2017年 08月 18日 ( 1 )

2017年 08月 18日
きょうは「猛暑の特異日」,そして1994年8月の奈良
d0006690_1610968.jpgウィキペディアによれば,きょう18日は「猛暑の特異日」だそうです。しかし,奈良の最高気温は32.5度で「猛暑日」には遠く及びません。ちなみに2001年以降の8月18日が「猛暑日」であったのは6回ですから,確率としては35.3%です。「猛暑の特異日」としてはどうでしょうか。

ところで,ウィキペディアの「猛暑」の項では,日本における過去の猛暑の年として1994年,2007年,2010年,2013年の4年について「〇〇年の猛暑(日本)」として別項目を指示しています。

【1994年】
あの「超えよ,94年」の1994年です。この年の8月に,奈良の日最高気温の8月としての1位〜4位を記録していますが,この記録は現在でもなお更新されていません。また,最高気温の月平均は35.4度で,2位の1995年の34.9度を大きく引き離して,観測史上1位です。

この最高気温の月平均35.4度は,奈良の観測史上1位であるだけでなく,1994年の8月の最高気温の月平均では,全国3位の暑さでした。このことを最近知りました。「猛暑日」の18回も1995年,2010年と並んで奈良の観測史上1位です。月平均が全国3位の暑さの月を一体どのように過ごしていたのでしょうか。

なお,この年の7月もまた記録的な暑さの月でした。

【2007年】
8月16日に埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市で40.9度を観測して,1933年の山形市で観測された日本の最高気温40.8度を74年振りに更新しました。「暑いぞ!,熊谷」のキャッチフレーズは2005年〜2016年です。

【2010年】 
奈良では,「猛暑日」18回の8月もさりながら,9月に「猛暑日」を8回観測しています。ちなみに2位は1985年の4回です。9月12日は1990年9月12日と共に最も遅い「猛暑日」となっています。

【2013年】 
8月12日に高知県四万十市江川崎で41.0度を観測し,歴代全国1位を更新しました。なお江川崎では10日〜13日まで4日連続で40度以上を観測しています。
[PR]

by gakis-room | 2017-08-18 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)