2009年 03月 18日
東京で遊ぶ・14日−17日
脈絡もなく遊びに行ったとしか言いようがありません。14日〜17日まで東京に行ってきましが,強いて言えば,ハワイから帰国した義兄に半年ぶりに会うこと,教えていただいた韓国家庭料理の店「ソウル」(文京区,江戸川橋)が閉店になる前にもう一度行きたかったということでしょうか。
※写真はクリックすると拡大します。

d0006690_17351112.jpg【14日】幾度となく東京には行っていますが,このようにきれいな富士山の姿を見るのは久しくなかったことです。これだけで今回の東京行の半分は終わったような気分になってしまいました。

ちなみに,17日の帰りにも同じように見ることができました。それは私にはあまりにもできすぎた「付録」でした。

d0006690_17341742.jpg【15日】誘われて,美術展のハシゴです。
最初は「書道展」(国立新美術館)
書には疎い私ですから,書をたしなむ義兄の解説を聞きながらの鑑賞です。

隷書,楷書,行書,草書までが私の限界です。それを超えた書は私にはデザインになってしまいます

d0006690_17355880.jpg次は「国宝三井寺展」(サントリー美術館)
「秘仏開帳」は国宝の「絹本着色不動明王像」,別名「黄不動尊」です。人目に触れたのは20世紀以降,今回で6回目とか。まさしく「秘仏開帳」です。

不動明王は密教の根本尊である大日如来の化身で,大日如来の内心の決意を表しています。一切の邪悪を打ち砕き,おとなしく仏道に従わない者を遮二無二に帰依させ救済するという,何とも乱暴な化身です。

ですから,剣を手にげに恐ろしきお姿です。

なお,三井寺(みいでら)は通称で,正式名称は長等山園城寺(ながらさんおんじょうじ)です。

d0006690_1736968.jpg3番目は「うつわ展」(21_21 DESIGN SIGHT)
「21_21 DESIGN SIGHT」はサントリー美術館の隣の東京ミッドタウン・ガーデンの一角にあります。安藤忠雄の設計による地下1階,地上1階の建物です。運営は三宅一生デザイン文化財団が担当しています。

ルーシー・リィ,エルンスト・ガンベール,ジェファニー・リーの3人の「器」の展示でした。

私は3人とも知りません。「器」といっても実用には向いていないようです。ですから,ふんふんと眺めるだけでした。

d0006690_1735579.jpgおしまいは「ルーブル美術館展 17世紀のヨーロッパ絵画」(国立西洋美術館)です。

71点ほど展示されていました。フェルメールの「レースを編む女」の前では人だかりで,相変わらずの人気です。

私はグェルチーノの「ペテロの涙」が気に入りました。レンブラントの自画像を見たのも嬉しいことでした。


1日に4つの美術展のハシゴはあまりにも無謀でした。「鑑賞」と言うよりも「見て歩き」そのものでした。とはいえ,私には「見て歩き」が似合っているとも思いました。

d0006690_17363782.jpg【14日−16日】
連日の宴です。
14日,15日は義兄夫妻宅です。いずれも義姉の手料理を美味しくいただきました。もちろん,飲み過ぎたことは言うまでもありません。

d0006690_17365274.jpg16日はもう一つのお目当ての「ソウル」です。ここは2度目です。いずれも知人に無理をお願いして連れて行っていただきました。

料理はすべてママの手料理です。韓国料理はいくつか食べてきましたが,名前の知らない料理もありました。名前を尋ねても「美味しいければいい」とそらされてしまいました。

ビールから始まってマッコルリ(どぶろく),韓国焼酎,百歳酒(これは薬酒)とどれだけ飲んだのか覚えていません。

今月で閉店とのことでしたが,うれしいことにお店は継続されるとのことでした。また,東京に行く理由ができました。

d0006690_17354413.jpg【15日−17日】
3日間とも昼食はすべてラーメンでした。一蘭(六本木),大勝軒(永福町)はいずれも東京では名前の知れたラーメン屋とのことでした。17日の「蒼龍唐玉堂」(吉祥寺)は担々麺の専門店です。

ラーメン,担々麺にも満足したことは言うまでもありません。
[PR]

by gakis-room | 2009-03-18 18:01 | つれづれに | Comments(8)
Commented by Mr.Yo-Yo at 2009-03-18 19:47 x
あーあ。ルーブル美術館展行ったのですか?
いいですね。前々から行きたかったのですが。
五月ごろまでやっているみたいなので機会があったら行きたいです。
というより、機会を作ろうと思います。
Commented by gakis-room at 2009-03-18 20:20
Mr.Yo-Yoさん,
「17世紀ヨーロッパ絵画」は6月14日までです。他に3月25日〜6月1日まで国立新美術館で「ルーブル美術館展 美の宮殿も子どもたち」が開催されます。行く機会があればいいですね。
Commented by Mr.Yo-Yo at 2009-03-18 20:25 x
六月まででしたか。ありがとうございます。
Commented by gakis-room at 2009-03-18 22:01
Mr.Yo-Yoさん,
2つとも関西に巡回すればいいのですがね。
Commented by saheizi-inokori at 2009-03-18 23:30
東京にいるものよりいろいろ見ていかれたんですね。
どの美術展にも行ってないのです。
Commented by YUKI-arch at 2009-03-19 03:05 x
亡き父の形見の「不動明王」があるのですが、
国宝の「絹本着色不動明王像」は観てみたいと思います。
それに「うつわ展」も。
Commented by gakis-room at 2009-03-19 09:22
saheiziさん,
旅行者はどん欲なのかも知れません。ですから,奈良については旅行者ほども行っていません。
Commented by gakis-room at 2009-03-19 09:24
YUKIさん,
「三井寺展」は残念ながら15日まででした。「うつわ展」は5月10日までです。


<< きょうは私の「ブログ記念日」です      突然に春が,黄砂とともにやって来た >>