2017年 03月 17日 ( 1 )

2017年 03月 17日
ミモザ,アカシア,ニセアカシア
d0006690_16185326.jpgギンヨウアカシア マメ科 アカシア属

ギンヨウアカシア(銀葉アカシア)です。別名のミモザが通りがいいでしょうか。アカシアとはアカシア属に分類される植物の総称で,およそ600種類あるそうです。

日本で普通によく見られるのはギンヨウアカシアで,樹高5〜10メートルの常緑高木です。ギンヨウ(銀葉)とは葉の色からの命名です。2月〜4月に7〜8ミリの黄色の頭状花序を房状に付けます

ギンヨウアカシアによく似たアカシアにフサ(房)アカシアがあります。切り花によく利用されますが,花も葉もギンヨウアカシアよりはやや大きめですが,とてもよく似ていますが,一番の違いは葉の付き方です。

d0006690_16191914.jpg ・ギンヨウアカシア
    螺旋状に密に互生し,羽片が3~5対と少なく,
    羽片の小葉も8~25対と少ない。
 ・フサアカシア
    互生し,羽片が10~20対と多く,羽片の小葉
    も30~40対と多い。

【ミモザ】
イギリスではフサアカシアのことをミモザと呼んいたので,日本ではアカシア全般をミモザと呼ぶようになった言われています。

しかし,植物学上のミモザはマメ科オジギソウ属の植物の総称であり,アカシアのことではありません。ミモザ(フサアカシア)が,マメ科オジギソウ属の植物と花姿が似ていることが由来となってミモザと名付けられてから,混合されることが多くなったようです。

【ニセアカシア】
混同と言えばニセアカシアがあります。ニセアカシアはマメ科ハリエンジュ属の樹高20〜25メートルの落葉高木です。北米原産で,明治初年に輸入されました。本来のアカシアの渡来までの間,このニセアカシアをアカシアと呼んでいました。それで混同されるようになりましたが,アカシアの花が黄色であるのに対して,こちらは白色の蝶形花で,花期は5〜6月です。

以下は全てニセアカシアのようです(ウィキペディアによる)。
 ・札幌のアカシア並木
 ・アカシア蜂蜜として売られているもの
 ・西田佐知子のヒット曲「アカシアの雨がやむとき」に歌われる「アカシア」
 ・石原裕次郎のヒット曲「赤いハンカチ」に歌われる「アカシアの花」
 ・北原白秋の「この道」に歌われる「あかしやの花」
 ・清岡卓行の小説「アカシヤの大連」[11]で知られる中国の大連市を代表する樹木
 ・松任谷由実の「acacia[アカシア]」(2000年代)

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-03-17 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)