カテゴリ:カーリング( 133 )

2006年 03月 08日
オリンピック効果・フィギュアとカーリング
「イナバウアー」はすっかり流行語で,今年の流行語大賞の有力候補かもしれません。荒川選手については,「秘話」を含めてテレビでは繰り返し放映されていますが,フィギュアスケートはちょっとしたブームだそうです。

このブームの火付け役は15歳の浅田真央選手の活躍でしょうが,現在行われている世界ジュニア選手権での彼女の好発進は,連日,各紙で大きく取り上げられています。私には,「シニアグランプリの勝者がなぜジュニアに」という疑問もありますが,これは愚問かもしれません。

産経新聞(7日)によれば,浅田選手や安藤選手の地元の「名古屋スポーツセンター」の「春休み短期コース」教室の定員百人の募集は,受付開始30分で満員になったそうです。東京の「シチズンアイススケートリンク」でも春期短期教室の申し込みは例年の6倍近い申し込みがあったそうです。

まさしく,オリンピック効果です。私のお気に入りのカーリングもマイナーながら異例の取り扱いです。きょうから,日本選手権女子が青森で行われますが,朝日新聞はスポーツ欄で写真入りで報じています。

各紙のスポーツ欄の下隅に「きょうのスポーツ」という小さな案内がありますが,各紙とも「日本選手権女子」を紹介しています。昨年も紹介されていたのでしょうか。
「きょうのスポーツ」に取り上げられないマイナーなスポーツを私はいくつか知っています。

驚きはテレビ欄です。NHKの7時のニュース欄は,いつも,その日予想される主要なニュースをⅠ項目だけあげていますが,きょうは「チーム青森登場・カーリング日本選手権」です。なお,テレビ欄は各紙とも共通です。

10時のニュースでは2項目目ですが,2項目目は「感動を再びカーリングあのチーム青森が日本選手権に登場」となっています。関西テレビは夕方2時間枠の「スーパーニュース」で「スケート,カーリング大人気の舞台裏」という特集を組んでいます。

オリンピック効果はテレビ効果でもあります。トリノ五輪のカーリング中継では二つのことに感心しました。一つは解説者の解説がとても丁寧であったことです。ルールとゲームの組み立て方を初めてカーリングを見る者にとてもわかりやすく解説していました。

このあたりは,いつもすっかり応援団の一員になりきってしまっていて,「黙れ!」と思わず言いたくなってしまうバレーやマラソンの解説者や,感想しか言わないプロ野球の多くの解説者に見習ってほしいところです。

今ひとつは,カメラアングルの妙です。ストーンを投じる時に,ストーンへの微妙なひねりを必ず映していました。そして,そのままストーンを凝視し,指示を出す選手の顔のアップへと続いていました。私のお気に入りのシーンです。

ところで,選手にワイヤレスマイクを持たせたのはイタリアテレビ局の発案だったのでしょうか。きょうからの日本選手権でも同様なのでしょうか。会場が青森ではなく,せめて東京くらいであったらとつい思ってしまいました。
[PR]

by gakis-room | 2006-03-08 08:13 | カーリング | Trackback(3) | Comments(0)
2006年 02月 20日
カーリングを追いかける
15日,16日にカーリングを見た後,深夜に放送されたスウェーデン戦を除いて,カナダ戦,イギリス戦,イタリア戦と3試合を見ることになりました。日本代表は,「チーム青森」というそうで,これについては
http://www.jump.co.jp/bs-i/chojin/archive/025.html
で詳しく紹介されています。

きょうのイタリア戦の後,主将の小野寺選手がカメラに向かって「青森のみなさん,勝ちました」と嬉しそうに微笑んでいたのが印象的でした。しかし,チームの全員は北海道出身で,小野寺選手とサブリーダーの林選手は常呂(ところ)町の出身です。

常呂町で結成されたカーリングチーム「シムソンズ」は前回のソルトレイク大会に出場していますが,大会後解散します。「シムソンズ」のメンバーだつた小野寺,林の両選手を中心に青森で結成されたのが,「チーム青森」です。

きょう現在,「チーム青森」は4勝4敗の5位で,決勝トーナメント(上位4チーム)に進出するためには,明日のスイス戦(現在3位)に勝つこと,同時に現在4位のカナダが8位のデンマーク戦に負けるという条件が必要です。この場合でも4敗のチームのプレーオフということになります。

「チーム青森」の決勝トーナメント進出は難しそうですが,明日もまたカーリングを見ることになります。冬季オリンピックには10チームしか出場できませんから,この機会を逃したら,もうテレビでカーリングを見ることはないかもしれません。

なお,先の「シムソンズ」については,映画化され,この18日から全国公開されています。
[PR]

by gakis-room | 2006-02-20 23:30 | カーリング | Trackback | Comments(0)
2006年 02月 16日
カーリングっておもしろそう
トリノ冬季オリンピックでは,日本勢の不振が続いています。不振と言うよりも,メダル獲得がゼロであることへのいらだちがテレビから伝わってきます。私は,国別メダル獲得数にはほとんど関心がありませんから,これまでのように個別の競技を私なりに楽しむことにしています。

昨夜ときょう,2日続きでカーリング競技を見ました。私はカーリングについてこれまで何も知りませんでした。むしろ,これまでの私の身近なところでの話題としては,カーリングは半ばからかいの対象であったように思います。

昨日,偶然にカーリングを見て,面白いと思いました。札幌カーリング協会のホームページ(日本カーリング協会のそれよりも充実しています)でストーンの動きについて詳しく紹介されていますが,もとよりすぐには熟達できません。

きょうのデンマーク戦が楽しみでした。「氷上のチェス」と言われるそうですが,駆け引きはなかなかのものです。その上,私ならどうしようかと,ゲームに参加とまでは行きませんが,かなり関わることができたような気分になります。

多くの競技がスピードと距離と美しさが競われるの中で,カーリングだけが異色のように思われます。トリノ五輪はカーリングを追いかけることになりそうです。
[PR]

by gakis-room | 2006-02-16 11:31 | カーリング | Trackback | Comments(0)