2017年 09月 15日 ( 1 )

2017年 09月 15日
球果が面白い,コノテガシワ・センジュ
d0006690_1542459.jpgコノテガシワ ヒノキ科 クロベ属

コノテガシワと教えていただきました。漢字では「児の手・柏」です。

コノテガシワは常緑の小高木で5〜10メートルになるようです。しかし,これは園芸品種の「センジュ(千手)」で,1.5メートルほどです。大きくても数メートル止まりのようです。

葉はヒノキによく似ていますが,ヒノキのように裏は白くなく,表裏の区別がありません。

命名の由来は,枝が直立する様子が,子供が手を上げる様子に似ているから,あるいは稚児が合掌しているように見えるからとのことです。

d0006690_15431257.jpg金平糖みたいですが,これは球果です。大きさは1〜1.5センチほどでした。

花は雌雄同株で,3〜4月頃に開きます。雄花は黄褐色,雌花は4遍の白緑色のようです。

是非見てみたいと思いましたが,閉店される店舗の前に並べられたものでしたから,叶わぬ願いです。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-09-15 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)