これからも“家族”の皆様が,美しく健康で暮らせるようにキャンペーンを続けていく予定です」とペ・ヨンジュンのメッセージを紹介した。

8,000万円÷70円≒114万ですから,ペ・ヨンジュンのサイン入りの口紅が114万本売れたことになります。私の知人は「4月の雪」を10回見に行ったといっていました。ペ・ヨンジュンブームが依然として根強いことを知らされます。

100人の駐日韓国大使の外交活動よりも,1人のペ・ヨンジュンの活動がより大きな成果をあげている,といわれる所以です。
[PR]

by gakis-room | 2006-02-21 23:30 | 韓国あれこれ | Comments(0)
2006年 02月 20日
カーリングを追いかける
15日,16日にカーリングを見た後,深夜に放送されたスウェーデン戦を除いて,カナダ戦,イギリス戦,イタリア戦と3試合を見ることになりました。日本代表は,「チーム青森」というそうで,これについては
http://www.jump.co.jp/bs-i/chojin/archive/025.html
で詳しく紹介されています。

きょうのイタリア戦の後,主将の小野寺選手がカメラに向かって「青森のみなさん,勝ちました」と嬉しそうに微笑んでいたのが印象的でした。しかし,チームの全員は北海道出身で,小野寺選手とサブリーダーの林選手は常呂(ところ)町の出身です。

常呂町で結成されたカーリングチーム「シムソンズ」は前回のソルトレイク大会に出場していますが,大会後解散します。「シムソンズ」のメンバーだつた小野寺,林の両選手を中心に青森で結成されたのが,「チーム青森」です。

きょう現在,「チーム青森」は4勝4敗の5位で,決勝トーナメント(上位4チーム)に進出するためには,明日のスイス戦(現在3位)に勝つこと,同時に現在4位のカナダが8位のデンマーク戦に負けるという条件が必要です。この場合でも4敗のチームのプレーオフということになります。

「チーム青森」の決勝トーナメント進出は難しそうですが,明日もまたカーリングを見ることになります。冬季オリンピックには10チームしか出場できませんから,この機会を逃したら,もうテレビでカーリングを見ることはないかもしれません。

なお,先の「シムソンズ」については,映画化され,この18日から全国公開されています。
[PR]

by gakis-room | 2006-02-20 23:30 | カーリング | Comments(0)
2006年 02月 19日
開花した公園の梅
d0006690_13292718.jpgきょうは雨水(うすい)です。この日は,古来,「空から降るものが雪から雨に変わり,雪が溶け始めるころ。昔から農耕の準備を始める目安とされてきた」そうです。

とはいえ,空は一面に雲におおわれて肌寒く,私の市の最高気温は6度の予報です。けれども春です。

近くの公園で,最初の開花を見つけました。本当の開花は明日か明後日でしょうが,雨水の日に見ることができました。

暦と実際が重なるのは,季節の如何を問わず,何となく嬉しくなります。
[PR]

by gakis-room | 2006-02-19 13:34 | 花の手帳 | Comments(3)