2009年 07月 16日
花の大きさは1ミリもありません,クルマバザクロソウ
d0006690_15213839.jpgクルマバザクロソウ(車葉石榴草)
ザクロソウ科 ザクロウソウ属

「近くの公園」に沿う街路樹の根元です。背丈は10センチ位で,広がって分枝しています。

熱帯アメリカの原産で,江戸時代末期に渡来したそうです。花からはほとんど区別の付かない「ザクロウソウ」があります。こちらは「史前帰化植物」です。

葉の枚数は違います(クルマバザクロソウは4〜7枚,ザクロソウが3〜5枚)が,どちらも「偽輪生」(注)です。しかし,花の付き方が違っています。

・クルマバザクロソウ  葉の基部に輪生
・ザクロソウ      花頂に枝を分けて付ける

とありましたから,クルマバザクロソウとしました。7枚の葉の「偽輪生」を車に見立てたようです。

d0006690_15214722.jpg5弁の白い花びらに見える部分は,花びらではなく「萼(ガク)片」です。1枚の萼片は2ミリもありません。

真ん中の薄緑の部分が花で,花弁はありません。直径は1ミリもありません。また,萼片は3時頃にはすべて閉じてしまいます。

面白いのはアジサイで,色がついている部分は「萼」で 花はその中の小さな点のような部分とのことです。

注:偽輪生
茎につく葉の並び方を葉序といい代表的なものに互生または対生がある。そして一つの節に3個以上の葉の付くものを輪生という。しかし,一見同じ節につき輪生に見えても、葉の茎に対する付着点がいくらか葉軸に沿ってずれているものを「偽輪生」といい,ヤエムグラもまた「偽輪生」である。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-07-16 15:37 | 花の手帳 | Comments(0)


<< 不快な1日      邪魔者扱いにされる花,イタリア... >>