カテゴリ:韓国あれこれ( 269 )

2016年 09月 19日
80%を超えた韓国の火葬率
d0006690_181392.jpg18日の朝鮮日報・日本語電子版によると,韓国での火葬率が2015年に80%を超えました。朝鮮日報は見出しでこれを「韓国の葬儀文化の激変」としています。

朝鮮王朝時代に原則的に火葬が禁止されていたこともあって,火葬は例外的で,「異常な」死の場合や,土葬をして墓を造る経済的余裕のない人々が選択すること多かったために,火葬に対するイメ ージは良くないものでした。また,火葬にすると骨は粉にして山や川・海などに散骨して墓を造られませんでした。

このように韓国では土葬(韓国では土葬とはいわず,単に埋葬という)がほとんどで,近代になってもこの傾向は変わりませんでした。戦後になって火葬率は増加しますが,その増え方は大きくはありませんでした。

【火葬率】
  1971年   7.2%
  1981年  13.7
  1991年  17.8

火葬率が20%を超えたのは1994年(20.5%)で,1971年から1994年までの24年間の平均増加率は0.6%に過ぎません。劇的な変化は1998年からです。この年は前年より4.8%増加して27.7%でした。翌1999年(30.7%)には3割を超えました。

【火葬率】
  1999年  30.7%
  2002年  42.5
  2005年  52.8
  2008年  61.9
  2011年  71.1
  2015年  80.5

1998年から2015年までの18年間の平均増加率は3.2%です。

土葬(韓国では土葬とはいわず,単に埋葬という)から火葬へと変わっただけではありません。火葬後の遺骨を日本のように墓に納めるのではなく,「奉安堂(納骨堂)」に治めるケースも多くなったようです。「葬礼文化振興院」が首都圏の火葬施設を利用した1000人を対象に遺骨の安置場所を調査した結果,奉安堂などの納骨施設に安置したケースが73.5%で最も多く,火葬した後に遺灰を木や芝生の下などに埋める「自然葬」も16%のようです。

両方を合わせれば90%近くが,韓国の伝統的な墓制をしていないことになります。

韓国での儒教の価値観は,日本とは逆に「忠」よりも「孝」を優先します。したがって,儒教理念としての「孝」は生前の父母への「孝」を死後の父母にも延長し,父母の死後は,誠意を尽くして葬儀を行い,風水に照らした吉地に墓を作り,そこに埋葬した後も一定の祭紀を繰り返すことが,子としての親に対する「孝」の実践であるとされています。

このような葬儀文化の激変の背景には,韓国における「孝」の価値観の変化もあるのでしょうが,それがどのような変化なのか,私には知るよしもありません。
d0006690_1942619.jpg

[PR]

by gakis-room | 2016-09-19 18:00 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(4)
2016年 02月 08日
きょうは旧暦1月1日
d0006690_1555433.jpgきょうは旧暦1月1日です。韓国では旧正月です。固有語ではソルラル,漢字語では旧正(クジョン)です。

韓国ではこの日を挟んだ3日間が公休日※となります。しかし,7日が日曜日と重なっているので,10日が振替休日(韓国では「代替公休日」)となって,事実上の休日になっている土曜日からは5連休となります。

※公休日 厳密には公務員の休日。民間は自律的に選択
     する。大企業や中堅企業は労働協約で「公休
     日」を準用する取り決めをしているが,中小
     零細企業では振替休日制が実施されるかは微
     妙である。

【振替休日】
韓国の祝日には振替休日制がありませんでしたが,例外としてソルラルとチュソク(秋夕,日本のお盆に相当,旧暦8月15日の前後3日が公休日)と子供の日(オリニナル,5月5日)には,2013年から振替休日ができました。面白いのは振り替え休日の日どりです。

ソルラル,チュソクが土曜日の場合は,3連休の前の木曜日が振替休日に,日曜日(月曜日)の場合は3連休の後の火曜日(水曜日)が振替休日になります。また,子供の日については,その日が土曜日(学校は休み)であっても,「子どものために」月曜日が振替休日になります。

【中国,台湾の春節と大型連休】
中国と台湾では旧正月は春節てす。その前日の除夕(大晦日のこと)から大型連休となります。
 ・中国  2月7日〜13日まで7連休。ただし6日(土曜日)と14日(日曜日)は代替出勤日
 ・台湾  2月7日〜12日まで6連休。ただし6日(土)と13日(土)が休みの場合は14日(日)を含めて9連休。

なお,この日に合わせて年賀状をくれた知人がいました。これはこれでおしゃれかなとも思いました。
[PR]

by gakis-room | 2016-02-08 18:00 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(3)
2015年 05月 18日
韓国はキムチの輸入大国です
d0006690_16142392.jpg日本の和食はユネスコ無形文化遺産に登録されていますが,韓国のキムジャン(キムチ作り文化)もまた,ユネスコ無形文化遺産に登録されています。今更ながらですが,韓国の食と言えばキムチです。そのキムチの貿易収支がずっと赤字です。いわば韓国はキムチの輸入大国とも言えます。

17日の聯合ニュース(日本語・電子版)と18日の朝鮮日報(日本語・電子版)の記事をまとめると以下のようになります。

2014年度のキムチ貿易収支
 輸 入  21万2,938トン(1億439万6,000ドル)
 輸 出  2万4,742トン(8403万3,000ドル)
 赤字額  18万8,196トン(2,036万3,000ドル)

2010年から今年の4月までの累積赤字額は8,409万ドル(約100億円)となります。キムチの輸入先は99%が中国からで,輸入されたキムチは主に飲食店,社員食堂,学校給食,病院などで使用されます。韓国産キムチの輸出は63カ国になりますが,その内日本への輸出は67%です。

安価な中国産キムチを輸入して国内で消費し,高価な韓国産キムチを輸出するのですが,2010年に比べて,昨年は輸出量で17%,金額で15%のマイナスです。主要輸出国の日本への輸出量の減少が大きいようです。

今年の1月〜4月期では,総額での赤字額は前年同期に比べて2倍以上の500万ドル(約6億円)ですが,日本への輸額は1621万ドル(約19億円)で,これは前年同月期に比べて25%の減少です。減少の要因は日本産キムチの増加,円安などが挙げられます。

それにしても韓国の飲食店で出されるキムチの中国産の割合はどの程度なのでしょうか。また,韓国の家庭に招かれた時,「何か食べたいものがはありますか」と聞かれて,『キムチさえあればいいのです』と応えるのが,韓国人の心をくすぐる「殺し文句」だそうですが,最近は家庭でも自家製キムチは少なくなってきているようです。家庭での韓国産キムチの消費はどれほどなのでしょうか。
[PR]

by gakis-room | 2015-05-18 18:00 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(2)
2015年 05月 07日
五味子茶(オミジャチャ)の季節になりました
d0006690_1655107.jpgきょうの最高気温は25.5度,今月になって5回目の「夏日」です。この1週間の最高気温の平均は26.3度で,6月上旬並です。

昨日から五味子茶(オミジャチャ)を飲み始めました。乾燥させた朝鮮五味子の実を水出ししたものにシロップを少し加えて飲みますが,その甘酸っぱさが好きで,昨年の夏も毎日のように飲みました。

1回分(1000ccの水)が20グラムの指示ですが,私は少し濃い目にと600ccの水に一晩浸しています。これでコップ3杯分です。

1缶で180クラム入りです。
  180グラム÷20グラム×3=27杯
手元にはこれが2缶ありますから,27杯×2=54日分と言うことになります

夏の終わりまでは持ちませんが。これからの午後のひと時の楽しみのひとつです。
[PR]

by gakis-room | 2015-05-07 18:00 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 03日
1日〜5日は韓国でも5連休
d0006690_16571991.jpg2日〜6日までは5連休ですが,どのくらいの人が出掛けるのでしょうか。以前からこのような日には外出をしない私ですが,4月に完全にリタイアしてから,日にちも曜日もますます意識しなくなりました。

韓国でも1日〜5日までが5連休とのことです。4月28日の朝鮮日報,日本語・電子版によると,「韓国では5月1日のメーデーから5日のこどもの日まで最長で5日間の連休に入る」としたうえで,この期間の人の移動予想を以下のように伝えています。

  1日  640万人
  2日  700万人
  3日  670万人
  4日  633万人
  5日  577万人

1日平均644万人,延べでは3,220万人です。韓国の人口は5,044万人(2014年)ですから,1日平均で全人口の12.8%,延べでは63.8%の人が移動することになります。旧正月,秋夕(チュソク,日本のお盆に相当)の連休とほぼ同じです。今年の旧正月での移動は66%でした。

写真は韓国のカレンダーです。5日は「子どもの日」で公休日(日本の祝日)ですが,どう見ても「5連休」にはなりません。「5連休」とは以下の場合のようです。

5月1日  「勤労者の日」で「法定記念日」ですが,公休日ではありません。しかし,公務員を除くほとんどの労働
      者は休日となるようです。
5月4日  普通の日ですが,この日は休暇を取ります。

これで3日の土曜日を含めて「5連休」となります。朝鮮日報の記事で「最長で5日間」とあるのは1日と4日を休みの日とした場合のことです。

さてさて,5月4日の移動予想は633万人です。もちろん家族を含めての人数ですが,この日に休暇を取って5連休とする労働者はどのくらいなのでしょうか。日本では,飛び石連休の中日にあえて休暇を取って連休にする割合はどのくらいなのでしょうか。かつての私の職場でもそのような人はおりましたが,密かに顰蹙をかっていました。移動人数を633万人と予想するのですから,韓国の多くの企業では5月4日を他日と振り替えて「5連休」としているのでしょうか。労働者のためにと言うよりも稼働の効率性から,このような例は日本でもないわけではないようです。
[PR]

by gakis-room | 2015-05-03 18:00 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 26日
あれこれ,韓国の旅・その3
※写真はクリックすると拡大します。
d0006690_1781561.jpg【瀟灑園(ソセウォン)】
全羅南道(チョルラナムド)潭陽(タミャン)郡にある瀟灑園は,朝鮮王朝第11代中宗時代初期の高級官僚であった梁山甫(ヤンサンボ,1503ー1557)が隠棲した地です。

彼は師の趙光祖(チョガンジョ,1482ー1519)が失脚して,配流,自死に追い込まれると,官職を捨て,俗世を離れてこの地に住みました。隠棲の地と言っても,渓流を含む自然の中にいくつかの建物を配した立派な庭園で,韓国の三大庭園の1つに数えられています。

確かにこの中の建物の1つに座っているだけで,なんとなく落ち着いた気分になります。しかし,官職を捨てた後,彼は生活の糧をどのようにして得ていたのか,そもそもこの建物群の建設費はどのように工面したのか気になりました。日本でも,鴨長明など閑居生活をした有名人はたくさんいますが,地主であったのか,官職の間にそれだけの蓄えをしたのか,同様の疑問を持っています。俗物の私です。

d0006690_8415894.jpg【メタセコイア並木】
これも全羅南道潭陽郡です。メタセコイアが2.1kmほど続きます。

メタセコイアはヒノキ科メタセコイア属の針葉樹で,1科1属です。秋には紅葉します。和名はアケボノスギです。生育は1年で1mほどと早く,最終的には3〜40mになるそうです。なお,この並木道への入場は有料で,1000ウォン(約110円)です。

韓国では1970年代初期に全国的な並木造成事業が行われたようですが,ここでは3〜4年ものの苗木が植えられましたが,現在ではこのような高さの並木道をつくっています。2002年,韓国の山林庁と生命の森栽培国民運動本部により「最も美しい並木」に選ばれた場所だそうです。

なお,メタセコイアの並木道は滋賀県高島市マキノ町にもあり,こちらは2.4kmです。1994年(平成6年)に読売新聞社の「新・日本の街路樹百景」に選定されています。2010年には主婦の友社が選定した「日本紅葉の名所100選」のひとつにもなっています。

d0006690_1785349.jpg【ケバン・ファジャンシル(開放化粧室)】
街中で見た看板です。「ケバン」とは開放,「ファジャンシル」とは化粧室,つまりトイレのことです。

「開放化粧室」は公衆トイレではなく,私的なトイレですが,誰もが自由に利用できるように開放されていると言うことです。ここだけでなく,他の所でも見ました。日本にはないシステムかと思います。

d0006690_179611.jpgここが開放主のレストランです。私たちはここで3日目の昼食をとりました。














【ハック旅行のハプニング】
三泊4日の韓国旅行は走行距離1,115kmのバス旅でした。パック旅行ですから,すべてお任せの気楽さでした。当然のこととして,それぞれの場所での滞在時間も自由にはなりません。そんな不便さはありましたが,珍島の海割れと南漢山城が私の目当てでしたから,このツアー自体には不満はありませんでした。いたるところで桜とツツジを見ることもできました。

3日目,ソウル市内に入ってからハプニングがありました。少し急な坂でバスがエンストを起こしました。原因はガス欠です。15分ほど運転手は悪戦苦闘していましたが,坂の下までバックで戻り,残余のガソリンをだましだまししてなんとか夕食の場所にたどりつきました。

夕食には「お詫び」として,ビール1本がつけられました。「15分の遅延でビール1本」ですから,「この程度なら毎日あってもよかった」とは私を含めた仲間の感想です。なお,夕食後のバスは運転手を含めて交代でした。プロにあるまじき失策をした運転手はきつい叱責を受けたことだろうと思います。
[PR]

by gakis-room | 2015-04-26 18:00 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 25日
役に立たなかった南漢山城,韓国の旅・2
d0006690_12514624.jpg南漢山城(ナマンサンソン)はソウルの南東25kmにある,山の稜線を繫いだ全長11.7kmの城壁に囲まれた山城(海抜500m)です。2014年に韓国としては11番目の世界遺産に登録されました。

山城とは,平城に対する立地の違いだけでなく,有事には,軍民が籠城して敵に対抗するための根拠地となります。文禄慶長の役の時の幸州山城(ヘンジュサンソン)がその典型です。

南漢山城の場合は,城内に行宮,宗廟,社稷(しゃしょく)も作られ,臨時首都的機能をも持ちます。正祖による華城も同様です。

d0006690_12521475.jpg城内は比較的平地で,45カ所の池と80以上の井戸も掘られました。食糧の備蓄あれば,数万人の兵力の受け入れも可能だったようです。

このような首都的機能は朝鮮王朝の第16代国王仁祖(インジョ,在位1623ー1649)3年の1626年に完成しました。折しも満洲では女真族の後金(後の清王朝)が強大となり,南下の兆しを見せ始めていました。実際に,後金は1636年に南下侵入します(丙子胡乱)。

この時,仁祖は1万数千人の兵とともに南漢山城に入場し,後金に対抗します。しかし,仁祖はわずか47日で開門し,後金に降伏しました。食糧の備蓄も少なく,補給もできなかったからです。城を出た仁祖は都(漢陽)の郊外の三田渡(サムジョンド,現ソウル特別市松坡区三田渡)で「三跪九叩頭の礼」(三度跪き、その都度三度頭を地にこすりつける,計九度)をもって謝罪し,後金に臣下の礼を尽くす盟約を結ばされました。

後にはその地に「大清皇帝功德碑」まで建立させられました。植民地にこそなりませんでしたが,朝鮮王朝としては,20世紀に日本の植民地となったことを除けば最大の屈辱となりました。

上の写真は,南門(至和門)で,手前が城外です。下の写真は復元された行宮です。行宮をゆっくり見て回りたかったのですが,ツアーのため時間がとれず,残念でしたが遠くから眺めるだけでした。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2015-04-25 18:00 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 24日
珍島の海割れ,韓国の旅・1
【追記】
海割れの回数を訂正しました。

d0006690_12173855.jpg20日〜23日,誘われて「珍島の海割れと韓国自然紀行4日間」なるツアーに参加しました。

珍島(チンド)は朝鮮半島南西部の島で,済州島,巨済島についで3番目に大きな島です。この島と東南2.8kmにある茅島(モド)との水深は5〜6mですが,ここは干満差が大きく,毎年3月〜5月の大潮の時には海道ができます。この「神秘の海道」が,天童よしみが「珍島物語」で歌った「海割れ」です。

今年の「海割れ」は3月20日〜23日,4月18日〜21日の2回です。間違いです。1月〜5月,11月,12月に計31回です。最大のものは2月20,21日の早朝です。

d0006690_12181426.jpg私の行った4月21日は今年最後の「海割れ」の日です。残念ながら海道は全部ではなく,半分くらいしか現れませんでした。写真の青線に沿って道ができます。

天童よしみの歌では曖昧ですが,歌の中の家族の別れとは以下のような物語です。

【ポンお婆さんの伝説】
朝鮮王朝時代の初期の頃,珍島に虎がでて人を襲うようになりました。村人たちは難を逃れるために茅島に逃れましたが,なぜかポンお婆さんだけが取り残されてしまいます。ポンお婆さんは家族に会いたくて,茅島の見える海岸に出て,毎日,海の龍王に祈りを捧げました。するとある日のこと,夢の中に龍王が現れて,「明日は虹を掛けるから海を渡るがよい」と告げます。

翌日,ポンお婆さんが海に出てみると,対岸の茅島まで虹のように海道が現れました。茅島に逃れていた村人たちが,その海道を村に走っていってみるとポンお婆さんが祈っていました。お婆さんは家族,村人との再会を喜び,海の龍王に感謝しながら息を引き取ります。

その後,村人たちは毎年3月(陰暦)に,ポンお婆さんのために祭祀を行うようになりました。以来,子どものいない人,愛をかなえられない人が祈れば,願いが叶うと伝えられるようになりました。

「海割れは自然現象のため,必ず鑑賞できるとは限りません。鑑賞できなかった場合でも旅行代金の返金はございませんので,あらかじめご了承ください」とは、旅行パンフレットの但し書きですが,海道の半分は見えましたから,「私の願い」もおぼろな輪郭程度には叶うのでしょうか。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2015-04-24 18:00 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(2)
2015年 02月 19日
きょうは旧暦1月1日,韓国ではソルラルといいます
d0006690_14541591.jpgきょうは旧暦の1月1日,旧正月です。日本では「旧正月」はほとんど死語ですが,韓国では,正月の祝いは陽暦の正月(新正,シンジョン)ではなく,旧正月(旧正,クジョン)で祝います。漢語のクジョンよりは固有語のソルラルがより一般的でしょうか。

シンジョンは1月1日の1日だけが公休日※ですが,ソルラルはこの日を挟んだ3日間が公休日になります。今年はその後に土曜,日曜が続きますから,実質的には5連休となります。旧暦8月15日(秋夕,チュソク)を挟んだ3日間も連休ですが,どちらも帰省ラッシュとなります。

※公休日  厳密には公務員の休日。民間は自律的に選択
     する。大企業や中堅企業は労働協約で「公休
     日」を準用する取り決めをしている。

17日の聯合ニュース(日本語,電子版)によれば,国土交通部(日本の国土交通省に相当)では,17日から22日にかけて移動する人は,全国で3354万人,1日平均で559万人と見込んでいるそうです。韓国の人口は5044万人(2014年)ですから,国民の66パーセントが移動する,まさに「民族大移動」です。

ほとんどの百貨店や商店はソルラル当日19日(木)と翌日の20日(金)に休業します。このために,空っぽのソウルはいたって静かになります。

【ソルラルの朝の伝統的な儀式】
韓国観光公社のホームページによれば,ソルラルの朝の伝統的な儀式は以下のとおりです。

ソルラルの朝には早起きして朝風呂に入り,ソルビム(正月のため新調した服)や一張羅の韓服を着たりして身支度をし,先祖を敬う儀式「茶礼」(チャレ)を執り行ないます。韓国ではこの日には先祖がこの世に戻ってきて食事をしていくと考えられています。

茶礼では,テーブルの上に位牌を置き,茶礼用の食べ物を順序通りに並べて,酒を注いでお辞儀をする儀式が行われます。先祖に対する日ごろの感謝を表し,一年間、家族を見守ってもらうようお願いする意味が込められています。

茶礼が終わると食事の時間となり,ソルラルの朝に欠かせない韓国の雑煮「トックク」を家族全員で食べます。このトッククに使われる餅はもともと長いことから,長寿を表す縁起のいい食べ物であり,数え年で年齢を数える韓国では、このトッククを食べることによって1歳年を取ると考えられています。

これが終わったら今度は「歳拝(セベ)」を行います。年少者がお辞儀をすると,年長者から徳談(トクダム)と呼ばれる幸せを祈る言葉とともに,セベトン(お年玉)が渡されます。これが子どもたちがソルラルを楽しみにしている理由のひとつです。

宗教上の理由から茶礼を行わない家も増えつつありますが,そのような家でも親族が集まって新年の始まりを祝い,健康と幸せを祈りながら正月を過ごします。
[PR]

by gakis-room | 2015-02-19 18:00 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(2)
2014年 08月 29日
この夏の私の飲み物,五味子茶(オミジャチャ)
d0006690_17154582.jpg別に理由などはなく,単に気分によるだけなのですが,この夏はよくスイカを食べました。スーパーでは1/6あるいは1/8に切り分けたものを売っていますから,一人暮らしの私には,2回分として適当な大きさです。

最近では,どのように計測するのかは分かりませんが,切り分けられたスイカには「糖度」の表示があります。「糖度11.5度」以上のものがあると,なんとなく甘くて美味しそうに思われてつい買ってしまいます。

また,この夏は毎日のように五味子茶(オミジャチャ)を飲んでいます。「茶」といっても,乾燥させた朝鮮五味子(ごみし)の実を一晩,水につけておくだけです。こちらはスイカとちがって酸っぱさが特徴です。説明では「赤い色でほのかな甘みとさわやかな酸味がある」とありますが,「ほのかな甘味」はあまり感じられず,シロップを少量加えて飲んでいます。

五味子(オミジャ)は,甘味,酸味,苦味,辛味,塩味の5つの味を感じるというので五味子の名がついたのですが,私の舌では酸味以外は感じられません。また,オミジャチャには以下の効用があるそうです。

 ・天然ビタミンCがレモンの8倍で,ビタミンCがシミ・ソバカスを薄めてくれる
 ・咳や喘息,疲労回復,新陳代謝を活発にする, 吹き出物を鎮める
 ・リンゴ酸が多量に含まれており,滋養・強壮・疲労回復に優れている
 ・血液をサラサラにする

しかし,私はこれらの効果を期待して飲んでいるのではありません。リンゴで言えば,紅玉の酸味が好きなように,オミジャチャの酸味と透き通った赤色が好きなだけです。氷を浮かべた冷たいオミジャチャは,特に夏の暑い日には私には美味しい飲み物です。

500ccの水に小皿の分量(約10g)のオミジャを入れて,一晩おいて出来上がりです。私はこれを500ccのペットボトルに移して,冷蔵庫で冷やしています。
[PR]

by gakis-room | 2014-08-29 18:00 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(7)