<   2005年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2005年 04月 28日
春の終わりに
きょうは旧暦3月20日。5月8日が旧暦の4月1日ですから,春はきょうを含めて残り10日になりました。例年になくゆったりとした気分でいます。それは春の終わりに「ゆく春を惜しむ」と言うよりも「春を越えられた」という感じです。

バイオリズムというものをあまり気にはしていませんが,いつの頃からか,秋の終わりから冬の間はなんだか気が張りつめていて,時間がとても充実していたように思われました。この冬もそうでした。そして,その反動のせいでしょうか,3月になると何となく気がゆるんで,だんだんと「何もしたくない」感じが強くなってきます。

ですから,4月の年度初めには自らを本当に叱咤激励してきました。でも,今年は何もしませんでしたが,ふつうに春を越えらるみたいです。なぜだかよく分かりません。3月末にリタイアして,生活の環境が変わったからでしょうか。

とまれ,きょうも元気に外に出るつもりでいます。きょうはカメラをもっていきます。どこへ行くかはこれから決めます。
[PR]

by gakis-room | 2005-04-28 07:36 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2005年 04月 24日
紅玉
昨日,スーパーに行ったら紅玉が売られていました。紅玉は秋の終わりのものだとばかり思っていましたから,とてもうれしくなって2コ買いました。スーパーでは「調理用に」なんて書いてありました。アップルパイとか焼きリンゴに使うのでしょうか。

私の子供の頃は,リンゴと言えば紅玉と国光がほとんどでした。国光がどんな味であったかは覚えていませんが,サクサク感があったような気がします。紅玉の甘酸っぱさはよく覚えています。現在,いろんな種類のリンゴが店頭に並んでいますが,紅玉を見ることはほとんどありません。その分だけ私はリンゴを食べなくなりました。

昨日買い求めた紅玉は,とても懐かしい味でした。しかし,きゅっと引き締まった噛みごたえはありませんでした。きつと冷凍保存されていたものなのでしょう。季節はずれ,と言うよりも今では季節をなくした胡瓜,トマトですが,昔々畑でかじったあの味を今でも覚えています。
[PR]

by gakis-room | 2005-04-24 04:30 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2005年 04月 21日
韓国風冷や奴・2種
①キムチ豆腐
【用意するもの】
キムチ 味ぽん
【作り方】
作るというほどでもない。豆腐を小鉢に盛って,味ぽんをかけ,その上にキムチをのせて,豆腐とキムチを一緒に食べるというだけのこと。
豆腐は食べやすい大きさに切っておいてもよい。私は横半分に切ったものを小鉢の中で,箸で切ってたべている。

昔,東京の韓国料理屋で初めてキムチ豆腐を食べたとき,木綿豆腐を湯豆腐のように湯がいたものがでてきた。私は絹こしを冷や奴として食べている。キムチは浅漬けよりも酸っぱいめものが私の好み。


②チョ・コチュジャン冷や奴
【用意するもの】
コチュジャン(酢唐辛子みそ) 酢 砂糖 すりごま 豆腐
【作り方】
1.チョ・コチュジャンの作り方
  ⑴チョ・コチュジャンとは韓国のコチュジャン(唐辛子みそ)と酢をまぜたもの。    
  ⑵コチュジャン,酢,砂糖少々,すりごまをよく混ぜて,できあがり。
     コチュジャンと酢の割合は1対1.5くらい。
     コチュジャンが多すぎると柔らなくなりすぎるが,これは好み。
2.チョ・コチュジャンを豆腐にかけてたべる。
3.貝割れ大根を彩りに上にのせてもいい。
  
チョ・コチュジャンは作り置きができるので,私はいつも4〜5回分を作っている。

コチュジャンはユウキ(YOUKI)食品のものより,韓国産の「清浄園」の方がずっとおいしいと思う。「清浄園」のものは淳昌(スンチャン)コチュジャンといって,韓国では最もポピュラーだそうだ。これを昔は大阪の鶴橋で買っていたが,今は近所のジャスコで瓶入りのもの(500㌘,100㌘?の2種)が売られているのでうれしい。
クックドゥのコチュジャンもあるが,これは使ったことがないので味は知らない。
[PR]

by gakis-room | 2005-04-21 19:03 | 簡単料理 | Trackback | Comments(4)
2005年 04月 17日
緑牛,緑豚なんて知らなかった
4月15日の朝鮮日報(電子版)に韓国の茶畑のについてのおもしろい記事がありました。茶畑なら全国の生産量の半分近くを占める静岡ではめずらしくなく,茶畑は新幹線からもよく見られます。

韓国の全羅(チョンラ)南道・宝城(ポソン)郡・宝城邑ポッチェ付近には茶園が集中していて,ここを訪れる観光客は最近1日に1万〜2万人におよぶといいますから驚きです。宝城茶畑を訪れた観光客は昨年578万人,一昨年の2003年は559万人だったそうです。韓国の全人口が4,600万人ですから,8人に一人が訪れていることになります。

宝城郡は「地球の歩き方」にも載っていないところですが,観光収入だけで1,140億ウォン(約120億円)におよぶと集計しているそうです。 宝城緑茶産業が地域経済で占める比重は30%(2002年基準1,184億ウォン)を超えて,コメ生産額(1,104億ウォン)はもちろん,鉱業および製造業(928億ウォン)よりも大きく,第1位だそうです。

緑茶の「経済的効果」は2003年基準で2,246億ウォン(約240億円)に登ります。緑茶を原材料とした製品は缶,濃縮液カプセル,緑茶タブレットだけでなくパック,石鹸,洗顔フォームとどまらず,緑茶成分を加えた2次食品が次々と登場しています。麺,アイスクリーム,飴,冷麺,キムチ,トゥェンジャン(韓国味噌の一種),醤油など,品目も様々。さらには緑茶の葉を食べさせて育てた“緑豚”と“緑牛”という商品もあるそうです。宝城(ポソン)郡の栗浦(ユルポ)と言うところでは緑茶と海水を混ぜた“海水緑茶温泉”もあり連日の大賑わいだということです。

ビールを飲ませる牛についてはよく知られていますが,緑茶を食べさせる緑豚,緑牛は知りませんでした。どんな味なんでしょうか。

日本でも三重県亀山市一本松畜産組合の牧場では牛にお茶,オリゴ糖,ビタミンEを食べてさせているそうです。そんな「お茶を食べて育った牛」は通常に比べてビタミンEを多く含んでいると組合は言っています。ちなみに三重県の茶の生産量は2001年度,静岡県,鹿児島県についで第3位で,以下宮崎県,京都府と続きます。
[PR]

by gakis-room | 2005-04-17 18:36 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(0)
2005年 04月 16日
誕生日
きょうは,私の61回目の誕生日。これまで誕生日の日には,「ああ,きょうは私の誕生日だ」とはそのつど思ってきましたが,何か特別のことを考えたり,感じたりしたことはあまりありませんでした。強いて言えば,娘から届けられたカードを見やって,娘のことに思いをはせるだけでした。それなのに,きょうはしみじみと感じています,「上手に歳をとれたらいいな」と。なぜ,突然こんなことを感じているのか,自分でもよく分かりません。永年なじんだ教員生活をこの3月末に終わることになつたからなのでしょうか。

誕生日にしみじみと感じたことを1回だけ思い出します。20歳になったときでした。そのときは,「自分で責任をとることができる年齢になつた,これでようやく一人前扱いされる」と生意気に思ったものでした。ひょっとしたら,20歳の時と同じように,今年は私にとってひとつの大きな転機の年になるのでしょうか。
[PR]

by gakis-room | 2005-04-16 05:30 | つれづれに | Trackback | Comments(6)
2005年 04月 15日
コメントをしたいと,思われたみなさんへ
何人かから,コメントを書きたいのだけれど,会員とかなんとかよく分からない,との連絡を受けました。このブログに限りませんが,どのブログでも誰もが,自由にコメントを書くことがてできます。

ただし,個人的な中傷,誹謗あるいは公開ホームページにふさわしくないと「私が考えた時」は私が一方的に削除します。

コメントを書き込むときは以下のようにします。
1.「Coments」をクリックします。
2.名前はニックネームでも匿名でもかまいません。
3.バスワードは,自分で勝手に考えてください。英数半角です。
4.URLは無視します。
5.私にだけにコメントを伝えたいときは,
  「非公開コメント」の□にチェックをいれればそれでOKです。
[PR]

by gakis-room | 2005-04-15 17:52 | つれづれに | Trackback | Comments(5)
2005年 04月 15日
人気第1位は現職大統領
4月12日の朝鮮日報(電子版)によると,韓国の韓国教育開発院(KEDI)が最近行ったソウル・京畿(キョンギ)地域の中・高校生994人を対象にした「講演者として一番会ってみたい人は?」というアンケート調査の結果,「最も講演を聞きたい人」の第1位に盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が選ばれたという。2位はコメディアンのユ・ジェソクが選ばれ,また,上位10位以内にはタレントら7人の芸能・マスコミ関係者が含まれたそうです。

コメディアンのユ・ジェソクなる人がどんな人か私は知りませんが,中・高校生にとって「最も講演を聞きたい人」が現職の大統領であるとは,ちょっと驚きです。たまたま,竹島(韓国名は独島-トクド)問題で韓国が沸き立ち,盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の対日強硬発言が注目を集めている時であるとしても,日本の中・高校生が講演者として現職首相を第1位にあげることはちょっと考えにくいように思われます。支持率が最高の時の小泉首相でも無理のように思われます。韓国の中・高校生の政治への関心の高さ故なのでしょうか,それとも,竹島への関心の高さ故なのでしょうか。
[PR]

by gakis-room | 2005-04-15 08:35 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(0)
2005年 04月 14日
(残った白い部分の)白菜を食べる
3月25日の「白菜を食べる」の続き
【用意するもの】
白菜の白い部分 手羽中 刻みネギ

【作り方】
1.だし汁(鶏ガラスープの素で十分)に手羽中を入れてしばらく煮る
2.白菜の白い部分を適当な大きさに斜め切りして1に入れる
3.白菜が煮えたら,塩・コショウでで好みの味付けをする
4.器にとって刻みネギをかけてできあがり

以前は,鶏ガラから時間をかけてスープをとっていたが,最近はもっぱら「鶏ガラスープの素」に頼っている。味付けも,最近は,塩・コショウではなく,塩と粗挽き唐辛子を使い,おろしニンニクを加えている。手羽中の代わりにベーコンを使うこともある。
[PR]

by gakis-room | 2005-04-14 17:02 | 簡単料理 | Trackback | Comments(1)
2005年 04月 04日
韓国鎮海市の桜,30万本とか
家の近所でも桜が咲き始めました。あちこちに桜の名所はたくさんありますが,行ってみたいのが,韓国の南部の都市,鎮海(韓国語ではチネ)市です。ここの桜の数,およそ30万本とか言いますから,半端な数ではありません。

鎮海市は韓国海軍の軍港ですが,かつて日本の植民地支配時には日本海軍の軍港でもありました。このときに大量の桜が持ち込まれたようです。しかし,戦後は植民地支配の象徴として鎮海の桜はすべて切り倒されたといいます。

1960年代になって,桜(ソメイヨシノ)は韓国の自生種説があり,鎮海市では桜の植樹を始めました。さらに1976年に「鎮海を世界第1の桜花都市として育てよう」という大統領命令もあって,現在は町中が桜で埋め尽くされるようになりました。30万本の桜ってどんなものなのか,満開の時にいつか行ってみたい思っています。

なお,ソメイヨシノはオオシマザクラとエドヒガシとの雑種で,伊豆半島南部で自然交配されたものが日本のソメイヨシノのオリジナルのようです。このことを含めて,私は竹国友康の「ある日韓歴史の旅−鎮海の桜」(朝日選書622)で知りました。
[PR]

by gakis-room | 2005-04-04 07:48 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(0)
2005年 04月 01日
4月1日と本末転倒
太宰治の小説に「単衣」(袷だったかな)をもらったので,それを着る季節になるまで生き延びようと思った,という男の話がありました。本末転倒なのだが,昔,これを読んだ時,妙に納得しました。これを思い出したのは他でもない,私は昨日をもって定年退職し,きょう,4月1日から基本的にフリーになりました。それで,この一月間,いくつかの送別会があって,花束やらをたくさんいただきました。だから,狭い私の部屋は花でいっぱい。きょうも一鉢届けられました。そこで,太宰の小説のくだんの男のように考えた,花がきれいに見えるように,部屋をきれいに片づけようと。
折しも,きょうはエイプリル・フール。部屋はきれいになるのでしょうか。きれいになった部屋にふさわしい,あたらしい気持ちが湧いてくるのでしょうか。
[PR]

by gakis-room | 2005-04-01 10:34 | つれづれに | Trackback | Comments(0)