2017年 11月 16日 ( 1 )

2017年 11月 16日
奈良地方気象台の冬支度
d0006690_1529381.jpg晩秋と初冬の境目が何かは知りませんが,明日の朝は厳しい冷え込みで,予想気温は2度,12月中旬並みです。

予報とは無関係かと思われますが,奈良地方気象台はきょう「冬支度」を終えました。気象台での「60分毎の観測値」を私は「毎正時の気温」としていますが,その表の項目への「積雪深」の追加を「気象台の冬支度」と呼んでいます。

その「冬支度」を奈良地方気象台はきょう終え,13時から運用開始です。この「気象台の冬支度」に気づいたのは2014年ですが,今年は昨年より14日早く,それだけ冬の訪れが早いのでしょうか。
  【奈良地方気象台の冬支度】
  2014年  11月6日
  2015年  11月25日
  2016年  11月30日
  2017年  11月16日

11月16日の「冬支度」は近畿各地の6気象台のうち5番目です。
  京都地方気象台  11月15日  12時運用開始
  大阪地方気象台  11月15日  14時運用開始
  彦根地方気象台  11月16日  10時運用開始
  和歌山地方気象台 11月16日  11時運用開始
  奈良地方気象台  11月16日  13時運用開始

神戸地方気象台はまだですが,気象台以外に積雪を観測している特別気象観測所が近畿には3箇所あります。
  豊岡特別気象観測所(兵庫県)  11月13日  11時運用開始
  舞鶴特別気象観測所(京都府)  11月15日  12時運用開始
  潮岬特別気象観測所(和歌山県) 未

1週間後の22日は二十四節気の「小雪」です。
[PR]

by gakis-room | 2017-11-16 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)