2009年 04月 26日
フジの花
d0006690_83224.jpg「近くの公園」の藤棚ではフジが見頃になりました。この藤棚の下ではいろいろな人たちが時間を過ごしています。

写真の左にある子どもの遊び場に子どもを遊ばせている母親たちは多くの場合シートを持参しています。老人たちは時には缶ビールなんかを持っています。そして夕方にはカップル。

私はここでくつろぐことはありません。「私のベンチ」は写真の右の池の反対側にあります。

d0006690_8321599.jpgフジの花をしげしげと眺めてみました。しかし,おもしろい形をしたこの花の房と「フジの実」がどうしても結びつきません。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-04-26 08:32 | 花の手帳 | Comments(12)
Commented by saheizi-inokori at 2009-04-26 12:17
匂いがいいでしょう。
山歩きをしていてふっと藤の香りがするのであちこちを見ると随分高いところに藤が下がっているのを見つけます。
Commented by フローラ at 2009-04-26 12:37 x
ついさっきカップルで(笑。夫とですよ~)藤棚の下で深呼吸してました!これこそナチュラルアロマテラピーです。gakiさんなぜそこにはいらっしゃらないんです?ところでカナダの黄色い藤は日本には無いのかしら?
Commented by gakis-room at 2009-04-26 17:24
saheiziさん,
藤棚の下に行ってみたのですが,鼻が悪い性でしょうか,ほとんど香りを感じませんでした。ちょっと損したような気分です(笑)。
Commented by gakis-room at 2009-04-26 17:36
フローラさん,
「ナチュラルアロマテラピー」,素敵ですね。風は強くありませんでしたか。奈良は先ほどまで強い風が吹いていました。

>なぜそこにはいらっしゃらないんです?
理由はありませんが,強いて言えば,「私のベンチ」がないからですね。背もたれのついている椅子があればねえ(笑)。

「黄色の藤」
フジと同じマメ科ですが,属は違うようです。和名はキバナフジあるいはキングサリ(金鎖)と言うそうです。以下のところで見られるようです。
  札幌市手稲区手稲本町商店街のメインストリート
  栃木県「あしかがフラワーパーク」
  「埼玉県花と緑の振興センター」
  大阪府豊中市「都市緑化植物園



Commented by YUKI-arch at 2009-04-26 19:17 x
色濃い緑葉に、
たれさがったフジの花がはえ、
みごとな藤棚ですね。

暑い季節にはその下で、
寝そべってみたいものです。
Commented by gakis-room at 2009-04-26 21:10
YUKIさん,
藤棚の下に居ることはまれですが,夏の日差しの季節にはいい陰を作っています。
Commented by Mr.Yo-Yo at 2009-04-26 23:27 x
お久しぶりです。
いつも、フジ棚を見て思うのは「どうしてフジなのか」です。
あの、垂れ下がったのがいいのでしょうか。
ああいう感じのものは、「アットホーム感」をもたらしてくれますね。
Commented by フローラ at 2009-04-27 06:29 x
キバナフジのご案内ありがとうございました。東京も風が強く、藤の香りもことのほか漂ったのでしょう。夜空も青く澄んできれいでした。やっと阿修羅を見てきた連休初日でした、興福寺で見たのとはまた違う魅せ方に、大満足でした。
Commented by saheizi-inokori at 2009-04-27 07:48
花の香は少し離れたところで不意に訪れます。
そしてすぐに消えていくのが不思議です。
Commented by gakis-room at 2009-04-27 08:20
Mr.Yo-Yoさん,
花の中には,1本が似合うものと,集合が良いものとがあるように思えます。フジは後者でしょうか。
Commented by gakis-room at 2009-04-27 08:27
フローラさん,
阿修羅はなぜいいのでしょうか,私も大好きです。かすかな眉のひそみ,完全に合わさっていな合掌あたりに,私の迷いを投影しているのかもしれません。
Commented by gakis-room at 2009-04-27 08:29
saheiziさん,
きょう,もう一度藤棚のあたりを歩いてみます。香りに出会えますように。


<< みやこをどりはー  よーいやぁさー      花の季節は終わったのようです,... >>