2017年 12月 04日 ( 1 )

2017年 12月 04日
最大の満月のこと,明日の日の入り時刻のこと
d0006690_171677.jpgきようは予報通り,午後からは雨(と言っても記録に残らない程度),そしてその後は曇りで,月見はできません。

昨日,昨夜の月について「満月の1日前の十六夜でも,まあ,私には満月みたいなもの」と書きましたが,月見は昨夜で良かったようです。

  昨夜の写真撮影  17時40分頃
  満月の瞬間    00時47分
  きょうの月の出  17時38分

昨夜の月の撮影時間は「満月の瞬間」のおよそ7時間前の月でした。きょう月見ができたとして,東の山の上に上る月を私が見るのは月の出の30分以上後のことですから,「満月の瞬間」から17時間以上後の月になります。ですから,今夜の月よりも昨夜の月の方がより満月に近かったことになります。もっとも月が地球に最接近するのは4日の17時46分のようです。

どちらにせよ,私の感覚としては「誤差以下」のことです。「誤差以下」のことと言えば明日の日の入り時刻です。

【明日は日の入りが1番早い日】
明日の日の入り時刻は国立天文台の「奈良(奈良県)のこよみ」によれば16時46分です。日の入り時刻が16時46分であるのは,明日の5日だけでなく,11月28日〜12月12日までの15日間です。

日の入り時刻を「分」まででなく「秒」までで計算すると以下のようになります。

  3日  16時45分43秒
  4日  16時45分40秒
  5日  16時45分39秒
  6日  16時45分40秒
  7日  16時45分43秒

これは「日本と世界の日の出日の入り時間情報(詳細)」によりましたが,計算場所の緯度・経度は奈良県庁です。場所が変われば日の入り時刻も変わりますが,それにしても「秒」の世界はもちろんのこと,「分」の世界でさえそのかなりの部分は,私の感覚では「誤差以下」です。

※写真は昨日の入り日,クリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-12-04 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)