2009年 05月 15日
1ミリほどの小さな花です,マツバゼリ
d0006690_64757.jpgマツバゼリと教えていただきました。
 セリ科 マツバゼリ属(またはオランダミツバ属)

いつも買い物に行くスーパーの駐輪場のフェンス脇に咲いていました。熱帯アメリカ原産です。

私の見たものは背丈が30センチ位でしたが,40〜50センチ位にもなるようです。

白い点に見えるのが花で,そのてんでに伸びる花序と極細の針状の葉とが入り交じって,ぐちゃぐちゃの感じです。名前の由来は「松葉のような芹」です。

d0006690_642327.jpg近寄ってみると花の大きさは1ミリくらいで,ちょっと見た目には白い点が広がって線香花火のようです。覗き込むと,5弁の花で,雄しべと雌しべも確認できます。少し赤みもありました。

昨日のトウバナ,5月8日のオヤブジラミにしてもそうですが,このような小さな小さな花もまた,虫によって受粉するのでしょうか。そんな場面を見て見たいと思います。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-05-15 06:06 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/9728391
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< オランダガラシ,クレソンのことです      スズランではありません,ドイツ... >>