2017年 04月 30日 ( 1 )

2017年 04月 30日
「みはらしの丘」の1/2250ですが「ネモフィラの丘」に行ってきました
d0006690_9285196.jpgルリカラクサ ハゼリソウ科 ネモフィラ属

ネモフィラ(ルリカラクサ)との初めての出会いは昨年の3月初めでした。その時に茨城県ひたちなか市の「国営ひたち海浜公園」内の「みはらしの丘」に咲く450万株を知りました。

450万株にははるかに及びませんが,2000株の「ネモフィラの丘」が大阪にあることを知り,先日行ってきました。JR大阪駅の北の「うめきたガーデンⅡ」で,10万株の花が咲いています。貨物駅の跡地での期間限定庭園で,昨年の10月7日〜今年の3月20日までが,第1期,今回は第2期で3月28日〜9月24日までです。

d0006690_929645.jpg近づくとこんな感じです。

d0006690_9292126.jpg少し離れて見るとそれほどの広さではありません。

右奥の建物は「花咲く丸太小屋CAFE」です。さまざまなコーヒーが提供されています。

d0006690_9294288.jpgこんなネモフィラも咲いていました。「ネモフィラ・マクラータ(マキュラータ)」です。和名は「モンカラクサ(紋唐草)」です。青色の斑点模様が入る唐草との謂いです。

上の和名がルリカラクサ(瑠璃唐草)のネモフィラは,正式に「ネモフィラ・メンジーシー(メンジェシー)」です。

ネモフィラ属は北米からメキシコにかけて13種が分布するそうです。

d0006690_9295627.jpg入り口すぐのところにある苔で覆われた高さ5メートルのキリンです。産経新聞の27日朝刊ではこのキリン像について「迫力満点で来場者が歓声を上げる」と報じていましたが,私にはいささかの感動もありませんでした。「うめきたガーデン」の主催は「うめきたガーデン実行委員会」ですが,その中心は産経新聞ですから,単なるキャンペーン記事です。

30分ほどで見て回れますが,花の名前の掲示もほとんどなく,ちょっと不親切です。それで入園料1,000円はどうなんでしょうか。私は2,250分の1の「ネモフィラの丘」を見たくて行きました。ちなみに,国営ひたち海浜公園の入園料は410円,65歳以上の私は210円です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-04-30 18:00 | 花の手帳 | Comments(2)