2017年 03月 31日 ( 1 )

2017年 03月 31日
ヒバリとツグミ
d0006690_1711158.jpg【ヒバリと間違えた鳥】
「近くの公園」で撮った鳥,これをヒバリと間違えました。

それで,ネットでヒバリとツグミの同じようなポーズの写真を(無断で)お借りして比べてみました。

d0006690_17113242.jpg【ヒバリ】
ヒバリです。
冠羽は見られせん。「普段は寝かせて目立たないようにしている」とのことです。それで上の鳥をヒバリとしました。

しかし,あまりにも不注意でした。大きさと冠羽以外にヒバリと同定する特徴は私には不明ですが,上の写真と明らかに違うところがあります。胸から脇腹にかけての部分です。ヒバリの胸の部分には斑点らしきものがありますが,上の写真のように胸から脇腹にかけての部分は斑にはなっていません。

d0006690_17115019.jpg【ツグミ】
ツグミです。胸から脇腹にかけての部分ははっきりと斑になっています。

ヒバリとツグミを同定するそれぞれの特徴があるのだと思いますが,それは何かは今もって不明ですが,29日の鳥がツグミであることは確認できました。

ツグミは全長24センチ,夏季にはシベリア南部で繁殖して,冬季には群れで日本などへ南下して越冬します。日本に着くと徐々に群れを解いて散らばって生息します。3月の半ばを過ぎると再び群れて北へ帰ります。

どのように集合するのでしょうか。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-03-31 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)