2007年 02月 18日 ( 1 )

2007年 02月 18日
きょうは旧暦1月1日です,韓国の旧正月・2
きょうは旧暦1月1日,つまり,旧正月です。中国では春節というそうですが,韓国ではソルラル(元旦の日)と呼ばれます。韓国ではこの日を挟んで3日間が休日です。日本の場合,実質はともかくとして,休日となるのは1月1日だけです。ですから,昨年のように1月1日が日曜の場合には1月2日が振り替え休日になります。何となく間の抜けた感じの振り替え休日です。

韓国の帰省ラッシュについては2月11日に書きましたが,海外旅行も盛んなようです。韓国の新聞によると,旧正月の連休を利用した海外旅行は29万8000人が予想されるとのことです。今年の日本の場合はJTBの予測では64万8000人だったそうですから,日本と韓国との人口を考えるとその多さが目立ちます。

家族で旧正月を楽しむということなのでしょうが,理由の一つにソルラルの準備の煩わしさをさけるというのもあるようです。ソルラルの前日は,先祖を供養する儀式に使う食べ物を作ります。作られるのは各種和え物や魚や野菜に衣をつけて焼いたジョンと言われるものなど約20種類もの品々。

儀式に使われるものだけに真心をこめて形よく作らなければならないため,時間と労力の要る大変な作業となります。韓国ではこのような作業のほとんどを女性が行うため,このような準備を行う名節(旧正月と秋夕)がやってくる前に訳も無く頭痛や疲労に悩まされる「名節症候群」という言葉があるそうです。

もちろん最近は男性が手伝ったり,全家族が少しずつ食べ物を持ち寄ったり,20~30万ウォンほどするデリバリーを頼んで済ませる人も見られるようになっています。日本でもおせち料理を作らなくなったことと似ているようです。

元旦の朝は挨拶は「セベ」(歳拝)と言われ,韓国独特のお辞儀「チョル」をします。 このチョルは法事などの儀式を行う際に行われるもので,お正月には特に,旧正月の朝に下の者が目上の人に対して深々とお辞儀するという習慣があります。以下にその「チョル」の仕方がでていました。
チョルの仕方
[PR]

by gakis-room | 2007-02-18 12:03 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(4)