2017年 10月 03日 ( 1 )

2017年 10月 03日
明日は中秋の名月ですが,実は十三夜
d0006690_16203612.jpg明日は旧暦8月15日,「中秋の名月」です。奈良の月の出は16時58分,方位は96.6度ですからほぼ真東です。日の入りが17時37分ですから,その頃には東の山々の上に「中秋の名月」を見ることができそうです。

天候も午前中は曇りの予想ですが,午後からは腫れとのことですから雲の心配はなさそうです。

ところで明日の月の月齢は13.9(正午)ですから満月ではありません。満月は2日遅れの6日の3時40分です。明日の月は満月の2日前ですから,天文学的には「十三夜」です。しかし,「中秋の名月」は天文学上のことではなく,旧暦での習わしですから,明日の月を楽しむことにします。

【旧暦8月15日と満月とのずれ】
旧暦15日と満月とのずれはよくあることです。2001年から30年間の旧暦8月15日と満月の日をみてみました。

旧暦8月15日と満月とが重なるのは30年間で11回ですから,ほぼ三分の一です。旧暦8月15日と満月とが重ならない年がふつうということになります。また,間隔にも規則性らしきものはないようです。

【10月になっての「中秋の名月」】
天気のサイトで「10月にずれこむのは2009年以来8年ぶり」であることを知りました。「8年振り」とのことですから,珍しいことかと思いましたが,そうでもないようです。

2001年以降の30年間での10月になっての「中秋の名月」は7回ですから,4年に1回近くということになります。しかし,「5年振り」は2回ありますが「8年振り」は今年だけです。
[PR]

by gakis-room | 2017-10-03 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)