<   2005年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2005年 07月 30日
ロッテ百貨店の試み
7月27日の韓国の通信社,聯合通信によると,ソウルのロッテ百貨店本店は日本人観光客が海外からでも食料品を電話注文し購入することができる「海外注文販売システム」を8月1日から6カ月間試験的に行うことを決めたそうです。

日本人観光客は同店食品売り場の顧客全体の15%を、外国人観光客の80%以上を占める貴重な存在だそうです。今回のシステムは、韓国の観光情報を提供する「ソウルナビ」(googleで簡単に検索できます)のホームページにノリやキムチなど日本人が好む食品類を紹介し、電話で希望する商品の注文を受け,販売するというものです。

どんな感じになるのでしょうか,8月1日のソウルナビを覗いて見るつもりです。また,同通信は,ロッテ百貨店は日本語版ホームページも作成するとしていますが,これのアップの日程は不明です。
[PR]

by gakis-room | 2005-07-30 02:45 | 韓国あれこれ | Comments(0)
2005年 07月 29日
画像アップの練習
d0006690_936826.gif画像アップの練習です。昨日はカメラを持って出かけたものの,暑さに滅入って,いつもの公園でお茶を濁すことになってしまいました。

さて,きょうはどうなりますやら。
[PR]

by gakis-room | 2005-07-29 09:41 | つれづれに | Comments(0)
2005年 07月 28日
ブログへの写真のアップ
d0006690_9412150.gifようやくブログに写真を載せることができるようになりました。これまでもひとつふたつ載せてきましたが,よく分からないままでした。写真が載せられるようになると,私のデジカメも役に立ち始めます。

私のデジカメは211万画素しかありませんが,ズームは「光学10倍」です。3年前,デジカメを購入したときの目的が二つありました。ひとつは関わっていたクラブ(フィールドホッケー)の部報へ試合中写真を載せることでした。そのために,画素数は小さくても「光学10倍」のズームは魅力的でした。

いまひとつは,将来ホームページを持つことがてきたら是非写真を取り入れたいと思っていました。私のパソコンの腕前では,ホームページを持つことは見果てぬ夢のようでしたが,幸いにもブログというものを教えてもらいました。これでいけます。

いよいよ酷暑ですが,嬉しくなってきょうはカメラを持って出かけます。
[PR]

by gakis-room | 2005-07-28 10:02 | つれづれに | Comments(4)
2005年 07月 27日
たばこのデザインの修正
d0006690_2412924.jpgこの7月からたばこのデザインがすべて変わりました。正確には,デザインが大幅に修正されました。これは,たばこ事業法の施行規則が変更され,規則の掲げる警告文を白地もしくは黒枠で前後にそれぞれ30%以上の大きさで示すことが義務づけられたからです。これまでは警告文は側面に刷り込まれていました。

新旧の違いは左の写真のとおりです(上が修正以後)。問題は,箱全体をひとつのデザインとして考えるか,警告文を除いた部分をデザインとして考えるかです。箱全体をひとつのデザインとして考えれば,デザイナーの作品を「日本たばこ産業株式会社」が修正を加えたことになります。

ピースとホープについては有名なデザイナーの作品と聞いています。デザイナーがこのような修正に同意していれば何も問題がないのでしょうが,私がデザイナーであれば,同意しかねる修正です。同意がないのであれば… ヘビースモーカーの繰り言です。
[PR]

by gakis-room | 2005-07-27 03:19 | つれづれに | Comments(0)
2005年 07月 26日
7月25日・中伏
7月25日は,韓国では中伏(ちゅうふく)でした。この日には,いよいよ酷暑到来,スタミナ食をとって夏バテに備えます。日本で言えば「土用の丑の日」にあたります。この日のスタミナ食は日本ではウナギですが,韓国では蔘鶏湯(サムゲタン)です。

蔘鶏湯は若鶏の内臓をとりさって,餅米,朝鮮人参,ナツメなどを詰めて煮込んだものです。蔘鶏湯の専門店では,この日の前から店頭に「中伏」と墨書した張り紙を出したりします。

で,私は昨日,外にでることもなく,素麺,豆腐,炒り卵,オクラ,キムチとビールで一日を過ごしました。これでも中伏の過ごし方です。それは食べ物にあるのではなく,過ごし方にあります。

この日は十干十二支では夏至から4度目の庚(かのえ)の日だそうで,あまり縁起の良い日ではなく,じっと閉じ籠もっていることによって,この日をやり過ごすのがいいそうです。つまり,私は終日,グウタラを決め込んでいました。
[PR]

by gakis-room | 2005-07-26 07:57 | 韓国あれこれ | Comments(0)
2005年 07月 25日
ザリガニと川の流れ
d0006690_8365064.gifザリガニを見ました。2匹のザリガニが岩陰をめぐっていさかっていました。ザリガニを見るのはずいぶんと久しぶりのことです。

考えて見れば,ザリガニどころか川の流れを見いることだって久しぶりでした。生活の余裕をなくしているのかなあ,と思いながらしばらくずっとザリガニと川の流れを見ていました。
[PR]

by gakis-room | 2005-07-25 09:02 | つれづれに | Comments(0)
2005年 07月 21日
蝉時雨
今,6時40分です。もうすさまじい蝉時雨が始まっています。ふと,いったい蝉は何時くらいから鳴くのかなと思いました。

あたりが白みかけた時からでしょうか。今朝の日の出は4時58分だそうですから,そのころなのでしょうか。異常に早寝早起きの私ですから,今度確かめてみようと思っています。
[PR]

by gakis-room | 2005-07-21 06:41 | つれづれに | Comments(0)
2005年 07月 20日
李玖氏の死去と中央新聞の読者
19日付けの中央日報,朝鮮日報(電子版)によると,朝鮮王朝(1897年に国号を朝鮮から大韓帝国に改称)第27代皇帝の皇太子の次男・李玖氏が16日,長崎のホテルで死去したと伝えています。享年74歳でした。

李玖氏の父,李垠氏は,第26代皇帝高宗の4男として生まれ,最後の皇帝である27代純宗に子がなかったため1910年に皇太子となつた英親王です。母は日本の皇族・梨本宮の長女・方子さんでした。

李玖氏は次男でしたが,長男が早世しているため,1910年の日韓併合がなければ,第27代純宗が死去した1926年に父である李垠氏が第28代皇帝となり,その皇太子となるべく人でした。

李玖氏の死去を伝える中央日報の記事には,例によって読者による書き込みが38件あります(20日午前7時現在)。天皇のサイパン訪問については816件の書き込みがありましたから,この書き込み件数は多いとは言えませんが,おもしろいと思ったのはその内容です。

ふだんの書き込みは,韓国あるいは中央日報への根拠のない悪意に満ちたものがあまりに多くてうんざりするのですが,今回は20件が李玖氏への哀悼でした。悪意に満ちたものは8件で,理由はありませんがなんとなくほっとしています。
[PR]

by gakis-room | 2005-07-20 07:06 | 韓国あれこれ | Comments(0)
2005年 07月 19日
ブログをはじめて4ヶ月が過ぎました
勧められて3月19日にブログを立ち上げてから4ヶ月が過ぎました。この122日間の記事総数は52件でした。2.3日に1回の更新ですからこんなものかなと思っています。内訳は,「つれづれに」が27件,「韓国あれこれ」が12件,「簡単料理」が13件でした。

三つのカテゴリのバランスについては,「韓国あれこれ」と「簡単料理」が少し少ないようにも思います。

「韓国あれこれ」はうまくまとめられなくて記事にできなかったものがいくつかあります。「タクシー料金の値上げ」,「ソウルの試み その2」,「ソウルの試み その3」,「カラオケとノレバン」,「ソウル大学の反乱」,「制憲節」,「結婚許可証」,などなどです。いつか機会をみて記事にできたらと思っています。

「簡単料理」は少し行き詰まっています。いまでも外食はほとんどしませんが,食事への意欲が足りないみたいです。暑さのせいかもしれません。ちなみに昨夜のメニューは,もやし炒め,アサリの酒蒸し,冷や奴,素麺でした。

たくさんの方が私のブログを覗いてくださっています。当初は考えてもみなかったことです。ありがたいことです。コメントをいただくことはもちろんですが,覗いてくださることは,私にとってとても大きな励ましです。心からお礼申し上げます。
[PR]

by gakis-room | 2005-07-19 06:15 | つれづれに | Comments(0)
2005年 07月 18日
のど自慢 in ソウル
NHKの「素人のど自慢」を久しぶりに見ました。今年が「日韓友情年2005」ということでソウルで公開録画されたものでした。

放送は通常の45分より30分長い75分でした。構成にあまり工夫がなく番組としては平凡なものでした。歌われた歌がほとんど日本の歌謡曲であったことはともかくも,出場者の半分くらいが韓国在住の日本人であり,ソウルで行ったことの意図がよく分かりませんでした。

そのなかで二つほど印象に残りました。ひとつはある高齢の韓国人女性の出場者が近所の人たちに日本の歌謡曲を教えているということ,今ひとつは日本語学校に通っているという3人の若者の衣装でした。

竹島(韓国では独島),靖国参拝,歴史教科書問題などキスギスした日韓関係ですが,日本の歌謡曲を練習する老人たちと,下のような韓国と日本の国旗を衣装として舞台に立った若者たちを通してうかがえる日本観は何だろうかと考えました。

それにしてもこの国の政治家たちの知性を欠いた安直な発言にはいつもうんざりさせられます。
d0006690_5133256.gif

[PR]

by gakis-room | 2005-07-18 05:50 | 韓国あれこれ | Comments(0)