<   2005年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2005年 05月 31日
風邪と世間
先週,風邪をひきました。37.4度の熱が二日続きました。これまで私は年に一度くらいは風邪をひいてきましたが,薬を飲むこともなく自然に治してきました。さすがに今度は二日目の夕刻から薬を飲むことにしました。3日目には熱は36.8度まで下がり,その後は36.6度のままです。これが私の平熱かもしれません。うかつにも自分の平熱を知りませんでした。

きょうで,リタイアしてから2ヵ月が終わります。一昨日,ある私学の教員にあう機会があり,風邪のことを話したら,その学校でも何人か風邪気味だと言うことでした。それで風邪が流行っているのかなと一人で納得しました。リタイアして曜日の感覚が希薄になりましたが,人に会うことも少なくなって世間のことにも疎くなったような気もします。新聞は毎日これまでになく丁寧に読み,テレビはワイドショウのはしごを欠かしていないのに。
[PR]

by gakis-room | 2005-05-31 03:15 | つれづれに | Comments(5)
2005年 05月 25日
日の入り
きょうの奈良県(奈良市)の日の入りは,19時00分だそうです。日の出は4時48分だそうですから,もうすぐです。先ほど朝刊を取りに入ったついでに外にてで見たら,東の山際はもうすっかり明るくなっていました。

夕方が長くなって困ったことがひとつあります。私は酒に強くはないのですが,好きですから時々お気に入りの居酒屋へ飲みに行きます。たいていは開店の5時過ぎに行きます。ビールをちょっと飲むだけで長居はしませんから,Ⅰ時間ほどで帰ります。6時。まだ十分に明るい中を赤ら顔で帰宅のはとても気恥ずかしいものです。

ところで,盆地である奈良県の場合,日の出,日の入りはどうやって決めるのでしょうか。やっぱり,東の山の峰から太陽が顔を出す時刻と太陽が西の山に隠れた瞬間のことを言うのでしょうか。日の出,日の入りには海が似合うような気がします。
[PR]

by gakis-room | 2005-05-25 04:42 | つれづれに | Comments(0)
2005年 05月 21日
ゆでイカの生姜醤油
【用意するもの】
イカ 生姜
【作り方】
1 イカの足を抜いてワタを切り取る
2 沸騰した湯でイカをゆでる
3 ゆであがったイカを薄く輪切りにする 足は2も切り離す
4 3を生姜醤油で食べる

なぜかこれは昼食にしか食べたことはありません。しかも,いつもそうめんの時のおかずです。
[PR]

by gakis-room | 2005-05-21 05:26 | 簡単料理 | Comments(4)
2005年 05月 20日
イカのピリ辛いため
【用意するもの】
イカ ニンニクスライス コチュジャン(韓国の唐辛子みそ)
【作り方】
1 わたを取り除いたイカを縦に半分にして,適当な短冊にする。足も2本くらいに切り分ける
2 フライパンか中華鍋にサラダオイルをとり,ニンニクをさっと炒めて取り出す 
3 イカを炒める
4 最後にコチュジャンでからめて出来上がり(2のニンニクも一緒に食べる)

私はイカを炒めるとき,塩少々を振っているが,これは以前のバージョンからの癖かもしれない。以前は(と言っても今でも時々やっているが),バターと塩・コショウでイカを炒めてウスターソースでからめていた。醤油でからめることはまだしていない。
[PR]

by gakis-room | 2005-05-20 04:37 | 簡単料理 | Comments(0)
2005年 05月 19日
ひよこ色?
5月17日の韓国紙,中央日報(電子版)によれば,韓国の「産業資源部(部は日本の省にあたる)・技術標準院は国家規格(KS)として標準化した133の慣用色名を発表し、今後、産業・文化・教育など色関連分野に活用する」そうです。記事によると,新しく,ひな色(黄色)、すいか色(緑)、キウイ色(濃い緑)などが標準色名に追加されました。この他にもルビー色、リンゴ色,メロン色もあります。

ところで,ひな色の「ひな」って何なのでしょうか。黄色だそうですから,ひな鳥,つまりひよこの淡い黄色のことなのでしょうか。だったら「ひよこ色」のほうがわかりやすいなあ。そう思ってある韓国人の留学生に聞いたら,「レモン・イエロー」のことでした。「ひな色」よりも「ひよこ色」がわかりやすい。

「すいか色」が赤のことではなく,緑色ということは緑に黒の縞模様のスイカはスイカの中ではもはや少数派なんですかね。

また,人権委員会が「特定の色を『肌色』と命名するのは、平等権侵害の素地がある」と指摘したのを受け、これまで「軟朱黄」や薄い黄色などに表記してきた肌色は「あんず色」になるそうです。これも私にはわかりにくい色です。
[PR]

by gakis-room | 2005-05-19 05:43 | 韓国あれこれ | Comments(3)
2005年 05月 16日
スナズリのごま油炒め
【用意するもの】
スナズリ ニンニクのスライス ごま油
【作り方】
1 フライパンにごま油を多めにをとる
2 弱火でニンニクのスライスをさっと炒めて,取り出す
3 縦に半分に切ったスナズリを炒める
4 スナズリに火が通ったら,塩をふって味をつけ,2のニンニクとともに器にもる

スナズリは火が通りにくいから,いつも焼き肉を焼くようにして炒めています。もしフライパンにごま油が残っていたら,白ネギを縦に刻んだものをさっと炒めて添えます。
私はニンニクが好きですから食べますが,香り付けだけでもいいかと思います。これからビールの季節です。ビールのあてにもってこいです。
[PR]

by gakis-room | 2005-05-16 04:53 | 簡単料理 | Comments(0)
2005年 05月 14日
失敗料理
ジャガイモを食べてみようと思いました。それで,短冊に切ったジャガイモと豚肉とタマネギを炒めて,塩・コショウで味付けです。ジャガイモとタマネギがシャキシャキしておいしいぞ,と記憶を頼りにつくってみました。記憶を頼りにとはいえ,いつ,どこで食べたのか,果たして本当に食べたことがあるのか怪しいものです。私にとっては最初の調理です。
 結論は,失敗でした。思ったよりジャガイモの火の通りが悪く,時間がかかりすぎてタマネギもぐったりしてしまいました。味は? まずくはなかったのですが,お勧めできるものではありませんでした。次回は炒める順序を変えること,豚肉ではなく,コンビーフでやってみようと悔しがっています。
[PR]

by gakis-room | 2005-05-14 08:10 | 簡単料理 | Comments(2)
2005年 05月 08日
最高のプレゼント
きょう8日は母の日です。この日は韓国では「父母の日」です。韓国の「父母の日」は第2日曜日ではなく,5月8日です。5月6日の韓国の日刊紙「中央日報」(電子版)よれば,韓国の大学生への調査では「『父母の日』最高のプレゼント」は「勉強に励んで奨学金を受給すること」だそうです。これが34%で第1位。第2位は「カーネーションを贈る」で19.5%,以下「健康食品を贈る」(15.7%),「現金あるいは商品券を贈る」(15.5%)。「赤い肌着を贈る」(14.9%)となっていました。

奨学金の受給が「父母の日」最高のプレゼントというのは,日本ではちょっと考えにくく,おもしろいと思いました。

ところで,韓国では5月は「家族の月」だそうです。5日が日本と同じ「子供の日」,8日が「父母の日」,そして第3月曜日(今年は16日)が「成人の日」だそうです。おもしろいのは,5月15日は「先生の日」で,この日,学校では教員は生徒・学生から胸に花を飾られたり,花束をプレゼントされるんだそうです。なぜ「家族の月」に「先生の日」があるのか,私には不明です。
[PR]

by gakis-room | 2005-05-08 01:51 | 韓国あれこれ | Comments(2)
2005年 05月 07日
もやしのソース炒め
【用意するもの】
もやし 豚肉
【作り方】
1 豚肉を適当な大きさに切って,炒める
2 豚肉に火が通ったら,もやし加えてさっと炒める
3 これにウスターソースをからませて出来上がり

もやしはふつうのもやしにするか,緑豆もやしにするかは,私はその日の気分で決めている。どちらにしても炒めすぎるとシャキシャキ感がなくなる。

あっさり味がいいときは,塩・コショウだけの味付けでもいい。また,濃い味付けの場合はオイスターソースでもいい。どの味付けにするかは他のおかずとのバランスかなとも思うが,私はほとんどソース味。彩りに,にんじんの短冊とかピーマンの千切りを加えてもいいと思うが,私はほとんどしない。

私はウスターソースが好きなんだとおもう。昔,むかし,鯨肉が安かった時,炒めた鯨肉のウスターソース漬けが好物のひとつであった。牛レバーで同じこともよくやった。ちなみに,イカリソースばかりを二十年来使っている。
[PR]

by gakis-room | 2005-05-07 03:29 | 簡単料理 | Comments(2)
2005年 05月 04日
ハナミズキとアメリカ大統領 その2
日本にハナミズキを送ったタフト大統領はアメリカの第27代大統領(1909−1913)です。私は彼については前大統領セオドール・ルーズベルトのもとで陸軍長官として,「桂・タフト協定」(日本の朝鮮支配とアメリカのフィリピン支配を相互に認めた)を結んだこと以外には何も知りませんでしたから,彼についても少し調べてみました。

以下,彼のエピソードです。
1.公式の大統領専用車を持った初の大統領。
2.プロ野球の始球式を行った初の大統領。
3.ゴルフを趣味とした初の大統領。
4.もっとも巨体の大統領,身長183cm,体重136〜150Kg
5.巨漢のタフトは入浴中,バスタブに体がはまりこんで抜け出せなくなり助けを呼ん  だ。この事がきっかけでホワイトハウスのバスタブは通常の物より大きいサイズに替え られた。
6.タフト大統領夫人はホワイトハウスの庭で牛を飼い,牛乳代を節約して新鮮な牛乳を飲んでいた。
7.夫人はファーストレディとして回顧録を出版した初の大統領夫人。
8.引退後タフトは最高裁判所長になった(彼は弁護士出身)。

彼の大統領就任と退任のいきさつは,以下の通りです。彼は日露戦争の停戦の仲介者となったセオドール・ルーズベルト大統領に指名されて共和党の大統領候補となり,27代大統領に当選しました。しかし,共和党は内部対立が次第に激しくなり,反タフト派は次期大統領選に進歩党を結成しなんと前大統領のルーズベルトを擁立しました。ルーズベルトが当選すれば,アメリカ史上初めて3期目を勤める大統領になったのですが,共和党は事実上分裂です。

漁夫の利を得たのが後に「ウィルソンの14カ条」で国際連盟を提唱した民主党のウィルソンでした。哀れ,現職大統領のタフトはルーズベルトにも敗れ,得票率24%の3位という惨敗でした。
[PR]

by gakis-room | 2005-05-04 22:18 | つれづれに | Comments(0)