カテゴリ:カーリング( 146 )

2017年 12月 17日
決勝 男子はSC軽井沢 vs 韓国,女子はLS北見 vs 中部電力,軽井沢国際カーリング選手権2017
※3時頃に男子決勝,6時頃に女子決勝の結果をアップします。

【男子・準決勝】
予選1位のSC軽井沢が安定した強さで予選4位のスウェーデンを第4エンド終了後にコンシードで決勝進出です。対戦相手は予選3位のスコットランドを接戦で破った予選2位の韓国です。

       1 2 3 4 5 6 7 8  計
SC軽井沢★ 2 3 0 2 × × × ×  7
スウェーデン 0 1 0 0 × × × ×  1

        1 2 3 4 5 6 7 8  計
韓国    ★ 1 1 0 0 2 0 0 1  5
スコットランド 0 0 0 2 0 2 0 0  4

【女子・準決勝】
決勝戦は予選7位のLS北見と8位の中部電力との対戦となりました。LS北見は準々決勝で予選2位のスウェーデンを破り,準決勝では予選3位のスイスを圧倒して決勝進出です。中部電力は準々決勝で予選1位のU・キム(韓国)を,準決勝では予選5位の北海道銀行に競り勝って決勝進出です。

       1 2 3 4 5 6 7 8 計
中部電力   0 0 3 1 0 0 2 × 6
北海道銀行★ 1 1 0 0 0 1 0 × 3

     1 2 3 4 5 6 7 8  計
LS北見 1 0 3 0 1 1 × ×  6
スイス★ 0 1 0 2 0 0 × ×  3

【予選順位】
女 子               男 子
①U・キム(韓国) A組1位    ①SC軽井沢    B組1位
②スウェーデン   B組1位    ②韓国       A組1位
③スイス      C組1位    ③スコットランド  C組1位
④ロシア      B組2位    ④スウェーデン   C組2位
⑤北海道銀行    B組2位    ⑤S・キム(韓国) C組2位 
⑥スコットランド  A組2位    ⑥スイス      B組2位
⑦LS北見     B組3位    ⑦チーム青森    C組3位
⑧中部電力     A組3位    ⑧I.C.E.     A組3位
[PR]

by gakis-room | 2017-12-17 11:10 | カーリング | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 16日
北見,道銀,中電 準決勝へ,軽井沢国際カーリング選手権
※この記事は追加,書き直しをしました。(10日8時15分)

d0006690_19175713.jpg軽井沢国際カーリング選手権大会の参加15チームが5チームの3組に分かれた行われた予選リーグが終わりました。準々決勝への8チームは各組2位までと3位からの2チームで行われました。

【女子・準々決勝】
日本からは,予選Cグルーブ2位の北海道銀行,予選Bグルーブ3位LS北見,予選Aグループ3位の中部電力の3チームが準々決勝へ進出しました。準々決勝では3チームとも勝ち上がって準決勝進出を決めました。なお,昨年は日本チームの準決勝進出はありませんでした。

       1 2 3 4 5 6 7 8 E 計
LS北見   0 2 1 1 0 0 1 0 1  6
スウェーデン 1 0 0 0 1 1 0 2 0  5 

      1 2 3 4 5 6 7 8  計
ロシア   0 3 0 0 1 1 0 0  5
北海道銀行 0 0 2 2 0 0 1 1  6

        1 2 3 4 5 6 7 8  計
U・キム(韓国)0 0 1 0 1 0 1 0  3
中部電力    0 1 0 2 0 0 0 2  5

スイス 5ー2 スコットランド

明日の女子準決勝は,
  中部電力 × 北海道銀行
  LS北見 × スイス
が,午前8時から行われます。

【男子・準々決勝】
日本勢ではBグループ1位のSC軽井沢,Aグループ3位のI.C.E,Cグループ3位のチーム青葉の3チームが準々決勝に進出しました。

SC軽井沢   6ー3 I.C.E.
スウェーデン  4ー1 S・キム・韓国
韓国      6ー3 チーム青葉
スコットランド 6ー4 スイス

【準決勝の組み合わせ】
女子   8時〜
  中部電力 × 北海道銀行
  LS北見 × スイス

男子   8時〜
  SC軽井沢 × スウェーデン
  韓国    × スコットランド
[PR]

by gakis-room | 2017-12-16 19:10 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2017年 12月 08日
YouTubeでも生中継,軽井沢国際カーリング選手権大会2017
d0006690_1633241.jpg14日から4日間の日程で行われる「軽井沢国際カーリング選手権大会2017」について「YouTubeで生中継」されます。

【YouTubeで生中継される対戦カード】
準々決勝と準決勝の「注目カード」とはおそらく日本チームの対戦を想定していると思われます。
また,決勝の中継がないのはBS朝日で中継されるための配慮(放送権)です。

なお,この大会ではスキップの名前をチーム名としていますが,日本チームは本来のチーム名で,外国からの参加チームのうちピョンチャンオリンピック参加チームについては国名で標記しています。参加チーム一覧と主な戦績はこちら

14日 09:00 女 韓国 vs 富士急
    12:30 男 スコットランド vs チーム青森
    16:00 女 チーム軽井沢 vs LS北見
    19:30 男 Ignites長野 vs SC軽井沢

15日 09:00 女 スイス vs 北海道銀行
    12:30 男 韓国 vs I.C.E
    16:00 女 Paetz vs スコットランド
    19:30 男 4REAL vs スイス

16日 09:00 女 スイス vs 韓国
    12:30 男 SC軽井沢 vs G-DREAM
    16:00 女 女子準々決勝注目カード
    19:30 男 男子準々決勝注目カード

17日 08:00   男女準決勝注目カード

※写真はLS北見のホームページから,クリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-12-08 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2017年 11月 29日
「軽井沢国際カーリング選手権2017」の放送予定
d0006690_1657826.jpg
ワールドカーリングツアー日本大会としての「軽井沢国際カーリング選手権2017」が12月14日〜17日まで,軽井沢アイスパークで行われます。外国からの参加は2018ピョンチャンオリンピック代表チームが男子3チーム,女子5チームと「国際」にふさわしい質の高いゲームが期待されます。

その放送予定です。いずれもBS朝日です。

  12月14日(木) 午後3:00~4:54
  12月15日(金) 午後3:00~4:54
  12月16日(土) 午後4:00~5:56
  12月17日(日) 午後3:00~6:49

対戦チームなど放送の詳細は未定ですが,昨年の例では14日,15日,16日はダイジェストで,17日が女子決勝の生中継かと思われます。ひょっとしたら16日は女子準決勝の生中継かも知れません。

【今年の参加チーム】  男女各15チーム
【男 子】

・韓国       2018オリンピック韓国代表,2017パシフィック・アジアカーリング選手権1位
・スイス      2018オリンピックスイス代表,2017世界選手権3位
・スウェーデン   2017Winter Universiade2位
・スコットランド  2018オリンピックイギリス代表
・S.Kim(韓国)  2015韓国選手権1位

日本勢は,SC軽井沢,4REAL(2017日本選手権2位)など10チーム。

【女 子】
・韓国       2018オリンピック韓国代表
・スウェーデン   2018オリンピック代表
・スコットランド  2018オリンピックイギリス代表
・スイス      2018オリンピックスイス代表
・ロシア      2018オリンピックロシア代表,2017女子世界選手権2位
・Paetz(スイス) 2017スイス選手権1位
・U.Gim(韓国)  2016軽井沢国際選手権1位
・Oh(韓国)  
・Kang(韓国)

日本勢は,LS北見,中部電力,北海道銀行,富士急など6チーム
[PR]

by gakis-room | 2017-11-29 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2017年 11月 09日
LS北見は準優勝,SC軽井沢,まさかの準決勝敗退→3位
d0006690_15104194.jpg【男子3位決定戦】  9日
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
豪 州  0 0 3 0 0 0 0 1 × ×  6
日 本★ 0 2 0 1 2 2 4 0 × ×  11

第3エンドに3点を失ったときには昨日のいやな感じを思い出しましたが,やはり実力差です。SC軽井沢の一方的な試合となりました。

決勝は韓国が中国を9ー8で破り,2年振り3回目の優勝でした。


【女子決勝】  9日
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
日 本  0 1 0 2 0 2 0 1 0 ×  6
韓 国★ 2 0 1 0 3 0 2 0 3 ×  11

ゲームは韓国ペースで進みました。LS北見は第4エンドに同点としましたが,その後は少しずつリードを広げられ完敗でした。

韓国の優勝は2年連続4回目となります。3位決定戦では中国が香港を8−3で勝っています。

【男子準決勝】  8日
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
日 本★ 3 0 0 2 0 0 0 2 0 0  7
韓 国  0 1 1 0 2 1 2 0 0 1  8

ここまで無敵の強さを誇ったSC軽井沢のまさかの準決勝敗退です。第1エンドに3点を先制し,さい先の良い出だしでした。第3エンドにこの大会初めてのスチールを許しましたが,第4エンドを終わって5−2です。

第5エンドに2点を返され1点差。第6,第7エンドと連続スチールされて5ー7と逆転されました。第8エンドに同点に追いつきましたが,第10エンドで突き放されました。

準決勝のもう1試合は中国がオーストラリアを7ー6で破って決勝進出です。予選ラウンド1位と2位が敗れるという波乱の準決勝でした。
[PR]

by gakis-room | 2017-11-09 15:05 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2017年 11月 08日
LS北見は決勝進出,SC軽井沢は全勝で予選1位,カーリング・パシフィック・アジア選手権
d0006690_15351760.jpg【女子・準決勝】  8日 ★印は第1エンド後攻
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
日 本  0 0 1 0 1 2 0 0 1 1  6
中 国★ 1 2 0 1 0 0 1 0 0 0  5

第2エンドに2点をスチールされたLS北見はよく我慢しました。後半に入っていつも勢いのなくなるLS北見ですが,第6エンドに2点をスチールして同点,その後1点をリードされましたが,第9エンドに再び同点,第10エンドでスチールして決勝進出です。

決勝は明日7時から,対戦相手は,14−2で香港を下して勢いの止まらない韓国です。

【男子・予選ラウンド】
予選の全試合コンシード勝ちという圧倒的な強さのSC軽井沢でした。昨年の初優勝に続いて2連覇が期待されます。準決勝の相手は予選4位の韓国です。

それにしても世界ランキング28位のオーストラリアの7勝1敗の2位はどうしたことでしょうか。いくら地元開催での奮起といっても,奇跡的な大健闘です。

【女子・予選ラウンド】
LS北見は韓国と中国とに連敗して予選3位です。4ゲームとも前半はほぼ互角ながら,いずれの試合も後半に力尽きてしまいました。このあたりにLS北見の課題があるようです。

予選1位は全勝の韓国です。このチームは9月の「どうぎんクラシック」では予選3位(4チーム中)で全体では5位でした。2か月で見事に立て直してきました。その修正力は恐るべしです。

なお,予選4位は香港ですが,ニュージーランドとは同じ勝率です。DSC(ドローショットチャレンジ)によるもですが,なぜタイブレークが行われなかったのかは私には不明です。

【予 選】  6日  ★印は第1エンド後攻
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
韓 国★ 0 1 1 2 0 1 0 4 × ×  9
日 本  1 0 0 0 2 0 1 0 × ×  4

※写真はクリックすると拡大します。
d0006690_11426.jpg
d0006690_1141931.jpg
[PR]

by gakis-room | 2017-11-08 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 06日
男子は7連勝で予選1位通過,カーリング・パシフィック・アジア選手権
d0006690_1192877.jpgカーリングパシフィック・アジア選手権は6日午後,予選第12セッションまでを終りました。

男子のSC軽井沢は7連勝で,ニュージーランド戦を残して予選1位通過が確定しました。

女子のLS北見は韓国と中国に連敗のあと,3連勝をしましたが,きょうの午前の中国戦に敗れて予選3位にとどまっています。

プレーオフ(準決勝)は
  予選1位 vs 予選4位, 予選2位 vs 予選3位
の組み合わせで8日午後から行われます。

【男 子】  5日  ★印は第1エンド後攻
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
韓 国  0 2 0 0 2 0 1 0 × ×  5
日 本★ 3 0 3 2 0 2 0 1 × ×  11

SC軽井沢の完勝でした。第1エンドを3点のビックエンドとした後も韓国を終始圧倒して,6連勝で,プレーオフ進出を決めました。6日の午後のオーストラリアにも完勝して,ここまでの7ゲーム全てをコンシードによる勝利で7連勝。予選1位通過が確定しました。

【女 子】  6日  ★印は第1エンド後攻
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
中 国★ 0 1 0 0 3 0 2 0 3 ×  9
日 本  1 0 0 1 0 1 0 1 0 ×  4

LS北見の1点スチールから始まりましたが,波に乗り切れず,完敗でした。
d0006690_15133770.jpg

d0006690_15135540.jpg
[PR]

by gakis-room | 2017-11-06 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 04日
SC軽井沢 4連勝の好発進,カーリング,パシフィック・アジア選手権
d0006690_12352299.jpgカーリングのパシフィック・アジア選手権が2日の午後からオーストラリアのエリナで始まりました。男女とも日中韓の三国と他チームとの実力差があり,今年も日中韓の三国での争いかと思われます。昨年はSC軽井沢が初優勝,LS北は3位でした。

【女 子】 
参加が6カ国となり,2ゲーム総当たりのリーグ戦となりました。LS北見は緒戦の韓国,中国戦ではリズムに乗りきれず連敗のスタートとなりました。なお,3ゲームともLS北見のセカンドは本橋がつとめ鈴木はリザーブに回っています。

     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
日 本★ 2 0 1 0 0 1 0 0 1 0  5
韓 国  0 1 0 1 2 0 0 1 0 3  8

     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
日 本★ 1 0 1 1 0 0 0 0 0 0  3
中 国  0 1 0 0 2 0 0 1 0 1  5

【男 子】 
中国とは昨年は予選ラウンド4ー7でやぶれましたが,決勝トーナメントでは5ー3で勝っています。ここまで3戦全勝のSC北見は,中国戦でも大きなミスもなく,確実に得点を重ねて4連勝です。

     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
中 国  0 1 0 1 0 1 0 2 0 ×  5
日 本★ 2 0 1 0 2 0 2 0 1 ×  8

※写真はクリックすると拡大します。

d0006690_14594336.jpg
d0006690_150241.jpg

[PR]

by gakis-room | 2017-11-04 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2017年 10月 29日
カーリング,パシフィック・アジア選手権の中継
d0006690_1813495.jpgパシフィック・アジアカーリング選手権2017が11月2日〜9日まで,オーストラリアのエリナで行われます。この大会での上位2チームが来年の世界選手権に出場します。
   女子 2018年3月17日〜25日 カナダ
   男子 2018年3月31日〜4月8日 アメリカ
日本からは,男子はSC軽井沢,女子はLS北見が日本代表として出場します。

【男子出場チーム】  丸数字は世界ランキング
  中国 ⑦
  日本 ⑨
  韓国 ⑮
  ニュージーランド ⑲
  台湾 ㉖
  オーストラリア ㉘
  香港 ㊳
  カザフスタン ㊵
  カタール ㊻

【女子出場チーム】  丸数字は世界ランキング
  日本 ⑦
  韓国 ⑧
  中国 ⑩
  ニュージーランド ㉑
  オーストラリア ㉒
  香港 ㉟
  カタール ㊲

【中 継】
日本の試合はYouTubeのワールドカーリングTVで以下の試合の中継を見ることができます。
ただし,8日,9日の準決勝と決勝は日テレジータス(CSのスポーツ専門チャンネル)が中継するために,日本ではおそらくは視聴できないかと思います。(昨年もそうでしたが,日テレがCSでなく,BSで中継してくれたらなあ)

  11月3日 12:00ー15:00 女子,日本×中国
  11月4日 12:00ー15:00 男子,日本×中国
  11月5日 17:00ー20:00 男子,日本×韓国
  11月6日 17:00ー20:00 女子,日本×韓国
  11月7日 17:00ー20:00 男子,日本×ニュージーランド
  11月8日 12:00ー15:00 女子,準決勝
  11月8日 17:00ー20:00 男子,準決勝
  11月9日 07:00ー10:00 女子,決勝
  11月9日 12:00ー15:00 男子,決勝

[PR]

by gakis-room | 2017-10-29 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2017年 09月 10日
LS北見 ピョンチャン五輪へ,カーリング代表決定戦を3勝1敗で制す
d0006690_1253119.jpgカーリング女子,ピョンチャン五輪代表決定戦は,LS北見が中部電力を3勝1敗で制して日本代表となりました。LS北見は2010年10月チーム結成,2016年3月,世界選手権で準優勝し,日本カーリング史上男女を通じて初めてのメダル獲得をしていますが,オリンピック出場は初めてです。

【第4戦】  ★印は第1エンドの後攻め
      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計 
LS北見★ 3 0 0 2 0 1 2 0 0 1  9
中部電力  0 1 0 0 2 0 0 1 1 0  5

LS北見は第1エンド,中部電力のスキップのダブルテイクアウト失敗もあって3点を先取,その後も4人のショットが冴え,9ー5で快勝しました。ミスと言えば第9エンドにスキップがテイクアウトに失敗して1点のスチールを許したくらいのものでした。

【それぞれの思い】
試合後,両チームの選手の目は潤んでいました。当然,様々な思いが去来したことと思われますが,私なりに忖度した感想です。

・チーム・LS北見
オリンピック出場権はLS北見が昨年の世界選手権で銀メタルとなって獲得したものでした。しかし,今年の2月の日本選手権で,予選を全勝で通過しながら,決勝トーナメントで中部電力に敗れてオリンピック代表チームを確定できませんでした。言わば,日本選手権での忘れ物を取り戻した戦いでした。

・スキップ・藤澤五月
4年前,中部電力の若きスキップとして日本選手権3連覇をしながら,代表決定戦で北海道銀行に敗れてオリンピックを逃しました。その後LS北見に移籍してようやく掴んだオリンピック出場です。

・サード・吉田知那美
北海道銀行のセカンドとして2014年のソチオリンピックに出場し,過去最高の5位タイに貢献しましたが,帰国後,戦力外通告を受けました。自身の言葉によれば「枯れかけた草」状態をLS北見に水を給されて行き帰り,2度目のオリンピック出場です。

・セカンド・鈴木夕湖
昨年は本橋麻里の出産明けの復帰によりリザーブに回りました。セカンドに復帰した今年度は,本橋以上の活躍をとのプレッシャーを見事に跳ね返しました。145センチという小柄ながら,そのショットとスイープの力強さは一級品です。

・吉田夕梨花
常呂中学1年の時,2歳上の姉の知那美,鈴木夕湖らの「常呂中学校ROBINS」に参加。2006年日本選手権ではトリノオリンピック日本代表であった「チーム青森」を中学生チームが予選で破る活躍をしました(最終成績は3位)。姉の知那美がソチオリンピック出場し,「お姉さんは凄いね」と言われ続けた悔しさようやくぬぐいました。

・リザーブ・本橋麻里
チーム青森のメンバーとして,トリノ五輪(2006年,セカンド)とバンクーバー五輪(2010年,セカンド)と連続出場後にチームを離脱して,2010年8月にLS北見を結成。2015年2出産後はリザーブへ。昨年度途中,本格復帰しましたが,今年度再びリザーブへ。チームの創立者,実績にもかかわらずリザーブを選択した勇気は人間の大きさでしょうか。

・チーム・中部電力
2013年日本選手権3連覇後のソチオリンピック代表決定戦で北海道銀行に敗れたました。2014に日本選手権で4連覇をはたしますが,その後,主将の市川が結婚出産で退部,スキップの藤澤もLS北見に移籍して,チームは低迷しました。2016年の日本選手権には出場すらかないませんでした。しかし,結成時のメンバーである松村(すきっぷ),淸水(主将・サード)両選手を中心に復活を成し遂げ,2017年日本選手権に優勝,しかし,あと一歩及ばず,オリンピック出場をまたも逃しました。

【エピソード】
今大会ではちょっと珍しい事故(?)が3つありました。

・その1 藤澤選手,あわや転倒
LS北見のスキップの藤澤選手は第2戦第1エンド第1投の投球寸前にバランスを崩して転倒しそうになりました。無事投球はできましたが,投球結果はスルー。

・その2 北澤選手,ストーンを間違える
中部電力セカンドの北澤選手が第2戦第1エンド第1投で相手ストーンの赤ストーンを投げてしまいました。投球は有効で,投球後にストーンの置き換えが行われました。

・その3 吉田知,ホッグラインオーバー
ストーンはホッグラインまでに手放さなければなりませんが,LS北見のサード吉田知那美選手は第4戦第10エンド第1投でホッグラインオーバーの反則で投球は無効とされました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-09-10 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)