カテゴリ:カーリング( 142 )

2017年 02月 06日
カーリング解説者の敦賀信人さんと長野オリンピック
d0006690_18294836.jpg昨日の決勝戦の解説は男女とも敦賀信人(つるがまこと)さんでした。放送では敦賀さんの紹介はいつも「長野オリンピック代表選手」ですが,少し補足します。

カーリングは1998年の長野オリンピックから正式競技となりました。開催国枠で出場した日本は予選リーグ(8カ国)を3勝4敗でアメリカ,スウェーデンとともに4位となりました。準決勝進出をかけたタイブレークは,予選でアメリカとスウェーデンに勝っている日本がシードされ,まずアメリカとスウェーデンが対戦しました。この結果,5ー2でアメリカが勝ちました。このアメリカに日本が勝てば準決勝進出です。

この時,日本チームを率いたのが20歳のスキップ,敦賀さんです。4ー4で迎えた第10エンド,先攻の日本のスキップの敦賀さんは自らのラストストーンを「人生最高のショット」といいます。

ハウス内にはストーンが3つ,ナンバー1とナンバー2が日本です。アメリカの最終ストーンは3センチの差で日本の準決勝進出を打ち砕きました。氷上で敦賀さんは思わず顔面を手で覆います。

こちらが敦賀信人さんのラストショットとアメリカのラストショットです。

以来,日本男子のオリンピック出場はなりませんでした。カーリングと言えば,きまって女子の活躍ばかりがニュースとなりました。しかし,昨年SC軽井沢が世界選手権4位となり,来年の平昌オリンピックへ5大会振りの出場の可能性が大きくなりました。

敦賀信人さんはその後,チーム北見のスキップとして日本選手権3連覇を含む9回の日本選手権1位を経験しますが,仕事の繁忙から2013年に引退します。常呂町出身の敦賀さんの肩書きは「漁師」ですが,サロマ湖でのホタテ,カキ,ウニの養殖です。常呂町はカーリングの町であるとともに,ホタテ養殖の盛んな町です。西部に隣接するするサロマ湖は北海道ホタテの養殖発祥の地です。
[PR]

by gakis-room | 2017-02-06 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2017年 02月 05日
男子・SC軽井沢が5連覇,女子は中部電力が3年ぶり5回目の優勝,カーリング日本選手権
※18時45分からの女子決勝の結果を追加してアップしました。

d0006690_17452161.jpg第34回カーリング日本選手権の最終日です。男子決勝はSC軽井沢が10−5と札幌を突き放して,優勝,史上初の5連覇を達成するとともに,来年の平昌オリンピック代表の座も得ました。

平昌オリンピックの出場枠は10チームですが,このうち7チーム枠は昨年と今年の世界選手権での合計ポイント数の上位7チームです。

SC軽井沢は昨年の世界選手権で4位でしたから,すでに8ポイントを獲得しています。そして,昨年11月のパシフィック・アジア選手権で1位でしたから,今年の世界選手権へも出場します。世界選手権へ出場すれば最低でも1ポイント得られますから,SC軽井沢の現在のポイント数は9です。

日本のオリンピック出場が決まれば1998年の長野五輪以来5大会振りの出場となります。また,長野五輪では開催国枠でしたから,平昌五輪は実力での初出場となります。SC軽井沢は自らこじ開けたオリンピックへの道を確実に歩いています。

なお,午前に行われた3位決定戦はチーム北見が10−5でチーム荻原を破っています。

【男子決勝】   チーム名の後の★印は第1エンドの後攻
       1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
SC軽井沢★ 2 0 0 2 1 0 3 0 2 ×  10
札幌     0 1 2 0 0 1 0 1 0 ×  5

第3エンドに2点スチールした札幌が試合を優位に進めるかに見えましたが,SC軽井沢はすぐ逆点しました。第7エンドには相手のちょっとしたミスもあって3得点し,そのまま札幌を突き放しました。

【男子3位決定戦】
       1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
チーム荻原★ 0 0 2 0 1 1 0 0 1 ×  5
チーム北見  0 2 0 3 0 0 4 1 0 ×  10

【女子決勝】
行き詰まる熱戦でしたが,第6エンドで2点をスチールした中部電力が,3年ぶり5回目の優勝を果たしました。平昌オリンピックへの出場権は3月の世界選手権の結果次第ですが,日本が出場権を獲得できた場合は,9月にLS北見と中部電力との代表決定戦が行われます。なお,3位決定戦は富士急が7ー5で制しました。女子はLS北見,中部電力,富士急,北海道銀行の4強時代になったようです。

      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
LS北見★ 0 2 0 1 0 0 1 0 1 0  5
中部電力  0 0 2 0 1 2 0 1 0 1  7

【女子3位決定戦】
       1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
北海道銀行★ 1 0 1 0 1 0 0 0 2 0  5
富士急    0 2 0 1 0 1 0 2 0 1  7
[PR]

by gakis-room | 2017-02-05 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2017年 02月 04日
決勝は 女子・LS北見 vs 中部電力,男子・SC軽井沢 vs 札幌,カーリング日本選手権
第34回カーリング日本選手権は,プーレ−オフ男女各2試合と準決勝各1試合行われました。この結果,明日の決勝は,女子はLS北見と,プレーオフでLS北見に敗れた中部電力が準決勝で北海道銀行を破って勝ち上がりました。ここまで負けなしのLS北見に予選とプレーオフとでLS北見に2敗している中部電力の戦いぶりが注目されます。 これで,北海道銀行のオリンピック2大会連続出場はなりませんでした。

男子はフレーオフの1位・2位戦を制したSC軽井沢と,これに敗れた札幌が準決勝を制してSC軽井沢との決勝に臨みます。予選とプレーオフを通じて1勝1敗同士の決着はどうなるのでしょうか。

【準決勝】  チーム名の後の★印は第1エンドの後攻
【女子】
      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
北海道銀行 0 2 0 1 0 0 0 1 0 ×  4
中部電力★ 2 0 1 0 1 2 0 0 2 ×  8

【男子】
      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
札幌 ★  0 1 0 1 0 2 0 4 0 ×  8
チーム荻原 0 0 1 0 1 0 1 0 1 ×  4 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【プレーオフ】    
【女子,1位vs2位】
       1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 E 計
中部電力   0 0 2 0 3 0 0 1 0 2 0 8
LS北見★  0 2 0 4 0 0 1 0 1 0 1 9
    ➡LS北見は決勝へ,中部電力は準決勝へ

【女子,3位vs4位】
       1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
北海道銀行★ 1 1 2 0 0 1 0 3 0 ×  8  
富士急    0 0 0 1 1 0 1 0 2 ×  5
    ➡北海道銀行は準決勝へ,富士急は3位決定戦へ

【男子,1位vs2位】
       1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
札幌     1 0 2 0 1 0 1 0 0 ×  5
SC 軽井沢★  0 1 0 2 0 1 0 0 3 ×  7
    ➡SC軽井沢は決勝へ,札幌は準決勝へ

【男子,3位vs4位】
       1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
チーム荻原★ 1 0 2 0 0 1 1 1 0 1  7
チーム北見  0 2 0 1 1 0 0 0 1 0  5
    ➡チーム荻原は準決勝へ,チーム北見は3位決定戦へ
[PR]

by gakis-room | 2017-02-04 18:10 | カーリング | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 03日
カーリング日本選手権の予選ラウンドの結果
男子は札幌が2年ぶりに予選1位通過です。札幌は2年前は予選ではSC軽井沢を破りながら,プレーオフではSC軽井沢に2連敗して2位,昨年は3位(予選4位)でした。札幌の初優勝か,SC軽井沢の史上初の5連覇なるかなどが見所のようです。

女子はLS北見が8戦全勝で1位通過です。LS北見の2連覇,中部電力の3年ぶり5度目の優勝,北海道銀行の2年ぶり2度目の優勝あるいは一昨年3位,昨年2位と力を付けてきた富士急の初優勝なるかなど,見所は豊富です。

なお,プレーオフは以下のように行われます。
  ① 1位と2位  男子=札幌 vs SC軽井沢       女子=LS北見 vs 中部電力
  ② 3位と4位  男子=チーム荻原 vs (4位チーム)  女子=北海道銀行 vs 富士急
  ③ ①の敗者と②の勝者・・・準決勝
  ④ ①の勝者と③の勝者・・・決勝
  ⑤ ③の敗者と②の敗者・・・3位決定戦

※予選ラウンドの順位の決め方とDSC
・予選ラウンドの順位はの決め方の優先順位は以下のとおりです。
    ①勝率,②直接対決の結果,③DSC

男子予選では札幌とSC軽井沢が7勝1敗です。しかし,直接対決では札幌が勝っていますので,札幌が1位,SC軽井沢が2位です。
また,チーム荻原,チーム北見と札幌学院大の3チームが4勝4敗で並び,直接対決では3チームは三すくみ状態となりました。この場合,DSCによって,チーム荻原が3位となり,4位はプレーオフ進出がかかるので,DSCではなく,チーム北見と札幌学院大とでタイブレーク(午後4時40分から)が行われます。

※DSC(ドローショットチャレンジ)とは   2015年3月20日の記事とは変更されています。
 ・試合前の練習後に,異なる2人プレーヤーが一人は右回り,もう一人は左回りのドロー(スイープ可)をして,ハ
  ウスの中心(ボタン)からのそれぞれの距離を測り,合計します。
 ・これをLSD(ラストストーンドロー)といいます。このLSDの短さで先攻,後攻を決めます。
 ・LSDの予選ラウンド全体での平均距離(最も悪いものを除く)をDSCといいます。
 ・予選ラウンドでの勝率が同じで,三すくみの状態になった時には,直接対決では順位は決められませんから,DS
  Cの短い順に順位を決めます。
 ・ただし,プレーオフ進出がかかる場合は,必ずタイブレークの試合でプレーオフ進出を決めます。

d0006690_15215979.jpg

d0006690_15222126.jpg

[PR]

by gakis-room | 2017-02-03 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 02日
SC軽井沢敗れる,女子はLS北見が7戦全勝,カーリング日本選手権
※勝敗表を2月2日現在のものに置き換え,文章の一部を書き換えました。(3日8時40分)

第34回カーリング日本選手権は4日目の2試合を終わって,決勝トーナメント進出のチームの輪郭がはっきりとしてきました。男子のSC軽井沢と札幌,女子のLS北見,中部電力と北海道銀行が決勝トーナメント進出を決めています。

【男子】
SC軽井沢が札幌に敗れて初黒星です。これまでSC軽井沢の強さが際立っていました。初日のチーム萩原戦以外は全てコンシード勝ちでしたが,札幌に敗れて昨年度来の全勝がストップしました。札幌はSC軽井沢に代わって首位にたちました。これにチーム北見と札幌学院大が続きます。

チーム北見は,きょうも中継の解説をした敦賀信人さんがかつてスキップをつとめていたチームかと思われます。チーム北見は2010〜2012年まで日本選手権で3連覇したことのあるチームです。2013年はSC軽井沢に敗れて準優勝です。敦賀信人さんはその年に現役を引退しましたが,強豪復活の兆しとなるかです。

逆に昨年2位のチーム東京の不振が目立ちます。
d0006690_8262871.jpg

【女子】
7連勝のLS北見と6勝1敗の中部電力と北海道銀行が早々と決勝トーナメント進出を決めました。中部電力は2011年から2014年まで日本選手権で4連覇しましたが,その後,サードで主将の市川選手が引退,スキップの藤沢選手がLS北見に移籍などがあって,昨年は選手権に出場すらできませんでした。しかし,北海等銀行,富士急を破っての6勝1敗は完全復活と見ていいようです。

その中部電力に初戦で敗れた北海道銀行には,昨年は予選を全勝で通過しながら決勝トーナメントでは3位に甘んじたことへのリベンジの期待がかかります。
d0006690_8264874.jpg

[PR]

by gakis-room | 2017-02-02 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2017年 01月 31日
カーリングが凄い
※写真はクリックすると拡大します。
d0006690_1404720.jpg昨日から第34回カーリング日本選手権が始まりました。そのカーリングが凄い,いいえ,正しくはカーリングの扱いがこれまでになく凄いことになっています。

【NHK】
29日の19時のニュースでインタビューを交えて「明日からカーリングの日本選手権」を流しました。また,30日には19時05分からBS1で「日本選手権きょう開幕」として特集を放送しました。

放送時間もこれまでにない多さです。BS1での放送は13試合,すべてライブで中継です。

これまでもオリンピックと世界選手権では多くの放送がなされました。ソチオリンピックでは11試合,2015年女子世界選手権(札幌)では19試合,2016年女子世界選手権(カナダ)では16試合でした。

しかし,日本選手権ではの放送は寂しいものでした。
  2014年  2試合=ライブ1+録画1
  2015年  8試合=ライブ2+録画6
  2016年  2試合=ライブ1+録画1

今年はライブでの13試合だけではありません。LS北見の試合を中心に9試合がNHKのカーリング特設サイトでライブ配信されます。

インターネットでのライブ配信は初めての試みです。画面を縦に三等分し,左画面の上はストーンを投げる選手,下はハウスを真上から映し出します。中央画面は奥にストーンを投げる選手から手前のハウスまでのシートの全体,そして右画面はスコア,残りのストーン数,選手の写真です。

中継ではありませんからアナウンサーや解説者の音声はありませんが,選手の声も聞こえて試合の雰囲気がよく伝わります。難を言えば,画面が小さいこと,フルスクリーンにするとややぼやけてしまうことです。しかし,私のパソコンだけの問題かも知れません。

【新聞】
これまでの予選初日の扱いはほとんどが「ベタ記事」だったように思います。しかし,今回は違います。以下は今朝の各紙の扱いです。いずれも写真付きです。写真は読売新聞です。読売新聞は記事量の多さだけでなく,スポーツ欄トップの扱いです。

  朝日  2段見出し  記事2段
  毎日  1段見出し  記事4段
  産経  3段見出し  記事6段
  読売  4段見出し  記事7段

これまでには考えられないようなカーリングの扱いにちょっとした戸惑いがありますが,私としては嬉しい限りです。

【予選ラウンドの結果】  31日15時現在
男子ではSC軽井沢の安定した強さが際立っています。
女子は昨年1位,2位のLC北見と富士急が3連勝です。また,昨年はブロック予選で敗退した中部電力が3連勝で復活の兆しです。
d0006690_19182521.jpg

[PR]

by gakis-room | 2017-01-31 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2017年 01月 28日
カーリング,第34回日本選手権の出場チーム,放送予定と対戦カード
d0006690_17473328.png第34回全日本カーリング選手権が来週の日曜日から始まります。
出場チーム,対戦カードと放送日程が確定しました。

出場チームについて,9チームに変わりはありませんが,14日の記事での「開催地」枠は今年度は「前年度準優勝」に変更されています。

放送は2月3日を除いて,1日男女各1試合で合計13試合です。放送時間は14日の記事とは一部変更されています。放送はいずれもLiveです。

20時からの放送については途中で寝てしまいそうなので,念のために録画もしておきます。いずれにしても1日5時間ほどのテレビ視聴はハードですが,楽しみの一言に尽きます。

なお,2月19日から札幌で行われる「2017冬季アジア札幌大会」ではLS北見の本橋麻里選手が日本選手団の主将を務めますが,カーリングの中継はあるのでしょうか。

【出場チーム】  (  )内は選出ブロック
      
  【男子】             【女子】
   SC軽井沢(前年度優勝)     LS北見(前年度優勝)
   チーム東京(前年度2位)     富士急(前年度2位)
   札幌(北海道)          北海道銀行(北海道)
   チーム北見(北海道)       札幌学院大(北海道)
   札幌学院大(北海道)       帯広畜産大(北海道)
   青森CA(東北)         青森県協会(東北)
   東京CA(関東)         チーム東京(関東)
   チーム萩原(中部)        中部電力(中部)
   岡山CA(西日本)        チーム京都(西日本)

【放送予定と対戦カード】   放送はBS1,(102)はBS102  ※青は男子,赤は女子
  1月30日 (102)8:30〜9:00 → 9:00〜11:30   SC軽井沢 vs チーム萩原
        20:00〜20:49 →(102)20:49〜22:50  北海道銀行 vs 中部電力

  1月31日 16:00〜17:49 →(102)17:49〜18:50  札幌 vs チーム北見
        20:00〜20:49 →(102)20:49〜22:50  LS北見 vs 札幌学院大

  2月1日 12:10〜14:50                北海道銀行 vs 札幌学院大
       20:00〜21:49 →(102)21:49〜22:50   チーム東京 vs 東京CA

  2月2日 16:00〜18:49                SC軽井沢 vs 札幌
       20:00〜21:49 →(102)21:49〜22:50   富士急 vs LS北見

  2月3日 12:10〜14:50                LS北見 vs 北海道銀行

  2月4日 9:30〜12:30(プレーオフ)
       15:00〜16:49 →(102)16:49〜17:50(準決勝)

  2月5日 14:30〜17:30(男子決勝)
       18:45〜20:49(女子決勝) →(102)20:49〜21:50
[PR]

by gakis-room | 2017-01-28 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2017年 01月 14日
カーリング,第34回日本選手権の放送予定の概要
d0006690_10373427.jpg第34回カーリング日本選手権大会は1月30日〜2月5日まで長野県軽井沢でが行われます。昨年の放送は女子決勝と男子決勝の2試合だけでした。しかも女子決勝はライブでしたが,男子決勝は深夜の録画放送でした。

ところが今年は予選ラウンド1日目から連日午後と夜間に放送があります。すくなくとも13試合分の放送時間です。1月30日〜2月3日までの予選ラウンドの放送はライブなのか録画・ダイジェストなのかは不明ですが,4日と5日のプレーオフ,準決勝,決勝はライブのようです。

きょう現在参加チームは明らかになっていませんが今年も参加チームは男女とも,前年度優勝チーム,北海道ブロック3,東北,関東,中部,西日本ブロック各1チーム,開催地枠チーム1の9チームで争われるようです。

今月末からのカーリング週間が楽しみになりました。

【放送予定】
1月30日  12:25〜15:50, 20:00〜20:49→(BS102)20:49〜22:50
1月31日  12:25〜15:50, 20:00〜20:49→(BS102)20:49〜22:50
2月1日   12:25〜15:50, 20:00〜21:49→(BS102)21:49〜22:50
2月2日   12:25〜15:50, 20:00〜21:49→(BS102)21:49〜22:50
2月3日   12:25〜15:50
2月4日   9:30〜12:30(プレーオフ)
       15:00〜16:49(準決勝)→(BS102)16:49〜17:50
2月5日   14:30〜17:30(男子決勝)
      (BS102)18:30〜19:00(女子決勝)→(BS101)19:00〜20:49→(BS102)20:49〜21:30
[PR]

by gakis-room | 2017-01-14 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2016年 12月 18日
SC軽井沢は3位,女子は準々決勝で敗退,軽井沢国際カーリング選手権
d0006690_18135191.jpg軽井沢国際カーリング選手権は,男子のSC軽井沢は準決勝でスコットランド②に2ー7で敗れ決勝進出はなりませんでしたが,3位決定戦ではカナダに7−5で勝利して,3位となりました。
女子の北海道銀行は準々決勝でロシアに1ー5で敗れ,セミファイナル(準決勝)への進出できませんでした。

男子決勝はスコットランド①とスコットランド②の同国対決となりましたが,スコットランド①が4ー3で勝ち,昨年1位のスコットランド②に次いでスコットランドとしては2年連続2回目の優勝です。

女子決勝は今年の世界選手権7位の韓国①がスウェーデンを7ー4で破って初優勝です。韓国①は予選,フレーオフの全試合で負けることはありませんでした。3位決定戦はスコッランドが5ー3でロシアに勝利しました。

 ・男子
   1位 スコットランド①
   2位 スコットランド②
   3位 SC軽井沢
 
 ・女子
   1位 韓国①
   2位 スウェーデン
   3位 スコットランド

【男子・3位決定戦】  ※印は後攻
       1 2 3 4 5 6 7 8 計
カナダ    0 1 0 0 2 2 0 0 5
SC軽井沢※ 2 0 1 1 0 0 2 1 7

【男子・準決勝】
          1 2 3 4 5 6 7 8 計
SC軽井沢※    1 0 0 1 0 0 × × 2
スコットランド②  0 0 3 0 2 2 × × 7 

【女子・準々決勝】
       1 2 3 4 5 6 7 8  計
ロシア    0 0 0 1 0 1 1 2  5
北海道銀行※ 0 0 1 0 0 0 0 0  1
[PR]

by gakis-room | 2016-12-18 18:30 | カーリング | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 17日
北海道銀行とSC軽井沢がプレーオフへ,軽井沢国際カーリング選手権
「軽井沢国際カーリング選手県2016」の予選リーグが終わりました。昨年は女子が1位,2位,3位を北海道銀行,LS北見,中部電力の日本チームで占めましたが,今年は予選リーグを突破したのは北海道銀行だけでした。

男子はSC軽井沢が4戦全勝で予選1位通過です。

d0006690_17252462.jpg【女 子】
女子は今年の世界選手権2位のLS北見が苦戦,予選リーグプールAで4位,昨年3位の中部電力も予選リーグプールAで5位でした。

昨年1位の北海道銀行はカナダに5ー6で敗れましたが,残り3試合をに勝利してブールCを2位で日本チームとしては唯一予選リーグを通過しました。

なお,プールBの富士急は2勝2敗でロシアと同率ですが,直接対決で負けているために3位としました。ただし,私の理解では「プレーオフ進出に関わるときはタイブレークを行う」ですが,タイブレークが行われたかどうか私には不明です。ただし,ロシアは今夜のクォーターファイナルで北海道銀行とを戦うようですから,順位についてはこれでいいと思います。

今夜のクォーターファイナルでロシアと対戦する北海道銀行は,これに勝てば,明日のセミファイナル進出です。対戦相手はプールB1位の韓国①です。


d0006690_17255081.jpg【男 子】
SC軽井沢が好調です。昨年のこの大会では予選プール2位でのプレーオフ進出でしたが,セミファイナルには残れませんでした。

しかし,その後,今年2月の日本選手権で4連覇,4月の世界選手権で4位,11月のパシフィック・アジア選手権1位と活躍しました。その勢いのまま,予選プールAでは全勝でプレーオフ進出です。今夜の韓国とスコットランド②の勝者と明日セミファイナルです。
[PR]

by gakis-room | 2016-12-17 18:30 | カーリング | Trackback | Comments(0)