2009年 06月 24日
完全武装,アメリカオニアザミ
d0006690_18435342.jpg
アメリカオニアザミ キク科 アザミ属

いつも行くスーパーの途中の溝で見ました。

私の虎が煙草を吸っていた頃「あざみの歌」という流行歌がありました。伊藤久男が歌っていました。好きな歌でした。
 3 いとしき花よ 汝はあざみ
   こころの花よ 汝はあざみ
   さだめの径は 涯(は)てなくも
   かおれよ せめてわが胸に

同じアザミ属でも,「あざみの歌」とは違って,なんともすごい花です。全身棘に覆われて完全武装です。葉の先端,茎の至る所,そして花の下の丸い部分は総苞でしょうか,ここも棘に覆われています。

棘は鋭く,ちょっとさわってもしっかりと痛みを感じさせます。まるで「虫以外は一切近寄るな」と宣言しているみたいです。

「アメリカ」の名前が付いていますが,欧州原産の2年草です。赤紫色の花の左の白いものは花後でしょうか。また,右上の茶褐色のものは痩果(そうか,種子のように見える果実)でしょうか。

d0006690_1844869.jpg近寄って見てみました。白い部分は花粉のようです。花序のひとつひとつの細長い筒状花はあまりにも小さく,肉眼ではよく分かりません。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-06-24 07:00 | 花の手帳 | Comments(4)
Commented by saheizi-inokori at 2009-06-24 07:26
ハリセンボンですね。
アザミの歌は学生時代にコンパなどでよく歌ったなあ。
あの頃は良く歌ったのに今は歌うことがなくなった。
Commented by 高麗山 at 2009-06-24 10:04 x
これは凄いアザミですね、普段私が野で目にするアザミとはどうなるんですか?
「アザミの歌」ユウ・ツべで聴いて思い出しました、旧い歌ご存知なのですね。。。
Commented by gakis-room at 2009-06-24 18:09
saheiziさん,
そうですね,まさしくハリセンボンですね。そこまで思い至りませんでした。花序に触ってみて,痛くなかったので安心(?)して終わりました(笑)。

「山のけむり」も好きでした。しかし,音痴の私には歌いたくても歌えませんでした。
Commented by gakis-room at 2009-06-24 18:15
高麗山さん,
棘のある花をいくつか知っていますが,これほどまでの花は初めてです。こんな花が「心の花園」に咲いたら大変なことになってしまいます(笑)。

>旧い歌ご存知なのですね
伊藤久男は好きな歌手でしたから。


<< ハナツクバネウツギが満開です      昨日が旧暦5月30日,そしてき... >>