2009年 05月 13日
スズランではありません,ドイツスズランです
d0006690_2001955.jpg「近くの公園」に咲いています。スズランかと思いましたが,違っていました。「ドイツスズラン」です。

「ドイツスズラン」はスズランよりも大型で,花の位置と葉の高さがほぼ同じです。山や高原に咲いている在来種のスズランは花の位置が葉の高さよりもかなり低いところで咲きます。

手元の図鑑では「スズランは夏に涼しく,積雪の少ない低温,乾燥した大陸性の気候を好む。北海道では低地に生えるが,本州九州では山地の高原に生える」とあります。

そういえば,名古屋の実家でもスズランがたくさん咲いていましたが,あれもスズランではなくドイツスズランのようです。つまりは,私たちが普通に目にするのはドイツスズランで,在来種のスズランには簡単にはお目にかかれそうもないようです。

d0006690_2003288.jpg花にさわってみると,意外に硬さがありました。ドイツスズランもよい香りがします。中を覗いてみると雄しべの葯がデンと構えています。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-05-13 07:00 | 花の手帳 | Comments(0)


<< 1ミリほどの小さな花です,マツバゼリ      「スプーン咲きオステオスペルマ... >>