2009年 03月 29日
アメリカフウロの葉が面白い
d0006690_20261429.jpgアメリカフウロを初めて見たのは昨年の4月23日でした。「近くの公園」です。昨年も写真に撮りながら,そのときは葉の形は印象に残っていませんでした。

アメリカフウロの葉は独特の形をしています。大きくは5つに深裂していいて,さらにそれぞれは分かれています。

ですから,花が咲いていなくてもすぐに分かります。この葉は「近くの公園」の何カ所がで見ることができますが,昨年に花を見た場所とは違います。花を付けているのはここだけでした。

d0006690_20275225.jpg花の大きさは1センチくらいです。昨年は「カタバミににている」と書きましたが,よく見ると1片の花びらはいかにも花びらの典型です。

花の色は「淡紅色からほとんど白色までの変異があるが,淡紅色のものが多い」とのことですが,「近くの公園」のものは,淡紅色です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-03-29 06:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/9522530
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by イネ at 2009-03-29 22:40 x
“アフリカフウロの葉が面白い”。雑草とは思えないですね。(失礼!)色といい、形といいそして花も。
上段の写真の下に見えているのはオオイヌノフグリでしょうか。
それともタチ、、のほうでしょうか。
新潟の実家に行ってきたのですが、オオ、、が道端に茂っていました。花弁の縞のように見えている脈のようなもの、これが美しさを増しますね。美しいブルーの花にみとれました。
このアフリカフウロの花も脈のような縞がいっそう美しく見せてくれますね。
Commented by gakis-room at 2009-03-30 05:43
イネさん,
気づきませんでした。アメリカフウロの花の大きさから考えるとタチイヌノフグリかも知れません。タチイヌノフグリはこの花を見た公園内の道沿いにありましたから。

オオイヌノフグリの花は単なる青だけでなく花びらの1片か白っぽいのも美しさの1つかも知れないと思っています。
Commented by イネ at 2009-03-30 19:07 x
おっしゃるとおりです。
小さい花の中に淡いブルーと濃いブルー。
この世の美しいものベストテンに入れたいです^^。
Commented by saheizi-inokori at 2009-03-31 11:21
これも時折みる花ですが、その時折みる花がいろいろあって見分けが、というか名前を覚えていないのです。
永久に楽しめる野の花探索。ひとつ積んでは母のため^^。
Commented by gakis-room at 2009-04-02 20:06
イネさん,
以前にも書きましたが,それにしても「オオイヌノフグリ」とのネーミングは,と思ってしまいます。英名は「ヴェロニカですのに。」
Commented by gakis-room at 2009-04-02 20:11
saheiziさん,
全くの偶然でしたが,「花の名前を知りたい」と思ってから2年になりますが,楽しみは尽きません。もうしばらくは続きそうです。


<< スズランスイセンの花の中      ユスラウメです >>