2017年 11月 26日 ( 1 )

2017年 11月 26日
惜しかったぁ,ラグビーテストマッチ,フランスと引き分ける
d0006690_18483664.jpgそれにしても惜しかった!
フランスとのテストマッチ(国代表戦)は1973年が最初でしたが,日本はこれまで9連敗中でした。前週,トンガに39ー6で完勝した日本ですが,世界ランキング8位のフランスに対してどれだけの戦いができるかが注目されました。結果は世界ランキング11位の日本が世界ランキング8位のフランスに対して大善戦以上の力を発揮しました。

     日  仏
  前半 8  13
  後半 15  10 
   計 23  23

【前 半】
先制したのは日本でした。
 04分 日本はほぼ正面のPG(ペナルティゴール)を決めて3ー0
 13分 フランスは45メートルのPGで3ー3
 22分 日本,トライ。コンバージョンのゴールならす,日本リードの8−3
      フランスラグビーは「シャンパンラグビー」と言われます。それは走力とパスプレーを得意として,次々と
      フォローが湧き出でパスがつながるところからですが,日本の21分過ぎからの連続攻撃→トライは「シャ
      ンパンラグビー」のお株を奪うものでした
 30分 フランス,PGを決める,日本リードの8ー6
      フランスのPGに対して,日本のようにトライに挑戦せよと言わんばかりの場内からのブーイング
 39分 フランスのトライ,コンバージョンのゴールも決まって,8−13,フランスリードで前半終了

【後 半】
 01分 日本,開始直後,9連続攻撃でノーホイッスルトライ,ゴールも決まる,日本15−13でが再びリード
 09分 フランス,キックパスからのトライ,ゴールも決まる,フランス15−20で再リード
 23分 日本PG,18−20
 27分 フランス,PGで3点追加,18−23
 33分 日本この日3本目のトライで同点,23−23
      コンバージョンのゴールが決まれば日本の逆点でしたが,惜しくもはずれました。

「日本,フランスから初めての勝利」とは成りませんでしたが,日本は互角以上の戦いぶりでした。それはノーサイドの瞬間,日本の主将のリーチがほほえみを漏らしたの対して,フランスの選手の何人が跪いたままだったことに象徴されていました。フランスは現在テストマッチ5連敗中(南アフリカに3敗,ニュージーランドとオーストラリアに各1敗)です。フランスのヘッドコーチは試合前,「日本との試合はフランスラグビーがプライドを取り戻す戦い」と意っていたそうですが,格下の日本との引き分けはあたかもフランスが敗者のようでもありました。

1週間前,日本が完勝したトンガは若手中心だったとか。しかし,日本の力は本物のようです。2年前,ワールドカップイギリス大会で,当時世界ランキング13位の日本が3位の南アフリカを34−32で破って英紙に「史上最大の番狂わせ」と言わせましたが,今朝,生中継を見ていて,あの時と同じワクワクドキドキの80分間でした。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-11-26 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)