2017年 03月 25日 ( 1 )

2017年 03月 25日
レンギョウの開花が待ちどおしい
d0006690_730447.jpgレンギョウ モクセイ科 レンギョウ属

奈良の桜の開花は平年は3月29日ですが,今年は少し遅くなりそうです。12月と1月の気温が高かったために休眠打破が十分でなく,加えて2月の気温が平年よりも低く,3月になっても中旬以降は平年より低い日が多いことが理由かと思われます。

  12月の平均気温 7.2度(平年差,+0.9度)
  1月の平均気温  4.2度(平年差,+0.2度)
  2月の平均気温  4.4度(平年差,−0.2度)
  3月の平均気温  7.1度(平年差,±0.0度)
   (24日まで)

開花が遅いのは桜だけではなく,レンギョウの開花も遅れています。レンギョウは桜に先駆けて例年は3月20日前後に開花します。そして25,6日頃には満開となります。

「近くの公園」には樹高1メートルほどの4株のレンギョウがあります。昨年まではもう1本,樹高3メートルのものがありましたが,年末年始のイルミネーション行事のために昨年の9月10日に除去されてしまいました。

写真は今朝のレンギョウです。蕾はようやくほころび始めたところです。
春,例年はレンギョウの黄色→ユキヤナギの白色そして桜の開花へと,「近くの公園」はたちまち明るくなります。しかし,ユキヤナギもイルミネーション行事のために除去されてしまっています。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-03-25 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)