カテゴリ:花の手帳( 1201 )

2007年 05月 10日
「煙の木」の花です
d0006690_175923100.jpg「煙の木」の花です。「例の田舎道」で見ました。正式には「ハグマノキ」というようです。

漢字では「白熊の木」と書いて「ハグマノキ」と読ませます。ウルシ科の木です。ハグマ(白熊)とは,動物のヤクのしっぽで作られた旗竿や矛先につける飾りのことです。

別名にはスモーク・ツリーとかカスミノキ(霞の木)というのもあるようです。

この木をご存じの方には「煙の木」の命名に不思議はないと思います。始めて見た方は7月までお待ちください。

7月に再アップします。納得できると思います。昨年の7月に始めて見ましたが,不思議な花です。
[PR]

by gakis-room | 2007-05-10 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(5)
2007年 05月 08日
ハルジオンが見えるようになりました
d0006690_1921550.jpgハルジオンのようです。キク科アズマギク属。漢字では「春紫苑」と書きます。春に咲く「紫苑」が名前の由来です。

他に濁らないで「ハルシオン」あるいは「ハルジョオン」(春女苑)という呼び方もあるようです。ハルジョオンは牧野富太郎の命名だそうです。

3センチくらいの花です。これもこれまで私には見えていなかった花です。

1920年頃,北米から園芸植物として渡来し,その後全国にに広がったそうです。先日,東京の武蔵野市に行った時も,路地でたくさん見ました。生命力の強い草花のようです。

全体を見るといかにも野草といった感じですが,花だけを見るとその白さも含めてかわいらしさがあります。私は濁らない「ハルシオン」の呼び方が好きです。
[PR]

by gakis-room | 2007-05-08 19:05 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 02日
ゼラニウムと葵
昨日,「『近くの公園』で見られるものは,フジの花とウメの実だけになりました」と書きましたが,1つ見落としていました。
d0006690_1847433.jpgゼラニウムのようです。ゼラニウムの桃色種でしょうか。通り道に沿った植え込みの反対側に咲いていました。

ゼラニウムは多種類あるようです。あるサイトにゼラニウムの和名が「天竺葵」とありました。「天竺」ではない単なる「葵」の花はどんな花か知りたくなりました。

しかし,検索しても単なる「葵」の花は見つかりませんでした。
[PR]

by gakis-room | 2007-05-02 18:55 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 01日
ノゲシ,「近くの公園」の野草はこれでお終い
d0006690_18195826.jpgノゲシです。名前を知ったのは昨日ですが,この花は以前から知っていました。「花はタンポポにそっくりだが,花から下が違うな」と漠然と見てきました。あちこちに咲いています。

「野に咲くケシ」と言うことのようですが,ノゲシはタンポポと同じキク科で属はノゲシ属です。ケシ,ヒナゲシはケシ科です。

ところで,この写真は先週末に「近くの公園」で撮ったものですが,きょう行ってみたら,公園は完璧なくらいきれいに除草されていました。野草はタンポポも含めて何もありません。

ボランティアの人たちの活動だと思います。しかし,今の私にとっては身勝手この上ありませんが,「楽しみを奪われた」感じです。

ですから,今,「近くの公園」で見られるものは,フジの花とウメの実だけになりました。クチナシ,朴の木の花,ムクゲが咲くまでに生えてくる野草を楽しみに待つことにしました。
[PR]

by gakis-room | 2007-05-01 17:14 | 花の手帳 | Trackback | Comments(10)
2007年 04月 30日
ツルニチニチソウ
d0006690_1533836.jpgツルニチニチソウです。「例の田舎道」の道と池との間の窪地にたくさん咲いています。3センチくらいの大きさの花です。この花は昨年から気付いていましたが,名前を知ったのは最近です。

よく似た花にヒメツルニチニチソウ(姫蔓日々草)というのがあるそうです。「ヒメ」というのですから,花がもう少しちいさいのでしょうか。

萼片に毛があるのがツルニチニチソウ,毛がないほうがヒメツルニチニチソウ(姫蔓日々草)とありましたが,この花は道から離れており,手に取ってみることはできませんでした。
[PR]

by gakis-room | 2007-04-30 15:04 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2007年 04月 29日
クサイチゴの花を見ました
d0006690_19232846.jpgクサイチゴの花です。開ききった図案のような5弁の花びらがおもしろいと思いました。3㎝くらいの大きさです。

「例の田舎道」です。いくつも咲いていました。雑木林の斜面の暗がりの中でひときは白さが目立ちました。しかし,昨年は気付かなかった花です。花の中心を占めているのはおしべでしょうか。

花びらは直ぐに散ってしまうようです。花びらが散った後でも花のようにみえます。調べてみると,5から6月頃には赤い実がつき,食べられるそうです。

その時に食べてみようかと迷っています。

クサイチゴ…バラ目バラ科キイチゴ属 。イチゴがバラ科とは知りませんでした。
[PR]

by gakis-room | 2007-04-29 19:36 | 花の手帳 | Trackback | Comments(5)
2007年 04月 28日
野の花図鑑を買いました
d0006690_17175793.jpgついにというか,悪のりしてというか,「色別野の花図鑑」を買いました。

農学部の学生のSさんに推薦してもらいました。青,紫,赤,橙,黄,白。緑,茶の8色に分けて,343種について写真と解説がついています。

見ているだけでも楽しめますが,新書版サイズですから,手軽にカバンに入れて持ち歩くことができます。明日にでも「実習」に出かけましょうか。
[PR]

by gakis-room | 2007-04-28 17:29 | 花の手帳 | Trackback | Comments(4)
2007年 04月 27日
イモカタバミは鮮やか過ぎます
d0006690_1640731.jpg「例の田舎道」です。かたまって咲いています。

どうやら「イモカタバミ」のようです。名前の由来は,根が大きくなるところから来ているようですが,花の大きさ,感じからは無粋な気がしないでもありません。

花に止まっているのが,モンシロチョウであればいいのにと思いましたが,偶然に注文を付けてはいけません。

d0006690_16402273.jpg鮮やかすぎるピンクですが,午前の陽光のせいかもしれません。
[PR]

by gakis-room | 2007-04-27 16:47 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
2007年 04月 24日
イライラが募ります
d0006690_19561698.jpgこれは「昼咲き待宵草」でしょうか。「近くの公園」に咲いています。

突然に花の名前を知りたくなって,この花の名前をネットで調べてみました。かれこれ,2時間が過ぎました。どうしてもわかりません。

わかったことは
・「宵待草」は間違いで,正しく「待宵草」であること
・昼に咲くものを「昼咲き待宵草」ということ
だけでした。

この花の名前もわからないまま,「待宵草」と「月見草」は同じなのかという疑問まで持ちました。

イライラだけが募ります。それで,勝手に命名します。この花は「昼咲き待宵草」であると。それにしても,私はなぜ花の名前を知りたいなどと思ったのでしょうか。今もってわかりません。

【追記】
maron415さんから,コメントをいただき,この花は「コマツヨイグサ」と教えていただきました。
[PR]

by gakis-room | 2007-04-24 20:09 | 花の手帳 | Trackback | Comments(4)
2007年 04月 23日
「近くの公園」で見た草花・ジシバリとカタバミ
d0006690_12515327.jpg※葉の形から,ジシバリではなく,オオジシバリでした。
(2008年4月10日)


タンポポによく似ています。タンポポの変種かなと思いましたが,どうやら「ジシバリ」のようです。オオジシバリかもしれません。

花の大きさはタンポポと同じくらいですが,タンポポよりも花びらがずっと少なく,かわいげな感じです。


d0006690_12521041.jpgカタバミです。1㎝くらいの小さな花です。
上のジシバリ(?)もカタバミもきょう覚えました。
[PR]

by gakis-room | 2007-04-23 12:52 | 花の手帳 | Trackback | Comments(4)