2017年 05月 06日 ( 1 )

2017年 05月 06日
初めてボタン(牡丹)に出会いました
d0006690_15421575.jpgボタン(牡丹) ボタン科 ボタン属

名前は知っているのに出会ったことがない花はたくさんあります。たとえばボタンがそうでした。そのボタンに先週,初めて出会いました。背丈は50センチほどです。

中国原産で,原種は8種とか。そこから様々な品種が創り出されています。品種の数がどれほどかは私には不明ですが,たとえば,奈良県葛城市の石光寺では牡丹420種,2700株とシャクヤク100種,500株とが栽培されており,同寺のホームページではボタン106種シャクヤク54種が紹介されています。

なお,シャクヤクもボタン科ボタン属で,花もよく似ています。1番わかりやすい見分け方は「葉」です。ボタンの葉は中程から先で浅く3裂していますが、シャクヤクにはこれがありません。

d0006690_1543966.jpg花径は12〜3センチほどです。

花の色は赤,赤紫,紫,薄紅,黄,ピンク,オレンジ,白と豊富で,花自体も一重,八重,千重,大輪,中輪と多様です。

また,別名も,百花の王,花王,花中の王,花神,富貴草,富貴花,天香国色,名取草,深見草,二十日草など多数あります。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-05-06 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)