2009年 05月 27日
ニワゼキショウの白花です
d0006690_10391147.jpgニワゼキショウのシロバナです。「例の田舎道」です。

白色のニワゼキショウは知っていましたが,実際に見るのは初めてのことです。

群生ではなく1輪だけぽつんと咲いていました。それが何ともいい感じです。

 ニワゼキショウ
 アヤメ科 ニワゼキショウ属

d0006690_10393079.jpg「近くの公園」では普通の(?)ニワゼキショウが花盛りです。あちこちで群生しています。しかし,白色は見あたりません。

白色のニワゼキショウは1輪では凜とした感じですが,群生はきっと艶やかなものだろうと思います。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-05-27 07:00 | 花の手帳 | Comments(4)
Commented by イネ at 2009-05-27 08:40 x
ニワゼキショウの群生写真、シロバナの一輪咲き、しかと拝見しました。
近くの公園にいつまでもニワゼキショウがあるといいですね。
一昨年、友人が石神井公園で貝母の花を一株見つけました。
今年は少し株が太くなったねなどと、話しています。
シロバナ、来年は増えるかもしれませんね。
ありがとうございました。
Commented by yuuko-11 at 2009-05-27 10:12
群生とまではいきませんが咲いているところがあります。
(今は、ドクダミに占領されつつありますが)
白もあるんですね。
突然変異なのかな?と思ってググってたけど
<遺伝子は赤紫が劣性,白花が優性であり>
で、脳が停止してしまいました(笑)
Commented by gakis-room at 2009-05-27 17:53
イネさん,
バイモについては知りませんでした。面白い花ですね。別名の「編み笠百合」の方がなじめそうです。見ることがてきたらいいなと思っています。
Commented by gakis-room at 2009-05-27 17:55
yuuko-11さん,
遺伝子のことは良く分かりませんが,素人的には「優性」が優勢かと思ってしまいます。「脳が停止」,良く分かります(笑)。


<< 花の形がおもしろい,ユキノシタ      まもなく5月も終わりますが >>