2009年 06月 08日
よくわかりません,タイサンボクの花
d0006690_973054.jpg「近くの公園」です。タイサンボクが咲き出しました。花の寿命は2,3日とのことですから,この鮮やかな白色もハクモクレンと同じようにすぐに黄ばんでしまいます。

ところで,花芯の上部の黄緑色の部分が雌しべでしょうか。そして,下部の折れていく黄色の部分が雄しべでしょうか。

さらにその下には赤い部分は何と言うのでしょうか。

d0006690_974213.jpg調べて見ましたが,タイサンボクの花については良く分かりませんでした。

これは別の花です。雄しべ(?)はほとんどなくなっています。雌しべ(?)も複雑な形をしています。赤い部分はしっかりとした網目になっています。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-06-08 09:10 | 花の手帳 | Comments(8)
Commented by フローラ at 2009-06-08 17:30 x
この赤い部分の穴というか点のようなところに雄蕊がはえていたのでしょうか。しぶとくのこるのが雌蕊で死んじゃったようなのが雄蕊だとは思います!「花托」という言葉が思い出されたのですが、それはなんでしたかしら?この赤い部分は花托??
Commented by gakis-room at 2009-06-08 19:39
フローラさん,
雄しべは赤い部分の上に付いています。
「花托」で調べて見ました。赤い部分は花托のようです。モクレン属(タイサンボクもモクレン属です)の場合は,花軸というようです。イチゴの食べる部分も花托でした。
Commented by saheizi-inokori at 2009-06-08 21:05
このあたりは全く分からない分野です。
Commented by gakis-room at 2009-06-08 22:05
saheiziさん,
あはは,素人でも関心の分野には自然に手が動きます(笑)。
Commented by イネ at 2009-06-09 00:19 x
開いた花はミツバチか蝶か鳥に、おいでおいでをしているのでしょうね。
花粉媒介者さんに。
新潟の実家に母サポートに行ってきました。
クローバーが花盛りでした。
甘い懐かしいにおいが溢れていました。
クローバーの茂みに向って雀たちが顔を突っ込んでいくのです。
ハチを狙っていたのでしょうか。
それとも蜜を吸おうとしていたのでしょうか。
Commented by フローラ at 2009-06-09 03:32 x
タイサンボクは雌性先熟だそうです、開花とともに受粉し、そのあとに雄蕊が花粉放出、ですって。冗談交じりに不正確なことを書いてしまいましたので念のため。これより前(花弁が開ききっていない段階)の写真を見つけましたが、雌蕊をまるくとりかこむ(覆う)雄蕊(?)がよくわかり、花軸は見えません。

自然でもあの(ポプリ、香水などでわりとポピュラーな)マグノリアの香り、ですよね?高すぎて嗅げないですけれど!
Commented by gakis-room at 2009-06-09 07:51
イネさん,
場所の違いでしょうか。クローバーの季節は終わりかけています。
私もスズメがよく遊んでいるのを見かけました。
Commented by gakis-room at 2009-06-09 07:54
フローラさん,
今朝見て来ました。雄しべは赤い部分に付いていました。

偶然に,今年は手の届くところにも咲いています。ほんのりとしたいい香りです。


<< ムラサキエノコログサでしょうか      キョウチクトウの装い >>