<   2005年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

2005年 10月 31日
なぞの地蔵
d0006690_7572964.jpg道路の脇に小さな地蔵が置かれていることがあります。赤いエプロンが付けられていたり,花が供えられていることがあります。これまで私は「ここで交通事故があって残された者が無念の霊を慰めている」と勝手に考えてきました。

しかし,先日,車が通るはずもない奥まった道の横の斜面に地蔵が置かれているのを見ました。一体ここで何があったのだろうかと考えてしまいました。未だに私にとって謎のままです。
[PR]

by gakis-room | 2005-10-31 08:03 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2005年 10月 30日
刈田の風景
d0006690_6381088.jpgこどもの頃は,刈り取られた稲をこんな風に天日で乾燥させる風景が一般的でした。しばらくすると,田のあちこちで足踏み脱穀機を手際よく扱う風景に変わります。学校帰りによく見たものでした。いつの間にか機械化されてこうした風景は消えてしまいました。先日久しぶりに出会ってとても懐かしく思いました。
d0006690_6433786.jpg足踏み脱穀機から今ではコンバインに代わり,脱穀後のわらを田で干すこともまれです。写真のわらはこの後どのように処理されのかを知りません。私のこどもの頃は,上の写真のように架けられて長い間田に置かれていました。

私の通った小学校では,田植え時と収穫時には農家のこどもたちには早退が許されていた記憶がありますが,それも遠い昔のことです。
[PR]

by gakis-room | 2005-10-30 06:39 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2005年 10月 29日
理念なき自民党の新憲法草案を嗤う
自民党の新憲法草案が決定されました。この新憲法草案についての論議は「戦争放棄」から「安全保障」へと章のタイトルが変わった第9条を中心になされることでしょうが,私には,自民党草案には何よりも民主主義の歴史性とその理念が欠落しているように見えます。

自民党草案では,前文の冒頭に「日本国民は,自らの意思と決意に基づき,主権者として,ここに新しい憲法を制定する」としています。この部分に問題はありません。問題は国民を「主権者」としながら,国民主権主義の理念が欠落していることです。

自民党草案だけでなく,現行憲法への私の不満はその構成にあります。なぜ,主権者である国民が第3章で,その「地位は国民の総意に基づく」ものである天皇が第1章なのでしょうか。主客が転倒しています。

憲法の第1章は断じて「日本国民」です。大日本帝国憲法では,天皇が主権者でしたから,第1章は天皇でした。国民主権主義の憲法の第1章は,ことの道理として「日本国民」でなければなりません。象徴天皇制が存続されるのであれば,第1章の中で,主体である主権者としての国民が,その総意の結果として,客体としての象徴に天皇をあてることを明確にすべきなのです。たとえば「日本国民は国民の総意に基づいて象徴としての天皇をおく」というように。

第2章は「国民の権利および義務」です。そして最初の条は現行憲法の第97条,すなわち「この憲法が日本国民に保障する基本的人権は,人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であって,これらの権利は過去幾多の試練に堪え,現在及び将来の国民に対して侵すことのできない権利として永久に信託されたものである」とします。

ついで,その次の条で現行憲法の第12条の前段「この憲法が国民に保障する自由及び権利は国民の不断の努力によって,これを保持しなければならない」とします。

このように国民主権主義,つまりは民主主義の歴史性とその理念を踏まえた上で,現行憲法の「第2章 戦争の放棄」と自民党草案の「第2章 安全保障」は,第98条の第2項の「日本国衙締結した条約及び確立された国際法規は,これを誠実に遵守することを必要とする」とともに「国際関係の基調」として第3章であることが,国民主権主義の憲法として私には自然に思えます。
[PR]

by gakis-room | 2005-10-29 05:43 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2005年 10月 28日
取り残された柿
d0006690_604658.jpg私が育った名古屋の家の庭に柿の木が一本あり,毎年いくつかの実を成らせていました。柿をあまり好まない私はそれを食べた記憶がありませんが,母はご近所に配ったりもしていたようですから,それなりの味だったんだろうと思います。

ところで,あちらこちらの取り残された柿がなぜか気になります。農道の脇などにあるものはやがて熟し切り,落ちて土に還るのでしょうが,庭に植えられた柿の実も同じなのでしょうか。

私の家では,昔々の野菜はもちろんですが,果樹もまた食するために植えていたように思います。ひょっとしたら,果樹をただ鑑賞するためだけに庭に植える,そういうやり方もあるのかもしれないなと思ったりします。あるいは,私が見たものはすべて取り入れ前で,しばらくすれば取り入れられるのかも知れません。
[PR]

by gakis-room | 2005-10-28 06:43 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2005年 10月 27日
ロッテの日本一を祝す
ロッテが31年ぶりに日本シリーズを制しました。しかも4勝0敗という圧倒的な強さでの見事な勝ちっぷりでした。パリーグのフレーオフ以来,「にわか『ロッテファン』のファン」として,また,密かにバレンタイン監督を応援してきましたからうれしい限りです。

ロッテというチームはダメなチームでした。1985年に稲尾監督のもとで2位になってから一昨年までの18年間,1995年の2位を除いてAクラス入りしたことはありませんでした。その1995年,10年ぶりにAクラス入りを果たしたバレンタイン監督をその年に解雇しています。その後,1998年には今年の楽天でも敗れなかった(?)18連敗という不名誉なプロ野球記録を残します。

昨年の9年ぶりのAクラス(3位),そして今年の日本一について三つの感想を持ちました。一つはバレンタイン監督の先発も打順も固定しない日替わりメニューの采配です。これは,打線を固定した安定したチームの強さという考えを覆すものでした。彼の野球への考え方,人柄を知りたいと思いました。

二つ目は西の阪神,東のロッテといわれるロッテファンについてです。太鼓はありますが,あのうるさいトランペットのない見事な応援ぶりです。ホームランが期待される打者の時は,一斉に虫取り網を掲げたりします。「I Believe」,「俺たち千葉ロッテ」というプラカードも見られました。ロッテはファンを26番目の選手としてのベンチに背番号26のユニフォームを掲げています。いつか太鼓のない応援になってほしいと期待しています。

三つ目はチームの若さです。出場した16人の野手の平均年齢は30.4歳,外国人選手を除いた先発出場の12人の平均年齢は27.9歳です。30歳以上は第3試合から出場した堀選手の36歳,福浦,大塚の2選手の30歳の3人です。出場投手の8人についも32歳が最年長者で,平均年齢も30.3歳でした。ロッテは来年も十分に期待できるチームのようです。

しかし,私は「ロッテファン」になることはありません。プロ野球は高校野球よりもはるかに好きですが,毎年,気にする選手は何人かいても,チームを応援しなくなってから久しくなります。
[PR]

by gakis-room | 2005-10-27 06:20 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2005年 10月 26日
韓国で8歳の大学生の誕生
韓国で,7歳8ヶ月で大学に合格した少年が話題になっています。彼の名はソン・ユグン。彼は昨年11月,小学6年生に入学、3か月で卒業した後,今年5月,最年少の高校入試検定試験に合格,8月の大学入試検定試験にも合格して,小・中・高校の12年間の課程を9か月で通過しました。

今月22日には,仁荷大学の「2学期随時募集『21世紀グローバルリーダー選考』の自然科学系列」を受験して,韓国史上最年少で合格しました。大学は「面接試験で量子力学(粒子水準の微視的な現象を説明する物理学の分野)と関連したシュレーディンガー方程式理論など,難しい物理方程式でずば抜けた実力を見せ、その優秀さを認め合格とした」としています。

これを受けて,政府は25日,「ソン・ユグン支援グループ」を結成し、積極的に支援をすることを明らかにしました。それによると物理学,数学,心理学,教育学など,各界の専門家グループ4,5人で構成する「ソン・ユグン担当支援グループ」を組織し,ソン君を積極的に支援するとしています。支援グループは,頻繁にソン君に会って学問的討論はもちろん,人生相談にまで乗ることになるそうです。

また,仁荷大学でもソン君のための「天才科学者育成プロジェクト」を急遽立ち上げ,入学後のソン君は一般の講義ではなく,教授と1対1の討論授業を受ける一方,ネイティブスピーカーから英語の個人レッスンを受けることにするとしています。

さらに大学はソン君の大学生活をサポートする「ヘルパー大学生」を準備し,ソン君と一緒に生活するようにするとともに,体育・音楽・美術科目は付近の小学校で授業を受ける「カスタマイズ学習」をすることになるだろうとしています。

まあ,すごい,の一言に尽きますが,「この少年の人生,大丈夫かな」という不安を感じてしまうのは,凡才のいらぬ繰り言なのだろうと思います。
[PR]

by gakis-room | 2005-10-26 06:39 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(4)
2005年 10月 25日
夕焼けの変化
d0006690_5381486.jpg夕焼けは瞬時に消えてしまいます。それでも雨上がりで雲が多く,少し流れている時は連続した変化を見ることができておもしろいと思いました。



d0006690_5383036.jpg少しずつ変化しながら,周囲から闇がだんだんと押し寄せて,やがて一面がすっかり闇になっていく様は,太陽が沈んでいくと言うよりもむしろ遠ざかっていくようにも見えました。
[PR]

by gakis-room | 2005-10-25 05:51 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2005年 10月 24日
ソウルの漢字表記は「首爾」へ
韓国紙は,韓国の首都ソウルの漢字表記について,23日の中国の国営新華社通信の報道として「中国は近く,ソウルの中国語表記を実際の発音に近い「首爾」に変更する予定」と伝えています。

「ソウル」(「都=みやこ」の意)は韓国の固有語で,韓国では例外的に漢字表記されない地名でした。これまでの中国はソウルを朝鮮王朝時代の呼び名であった「漢城」と表記しており,また,韓国で発行されている中国語版地図でも「漢城」とされてきました。

ソウル市の李明博(イ・ミョンバク)市長は,今年1月,ソウルの漢字表記を従来の「漢城」から「首爾」に変更すると発表し,中国にこの表記の使用を要請してきましたが,これまで中国メディアは「漢城」から「首爾」に変更する場合,15億人にのぼる漢字使用人口に大きな不便を与えるとし,否定的な反応を見せてきました。

中国の政府,メディアがソウルの漢字表記を「首爾」に確定すれば,李明博(イ・ミョンバク)市長は韓国のこれまでの悩ましい「ソウルの漢字表記問題」を解決したこととなり,清渓川の復元など人気上昇中でもあり,次期大統領選への大きな足場を築いたことになります。

なお,「首爾」には,爽やかで花々が生い茂る都市という意味合いがあるそうです。
[PR]

by gakis-room | 2005-10-24 09:03 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(6)
2005年 10月 23日
時代祭
d0006690_7234776.jpg昨日,時代祭の時代風俗行列を見に行きました。この前見たのは学生時代でしたから本当に久しぶりのことです。

学生時代にはどんな感想を持ったかはさっぱり覚えていませんが,全部で18の行列をあらためて見て,先頭の維新勤王隊列の鼓笛隊と徳川城使上洛列の毛槍奴を除けば,ただ歩いているだけで,もう少し見せる工夫があってもいいかなという感想でした。

もっとも,こんな不満も10月下旬としては異常に低すぎる気温と風の中の2時間余のことだったからかも知れません。あるいはそれ以上に,服装を間違えた寒さから,時代祭の後は6時からの鞍馬の火祭を見に行くという「祭りのはしご」を早々と断念してしまった悔しさからかも知れません。
[PR]

by gakis-room | 2005-10-23 05:39 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2005年 10月 22日
天橋立名松リバース実行委員会
d0006690_436448.jpg昨年10月20日,台風23号は北近畿に大きな被害を与えました。特にバスの屋根の上で孤立した人たちの写真はいまでも鮮明に思い出されます。

私は知らなかったのですが,そのおりに天橋立では200本の松が倒壊したそうです。これを地元の人は「松が悲鳴をあげた」と悲しみました。昨日のテレビニュースでは,天橋立の松林復活に取り組む地元の人々の取り組みが紹介されていました。

その中で心をひかれたのが「天橋立名松リバース実行委員会」の人々の取り組みでした。「松の悲鳴を喜びに」と倒れた松の再利用に様々な工夫をしています。室内インテリアとしてのクラフトもたくさんありましたが,私がいいなあ,と思ったものが二つありました。

一つは商店の屋号など記した看板としての再利用でした。いかにも天橋立とともに生きるという感じです。今ひとつは,倒れた松を炭にして松林の肥料にしようというものです。倒れた松を松林に返す,そんな祈りを感じさせます。炭は昨日出来上がり,来年の1月に松林にほどこされるそうです。

先日,天野橋立に行きましたが,景色だけに見とれていた私でした。
[PR]

by gakis-room | 2005-10-22 05:27 | つれづれに | Trackback | Comments(2)