2009年 03月 14日
ヤナギ青める日,そしてヤナギの花
d0006690_10402892.jpg「近くの公園」の中央に池があって,その周りに5本のシダレヤナギがあります。そのヤナギがうっすらと「青」めいてきました。

こんな歌もありますから,この国では昔から「青」と「緑」の区別は曖昧なようです。
  大和は国の真秀ろば 
  畳なづく 青垣山籠もれる
  大和しうるはし

歌と言えば,「柳青める日 つばめが銀座に飛ぶ日」だそうです。奈良の場合,奈良地方気象台の「生物季節観測」によれば,つばめの初見は平年は3月27日ですから,ソメイヨシノの開花(今年の予想は3月27日)といい競い合いです。

ともかくも,その「青」が風になびく様はすっかり春を思わせます。


d0006690_10403948.jpgヤナギの新しい葉はカールしていることを知りました。

そして,ヤナギにも花がありました。まだ蕾ですが,1センチくらいの大きさです。どんな花の姿をみせるのでしょうか。

ヤナギもまた,ソメイヨシノと同じとは言い得ませんが,葉よりも花がほんの少し先行するようです。こんなことを昨日初めて知りました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-03-14 10:47 | 花の手帳 | Comments(4)
Commented by Mr.Yo-Yo at 2009-03-14 20:35 x
葉より花の方が先行すると言われてもわかりませんね。
ソメイヨシノほど顕著じゃないみたいで。
学者によったら、花と葉は同じとする人もいますし、葉と茎も同じとする人もいます。
なんだか寂しい気がしますが。
Commented by saheizi-inokori at 2009-03-14 21:30
柳、うーん、近所にあったかな。
銀座にも今はあるのか、今日行ったのですが椿だけが目につきました。
Commented by gaki at 2009-03-16 08:08 x
Mr.Yo-Yoさん
寂しいなんて。いえいえ、私としてはヤナギの花を見つけたことだけで十分です、
Commented by gaki at 2009-03-16 08:15 x
saheiziさん、
あの歌は戦後まもない頃の歌ですからネ。


<< 8年間、ご苦労でした、私のカメラ      セイヨウツゲの花です >>