2017年 05月 07日 ( 1 )

2017年 05月 07日
黄砂がやってきた
d0006690_1741326.jpg昨日の午後から黄砂が日本列島を覆っています。

昨日の午後2時頃までには松江,鳥取,広島で「視程距離10km以上」の観測があり,7時までには長崎,福岡,下関,松山,岡山でも「視程距離10km以上」となり,その後,佐賀,熊本,大分,高松,神戸,大阪,京都,彦根,奈良と広がりました。

きょうになって黄砂の範囲は西日本から東日本・北海道へと広がり,午後3時現在,全国の59観測地点のうち45観測地点で黄砂が観測されました。稚内では「視程距離2〜5km」,旭川,帯広,室蘭,函館,熊本では「視程距離5〜10km」が記録されています。

観測されなかったのは,北海道東部の網走と釧路,関東の宇都宮,熊谷,銚子,東京,横浜,甲府,そして奄美・沖縄の5観測地点と父島です。

黄砂観測は今年になって初めてで,5月になっての観測も1967年の観測開始以来初めてのことです。また,40地点以上の観測は,1966年以来,6年振りです。

この黄砂は明日の明け方まで残り,西日本では終日影響を受けそうです。

なお,59の観測地点は,全国の56気象台(北海道は7,沖縄は4,その他各都道府県に1)と帯広,名瀬の測候所と父島の気象観測所です。
[PR]

by gakis-room | 2017-05-07 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(4)